タグ:静岡 ( 70 ) タグの人気記事

修善寺の修禅寺

c0112559_08192418.jpg
3回目の修善寺温泉です。この修禅寺も修善寺温泉を紹介したときに一部をアップしていますが、今回は焦点を絞って紹介します。ややこしいのですが、お寺の名は修善寺ではなく修禅寺です。

修禅寺は修善寺温泉街の中心に位置する曹洞宗の寺院。山号は福地山で、正式名称は「福地山修禅萬安禅寺(ふくちざんしゅぜんばんなんぜんじ)」、略して福地山修禅寺と呼ばれています。807(大同2)年に空海が創建したと伝えられる歴史がある寺院ですが、本堂は明治時代に再建されたものです。

福地山 修禅寺(修禅萬安禅寺)本堂
1883(明治16)年
設計・施工 : 不明
静岡県伊豆市修善寺964
撮影 : 2017.8.29
c0112559_08220883.jpg
c0112559_08223250.jpg
石段を登って山門をくぐります。
c0112559_08235605.jpg
鐘楼。敷地の端の樹木に隠れたような場所にあるので、前回はあまり注目しませんでした。
c0112559_08254490.jpg
よく見ると軒下の複雑な木組みが特徴的です。

c0112559_08271066.jpg

c0112559_08281997.jpg


c0112559_08293898.jpg
こちらは手水舎。太師の湯の太師は弘法大師のこと。実際に温泉の湯で手を清めます。
c0112559_08333970.jpg
c0112559_08340252.jpg
手の込んだ装飾彫刻があります。
c0112559_08345459.jpg
c0112559_08351882.jpg
c0112559_08353602.jpg
c0112559_08360204.jpg
前回もアップしたおなじみの「だるま石」。
c0112559_08370801.jpg
c0112559_08374132.jpg

c0112559_08380704.jpg
明治26年に再建された本堂。

c0112559_08392676.jpg
c0112559_08403554.jpg
c0112559_08410649.jpg
c0112559_08412906.jpg
c0112559_08415255.jpg
背後に山が迫っています。
c0112559_08424708.jpg
c0112559_08430557.jpg





by gipsypapa | 2018-05-13 08:43 | 建築 | Trackback | Comments(2)

修善寺温泉を再訪

c0112559_08252422.jpg

3回目の修善寺温泉です。個人的には同じところに何度も行くより、知らない土地に行きたいのですが、ここ修善寺温泉は妻のお気に入りの旅館「菊屋」があるから。すでに町並みや見所はアップ済みですので、簡単に紹介します。

静岡県伊豆市修善寺
撮影 : 2017.8.29
c0112559_08261139.jpg
湯の宿 花小道。前回は全体に組まれていた足場がなくなっています。改修工事が完了したようです。

湯の宿 花小道
旧仲田屋旅館
1924(大正13)年 / 1998(平成10)年改修
設計・施工 : 不明
伊豆市修善寺3465-1
c0112559_08283252.jpg
独鈷(どっこ)の湯。足湯でした、今は中止されているようです。
c0112559_08303922.jpg
温泉街の中心を流れる桂川。
c0112559_08313075.jpg
散策コースの一つ「竹林の小路」。
c0112559_08333325.jpg
c0112559_08340850.jpg
前に行った美味しくて安いそば屋「さくだ」を楽しみにしていましたが、定休日でした。
c0112559_08354591.jpg
この日の宿はまた「菊屋」。3回目です。すでにアップ済みですがもう一度。

