タグ:観光 ( 355 ) タグの人気記事

国の名勝 九年庵

c0112559_08542820.jpg
宗像大社のある福岡県から南下して再び佐賀県に入りました。このツアーの目玉の一つは九年庵。毎年、紅葉の秋と新緑の5月の短い期間だけしか一般公開されないので、その期間中は観光客で賑わいます。

九年庵は佐賀の大実業家、伊丹弥太郎が明治25年に造った別荘と明治33年から9年の歳月をかけて築いた6,800㎡の広い日本庭園が見所。多くの植栽や庭一面のコケが四季を通して美しい風景を見せ、国の名勝に指定されたいます。

別荘は入母屋葦葺きの屋根に杉腰張りの土壁、竹格子の連小窓や真竹を用いた周りの濡縁など、野趣に富む外観を持ち、材質、色感、意匠、構造などのすべてに工夫がなされています。茶室と書院の様式を折衷した近世和風の数奇屋建築です。

九年庵
1892(明治25)年:別荘 / 1909(明治42)年:庭園
名勝
佐賀県神埼市神埼町的1696
撮影 : 2018.11.20
c0112559_08551447.jpg
駐車場から歩いて城原川(しょうばかわ)を渡ります。
c0112559_08560313.jpg
九年庵に向かう小路の手前の広場には大行列で順番待ち。これはほんの一部です。団体は比較的に早めに出発できましたが、個人客は番号取りに時間がかかっていたようです。
c0112559_08572229.jpg
ここから10分ほど緩やかな坂を登りますが、途中には色んな店が並んでいます。
c0112559_08581308.jpg
この年、平成30年は11月15日~11月23日の9日間で新緑の季節は5月3日 ~ 5日の3日間でした。
c0112559_08590336.jpg
ツツジの植栽も多いので、5月もよさそうです。
c0112559_09001291.jpg
c0112559_09004106.jpg
c0112559_09010468.jpg
c0112559_09013175.jpg
入母屋葦葺きの屋根の邸宅。
c0112559_09021144.jpg
c0112559_09022943.jpg
コーナーに玄関があるのは変わっていますね。
c0112559_09032804.jpg
玄関から四畳、次の間、客室を見ています。
c0112559_09063078.jpg
c0112559_09065806.jpg
c0112559_09072268.jpg
c0112559_09074029.jpg
一番広い客間。
c0112559_09081381.jpg
c0112559_09094553.jpg
c0112559_09100381.jpg
c0112559_09102322.jpg
c0112559_09104236.jpg
c0112559_09110165.jpg
c0112559_09111825.jpg
c0112559_09114952.jpg
東側につながる瓦葺き。居間や炊事場、浴室がある居住区です。
c0112559_09124071.jpg
c0112559_09130039.jpg
c0112559_09133427.jpg
c0112559_09135780.jpg
葦葺きの東門から外に出ました。
c0112559_09143064.jpg
c0112559_09175066.jpg
これ以降はしばらくネットにあった美しい写真を借用します。
c0112559_09182562.jpg
c0112559_09184267.jpg
c0112559_09185804.jpg
c0112559_09191298.jpg
c0112559_09193772.jpg
東門を出て小路を登って仁比山神社へ向かいます。
c0112559_09202942.jpg




by gipsypapa | 2019-02-15 09:25 | 建築 | Trackback | Comments(0)

秋月城下町(その1)

c0112559_08275572.jpg
大興善寺から東に移動して再び福岡県の朝倉市の秋月(あきづき)へ。このツアーは佐賀県と福岡県を行き来しますが、周辺が地理的に両県が入り組んでいるからでもあります。

秋月は、標高約860mの古処山(こしょさん)麓の町で三方を山で囲まれ、南に開けた町です。中世の鎌倉時代に秋月氏が古処山に山城を築き、江戸初期から黒田氏が治めた歴史ある城下町です。黒田氏によって作られた街並みは、筑前の小京都といわれ国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

