タグ:田上義也 ( 8 ) タグの人気記事

日和茶房(函館プレーリーハウス)

日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_1251236.jpg
 4年前はまだ企業所有の建物で、玄関側と背面の塀越しに外観を見ただけでした。今回の旅行前に、カフェギャラリー『日和茶房 ひわさぼう』としてオープンしたことを知り、ぜひ行ってみたかったのです。

 4年前のブログの繰り返しになります。

 一見してライト風とわかるこの建物は、世界的な建築家F.L.ライトの弟子で、大正から昭和にかけて北海道を拠点に活躍した田上義也(たのうえ よしや 1899~1991)の設計です。函館の海産商だった佐田作郎の住居として建てられたもので、その後、すぐに同じ海産商の小熊家の住宅として長く使われました。

 日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_12535281.jpg水平と垂直線を強調した外観で、長く突き出した軒。幾何学的モチーフの門扉や純白の外壁に採光に配慮して多めに配置された窓の形状や桟の造形美にライト式住宅の特徴が強く出た、上品で魅力的な作品です。

 田上義也氏設計の洋館が喫茶室になっている例は、札幌の「ろいず珈琲館旧小熊邸」があり、いずれもライトスタイルの美しい建物ですが、こちらは和室があったりして、より変化に富んでいます。登録有形文化財と函館市景観形成指定建造物の木造2階建て。

日和茶房(函館プレーリーハウス)
旧佐田邸
1928(昭和3)年
登録有形文化財
函館市景観形成指定建造物
設計 : 田上義也
施工 : 不明
函館市元町32-10
撮影 : 2013.8.29



日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_12544493.jpg
 前回は閉まっていた庭園への入口が開いています。
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_12564087.jpg
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_12565521.jpg
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_12572938.jpg
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_12574018.jpg
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_12575918.jpg
 訪ねたのは午後1時前。平日とはいえランチ時間なので、入れるかどうか少し心配しましたが、なんとか1席だけ空いているとのこと。確かに中はほぼ満席で、当然のように大半は女性客でした。
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_12591749.jpg
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_12592742.jpg
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_12593690.jpg
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_12594741.jpg
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_1301285.jpg
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_1302371.jpg
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_1304256.jpg
 案内されたのは奥に進んだところにある日本間の廊下。広い廊下でつなぐ和室が2部屋あります。廊下を含めていずれも喫茶室として使われています。最初はどこも満席状態でしたが、私が出るころにはほとんど空きました。
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_132576.jpg
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_1321562.jpg
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_13229100.jpg
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_133331.jpg
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_133521.jpg
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_134390.jpg
 注文したのはハムと野菜のクレープとエビスビール。(^^)
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_1345979.jpg
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_135106.jpg
 2階も見せてもらいました。
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_1354859.jpg
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_1361410.jpg
 私が座った和室の廊下です。
日和茶房(函館プレーリーハウス)_c0112559_138219.jpg
 期待通りの素晴らしさでした。
by gipsypapa | 2014-02-08 13:10 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)

網走市立郷土博物館

網走市立郷土博物館_c0112559_12235153.jpg
 道東旅行の最後の目的地、網走市立郷土博物館です。行きたかったのはフランク・ロイド・ライトに師事した田上義也(たのうえ よしや1899 – 1991)の設計だからです。

 北海道を中心に活躍し、このブログでもプレイリー・ハウス(旧佐田邸)江口邸(旧高田治作邸)田上義也記念室(旧坂牛邸)ろいず珈琲館旧小熊邸旧城下医院(旧城下良平宅)日本キリスト教会札幌北一条教会を紹介していて、いずれもお気に入りです。

 この建物は本やネットで何度も見ましたが、田上義也らしくない印象でした。正面2階の大きな半円アーチのファサードやその後ろの赤いドームが、直線を基調としたライト建築と異なるからです。

 しかし近付いてみるとやはりライト風でした。左右対称で建物の下部や側面は白い大きな柱の間に窓を大きく配置し、腰部はスクラッチタイル貼り。1階と2階の間は大きめのタイルブロック貼りで、赤い色の横線をアクセントにしています。この周辺はどう見てもライト建築です。

 内部に入ると鮮やかなステンドグラスと八芒星が目に入ります。またドームに上がるらせん階段の造形も美しい曲線を描いていました。建物的にはこの階段踊り場周辺が見どころで、期待を裏切らないものでした。建物はコンクリート造りに見えますが、実は木造2階建て。

