タグ:石川 ( 53 ) タグの人気記事

久保市乙剣宮

c0112559_08094123.jpg
暗がり坂を上ったところに神社があります。久保市乙剣宮(くぼいちおとつるぎぐう)で創建年代は平安時代の初めといわれているそうです。中世には門前に北加賀地方の中心的市場が立ち、ここから金沢のまちが形作られていったことから、金沢の「市場発祥の地」、「まち発祥の地」として、特に「商売繁盛・発展の神様」として広く崇敬されているそうです。現在の社の築年は分かりませんでした。木造平屋建て。

久保市乙剣宮
詳細不明
金沢市下新町6-21
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08101657.jpg
c0112559_08103230.jpg
c0112559_08104501.jpg
c0112559_08110264.jpg
c0112559_08111996.jpg
c0112559_08114233.jpg
c0112559_08120036.jpg
c0112559_08121474.jpg
c0112559_08123227.jpg
明治の文豪・泉鏡花は、この神社の前の民家で生まれたので、境内が子供時代の遊び場だったそうです。

by gipsypapa | 2017-12-26 08:13 | 建築 | Trackback | Comments(0)

主税町茶屋街

c0112559_09310162.jpg
ひがし茶屋街」から戻って浅野川大橋を渡ると、もう一つの茶屋街があります。「ひがし茶屋街」は浅野川の東南、少し陸側に入り込んだ位置にありますが、「主税町(かずえまち)茶屋街」は西側の、大橋から見て下流の川沿いにあります。「主計町茶屋町」は明治期に成立した考えられているそうです。

茶屋建築としての特徴は「ひがし茶屋街」と似ていますが、明治後期から昭和初期にかけて三階建てに増築されるなど変化しているとか。観光地化している「ひがし茶屋街」に比べて、土産物屋などはほとんどなく、当時のままの料亭などが残っており、前を流れる浅野川とともに風情のある景観を形成しています。

主税町茶屋街
明治期~昭和初期
重要伝統的建造物群保存地区
金沢市主計町
撮影 : 2017.3.8
c0112559_09313198.jpg
浅野川大橋から下流を見ています。左側が主税町茶屋街。
c0112559_09320117.jpg
金沢市内は用水路が多いそうで、これは浅野川への流入口。
c0112559_09331409.jpg
帰り道に通過するのに、川沿いではなく一本浦の路地を歩きました。
c0112559_09334851.jpg
路地に源法院というお寺がひっそりと建っています。山号は臨川山で、約1200年も前の大昔、弘法大師によって建てられたという伝説のお寺だとか。
c0112559_09342037.jpg
一角にある女性友禅作家の工房、欒堂(らんどう)。
c0112559_09345542.jpg
猫がいます。
c0112559_09352958.jpg
バーです。
c0112559_09364887.jpg
この奥にあるようですが、観光客には敷居が高いです。
c0112559_09375898.jpg
路地と直角の「あがり坂」。
c0112559_09385059.jpg
c0112559_09391014.jpg
料亭が軒を並べています。
c0112559_09395623.jpg
c0112559_09401259.jpg
c0112559_09403105.jpg
c0112559_09404768.jpg
主税町料亭組合の事務所です。
c0112559_09412054.jpg
c0112559_09414430.jpg
泉鏡花はこのすぐ近くで生まれたそうです。
c0112559_09421893.jpg
c0112559_09423516.jpg
c0112559_09425240.jpg
暗がり坂。路地はまだまだ続きますが、ここを登っていきました。
c0112559_09432616.jpg
c0112559_09434626.jpg
c0112559_09440912.jpg
c0112559_09442987.jpg
c0112559_09445552.jpg
川沿いの道は通らなかったので、ネットから写真を借用しています。
c0112559_09452434.jpg
c0112559_09330281.jpg
時間がなく、ショートカットしましたが、もう一度歩きたい町並みです。

by gipsypapa | 2017-12-25 09:46 | | Trackback | Comments(2)