秋月城下町
重要伝統的建造物群保存地区
福岡県朝倉市秋月野鳥
撮影 : 2018.11.19
c0112559_08285813.jpg
c0112559_08301052.jpg
観光案内所の駐車場から南に歩いて秋月城跡へ向かいます。
c0112559_08304236.jpg
秋月美術館
c0112559_08323449.jpg
筑前黒田藩御用窯の高取焼きを初めとして、中国の陶磁器や古伊万里の名品、ピカソ、ルノワール、横山大観などの 絵画を展示しているそうです。

秋月美術館
福岡県朝倉市秋月野鳥695-1
c0112559_08311937.jpg
c0112559_08330290.jpg
秋月博物館
c0112559_08342528.jpg
秋月藩の上級武士だった戸波家の屋敷地と、藩の学校「稽古館」跡地にあります。もとは秋月黒田家所蔵の遺品を公開する施設として開館しました。また秋月出身・土岐勝人氏から美術品の寄贈を受け、歴史資料や美術品が充実したそうです。

秋月博物館
旧戸波邸
福岡県朝倉市秋月野鳥532-2
c0112559_08352132.jpg
c0112559_08354298.jpg
c0112559_08360463.jpg
これ以降の2枚はネットの写真です。
c0112559_08363889.jpg
c0112559_08370408.jpg
観光地なので城跡へ向かう道には土産物屋などのお店が並んでいます。
c0112559_08381690.jpg
c0112559_08383497.jpg
城跡を訪ねた帰りは、迂回して別の道を歩きました。

久野邸
c0112559_08401269.jpg
県道80号線沿いにある「久野邸」は、江戸時代の初期、秋月黒田藩の初代藩主、黒田長興に直接つかえていた上級武士の屋敷で、秋月における武家屋敷の中でも特に大きな敷地をもっています。

久野邸福岡県朝倉市秋月83-2
c0112559_08411187.jpg
c0112559_08413492.jpg
c0112559_08415426.jpg
この民家のような建物はアンティークの店でした。

あんてぃーく秋月
福岡県朝倉市秋月191-1
c0112559_08445573.jpg
城下町を流れる野鳥川(のとりがわ)。
c0112559_08452888.jpg
その野鳥川に架かる眼鏡橋。福岡県の有形文化財です。見逃したので写真はネットから借用しています。
c0112559_08462083.jpg
次回は秋月城跡周辺をアップします。

by gipsypapa | 2019-02-08 09:11 | | Trackback | Comments(2)

雷山千如寺大悲王院(その1)

c0112559_07541043.jpg
「錦秋の九州 九年庵一般公開と世界遺産 宗像大社・5つの紅葉ハイライト」というツアーに参加しました。2日間で福岡県と佐賀県の紅葉の名所を巡りました。最初は千如寺です。

雷山千如寺大悲王院(らいざんせんにょじだいひおういん)は、福岡県糸島市にある真言宗大覚寺派の寺院で山号は雷山。本尊は千手観音です。開山は178(成務天皇48)年と古く、インドから渡来した清賀(せいが)上人によるといわれています。江戸中期の宝暦2年に福岡藩主・黒田継高が大悲王院を建立しました。

境内には、福岡県指定天然記念物である樹齢約400年といわれる大カエデがあるなど、紅葉の名所として有名です。2回に分けてアップします。まずはいくつかある伽藍の紹介から。

