タグ:駅舎 ( 56 ) タグの人気記事

養老鉄道 養老駅

c0112559_08120280.jpg
文化財の宿、千歳楼に泊まりたいため、養老町に1泊旅行しました。高槻からJRの琵琶湖線で、米原駅へ。そこで東海道本線に乗り換えて大垣まで行き、養老鉄道の養老線で養老駅に向かいました。

養老鉄道は元は近鉄グループでしたが、今は独立して養老線の運営を引き継いでいます。養老駅舎は大正8年に竣工。日本瓦ぶきの屋根に和風の鬼瓦と「ドーマー」と呼ばれる洋風の飾り小窓を載せた外観が特徴の和洋折衷の意匠です。第2回「中部の駅百選」に選ばれた木造平屋建て。

養老鉄道 養老駅舎
1919(大正8)年
設計・施工 : 不明
岐阜県養老郡養老町鷲巣1200
撮影 : 2018.7.2 & 3
c0112559_08125820.jpg
大垣駅の養老鉄道のプラットホーム。右に見える線路はJR東海道線です。
c0112559_08133822.jpg
赤い列車は上りで養老を経由して三重県の桑名まで。黄色は下りで揖斐までです。
c0112559_08141476.jpg
c0112559_08143122.jpg
c0112559_08144952.jpg
大垣から25分くらいで養老駅に到着。
c0112559_08152492.jpg
c0112559_08154659.jpg
c0112559_08160532.jpg
c0112559_08162439.jpg
c0112559_08164003.jpg
駅の名物は瓢箪。下りのホームにたくさんぶら下がっています。
c0112559_08171844.jpg
瓢箪は養老の滝の民話が由来。
c0112559_08182337.jpg
親孝行の源丞内が踏み外して滝に落ちたとき飲んだ水が酒に変わったという民話から。
c0112559_08190931.jpg
その酒を瓢箪に入れて持って帰り、父親に飲ませたという孝行話です。
c0112559_08200067.jpg
この駅だけではなく養老の町で何度か瓢箪を見ました。
c0112559_08203928.jpg
c0112559_08205738.jpg
c0112559_08212255.jpg
午後3時前でした。案内所は閉まっています。

c0112559_08214159.jpg
駅舎の中は昔のままのようで、レトロです。
c0112559_08225911.jpg
c0112559_08231987.jpg
c0112559_08233994.jpg
c0112559_08240319.jpg
この日は平日のせいか、駅で降りたのは私たちだけ。
c0112559_08242564.jpg
c0112559_08244533.jpg
駅前広場にも大きな瓢箪です。
c0112559_08251700.jpg
孝行息子の源丞内像まであります。
c0112559_08274457.jpg
c0112559_08280337.jpg
地図で目的地の千歳楼を確認しますが、滝に向かう途中にあり、山道が曲がりくねって分かりにくい上に、距離もあって登り坂。
c0112559_08300859.jpg
歩いていくのは大変そう。バスの時刻表を確認していると「バスはないよ~。」という声がかかりました。
c0112559_08310302.jpg
ベンチの端に座っている人の声で、タクシーの運転手さんなのでした。
c0112559_08320826.jpg
この位置に必ず1台いるようです。ちなみにバスの時刻表にも、運行は土日祝日限定とありました。仕方なくそのタクシーで千歳楼へ向かいました。



by gipsypapa | 2018-12-06 08:40 | 建築 | Trackback | Comments(0)

南海電鉄 天見駅舎

c0112559_09100416.jpg
観心寺を後にして再び河内長野駅に戻り、この日の宿泊地の天見(あまみ)へ向かいました。南海電鉄の天見駅は奥河内の名所、岩湧山や天見温泉の最寄駅です。

駅周辺は昔ながらの集落があり、国の登録有形文化財に登録されている温泉旅館の南天苑があるところ。当初の高野登山鉄道時代の単線時代からある駅で、現在は南海電気鉄道高野線の大阪府最南端の駅です。