網走市立郷土博物館
旧北見教育委員会網走博物館
1936(昭和11)年
設計 : 田上義也
施工 : 宍戸栄左衛門
網走市桂町1丁目1-3
撮影 : 2012.8.28
網走市立郷土博物館_c0112559_12282182.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12283143.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12284359.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12285478.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_122949.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12291415.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12292375.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12293547.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12294590.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_1229563.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_123058.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12302485.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12303525.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12304555.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12305648.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_1231641.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12312430.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_1231335.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12314562.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12315686.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_1232535.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12321760.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_1232279.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12323846.jpg
 
網走市立郷土博物館_c0112559_12333349.jpg
 博物館なので展示品も紹介しなければ。オホーツク海に棲息する海の動物たちトド、アザラシ、オットセイなど。海や湖、草原、森林、高山など、生育地ごとの特徴的な鳥類。北の森を代表する動物たちの、ヒグマ、工ゾシカ、キタキツネなど。網走周辺の主な植物。カラフトキリギリスなどの稀少な昆虫など、主に展示しています。
網走市立郷土博物館_c0112559_12334234.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12335058.jpg

網走市立郷土博物館_c0112559_1234088.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_1234911.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12341981.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12342716.jpg
網走市立郷土博物館_c0112559_12343520.jpg
 これで北海道を終わり、次は東京を少しやります。
by gipsypapa | 2013-07-09 12:37 | 建築 | Trackback | Comments(4)

日本キリスト教会札幌北一条教会

日本キリスト教会札幌北一条教会_c0112559_12294169.jpg
 比較的新しい教会堂ですが、田上義也(たのうえよしや)の作品ということで訪ねました。1927(昭和2)年に建てられた、同じ田上義也設計の会堂が北1条西6丁目にありましたが、ここに移転した際に解体され、この新しい会堂も田上義也が手掛けたものです。

日本キリスト教会札幌北一条教会_c0112559_12301869.jpg「絵葉書の世界」というHPから
借用した旧北一条教会の写真。→


















 新しい会堂は、さすがにこの時代になると非常に現代的なデザインです。正面左側にそびえ立つような真っ白の外壁と急勾配の片流れの屋根が印象的。ここは階段室と思われます。右側の平屋建てが会堂になっています。会堂内部はプロテスタントらしい簡素な聖壇があり、両側に縦長窓が並びます。最上部の6角形の窓がフランク・ロイド・ライトの影響を感じさせる幾何学的な美しい形状です。鉄筋コンクリート造り、平屋建て。

日本キリスト教会札幌北一条教会
1979(昭和54)年
設計 : 田上義也
施工 : 不明
札幌市中央区北1条西13-2
撮影 : 2011.8.26
日本キリスト教会札幌北一条教会_c0112559_12305665.jpg
日本キリスト教会札幌北一条教会_c0112559_1231891.jpg
日本キリスト教会札幌北一条教会_c0112559_1231172.jpg
日本キリスト教会札幌北一条教会_c0112559_12312662.jpg
日本キリスト教会札幌北一条教会_c0112559_12313555.jpg
日本キリスト教会札幌北一条教会_c0112559_12314483.jpg
日本キリスト教会札幌北一条教会_c0112559_12315388.jpg
日本キリスト教会札幌北一条教会_c0112559_1232211.jpg
日本キリスト教会札幌北一条教会_c0112559_12321026.jpg
日本キリスト教会札幌北一条教会_c0112559_12322032.jpg
日本キリスト教会札幌北一条教会_c0112559_12323057.jpg

by gipsypapa | 2012-05-03 12:35 | 建築 | Trackback | Comments(2)

札幌の旧城下医院

札幌の旧城下医院_c0112559_1544582.jpg
 続けてフランク・ロイド・ライト門下の田上義也(たのうえ よしや 1899~1991)設計の昭和初期の住宅街の雰囲気を残す個人医院の建物。

 こちらはライトの影響が薄く、どちらかというと本野精吾の栗原邸(旧鶴巻邸)を思い出させる、いわゆるモダニズム建築です。南面の半円筒形部分が軽快でお洒落な印象で、医院らしい採光を配慮したデザイン。円筒形部分の1階部分は、診療室として使われてきましたが、当初は応接間兼書斎で、2階がサンルームだったそうです。

 ネット情報によると近年の改修で創建時の姿を失っているとのことです。また1998年発行の「札幌の建築探訪」に掲載されている写真では、円筒部分の上部には方形の屋根があり、右側に傾斜がきつい片流れの屋根がありますが今はありません。とはいえ今でも十分鑑賞に値する建物です。札幌景観資産の木造2階建て。