雷山千如寺大悲王院
1752(宝暦2)年以降
設計・施工 : 不明
福岡県糸島市雷山626
撮影 : 2018.11.19
c0112559_07561910.jpg
千如寺は福岡市中心街から車で約50分、糸島市の雷山の中腹にあります。
c0112559_07565679.jpg
実家から距離はそんなに離れていない場所ですが、知っていたのは名前だけで、来たのは初めてでした。
c0112559_07583064.jpg
c0112559_07585938.jpg
c0112559_07591706.jpg
石段を登ったところにある観音堂。ツアー客はこの石段ではなく、庫裏から入って廻廊を登りました。
c0112559_08003971.jpg
c0112559_08010129.jpg
江戸中期の建立だと思いますが、情報が見つかりませんでした。堂内は撮影禁止でしたので、内部写真はネットの写真を借用しています。
c0112559_08012033.jpg
国の重要文化財に指定された木造の十一面千手千眼観音立像。鎌倉時代の作です。
c0112559_08025338.jpg
c0112559_08032110.jpg
観音像の横に「帝釈天」や「大梵天(だいぼんてん)」など二十八部衆の仏像が並んでいます。
c0112559_08040273.jpg
c0112559_08045624.jpg
周囲には装飾彫刻。
c0112559_08052629.jpg
c0112559_08072450.jpg
c0112559_08074519.jpg
c0112559_08080576.jpg
観音堂を抜けさらに上へ。
c0112559_08084685.jpg
c0112559_08090883.jpg
高いところにあるのが開山堂。このお堂は新しそうでした。
c0112559_08102758.jpg
屋根付きの階段を登ります。
c0112559_08110242.jpg
c0112559_08113018.jpg
「木造清賀上人座像」も国指定の重要文化財で、鎌倉時代の作品です。
c0112559_08130201.jpg
この写真はネットから借用。
c0112559_08133444.jpg
他にも興味深いものがありました。
c0112559_08142361.jpg
c0112559_08144165.jpg
c0112559_08150422.jpg
Uターンして下に下ります。
c0112559_08155065.jpg
庫裏。
c0112559_08162630.jpg
c0112559_08193462.jpg
こちらが本堂。これも建立年代などは不明です。
c0112559_08200195.jpg
c0112559_08215398.jpg
c0112559_08221740.jpg
仁王門があります。京都醍醐寺仁王門を模したとか。これも新しいようです。
c0112559_08230878.jpg
仁王門の左右には金剛力士像。
c0112559_08235204.jpg
c0112559_08241343.jpg
境内の南端にある聖天堂。この建物には装飾彫刻があって古そうですが、これも詳細不明でした。
c0112559_08253165.jpg
c0112559_08255706.jpg
c0112559_08261883.jpg
c0112559_08264143.jpg
千如寺の見所は紅葉と庭園でした。次回にアップします。


by gipsypapa | 2019-02-04 08:33 | 建築 | Trackback | Comments(2)

柳川の中心部をを散策

c0112559_07364223.jpg
ツアーの最後の訪問地は柳川です。ここは何回か訪ねたことがあるので、新鮮さはありませんが、昼食に「うなぎのセイロ蒸し」を食べたかったので、ツアーのオプションになっている川下りには参加せずに、食べた後に市内を散策することにしました。
撮影 : 2018.10.4
c0112559_07372391.jpg
うなぎを出す店はあちこちにあります。「御花」のそばにあり、以前、店の前を何回か通ったことがあった楠川(くすかわ)に入りました。川下りの乗船場の近くにあり、窓から川下りの船を眺めるお店です。

楠川
福岡県柳川市城隅22-7
c0112559_07381236.jpg
c0112559_07383277.jpg
c0112559_07384933.jpg
c0112559_07391353.jpg
セイロ蒸しの「上」です。肝吸い付きで2300円でした。後で調べてみると、他より割安みたいです。
c0112559_07395787.jpg
味は「御花」で食べたのと似ていて濃い味付けです。空腹だったので美味しかったです。
c0112559_07413856.jpg
楠川から御花前にある川下りの発着所が見えます。
c0112559_07421623.jpg
同じツアーの参加者が川下りの舟に乗って通っていきました。
c0112559_07425898.jpg
食後は町並みを散策。
c0112559_07434442.jpg
以前にもアップした沖端水天宮(おきのはたすいてんぐう)。地元では「水天宮さん」と呼ばれている安徳天皇をお祭りする神社です。5月3~5日に行われる沖端水天宮祭りには、三神丸という舟舞台が作られ夕刻より水天宮囃子が演奏されるそうです。木造平屋建て。

