タグ:J.M.ガーディナー ( 9 ) タグの人気記事

日本聖公会日光真光教会

c0112559_9575880.jpg
 日光東照宮を出て、ツアーの待ち合わせ時間を利用して、バスの窓から見えたこの教会まで歩いてみました。時間がなかったので道路から眺めただけですが、石造りの重厚な雰囲気を感じました。

c0112559_1001519.jpg ゴシック風の教会堂で、石造りのどっしりした塔屋と急勾配の天然スレート葺き切妻屋根が特徴。すでにこのブログで紹介したJ.M.ガーディナー(1857-1925)設計の聖アグネス教会聖ヨハネ教会堂(旧京都聖約翰教会堂)弘前昇天教会と同じ聖公会の教会堂で、いずれもゴシック風の煉瓦造りが共通しています。

 ここでは近くを流れる大谷川から安山岩がとれることから、それを外壁に使っています。ちなみに、中は見ることができませんでしたが、内壁には鹿沼石が貼られているそうです。

 なぜ東照宮のおひざ元の日光に教会ができたか。明治の中ごろになると日光は世界的にも有名になり、観光だけではなく、横浜や東京に住む外国人の避暑地になったそうです。ガーディナー夫妻はその草分け的存在で、立教大学校校長をしながら、夏はお気に入りの日光で過ごしたことから、この教会を建てる機会が生まれたのでしょう。ちなみにガーディナーは この教会に埋葬されているとあります。

 内部も素晴らしいようで「近代建築散策」に美しい写真があります。ここでは最も詳しい解説があったデータ・シート明治の洋風建築(日本聖公会/礼拝堂)にある写真をいくつか借用しました。栃木県指定有形文化財の石造平屋建て。

日本聖公会日光真光教会
1914(大正3)年
栃木県指定有形文化財
設計 : J.M.ガーディナー(James McDonald Gardiner)
施工 : 不明
日光市本町1-6
撮影 : 2013.10. 9
c0112559_1003787.jpg
c0112559_1004610.jpg
c0112559_1005640.jpg
c0112559_1012536.jpgc0112559_1013836.jpg



























 これら ↑ の2枚の写真もデータ・シート明治の洋風建築(日本聖公会/礼拝堂)からお借りしました。
c0112559_1022584.jpg
c0112559_102364.jpg

by gipsypapa | 2014-03-13 10:03 | 建築 | Trackback | Comments(2)

日本聖公会 弘前昇天教会教会堂

c0112559_8484417.jpg
 市街地の一角に煉瓦造りの教会があります。イギリス国教会の伝統を引きつぐプロテスタント系の日本聖公会の教会です。日本では立教大学が有名でしょう。

 イギリス積みの赤煉瓦と亜鉛鉄板葺きの屋根が特徴のゴシック風教会堂で、窓の開口部回りは石材を用いています。正面ファサードは教会としては珍しく、左右非対称で。正面右寄りには背の高い鐘塔が配置され、やや左側にずれた位置に入口があります。鐘塔も一風変わった形状で、薄い壁を立ち上げて開口部に鐘を納める、日本ではあまり見たことがないデザインです。c0112559_9121100.jpg

 この種の煉瓦造りの教会堂は中に入って光の入り方を見ないとすべての魅力を知ることができないのですが、残念ながら、この日は平日で閉まっていました。→ はWikipediaにあった写真を借用しました。

 設計は立教学校(後の立教大学)校長を退任したあと、建築家として日本各地の聖公会教会堂を設計していたアメリカ人建築家ジェームズ・マクドナルド・ガーディナー(James McDonald Gardiner、1857 - 1925)が手がけ、施工はクリスチャン大工の林緑。J.M. ガーディナーはこのブログでも京都聖ヨハネ教会教会堂聖アグネス教会福島ステパノ教会外交官の家長楽館函館遺愛学院本館遺愛学院旧宣教師館を紹介しています。青森県重宝の煉瓦造平屋建て。