城下邸
旧城下医院(旧城下良平宅)
1930(昭和5)年
札幌景観資産
設計 : 田上義也
施工 : 不明
札幌市中央区南5条西21-2-16
撮影 : 2011.8.26
札幌の旧城下医院_c0112559_154544100.jpg
札幌の旧城下医院_c0112559_15455632.jpg
札幌の旧城下医院_c0112559_1546758.jpg
札幌の旧城下医院_c0112559_15461813.jpg
札幌の旧城下医院_c0112559_15462977.jpg
札幌の旧城下医院_c0112559_15464083.jpg
札幌の旧城下医院_c0112559_15465197.jpg
札幌の旧城下医院_c0112559_1547140.jpg

by gipsypapa | 2012-04-15 15:59 | 建築 | Trackback | Comments(6)

ろいず珈琲館旧小熊邸

ろいず珈琲館旧小熊邸_c0112559_136591.jpg
 前年見逃していたため是非とも行きたかったところです。市電から降りてかなりの距離を歩く必要がありますが、歩いているうちに強烈なスコールに遭ってしまいました。幸い携帯傘は持っていたので何とかたどり着きました。その代り雨宿りでコーヒーを飲みながら1時間ほどここにいたので、内部もじっくり見ることができました。

 北海道帝国大学の小熊捍(まもる)教授の自邸だった建物で、南1条西20丁目にありました。一時は解体の動きがあったそうですが、市民の存続・復元運動により、平成10(1998)年に、ここ藻岩山のふもとに移築されました。現在は喫茶店として活用されています。

 フランク・ロイド・ライトに師事した田上義也(たのうえ よしや1899 – 1991)の設計なので、ライトの影響を強く感じさせるデザインです。特に大きく張り出した軒、幾何学的なサッシ割りをした五角形の欄間付引違窓や亀甲窓、ライト風の灯具、外壁の羽目板の水平性を強調した外観は美しく、期待を裏切らない建物でした。札幌景観資産の木造2階建て。

ろいず珈琲館旧小熊邸
旧小熊捍邸
1927(昭和2)年
札幌景観資産
設計 : 田上義也
施工 : 篠原要次郎
札幌市中央区伏見5-3-1
撮影 : 2011.8.26
ろいず珈琲館旧小熊邸_c0112559_1373973.jpg
ろいず珈琲館旧小熊邸_c0112559_1374741.jpg
ろいず珈琲館旧小熊邸_c0112559_1375615.jpg
ろいず珈琲館旧小熊邸_c0112559_138450.jpg
ろいず珈琲館旧小熊邸_c0112559_1381190.jpg
ろいず珈琲館旧小熊邸_c0112559_138196.jpg
ろいず珈琲館旧小熊邸_c0112559_1383315.jpg
ろいず珈琲館旧小熊邸_c0112559_1383774.jpg
ろいず珈琲館旧小熊邸_c0112559_1384640.jpg
ろいず珈琲館旧小熊邸_c0112559_1385827.jpg
ろいず珈琲館旧小熊邸_c0112559_139781.jpg
ろいず珈琲館旧小熊邸_c0112559_139161.jpg
ろいず珈琲館旧小熊邸_c0112559_139287.jpg
ろいず珈琲館旧小熊邸_c0112559_1394269.jpg
 許可をもらって2階へ上がりました。
ろいず珈琲館旧小熊邸_c0112559_1310124.jpg
ろいず珈琲館旧小熊邸_c0112559_13102674.jpg
ろいず珈琲館旧小熊邸_c0112559_13103159.jpg
 期待を裏切らない美しい住宅建築でした。
ろいず珈琲館旧小熊邸_c0112559_13112079.jpg

by gipsypapa | 2012-04-12 13:12 | 建築 | Trackback | Comments(6)

田上義也記念室(旧坂牛邸)

田上義也記念室(旧坂牛邸)_c0112559_15211136.jpg
 すでに江口邸を紹介した田上義也(たのうえ よしや1899 – 1991)設計のライト風住宅。小樽公園南側にあり、弁護士の坂牛直太郎の住宅兼弁護士事務所だったものです。

 田上というかライトらしい大型でモダンな洋館。緑色の屋根、薄緑色の横羽目板打ちの腰壁と白い漆喰塗りや窓枠のコントラストが美しい。また1階に張り出した八角形の応接間と2階の幾何学的な印象が、いかにもライト風のデザインです。

 私が訪ねた時にはまだ住宅として使われていると思いこんでいましたが、ネット情報によると、すでに田上義也記念室としてオープンしていたようです。「邸宅の寝室や子供部屋、廊下など3分の1の面積を使って、田上氏の記念室をオープンすることを決めた。設計図や写真、建物の模型など約60点ほどを展示する予定」と書かれています。その日が開館日でなかったため、気づきませんでした。今年新しく小樽市指定歴史的建造物と小樽市都市景観賞に指定された木造平屋、一部2階建て。