湯回廊 菊屋
明治以降~昭和期
設計・施工 : 不明
伊豆市修善寺874-1
c0112559_08393455.jpg
c0112559_08395214.jpg
今回は3人部屋。このツインの部屋のほかにもう一部屋、寝室がありました。
c0112559_08403580.jpg
c0112559_08405716.jpg
桂川をまたぐ回廊から。
c0112559_08420016.jpg
回廊の間は日本庭園があります。
c0112559_08433985.jpg
c0112559_08442943.jpg
歩いてみたいのですが、庭に下りることは出来ません。
c0112559_08453823.jpg
見事な庭があるのに庭に出ることが出来ない旅館は多いです。手入れが大変だからでしょう。
c0112559_08473999.jpg
c0112559_08481411.jpg
菊屋の楽しみは食事。妻が行きたがるのはこれが目当てです。
c0112559_08493982.jpg
メニューの一例です。これは今回ではなく4年前のもの。
c0112559_08504549.jpg
伊豆なので本ワサビ。
c0112559_08512750.jpg
基本は会席料理で、それぞれのメニューは2~3種類から選択できるのがうれしい。
c0112559_08524883.jpg
c0112559_08531484.jpg
c0112559_08533179.jpg

by gipsypapa | 2018-05-11 08:53 | | Trackback | Comments(2)

伊東市の大室山へ

c0112559_07534015.jpg
大室山(おおむろやま)は伊東市にある標高580mの火山です。典型的な火山の形状で、山頂には 直径300m、周囲1000m、深さ70mの噴火口跡があり、山焼きが毎年行われるため、緑の一年生植物で覆われていることから観光客に人気のスポット。国の天然記念物および富士箱根伊豆国立公園に指定されている伊東市のランドマークです。

大室山
天然記念物
静岡県伊東市池672-2
撮影 : 2017.8.29
c0112559_07543248.jpg
登山リフトの乗車口。鳥居があるのは火口に大室山浅間神社があるから。
c0112559_08060112.jpg
c0112559_08063594.jpg
一人500円でした。
c0112559_08071507.jpg
c0112559_08082400.jpg
山は急勾配。
c0112559_08091233.jpg
c0112559_08093600.jpg
6分で山頂に到着しました。
c0112559_08102048.jpg
噴火口の周囲を峰添いに歩くことができます。「お鉢めぐり」と呼ばれているとか。
c0112559_08112934.jpg
c0112559_08131153.jpg
c0112559_08142027.jpg
火口に向かって下りると大室山浅間神社があります。私は行かなかったので、これと次の写真はネットから借用します。
c0112559_08150045.jpg
これが社らしいのですが、えらく、モダンです。
c0112559_08160306.jpg
山頂のトイレの窓から。
c0112559_08163990.jpg
女性陣は一周しましたが、私は遠慮して少しだけ峰を歩きました。
c0112559_08183807.jpg
パノラマの一部です。
c0112559_08191471.jpg
c0112559_08193733.jpg
再びリフトで下ります。
c0112559_08202759.jpg
c0112559_08211747.jpg
c0112559_08220787.jpg
c0112559_08224923.jpg
c0112559_08235097.jpg
ネットにあった大室山の全景写真を借用しています。



by gipsypapa | 2018-05-10 08:25 | | Trackback | Comments(2)

城ヶ崎海岸

c0112559_08010520.jpg
伊東温泉から伊豆半島の東海岸を南下して城ヶ崎海岸(じょうがさきかいがん)へ行きました。城ヶ崎海岸は、次回アップする大室山が約4,000年前に噴火したとき溶岩が海に流れ出し、海の侵食作用で削られてできた、約9kmにわたる雄大な出入りの激しい溶岩岩石海岸です。富士箱根伊豆国立公園に指定されています。

城ヶ崎海岸
静岡県伊東市富戸門脇崎
撮影 : 2017.8.29
c0112559_08015401.jpg
c0112559_08022083.jpg
c0112559_08031339.jpg
c0112559_08043315.jpg
門脇崎灯台
c0112559_08052355.jpg
門脇崎灯台(かどわきさきとうだい)は1960(昭和35)年に建設、初点灯され、1995(平成7)に現在の展望台付きの灯台に改築されました。塔の高さは地上24.9m、展望台は地上17mのところにあります。鉄筋コンクリート造り。なお、↑の写真はネットから借用しています。
c0112559_08081272.jpg
c0112559_08083816.jpg
展望台へ。
c0112559_08090882.jpg
c0112559_08093152.jpg
海岸が一望できました。
c0112559_08101793.jpg
門脇吊橋
c0112559_08113348.jpg
城ヶ崎の名所、長さ48m、高さ23mの海の吊橋です。1968(昭和43)年に最初に架けられました。その後、改修したりしたそうですが、老朽化のため1997(平成9)年に前面架け替えられました。
c0112559_08122418.jpg
吊り橋から下を見ています。
c0112559_08141019.jpg

by gipsypapa | 2018-05-09 08:14 | | Trackback | Comments(2)