駅舎は大正初期の建物を改修して使っているようです。駅の西側には河内長野市内最古の温泉と言われる天見温泉が湧き、古くから温泉郷として栄えていましたが、江戸初期の大火で被災し、長く温泉地としては途絶えていました。昭和8年(1934)に当時の南海鉄道が通ることになり復活したそうです。

南海電鉄 天見駅舎
1915(大正4)年
設計・施工 : 不明
大阪府河内長野市天見195-1
撮影 : 2018.5.28
c0112559_09105965.jpg
河内長野から普通電車で4つ目が天見。途中、千早口駅に止まります。観心寺で少し出てきた、楠正成の出身地が千早赤阪村で、楠木氏の詰め城だった千早城の最寄り駅です。
c0112559_09114195.jpg
天見に到着。
c0112559_09121127.jpg
c0112559_09125312.jpg

c0112559_09212765.jpg
c0112559_09131659.jpg
c0112559_09133983.jpg
ホームの脇に歴史を感じさせる井戸と手押しポンプがあります。もしかしたら汲めば温泉が出た?
c0112559_09143779.jpg
無人駅ですが、最新式のカード型改札です。。
c0112559_09153186.jpg
外観は改修されているかも知れませんが、狭い駅舎の中は古いままです。
c0112559_09165234.jpg
c0112559_09171387.jpg
c0112559_09174490.jpg
また、奥河内観光の岩湧山への登山口(天見コース)です。
c0112559_09182557.jpg
お目当ての南天苑はすぐそこ。「南天の里」と呼ばれるほど南天の多いところです。見えているのは南天かな。

by gipsypapa | 2018-11-18 09:22 | 建築 | Trackback | Comments(2)

近鉄宇治山田駅

c0112559_08090953.jpg
一度は訪ねてみたかった伊勢へ日帰り旅行をしました。行きたいところはたくさんあったのですが、あいにくの雨模様。後で出てくるレストランでランチを予約していたので、キャンセルできずに強行しました。結局、雨は強くはありませんが降り続いたので、伊勢神宮などはパス。それでも見たかったもののうち3箇所は見てきました。

まずは宇治山田駅。伊勢神宮外宮の最寄り駅で、駅舎は近鉄の前身会社の一つ、参宮急行電鉄の終着駅として建設されました。間口は約120mの幅広の3階建ビルで、南西の端に塔屋があります。外観はスパニッシュ様式で、外壁はクリーム色のタイル貼りにテラコッタを使い豪華な設計。

内部のコンコースは広々とした、2階までの吹き抜けに花形の照明や八角形の窓をあしらった豪華で荘厳な雰囲気の駅舎です。団体待合室や食堂など、多数の参詣客に対応できる機能的な設計にもなっています。設計はもと鉄道省建築課長で、南海ビルディング(南海難波駅)も手がけた久野節(くの みさお、1882 - 1962)。国の登録有形文化財の鉄骨鉄筋コンクリート造り、3階建て、塔屋付。

近鉄宇治山田駅舎
旧参宮急行宇治山田駅舎
1931(昭和5)年
設計 : 久野節
施工 : 大林組
三重県伊勢市岩渕2-1-43
撮影 : 2018.4.17
c0112559_08095952.jpg
2階の改札を出ます。
c0112559_08103403.jpg
1階の吹き抜けコンコースへ。
c0112559_08115900.jpg
c0112559_08122687.jpg
c0112559_08124365.jpg
八角窓や花形の天井照明が華やかです。
c0112559_08132071.jpg
c0112559_08133715.jpg
c0112559_08140471.jpg
c0112559_08142326.jpg
c0112559_08144379.jpg
c0112559_08150654.jpg
臨時待合室への階段。以前、テレビで見た安倍首相が時間待ちした貴賓室はここかも。天皇やその他の貴人もここで休憩したんでしょう。
c0112559_08154172.jpg
外は小雨です。
c0112559_08161186.jpg
c0112559_08163149.jpg
c0112559_08165381.jpg
c0112559_08171109.jpg
c0112559_08172910.jpg
c0112559_08174787.jpg
駅前に「渡会府庁跡(わたらいふちょうあと)」の看板。
c0112559_08183435.jpg
c0112559_08185648.jpg
大政奉還のとき、廃藩置県の号令の前に出来た渡会府があった場所です。
c0112559_08194228.jpg
天気がいい日の写真をウィキペディアから借用します。


by gipsypapa | 2018-10-26 08:34 | 建築 | Trackback | Comments(6)