日本聖公会 弘前昇天教会教会堂
1920(大正9)年
青森県重宝
設計 : J.M.ガーディナー
施工 : 林 緑
弘前市山道町7
撮影 : 2013.8.27 & 28
c0112559_914939.jpg
c0112559_92296.jpg
c0112559_921164.jpg
c0112559_922262.jpg
c0112559_923458.jpg
c0112559_924316.jpg
c0112559_925338.jpg
c0112559_93383.jpg
c0112559_931273.jpg

by gipsypapa | 2014-01-13 09:03 | 建築 | Trackback | Comments(2)

博物館明治村 聖ヨハネ教会堂

c0112559_1341361.jpg
 明治6年(1873)、鎖国以来二百数十年続いたキリスト教の禁止令が解かれ、各地に教会堂が建てられるようになった。

 この聖ヨハネ教会堂は、明治40年(1907)京都の河原町通りに建てられたプロテスタントの一派日本聖公会の京都五條教会で、二階が会堂に、一階は日曜学校や幼稚園に使われていた。中世ヨーロッパのロマネスク様式を基調に、細部にゴシックのデザインを交えた外観で、正面左右に高い尖塔が建てられ、奥に十字形大屋根がかかる会堂が配された教会である。正面の妻と交差廊の両妻には大きな尖塔アーチの窓が開けられ、室内が大変明るい。構造は、一階がレンガ造、二階が木造で造られ、屋根には軽い金属板が葺かれておりこれは日本に多い地震への配慮とも考えられる。また構造自体がそのまま優れたデザインとして外観・内観にあらわれている。

 開国後多くの宣教師が来日するが、その中には宣教だけでなく実業面、教育面でも業績を遺した人もいた。この教会堂を設計したアメリカ人ガーディナーもその一人である。ハーバード大学で建築を学んだガーディナーは明治13年(1880)来日、立教学校の校長として教育宣教にあたる一方、建築家としても立教大学校校舎、明治学院ヘボン館、日光真光教会等の作品を遺している。

十字形平面の会堂内部は、化粧の小屋裏をあらわし、柱などの骨組が細目に見えることもあって、実際より広く感じさせる。京都の気候に合わせて使ったと言われる天井の竹の簀も、明るい窓の光を反射させ、より開放感を増している。

 建物細部の随所にゴシック風の尖頭アーチが見られるが、特に正面入口がよい例で、レンガ積の角柱から柱頭飾りをはさんでレンガ積のきれいなアーチが立ち上っている。奥の欄間の二つの三葉形アーチの窓や板扉の大形の金具のデザインも中世風のものである。


博物館明治村 聖ヨハネ教会堂
旧日本聖公会京都聖約翰教会堂
1907(明治40)年
重要文化財
設計 : J.M.ガーディナー
施工 : 鈴木由三郎、山本住造
旧所在地 : 京都市下京区河原町通五條
犬山市内山1-6博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22
c0112559_1364879.jpg
c0112559_1365723.jpg
c0112559_137713.jpg
c0112559_1371324.jpg
c0112559_137209.jpg
c0112559_1372613.jpg
c0112559_1373691.jpg
c0112559_1373167.jpg
c0112559_1375232.jpg
c0112559_138286.jpg
c0112559_1375886.jpg
c0112559_1382190.jpg
c0112559_1383045.jpg
c0112559_1384068.jpg
c0112559_1384914.jpg
c0112559_1384465.jpg
c0112559_139997.jpg
c0112559_1392412.jpg
c0112559_1393123.jpg
c0112559_1394110.jpg
c0112559_1393985.jpg
c0112559_1395936.jpg

by gipsypapa | 2012-09-12 13:11 | 建築 | Trackback | Comments(3)

函館の遺愛学院旧宣教師館(ホワイトハウス)

c0112559_18182392.jpg
遺愛学院の本館の裏側を南奥に進むと、緑の木立の中に美しい建物が見えてきます。白の外観からホワイトハウスと呼ばれる旧宣教師館で、本館と同年の築であることから、ガーディナーによって設計されたのではないかといわれています。