伊東温泉 壷ふじそば店

c0112559_07541436.jpg
翌日はチェックアウトしたあと、見たかったレトロな旅館建築を見て周ったので、お腹がすきました。お昼の店をさがして、駅前の湯の花通りをぶらり散策。温泉地だからか、いくつか見た飲食店は値段が高め。その中でも構えが古そうで値段も適当なそば屋を見つけたので、ここに決めました。

壷ふじそば店
静岡県伊東市猪戸1-1-16
撮影 : 2017.8.29
c0112559_07553971.jpg
c0112559_07560459.jpg
入り口で見た印象はこじんまりした店かと思いましたが、中は広く、レトロでいい雰囲気。
c0112559_07583664.jpg
商店街ですが、ちゃんとした坪庭があります。
c0112559_07593061.jpg
天ぷらそばです。つゆが黒いのは関東系というか、これが普通ですね。優しい味で気に入りました。
c0112559_08012344.jpg
湯の花通りの雑貨屋の店先です。
c0112559_08020870.jpg
もう少し北にはJR伊東駅。そこまで行かなかったので、ネットにあった写真を借用します。

by gipsypapa | 2018-05-08 08:02 | | Trackback | Comments(0)

伊東観光番

c0112559_08534725.jpg
ケイズハウスから東に進み松川に架かる大川橋を渡ると南側にある伊東観光番。戦後に建てられた松原交番だった建物を利用した観光案内所です。左右対称の真っ白な建物で、1階は左右が四半円形の曲面壁になる軽快で特徴的な外観です。静岡県内に現存する最古の交番建築だとか。国の登録有形文化財の補強コンクリートブロック造り2階建て。

伊東観光番
旧伊東警察署松原交番
1958(昭和33)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
静岡県伊東市渚町2-48
撮影 : 2017.8.29
c0112559_08543278.jpg
補強コンクリートブロック造りとは、空洞コンクリートブロックを鉄筋で補強して耐力壁をつくり、壁頂部を鉄筋コンクリート造の梁でつなぎ一体化した形式の構造だとか。
c0112559_08551866.jpg
詳細は分かりません。中村鎮の鎮ブロックのようなものでしょうか。
c0112559_08555906.jpg
交番建築はそれぞれの土地特有のデザインが採用されて、面白いのが多いのですが、これもその一つです。


by gipsypapa | 2018-05-07 08:59 | 建築 | Trackback | Comments(2)

伊東温泉東海館(その2)

c0112559_08105974.jpg
元は温泉旅館で、現在は観光、文化施設になっている東海館の後編です。和の美を尽くした内装など、匠の技を見ることが出来ます。伊東市有形文化財の木造3階建て。