沖端水天宮
1869(明治2)年
設計・施工 : 不明
福岡県柳川市稲荷町21
c0112559_07453680.jpg
前回はお堀越しに見ただけだったので、今回は反対側に行ってみました。
c0112559_07455744.jpg
c0112559_07462099.jpg
c0112559_07465779.jpg
c0112559_07472443.jpg

c0112559_07474718.jpg
c0112559_07480875.jpg
c0112559_07482450.jpg
なまこ壁の醤油屋。
c0112559_07521581.jpg
堀の水門です。
c0112559_07574779.jpg
堀端にある恵比寿神社。
c0112559_07582311.jpg
観光案内所があったので入ってみました。

柳川市観光案内所
福岡県柳川市沖端町35
c0112559_07591531.jpg
「柳川さげもん」という雛のつるし飾りです。
c0112559_08000089.jpg
柳川藩の奥女中が着物の残り布で、子どものおもちゃや琴爪入れを作ったのが始まりとか。
c0112559_08004277.jpg
縁起が良いうさぎ、ひよこ、鶴などの布細工と色鮮やかな糸で巻き上げた「柳川まり」とを組み合わせたものです。

実は、この1ヵ月後にも別のツアーに参加したときにも柳川で昼食でした。そのときには川下りにも乗船しました。それはいずれアップします。

↓ は可愛い外人娘Micaelaミカエラの柳川レポートです。


by gipsypapa | 2019-01-31 08:06 | | Trackback | Comments(2)

熊本県を北上して三角西港を通過

c0112559_07421673.jpg
天草市を出て熊本県を北上して福岡県の柳川市へ向かっています。途中に三角西港を通過。もう一つの世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成要素で、オランダ人水理工師ローエンホルスト・ムルドルの設計により明治時代に建設された港湾史跡。施工は大浦天主堂やグラバー邸などを手掛けた小山秀(こやまひいで)率いる天草石工たちです。

三角西港は、背後の山を削り海を埋め立てて新たに築造された、明治期の最先端の港湾都市です。当時の石積みの埠頭、水路、西洋建築物がほぼ無傷で現存し、旧三角海運倉庫、旧三角簡易裁判所本館、旧三角簡易裁判所、旧宇土郡役所庁舎や龍驤館など多くの国の登録有形文化財があるそうです。

三角西港1987(明治20)年
設計 : ローエンホルスト・ムルドル
施工 : 小山秀+天草石工たち
熊本県宇城市三角町三角浦
撮影 : 2018.10.4
c0112559_07472423.jpg
天草から熊本本土へ渡る天門橋。三角ノ瀬戸といわれる湾が港に最適だったのでしょう。
c0112559_07482388.jpg
この周辺に文化財の建物が並んでいるようです。
c0112559_07485128.jpg
日本一の天草四郎像を見る時間があるのなら、ここで下車したかったのが正直な気持ちです。
c0112559_07492123.jpg
中神島が見えています。
c0112559_07494760.jpg
いつかはゆっくり行ってみたいところです。


by gipsypapa | 2019-01-28 07:52 | | Trackback | Comments(0)

藍のあまくさ村「日本一大きな天草四郎像」

c0112559_08243145.jpg
最初のトイレ休憩は上天草市にある天草の観光スポット物産館『藍のあまくさ村』。天草五橋の一つ、一号橋を渡った上天草温泉郷にある天草の観光スポットで、日本一の天草四郎像が目印です。