藤島山 円長寺

c0112559_08351743.jpg
ひがし茶屋街シリーズの最後です。1586(天正14)年に創建され1596(慶長元)年に現在地に移転し建立されたそうです。加賀藩の三代目藩主だった前田利常が鷹狩などでの休憩所として利用した円長寺です。今も前田利常公の位牌が置かれているとか。木造平屋建て。

藤島山 円長寺
1865(慶応元)年(御輪堂)
設計・施工 : 不明
金沢市東山1-4-40
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08355098.jpg
c0112559_08360629.jpg
本堂の築年は分かりませんでした。
c0112559_08370312.jpg
白となまこ壁の蔵のような建物があります。御輪堂で、1865(慶応元)年に建立されたものです。
c0112559_08373306.jpg
時代的には「ひがし茶屋街」が町割りされて、しばらくしてから建てられたわけです。

by gipsypapa | 2017-12-23 08:38 | 建築 | Trackback | Comments(2)

東山の寿苑

c0112559_08224749.jpg
もう一つ、ひがし茶屋街の入り口付近にある金沢特有の町家建築。九谷焼の湯呑み、お茶碗などの陶器を販売する土産屋です。望楼を載せた、木造2階建て。

寿苑
旧中谷食料品店
詳細不明
金沢市東山1-5-6
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08231722.jpg
c0112559_08233273.jpg

by gipsypapa | 2017-12-22 08:23 | 建築 | Trackback | Comments(2)

東山のきんつば中田屋

c0112559_08134538.jpg
昭和9年創業という甘味処「中田屋」。ひがし茶屋街の入り口付近にあります。きんつばが人気で、2階はカフェスペースになっています。望楼のような小さな3階を載せた木造2階建て。

きんつば中田屋
詳細不明
金沢市東山3-4-30
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08141793.jpg
c0112559_08143143.jpg
c0112559_08145075.jpg
c0112559_08151128.jpg
これ以降の写真はネットから借用しています。
c0112559_08154973.jpg
c0112559_08160562.jpg
c0112559_08161849.jpg
c0112559_08163405.jpg
c0112559_08164964.jpg
[#IMAGE|c0112559_08170285.jpg
by gipsypapa | 2017-12-21 08:17 | 建築 | Trackback | Comments(2)

東山のレストラン自由軒

c0112559_08141958.jpg
ひがし茶屋街の入り口にある洋風建築。1909(明治42)年創業の老舗洋食屋「レストラン 自由軒」です。店舗は看板建築でレトロに見えますが、ネット情報では、1933(昭和8)年に自由軒が改築された時の形だとか。ということは、近年ファサードを復元したものでしょうか。木造2階建て。

レストラン自由軒
1933(昭和8)年か?
設計・施工 : 不明
金沢市東山1丁目6-6
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08145439.jpg
最初の写真の上部に切妻の屋根が見えているので、昭和初期に流行った看板建築です。このときはすごい行列でした。
c0112559_08152050.jpg
この写真以降はネットから借用しています。2階は半円アーチ窓。壁モルタル仕上げで、不思議な文様があります。
c0112559_08161106.jpg
c0112559_08162369.jpg
c0112559_08163821.jpg
c0112559_08171644.jpg
c0112559_08173258.jpg
外観の割りに、内部は和風です。
c0112559_08175866.jpg
c0112559_08181192.jpg
オムライスや・・・
c0112559_08184273.jpg
c0112559_08190105.jpg
タンシチューが人気だそうです。
c0112559_08193034.jpg

by gipsypapa | 2017-12-20 08:19 | 建築 | Trackback | Comments(2)

ひがし茶屋街 東料亭組合

c0112559_09111402.jpg
ひがし茶屋街入り口の広場に大型の一軒家が建っています。玄関に東料亭組合という看板が架かっています。築年などの建物自体の情報は見つかりませんでした。木造2階建て。