 住宅としてはかなり大型で、西側にバルコニーのある様式主義的な玄関ポーチがありますが、左右対称ではなく複雑な形状の建物です。屋根にはドーマー窓と2本の煙突。白の下見板張りに上げ下げ窓が整然と並び、東にサンルーム、東南の角には六角形のボウウィンドウを配した、非常に凝った意匠の美しい洋館です。保存状態が素晴らしく、毎年7月には内部が一般公開されるとか。重要文化財の木造2階建て。

遺愛学院旧宣教師館(ホワイトハウス)
1908(明治41)年
重要文化財
設計 : J.M.ガーディナー?
施工 : 不明
函館市杉並町23-11
撮影 : 2009.9.24
c0112559_18194097.jpg
c0112559_18195197.jpg
c0112559_1820272.jpg
c0112559_18201240.jpg
c0112559_18202325.jpg
c0112559_18203399.jpg
c0112559_18204481.jpg
c0112559_1820555.jpg
c0112559_1821790.jpg
c0112559_18212097.jpg
c0112559_18213267.jpg
c0112559_18214135.jpg
c0112559_1821513.jpg

by gipsypapa | 2010-10-09 18:23 | 建築 | Trackback | Comments(2)

函館の遺愛学院(遺愛女子高等学校)本館

c0112559_13583973.jpg
 函館市にある遺愛学院は、私立の6年制中学校・高等学校一貫校でプロテスタントのミッションスクールです。

 重要文化財に指定されているJ・M・ガーディナー設計の遺愛学院(遺愛女子高等学校)本館。明治後期に建てられた本格的な木造校舎で、淡いピンク色の下見板貼りに整然と並ぶ縦長の上げ下げ窓。本館は、1階玄関ポーチにトスカナ式の円柱を設けた、左右対称の建物です。

 様式主義の中央部に対して、他の部分は上げ下げ窓と下見板のあっさりした意匠。本館と翼部の交差部分には、細めの円柱に支持された四半円形のユニークな意匠が見られます。この部分は渡り廊下でヴォーリズ設計の講堂につながっています。重要文化財の木造2階建て。

遺愛学院(遺愛女子高等学校)本館
1908(明治41)年
重要文化財
設計 : J.M.ガーディナー
施工 : 植谷長次郎、平良二、小林安次ほか
函館市杉並町23-11
撮影 : 2009.9.24
c0112559_140119.jpg
c0112559_1401041.jpg
c0112559_1401813.jpg
c0112559_1402476.jpg
c0112559_1403193.jpg
c0112559_1404169.jpg
c0112559_1405138.jpg
c0112559_1405983.jpg
 この四半円形の左がヴォーリズ設計の講堂です。
c0112559_14192.jpg
 裏側はグラウンド。横に広がった大きな校舎です。
c0112559_142743.jpg

by gipsypapa | 2010-10-06 14:03 | 建築 | Trackback | Comments(2)

日本聖公会聖アグネス教会礼拝堂

c0112559_1421472.jpg
 烏丸通を京都御苑西側の平安女学院に曲がる角にある教会。平安女学院の礼拝堂として建設されたゴシック風レンガ造りの建物です。交通量の多い交差点に明治時代から110年間、昔と変わらぬ姿で建っています。京都市指定有形文化財。

 設計は立教学校(立教大学の前身、立教大学では初代校長)の第3代校長だったJ.M.ガーディナー。建築家としても多くの作品を残しましたが、現存する主なものは、立教大学の建築群(基本設計のみ)や1907年 聖ヨハネ教会堂(旧日本聖公会 京都聖約翰教会)、1908年 旧遺愛女学校本館(遺愛学院本館)、1910年 外交官の家(旧内田邸)、(いずれも重要文化財)があります。