長野電鉄 小布施駅

c0112559_08204627.jpg
小布施駅へ戻ってきました。長野駅から特急ゆけむりで20分、長野電鉄小布施駅は、栗と北斎の町小布施の玄関口です。 1923年(大正12年)に 開業した駅舎です。観光地の駅らしく、ながでん電車の広場に古い列車を展示したり、藤平第二発電所の水車と水圧鉄管をホームに置いたり工夫されていました。

長野電鉄 小布施駅
1923(大正12)年
設計・施工 : 不明
長野県上高井郡小布施町大字小布施1497-2
撮影 : 2017.12.16
c0112559_08213331.jpg
駅舎は全体的には開業した大正時代の姿をとどめているようです。
c0112559_08221001.jpg
ホームからは雄大な北信五岳(飯綱山、戸隠山、黒姫山、斑尾山、妙高山)の山並みを望めます。この写真は車窓から。
c0112559_08225941.jpg
c0112559_08232311.jpg
出発が遅かったので着いたのはすでに午後4時前。
c0112559_08243779.jpg
c0112559_08250054.jpg
c0112559_08253332.jpg
駅に帰ってきたのは午後5時15分頃。1時間半の短い滞在でした。
c0112559_08262845.jpg
c0112559_08265133.jpg
既に暗くなっています。
c0112559_08272963.jpg
c0112559_08274956.jpg
1番線隣にある「ながでん電車の広場」には、以前長野電鉄を走った古い車両が展示・保存されています。
c0112559_08283274.jpg
現在展示されているのは2000系D編成の3両。
c0112559_08285186.jpg
藤平第二発電所にあった水車と水圧鉄管がホームに展示されています。
c0112559_08300837.jpg
機械工学的にはペルトン型水車です。柄杓(ひしゃく)が水を入れて回ります。
c0112559_08351674.jpg
短い散策でしたが、長野駅へ戻ります。小布施はもう一度訪ねたいところです。
c0112559_08305528.jpg
これはウィキペディアの写真です。

by gipsypapa | 2018-08-30 08:31 | 建築 | Trackback | Comments(2)

高雄の美麗島駅

c0112559_08573049.jpg
光のドームで有名な高雄MRT(Mass Rapid Transit) の美麗島駅(メイリーダオえき)です。世界最大級のガラスパブリックアート「光之穹頂」(The Dome of Light)という地下の天井ドームを埋め尽くす装飾があり、「世界で最も美しい駅」第2位にも選ばれた美しい駅です。

パブリックアートは、世界的に著名なイタリアのステンドグラスアートの芸術家Maestro Narcissus Quagliata(マエストロ・ナルシサス・クアグリアータ)によるもので、地上の出口は高松伸(たかまつ しん 1948- )が設計したそうです。

MRT美麗島駅
2008(平成20)年
設計 : 高松伸(地上構造物)、マエストロ・ナルシサス・クアグリアータ(ガラスパブリックアート
施工 : 不明
高雄市新興區中山一路115號
撮影 : 2017.4.17
c0112559_08580443.jpg
ガラス張りの屋根がある地上の出入り口。
c0112559_08590058.jpg
高松伸の設計です。
c0112559_08592669.jpg
エスカレータで下り、地下の改札広場へ。
c0112559_09001006.jpg
色鮮やかな光のドームがあります。
c0112559_09012390.jpg
Maestro Narcissus Quagliata(マエストロ・ナルシサス・クアグリアータ)という人は知りませんでした。

c0112559_09015715.jpg
ネット情報ではイタリア人でサンフランシスコでアートを学びグラスアートを作り始め、今ではメキシコに住みながらアメリカやヨーロッパで活躍しているとか。
c0112559_09023766.jpg
マエストロという名前は本名?胡散臭いですが。(笑)
c0112559_09034194.jpg
c0112559_09040086.jpg
c0112559_09041817.jpg


by gipsypapa | 2018-01-11 09:04 | 建築 | Trackback | Comments(2)