藍のあまくさ村「日本一大きな天草四郎像」
1990(平成2)年
熊本県上天草市大矢野町登立910
撮影 : 2018.10.4
c0112559_08251054.jpg
c0112559_08253707.jpg
「日本一大きな天草四郎像」は、高さ15m。
c0112559_08264695.jpg
c0112559_08271052.jpg
ツアーなので土産物屋に時間を割くのが定番。
c0112559_08274175.jpg
とはいえ買うものもないので周りをうろうろ。
c0112559_08283444.jpg
小さな天草四郎もいます。
c0112559_08291274.jpg
何故わにがいるのかは不明です。


by gipsypapa | 2019-01-26 08:31 | | Trackback | Comments(2)

天草の松島展望台

c0112559_08053814.jpg
一夜明けました。潜伏キリシタン関連遺産は前日までに見てしまったので、この日は熊本県から福岡県を休憩しながら北へ向かい、最後はJR小倉駅から新幹線で変えるだけです。まずはホテルのすぐ近くにある松島展望台へ。上島の北部にあり、天草松島と天草五橋の絶景を楽しむことができるポイントですが、朝は小雨が降っていて、展望はよくありませんでした。

天草 松島展望台
熊本県上天草市松島町合津5886-2
撮影 : 2018.10.4
c0112559_08061512.jpg
c0112559_08063513.jpg
小雨が降っていて薄暗い。
c0112559_08071571.jpg
c0112559_08073124.jpg
天草パールラインに架かる天草5橋のうちの天草4号橋がなんとか見えています。
c0112559_08083015.jpg
ここより眺めがよさそうな円形に張り出した建物。「天空の船」というホテルです。
c0112559_08092719.jpg
こちらは土産物屋の「倖栄」。
c0112559_08095624.jpg
c0112559_08101762.jpg
天気が良い日の眺めをネットから借用します。



by gipsypapa | 2019-01-25 08:12 | | Trackback | Comments(2)

天草の松島観光ホテル「岬亭」

c0112559_08111520.jpg
崎津集落のある天草の下島から北東に進んで上島の北の端に近い「松島観光ホテル 岬亭」が2泊目の宿でした。この一帯は松島という地名で、天草五橋に近く、森林に囲まれて建つ昔ながらの穏やかな温泉ホテルでした。

松島観光ホテル 岬亭
熊本県上天草市松島町合津4710
撮影 : 2018.10.3
c0112559_08115464.jpg
夕暮れの島原湾を左に見ながら北上。
c0112559_08130247.jpg
例の筋雲がまだ残っていました。
c0112559_08134629.jpg
c0112559_08140646.jpg
c0112559_08142697.jpg
c0112559_08144600.jpg
よく手入れされた中庭がありました。
c0112559_08153396.jpg
洋館が2棟並んでいますが、何かは分かりませんでした。
c0112559_08162164.jpg
c0112559_08163997.jpg
最後の夜。今回のツアーの夕食はよかったです。ビュッフェというかいわゆるバイキングは苦手なんです。


by gipsypapa | 2019-01-24 08:20 | 建築 | Trackback | Comments(0)

天草の﨑津集落

c0112559_08230240.jpg
天草の﨑津は、1569(永禄12)年に、イエズス会修道士アルメイダによって布教が開始され、ほとんどの村人がキリスト教徒になったそうです。江戸幕府の禁教令によって宣教師やキリシタンに対する弾圧が激しくなるなかでも密かに信仰を継承しつづけ、明治時代にキリスト教が解禁されるまでの間、日本独特のキリスト教信仰を育んだ歴史を象徴する集落です。

こうした、日本独特のキリスト教信仰を育んだ集落や史跡は、世界中に類を見ない資産であると評価され、昨年。2018(平成30)年に世界文化遺産への登録が決定しました。