日本聖公会聖アグネス教会礼拝堂
旧聖三一大聖堂 1898(明治31)年
京都市指定文化財
設計 : J.M.ガーディナー
施工 : 不詳
京都市上京区下立売通烏丸西入ル
撮影 : 2006.7.29 & 2008.1.3
c0112559_14223477.jpg
c0112559_14225545.jpg
c0112559_1423683.jpg
c0112559_14231638.jpg
c0112559_14232815.jpg
 北東の角に三層の鐘楼、南東角には礼拝準備室(ベストリー)があります。ゴシック様式のレンガ積みの重厚な外観、典型的な明治のキリスト教会堂です。
c0112559_14251495.jpg
c0112559_14252369.jpg
c0112559_1425319.jpg
c0112559_14254664.jpg
c0112559_1429105.jpg
c0112559_1426194.jpg
 烏丸通から西へ入ると北向きに正面があります。
c0112559_1427362.jpg
c0112559_14271469.jpg
c0112559_14272228.jpg
c0112559_14273038.jpg
 縦長窓、丸窓、バラ窓、変形アーチ窓など多様。
c0112559_14295552.jpg
 南側の教会裏口へ通じる路地。こういう場所が結構面白い。
c0112559_14311735.jpg
 烏丸通の南にある護王神社の境内からも鐘楼と屋根が見えました。
 
by gipsypapa | 2008-05-12 14:45 | 建築 | Trackback(1) | Comments(6)

日本聖公会 福島ステパノ教会

c0112559_14241589.jpg
 ゴールデン・ウィークに福島へ旅行。その後、東京、静岡と南下しました。しばらくこの旅の一部を紹介します。
 福島市のヴォーリズ建築、福島教会と福島新町教会を訪問した後、ホテルに戻る途中、ある路地に入ったところでこの教会を発見。木造の古そうな教会で、よく見ると建物の随所にヨーロッパの建築様式が生かされています。
 帰ってインターネットで調べたところ、情報が少ない中、100年以上前に建てられた教会であることがわかりました。礼拝堂は県内でも貴重な西洋式の木造建築物で、市街地のシンボル的存在だそうです。英国人宣教師のスマート執事の設計により1905年に建設されたもので、立教大学校(現立教大)初代校長で建築家のガーディナー宣教師の助言を受けたとか。
 なお、何かの縁でしょうか、帰りに東京で立教大学を訪問しました。これも追ってアップします。

日本聖公会 福島ステパノ教会 1905(明治38)年
設計 : スマート + ガーディナー
施工 : 不明
福島市置賜町8-29
撮影 : 2007.4.29
c0112559_14295117.jpg
c0112559_14302441.jpg
c0112559_14305863.jpg
 玄関の両脇にあるバッドレス(石造りの建物にみられる支え)は石造りを模したもの。
c0112559_14342365.jpg
 玄関ポーチを入ったところ。この教会はいつもドアに鍵をかけないので自由に入れるようになっているらしいのですが、この日は日曜日の礼拝中でしたので、中に入るのは遠慮しました。
c0112559_1441599.jpg
c0112559_1442305.jpg
c0112559_1443167.jpg
c0112559_14434886.jpg
c0112559_14312664.jpg
 アーチ型の窓飾りもヨーロッパの石造りの建物を模しています。石造りや煉瓦造りの場合は窓の開口部は強度が弱く、屋根や上部の重みを支えるために窓をアーチ型にするのが必然ですが、木造の場合は上部の重量が少ないので、本来は長方形でもいいのです。従ってこのように木造でアーチ窓にしているのは装飾的な目的からですね。
c0112559_14495399.jpg
 窓の外から賛美歌を歌っている女性が見えました。(^-^)
c0112559_14511925.jpg
この日に訪れた福島市2箇所のヴォーリズ教会は↓からどうぞ。
http://gipsymania.exblog.jp/6010108
http://gipsymania.exblog.jp/6033047
by gipsypapa | 2007-05-09 14:57 | 建築 | Trackback | Comments(0)

京都の長楽館

c0112559_13181466.jpg
 京都の観光名所円山公園の一角にひときわ目を引く大規模洋館があります。先に紹介した関西テーラーと東山IVYの工場を操業していた、タバコ王、村井吉兵衛の京都別邸でした。

 京都の迎賓館として華やかな集いの場となっていた長楽館ですが、その名前の由来は、伊藤博文が完成したばかりの長楽館へ滞在し、窓からの眺望に感銘して「長楽館」と記したことに由来しているそうです。現在は喫茶・レストランのほかレディースホテルとして使用されています。