15年ぶりに金沢へ

c0112559_09253744.jpg
福井県を後にして、JRで金沢に来ました。ここで1泊します。金沢は15年ぶりでした。すでに記憶は薄いのですが、金沢駅は新幹線も通って、ずいぶんモダンな駅舎になっていました。

JR金沢駅
石川県金沢市木ノ新保町1-1
撮影 : 2017.3.7 & 8
c0112559_09261452.jpg
到着した日は、すでに夕方になっていたので、金沢港口(西口)前のビジネスホテルへ直行。ホテルと同じビルにある、居酒屋で夕食をとって、何もせず寝ました。
c0112559_09264999.jpg
翌日は朝から散策開始。駅を通り抜けて兼六園口(東口)へ。大きな傘をイメージした現代的なデザインの「もてなしドーム」。
c0112559_09272595.jpg
ガラスとアルミ合金で構成された巨大な天井ドームです。
c0112559_09283237.jpg
その東側には和モダンな意匠の鼓門(つづみもん)。高さ13.7mの太い柱2本で支えられ、伝統芸能である能楽「加賀宝生」の鼓をイメージしているとか。

鼓門
石川県金沢市木ノ新保町1-1
2005(平成17)年
設計 : 白江建築研究所
c0112559_09290806.jpg
c0112559_09292332.jpg
らせん状に組み上げられた鼓門の2本の柱の中には、もてなしドームの屋根に降った雨水を貯水槽へ流す配管が通っているそうです。
c0112559_09295449.jpg
駅を出て東に向かって歩きます。

by gipsypapa | 2017-11-17 09:30 | | Trackback | Comments(4)

えちぜん鉄道で永平寺口駅へ

c0112559_08470175.jpg
瀬戸田を終わり、今日から北陸地方です。2泊3日で福井県の数箇所と金沢市を訪れました。初日はJR京都駅から特急サンダーバードで福井駅まで、そこから「えちぜん鉄道」に乗り換えて、永平寺を目指しました。

永平寺の最寄り駅は「えちぜん鉄道」の永平寺口駅。昔は永平寺まで鉄道でが通ってましたが廃線となり、現在はバスが走っています。えちぜん鉄道は、かつて京福電気鉄道が福井県で運営していた越前本線(現・勝山永平寺線)・三国芦原線を引き継いで運営するために設立されたもの。福井市・勝山市などが出資する第三セクター方式の鉄道会社です。

駅舎は寄棟造瓦葺の駅舎で、白い外壁に、出入口や窓まわりに洋風の意匠を多用した和洋折衷です。正面の入り口は切妻屋根で、反対側は屋根を葺き降ろして、一番ホームの上屋としています。国の登録有形文化財の木造平屋建て。

えちぜん鉄道永平寺口駅
旧京都電灯越前電気鉄道東古市駅
1914(大正3)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
福井県吉田郡永平寺町東古市1-2
撮影 : 2017.3.6
c0112559_08480970.jpg
えちぜん鉄道はJR福井駅で乗り換え。コンコースに恐竜が座っています。えちぜん鉄道の勝山永平寺線終点の勝山駅に恐竜博物館があるのです。
c0112559_08485179.jpg
勝山行きに乗って、
c0112559_08492057.jpg
c0112559_08493439.jpg
永平寺口駅に到着。
c0112559_08500678.jpg
c0112559_08502195.jpg
屋根に塔屋のようなものがあります。このときは知りませんでしたが、この建物は文化財の駅舎を模して、2014年に新築された新駅舎なのでした。
c0112559_08510175.jpg
c0112559_08511504.jpg
塔屋部分を見上げています。何の仕掛けもない、明り採りのようです。
c0112559_08514966.jpg
永平寺行きのバス停へ向かいます。
c0112559_08522379.jpg
向こうのホームに行く時間がなかったので、遠景のみの写真しかありません。それでも撮っておいてよかった。実はこれが登録有形文化財の旧駅舎なのでした。今は地域交流館として使われているそうです。
c0112559_08532224.jpg
ということで、これからはウィキペディアや他のネットから借用したものです。
c0112559_08540624.jpg
横の通用口の上部にはファンライトの窓。