伊東温泉東海館
旧木造温泉旅館東海館
1928(昭和3)年/1938(昭和13)年増築/1949(昭和24)年望楼増築
伊東市指定文化財
設計・施工 : 不明
静岡県伊東市東松原町12-10
撮影 : 2017.8.29
c0112559_08161757.jpg
3階の大広間です。
c0112559_08172479.jpg
c0112559_08174695.jpg
とにかく広い部屋です。
c0112559_08214072.jpg
c0112559_08221708.jpg
当時は企業の慰安旅行とかが当たり前だったので、この部屋に芸者を呼んで丼ちゃん騒ぎをしたんでしょうね。
c0112559_08234406.jpg
大広間の舞台の両袖に彫刻があります。
c0112559_08260473.jpg
ほとんどすべての客室の廊下側には手の込んだ意匠の角窓や丸窓があり、廊下から部屋の明かりが見えるようになっています。
c0112559_08283528.jpg
c0112559_08290607.jpg
c0112559_08293970.jpg
c0112559_08300968.jpg
c0112559_08303944.jpg
c0112559_08310654.jpg
c0112559_08312696.jpg
c0112559_08315202.jpg
大障子や書院障子の組木のデザインは和の美を感じます。
c0112559_08325271.jpg
c0112559_08332469.jpg
c0112559_08335963.jpg
c0112559_08351120.jpg
c0112559_08355774.jpg
c0112559_08362604.jpg
c0112559_08365890.jpg
欄間にも透かし彫りの彫刻。
c0112559_08380447.jpg
c0112559_08382676.jpg
c0112559_08385005.jpg
c0112559_08391582.jpg
c0112559_08393589.jpg
c0112559_08400512.jpg
望楼に登ることができます。
c0112559_08405592.jpg
隣のケイズハウスの望楼がよく見えました。手前、東海館の屋根の交差部分は変わった形状の仕舞いです。雨は大丈夫でしょうか。

c0112559_08424518.jpg
浴場の写真はネットから借用しました。
c0112559_08431584.jpg
1階にも大広間があり、喫茶スペースになっています。暑かったので、カキ氷をいただきました。
c0112559_08441030.jpg

by gipsypapa | 2018-05-04 08:44 | 建築 | Trackback | Comments(2)

伊東温泉東海館(その1)

c0112559_13165063.jpg
もう一つ、松川沿いに建つ木造三階建て温泉旅館の東海館です。こちらはケイズハウス(旧旅館いな葉)より少し後の昭和3年(1928)に創業。その後、何度か増改築が行われ、戦後の昭和24年に望楼が増築されたとか。70年にわたり旅館として営業してきましたが1997(平成9)年に廃業しました。

その後、伊東の温泉情緒を伝える街並みを残したいという地元の要望があり、所有者から建物が伊東市に寄贈されることになりました。現在は伊東温泉の観光、文化施設「東海館」になっています。

寺院風の望楼を持つ外観とともに、内装も当時の匠の技を各所に見ることが出来る施設として観光客で賑わっていました。伊東市指定文化財の木造3階建て。

伊東温泉東海館
旧木造温泉旅館東海館
1928(昭和3)年/1938(昭和13)年増築/1949(昭和24)年望楼増築
伊東市指定文化財
設計・施工 : 不明
静岡県伊東市東松原町12-10
撮影 : 2017.8.29
c0112559_13174795.jpg
c0112559_13182323.jpg
c0112559_13184076.jpg
ネット情報では創業者は稲葉安太郎という人だそうで、ケイズハウスは元は「いな葉」なので、経営者は同じ人物かもしれません。
c0112559_13201069.jpg
唐破風の玄関もケイズハウスと似ています。
c0112559_13211249.jpg
c0112559_13213218.jpg
c0112559_13261133.jpg
c0112559_13263103.jpg
c0112559_13265037.jpg
玄関上部には旭日と鶴の彫刻が飾られています。
c0112559_13274247.jpg
入館料は200円と安かったです。
c0112559_13282235.jpg
c0112559_13294035.jpg
c0112559_13300147.jpg
c0112559_13301837.jpg
建物の真ん中には庭があり、各階とも廊下が庭を取り巻くように配置されていました。
c0112559_13311671.jpg
c0112559_13313497.jpg
c0112559_13315236.jpg
c0112559_13321037.jpg
c0112559_13322517.jpg
c0112559_13324215.jpg
c0112559_13325854.jpg
木が埋め込まれた上がり框です。
c0112559_13342779.jpg
c0112559_13344794.jpg
c0112559_13350555.jpg
c0112559_13352405.jpg
c0112559_13354330.jpg
c0112559_13364371.jpg
伊東温泉ゆかりの歴史的なものがたくさん展示されています。
c0112559_13381793.jpg
c0112559_13384480.jpg
c0112559_13391822.jpg
文化施設も兼ねています。彫刻家、重岡建治氏の作品の展示会をやっていました。
c0112559_13403054.jpg
c0112559_13411007.jpg
c0112559_13414076.jpg
c0112559_13420512.jpg
c0112559_13422800.jpg
c0112559_13425270.jpg
c0112559_13431239.jpg
まだまだ見所が一杯です。次回は続きをやります。

by gipsypapa | 2018-05-03 13:44 | 建築 | Trackback | Comments(0)