 外観はルネッサンス様式を基調にしていて、1階部分が石張り、2階及び3階部分がタイル貼りになっています。室内の意匠は各部屋ごとに異なる様式になっていて、家具も当時のものがそのまま残されているそうです。これら家具類の大部分は輸入品と考えられています。

長楽館
旧 村井吉兵衛京都別邸
1909(明治42)年
設計 : J.M.ガーディナー
施工 : 清水満之助(清水組)
室内装飾 : 杉田商店(東京),河瀬商店(京都)
京都市指定有形文化財
京都市東山区八坂鳥居前東入円山町円山公園内
撮影 : 2007.3.4
c0112559_13191785.jpg
 東のカフェ&レストランへの門。
c0112559_13205128.jpg
 東面。1階は石張り、2階から上がタイル貼りです。
c0112559_13224269.jpg
c0112559_13225410.jpg
 正面エントランス上部のファサード。
c0112559_13233159.jpg
 カフェ&レストランへの入り口。
c0112559_1324719.jpg
 1階突き当たりはサンルームでした。更に奥には昔の喫煙室。
c0112559_1324512.jpg
c0112559_1325442.jpg
 同じく1階右にはロココ調の応接室。建物だけでなく家具30点も京都市指定有形文化財に指定されています。
c0112559_13261310.jpg
 2階へ登る階段。
c0112559_13271081.jpg
c0112559_13274358.jpg
いずれも2階の踊り場から見たところです。 
c0112559_13284852.jpg
c0112559_1329187.jpg
 2階の客室も喫茶室になっています。コーヒー・紅茶共¥600からで、ケーキは¥400から。
c0112559_13301378.jpg
 1階のトイレの窓ガラスもレトロ。
c0112559_13314084.jpg
 2階から3階へ登る階段。
c0112559_1328325.jpg
c0112559_1332204.jpg
 
c0112559_13323814.jpg
 3階の部屋は書院造の和室だそうですが、立ち入り禁止になっていますので階段から撮影しています。
c0112559_1334883.jpg
 南から。左がカフェ&レストランに使われている本館。右の六角塔屋を持った建物は別館です。
c0112559_133542100.jpg
 手前が本館、向こうは本館の棟続きでレディーズホテル。ここでも人力車が頑張っていました。
c0112559_13373030.jpg
 ここがレディーズホテルです。
c0112559_13382067.jpg
 別館の窓。
c0112559_13385668.jpg

by gipsypapa | 2007-04-13 13:46 | 建築 | Trackback | Comments(4)

横浜市山手町の外交官の家

c0112559_21552368.jpg
 この建物のある「山手イタリア山庭園」は、 1880年(明治13年)から1886年(明治19年)までイタリア領事館があったことから名付けられ、 庭園内には先に紹介したブラフ18番館もあります。明治43年、東京渋谷の南平台に建てられた、明治政府の外交官・内田定槌の私邸です。平成9年に移築復原されました。アメリカンビクトリア様式の建物は重厚で、内部のステンドグラスは当時の様式を映しています。邸内は家具や調度類が復原され、当時の外交官の生活を感じることができます。

外交官の家
旧 内田定槌邸
1910(明治43)年
重要文化財
設計 : J.M.ガーディナー
施工 : 不明
横浜市中区山手町16
撮影 : 2006.4.30
c0112559_221474.jpg
c0112559_2212436.jpg
c0112559_2213847.jpg
c0112559_2215670.jpg
c0112559_222915.jpg
c0112559_2222550.jpg
c0112559_2224158.jpg
c0112559_2225698.jpg
c0112559_2231141.jpg
c0112559_2232687.jpg
c0112559_2234237.jpg
c0112559_2235955.jpg
c0112559_2241438.jpg
c0112559_2243146.jpg
 特徴のある六角の塔屋を持つ洋館です。イタリア山庭園からの横浜を見渡す景色も素晴らしい。
by gipsypapa | 2007-03-18 22:07 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)