﨑津集落
世界文化遺産
熊本県天草市河浦町崎津
撮影 : 2018.10.3
c0112559_08233569.jpg
⑤天草の崎津集落
c0112559_08243513.jpg
集落と崎津教会の尖塔が見えてきました。
c0112559_08255447.jpg
広い駐車場と休憩所があります。ここでバスを降りて集落へ向かいます。
c0112559_08263484.jpg
お目当ての崎津教会への往き帰りに集落を散策しました。
c0112559_08270648.jpg
見えているのは羊角湾(ようかくわん)です。
c0112559_08274661.jpg
c0112559_08280334.jpg
「杉ようかん」の看板があるお休み処。
c0112559_08283400.jpg
琉球由来だとか。
c0112559_08290690.jpg
南風屋(はいや)が作っているそうです。写真はネットから借用しました。
c0112559_08294637.jpg
「きんつ市場」の看板。マリア像の見える漁協直売場とか。
c0112559_08301911.jpg
行かなかったのでネットの写真を借用します。
c0112559_08305158.jpg
これもネットから。海上マリア像です。教信者などによって1974(昭和49)に建てられ、付近を行き来する漁船の運航の安全と豊漁を見守っています。
c0112559_08315734.jpg
道端には普通に地蔵さんがあます。
c0112559_08322768.jpg
c0112559_08325861.jpg
後にアップする予定の諏訪神社の石段手前に煉瓦造りの門と真っ白なマリア像がありました。
c0112559_08364619.jpg
このマリア像が立つ日本家屋は「木造崎津教会跡」で、現在の崎津教会が建つ前の教会でした。
c0112559_08375799.jpg
ネット情報では、古くから神父様1人、シスター1人。保育園のような役割もはたしていたとか。
c0112559_08383305.jpg
当時の写真がネットにありました。
c0112559_08390340.jpg
下田珈琲。閉まっていました。今後は世界遺産指定で観光客が増えるでしょうから、将来は明るい?
c0112559_08393440.jpg
羊角水産。このときは「羊角」は苗字と思って、なんと読むんだろうと撮影。後で目の前の湾の名前と判明。
c0112559_08401209.jpg
これもネットの写真です。


by gipsypapa | 2019-01-21 08:43 | | Trackback | Comments(2)

天草の十三仏公園

c0112559_08412404.jpg
草の下島の西海岸を南下。十三仏公園(じゅうさんぶつこうえん)でトイレ休憩でした。北に妙見ヶ浦(みょうけんがうら)を望む景勝ポイントです。公園の名前は、近くに十三仏堂というお堂があり、室町時代に普及した十三仏供養に由来していまるそうです。

十三仏公園
熊本県天草市天草町高浜北
撮影 : 2018.10.3
c0112559_08422298.jpg
c0112559_08425066.jpg
c0112559_08430643.jpg
南に白鶴浜海水浴場.。
c0112559_08434323.jpg
北には妙見ヶ浦。奇岩、洞門が連なる国指定の名勝・天然記念物です。
c0112559_08442076.jpg
妙見ヶ浦の近影はネットから借用しています。
c0112559_08445627.jpg
c0112559_08451327.jpg
フェリーで見た筋雲が大きくなって空一杯に広がっています。
c0112559_08455499.jpg
c0112559_08460999.jpg
c0112559_08462437.jpg
偶然ですが美しい景観を見ることが出来ました。
c0112559_08465986.jpg
c0112559_08471530.jpg
十三仏公園からさらに南に進んだところに白い教会が見えます。大江教会です。キリスト教解禁後、天草で最も早く造られた教会で、現在の建物は昭和8年(1933年)天草への伝道に生涯を捧げたフランス人宣教師ガルニエ神父が地元信者と協力して建立したものです。

大江教会
1933(昭和8)年
設計・施工 : ガルニエ神父
熊本県天草市天草町大江1782
c0112559_08475363.jpg
今から訪ねる崎津教会が世界遺産の候補になる前は、この教会はツアーの定番だったそうです。
c0112559_08482228.jpg
行かなかったのでネットの写真を借用しています。丘の上に建つ白亜のロマネスク様式の教会です。


by gipsypapa | 2019-01-19 08:52 | | Trackback | Comments(2)