by gipsypapa | 2017-10-26 08:54 | 建築 | Trackback | Comments(2)

JR東根室駅

c0112559_08154465.jpg
東根室駅JR北海道 根室本線(花咲線)の駅で、日本最東端の鉄道駅です。開業は新しく昭和36年。駅舎はありません。

JR東根室駅
1961(昭和36)年
北海道根室市光洋町2-15
撮影 : 2016.11.6
c0112559_08161359.jpg
駅前です。この奥に駅があります。
c0112559_08164966.jpg
根室本線の終着駅は根室ですが、ここから西にカーブを曲がったところにあるので、一つ手前の東根室駅が日本最東端なのです。
c0112559_08172909.jpg
c0112559_08174690.jpg
板張りのホームがあるだけ。
c0112559_08181558.jpg
上り、下りともに一日5本です。
c0112559_08184566.jpg
この写真はネットから借用しました。

by gipsypapa | 2017-09-19 08:19 | 建築 | Trackback | Comments(2)

JR稚内駅

c0112559_07554272.jpg
JR稚内(わっかない)駅は日本最北端の駅です。現在の駅舎は4代目。1924(大正13)年に稚内連絡待合所として開設、1928(昭和3)宗谷線稚内駅(現在の南稚内駅)から 当駅間が延伸されて稚内港駅(わっかないみなとえき)として開業しました。

その後、多少の変遷があったようですが、1939(昭和14)年に駅名を稚内駅と改称し、2011(平成23)年に現在の駅舎に建て替られたそうです。

JR稚内駅
2011(平成23)年
北海道稚内市中央3-6-1
撮影 : 2016.11.5
c0112559_07562057.jpg
新しい駅舎は現代的なガラス張りの明るい造りです。
c0112559_07573228.jpg
レールが切れています。日本のすべての鉄道は、ここが北の行き止まりです。
c0112559_07581753.jpg
駅舎は建て替えられましたが、ホームとレール周辺は昔のままに見えます。
c0112559_07584416.jpg
c0112559_07590600.jpg
ネットにあった稚内港駅の写真。昭和初期と思われます。
c0112559_07593541.jpg
こちらもネットにあった、現在の駅舎(裏のホーム側)です。

by gipsypapa | 2017-09-13 08:00 | 建築 | Trackback | Comments(2)

瑞芳駅と瑞芳の町並み

c0112559_07481010.jpg
瑞芳は(ずいほう)は、この日の目的地の九份(きゅうふん)に行くときの最寄の鉄道駅がある町です。瑞芳の街並は、日本統治時代の面影を色濃くとどめていて、路地や石段は当時に造られたものだそうです。瑞芳駅は1919年開業した駅で、近代的に改造されていますが、昔の風情を残しています。。

瑞芳駅(瑞芳車站)
1919(大正8)年
設計・施工 : 不明
新北市瑞芳区龍潭里明燈路3段82号
撮影 : 2016.9.5
c0112559_07484360.jpg
ネットにあったホームの写真を借用しています。
c0112559_07492122.jpg
改札の周辺は日本と同じです。
c0112559_07501852.jpg
c0112559_07503871.jpg
駅前広場です。
c0112559_07512493.jpg
c0112559_07514627.jpg
c0112559_07520076.jpg
町の中はバスで通過しただけでした。

by gipsypapa | 2017-08-22 07:52 | 建築 | Trackback | Comments(0)