ケイズハウス伊東温泉

c0112559_07542300.jpg
温泉街を流れる松川沿いに大正から昭和初期に建てられた木造3階建ての大型旅館建築が並んでいます。最初は東側のケイズハウス伊東温泉です。元は旅館いな葉として営業していた老舗旅館でしたが、現在は外国人向けのホステルになっています。源泉賭け流し、純和風のホステルとして賑わい、ゲストの8割が外国人だそうです。

唐破風の純和風の玄関に、最上階の上に洋風のドーム型望楼を載せた姿が印象的な国の登録有形文化財の木造3階建て。

ケイズハウス伊東温泉
旧温泉旅館いな葉
大正末期
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
静岡県伊東市東松原町12-13
撮影 : 2017.8.29
c0112559_07555439.jpg
松川沿いに並んで建つ3階建て。手前がケイズハウス伊東温泉。奥の寺院風の望楼があるのが、次回アップする東海館です。
c0112559_07595219.jpg
c0112559_08002700.jpg
重厚な唐破風の玄関。
c0112559_08014430.jpg
c0112559_08020689.jpg
c0112559_08031169.jpg
c0112559_08033447.jpg
c0112559_08041054.jpg
c0112559_08043206.jpg
ガラス戸には読みにくいのですが、「いな葉」と書いてあります。
c0112559_08053034.jpg
c0112559_08054992.jpg
覗いた時は朝のチェックアウトの忙しい時間。
c0112559_08064674.jpg
c0112559_08081233.jpg
情報どおり外国のお客様が多いようです。
c0112559_08095081.jpg
ケイズハウスのHPでは日帰り温泉があり、見学も出来るそうですが、このときは時間帯が悪く、遠慮しました。
c0112559_08104147.jpg
c0112559_08110437.jpg
松川の対岸から。
c0112559_08114388.jpg
c0112559_08120310.jpg
これ以降の内部写真はネットから借用しています。
c0112559_08132036.jpg
c0112559_08134057.jpg




by gipsypapa | 2018-05-02 08:14 | 建築 | Trackback | Comments(4)

伊東温泉に1泊

c0112559_07463238.jpg
伊豆半島には何度か行きましたが、この伊東温泉は通過するだけだったので、今回が初めてでした。開湯は平安時代といわれ、江戸時代には徳川家光への献上湯も行なわれていた歴史がある温泉です。

現在も湯量は全国有数で、静岡県では一番だそうです。伊東駅から海側に向かって温泉街が広がり、旅館やホテルが林立し、昔ながらの温泉地の歓楽街も健在のようです。

伊東温泉
静岡県伊東市湯川3
撮影 : 2017.8.28&29
c0112559_07474609.jpg
伊豆半島の東海岸沿いを通る国道135号線を南下して伊東温泉へ。海沿いに高層建築があります。ハトヤチェーンのサンハトヤでした。
c0112559_07484714.jpg
今日の寝床、「大江戸温泉物語 伊東温泉 ホテルニュー岡部」に到着。
c0112559_07500497.jpg
ホテルの窓からハトヤの「ハ」が見えました。
c0112559_07515120.jpg
伊東温泉といえば、子供の頃にテレビでよく見た「ハトヤ」のCM。「伊東にゆくならハトヤ、電話はヨイフロ」です。
c0112559_07524102.jpg
夕食後の腹ごなしに散歩。ハトヤを目指しますが・・・どうも高台にあるようです。近づきましたが行き方が分からず、あきらめました。


by gipsypapa | 2018-05-01 07:54 | | Trackback | Comments(2)