東料亭組合
詳細不明
金沢市東山1-8-21
撮影 : 2017.3.8
c0112559_09114472.jpg
c0112559_09120484.jpg
2階はガラス窓が並びます。
c0112559_09123020.jpg
c0112559_09124462.jpg
2階は大広間か?だとしたらお茶屋というより、料亭だったかもしれません。

by gipsypapa | 2017-12-19 09:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)

ひがし茶屋街 「金澤東山しつらえ」&「茶房 やなぎ庵」

c0112559_08413873.jpg
ひがし茶屋街の入り口の角地に大型のお茶屋があります。九谷焼や輪島塗などの石川の伝統工芸品を展示するギャラリーショップ「金澤東山しつらえ」です。2階は和風カフェの「茶房 やなぎ庵」です。これも明治初期以前の建物と思いますが、データは見つかりませんでした。木造2階建て。

金澤東山しつらえ & 茶房 やなぎ庵
詳細不明
金沢市東山1-13-23
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08421353.jpg
角地にあり、他のお茶屋とは違って、張り出し部を持つ特殊な形です。
c0112559_08434894.jpg
c0112559_08440716.jpg
c0112559_08443666.jpg
c0112559_08445409.jpg
c0112559_08465281.jpg
c0112559_08450974.jpg
c0112559_08462457.jpg
金澤東山しつらえと茶房やなぎ庵の内部写真はネットから借用しています。
c0112559_08480307.jpg
c0112559_08482235.jpg
c0112559_08485213.jpg


by gipsypapa | 2017-12-18 08:49 | 建築 | Trackback | Comments(2)

ひがし茶屋街 お茶屋美術館

c0112559_07023423.jpg
中屋というお茶屋がお茶屋美術館になっています。先にアップした志摩と同時期、ひがし茶屋街の創設当初に建てられた茶屋建築で、当時の状態をそのまま残しているそうです。

美術館の1階は町人文化の華やかさを伝える髪飾り、加賀蒔絵、加賀象嵌などの優美な道具類が展示。2階が客間で、遊芸を主体とするため開放的で押入や物入れがなく、座敷には弁柄の朱色や鮮やかな群青色の壁が塗られて優美で繊細なお茶屋特有の粋な造りになっています。木造2階建て。

お茶屋美術館
旧中屋
1820(文政3)年
設計・施工 : 不明
金沢市東山1-13-7
撮影 : 2017.3.8
c0112559_07031839.jpg
c0112559_07035395.jpg
c0112559_07042792.jpg
c0112559_07044174.jpg
c0112559_07053072.jpg
入らなかったので、内部写真はネットから借用しています。弁柄の赤が異様に強烈。
c0112559_07054760.jpg
こちらの群青色はいいですね。
c0112559_07061726.jpg

by gipsypapa | 2017-12-15 07:06 | 建築 | Trackback | Comments(2)

ひがし茶屋街 懐華楼

c0112559_08083623.jpg
志摩と同じ通りにある懐華樓(かいかろう)。金沢で最大のお茶屋「旧越濱」(きゅうこしはま)だった建物で、改修して一般公開されています。名物「黄金くずきり」などの甘味を楽しめるカフェやオリジナル商品を販売する店舗にもなっています。金沢市指定保存建造物の木造2階建て。

懐華楼
旧越濱
江戸後期
金沢市指定保存建造物
設計・施工 : 不明
金沢市東山1-14-8
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08094350.jpg
c0112559_08095986.jpg
1階の格子戸はひがし茶屋街共通の意匠。2階はガラス戸と思いますが、戸が閉まっています。
c0112559_08112236.jpg
c0112559_08113613.jpg
c0112559_08115119.jpg
c0112559_08120672.jpg
c0112559_08123489.jpg
c0112559_08124923.jpg
c0112559_08130165.jpg
ネットにあった朱塗りの座敷の写真。お茶屋らしい色使いです。

by gipsypapa | 2017-12-14 08:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)