田上義也記念室
旧坂牛邸
1928(昭和3)年
小樽市指定歴史的建造物
小樽市都市景観賞
設計 : 田上義也
施工 : 丸藤留治
小樽市入船5-8-15
撮影 : 2010.8.25
田上義也記念室(旧坂牛邸)_c0112559_152153100.jpg
田上義也記念室(旧坂牛邸)_c0112559_1522059.jpg
田上義也記念室(旧坂牛邸)_c0112559_152263.jpg
田上義也記念室(旧坂牛邸)_c0112559_15221326.jpg
田上義也記念室(旧坂牛邸)_c0112559_1522207.jpg
田上義也記念室(旧坂牛邸)_c0112559_15222843.jpg
田上義也記念室(旧坂牛邸)_c0112559_15223752.jpg
田上義也記念室(旧坂牛邸)_c0112559_15224520.jpg
田上義也記念室(旧坂牛邸)_c0112559_15225465.jpg
田上義也記念室(旧坂牛邸)_c0112559_1523585.jpg
田上義也記念室(旧坂牛邸)_c0112559_15231388.jpg
 なお、このすぐ南側に同じ田上義也設計のMOA小樽センター(旧上田邸)があるというネット情報があり、直前にもGoogleのストリートビューで存在を確認して楽しみに行ったのですが、なんと驚いたことに何もない更地でした。
田上義也記念室(旧坂牛邸)_c0112559_1524164.jpg
田上義也記念室(旧坂牛邸)_c0112559_1524942.jpg
 今日現在もストリートビューには建物が写っています。↑ストリートビューは私にとっては強力な武器として重宝していますが、こういうこともあるわけです。
by gipsypapa | 2011-11-09 15:29 | 建築 | Trackback | Comments(4)

小樽の江口邸

小樽の江口邸_c0112559_1412557.jpg
 フランク・ロイド・ライトの流れをくむ住宅建築といえば遠藤新が有名ですが、同じく帝国ホテルの建設事務所に入って、ライトの教えを受けた田上義也(たのうえ よしや1899 – 1991)も北海道に数多く建築をてがけ、いくつかが今も残っています。私の好みのスタイルなので、北海道を訪ねる時は、可能な限り見に行くことにしています。

 この建物はネット上でいくつか見ることができますが、個人住宅のため詳細な住所がありませんでした。苦労してGoogleのストリートビューで探して場所を特定したものです。

 この建物は市会議員の住宅だったもの。濃い茶色の外壁と幾何学的な窓の入った白い窓枠のコントラストが美しい。軒を大きく張り出し直線を強調するのがライト建築の特徴です。木造2階建て。

江口邸
旧高田治作邸
1926(昭和元)年
設計 : 田上義也
施工 : 不明
小樽市富岡1
撮影 : 2010.8.25
小樽の江口邸_c0112559_1423448.jpg
小樽の江口邸_c0112559_1425181.jpg
小樽の江口邸_c0112559_143383.jpg
小樽の江口邸_c0112559_1431433.jpg
小樽の江口邸_c0112559_143242.jpg
小樽の江口邸_c0112559_1433419.jpg
小樽ではもう1軒、田上義也の作品を訪ねましたが、見た順番にアップしているため、しばらく後になります。
by gipsypapa | 2011-11-06 14:04 | 建築 | Trackback | Comments(2)

プレイリー・ハウス

プレイリー・ハウス_c0112559_1134263.jpg
 函館元町の住宅街の通りから坂を下った奥まった場所に、周囲に多い擬洋風の建物とは全く違ったモダンなスタイルの住宅があります。一見してライト風とわかるこの建物は、建築家F.L.ライトの弟子で、大正から昭和にかけて北海道を拠点に活躍した田上義也(たのうえ よしや 1899~1991)の設計です。

 水平と垂直線を強調した外観で、長く突き出した軒。幾何学的モチーフの門扉や純白の外壁に採光に配慮して多めに配置された窓の形状や桟の造形美にライト式住宅の特徴が強く出た、上品で魅力的な作品です。

 函館の海産商だった佐田作郎の住居として建てられたもので、その後、すぐに同じ海産商の小熊家の住宅として長く使われました。現在はライトがシカゴ周辺で実践したというプレイリーハウス(草原洋式)に因んだ名称が付けられています。有形文化財と函館市景観形成指定建造物の木造2階建て

プレイリー・ハウス
旧佐田邸
1928(昭和3)年
登録有形文化財
函館市景観形成指定建造物
設計 : 田上義也
施工 : 不明
函館市元町32-10
撮影 : 2009.9.23
プレイリー・ハウス_c0112559_11362442.jpg
プレイリー・ハウス_c0112559_11363168.jpg
プレイリー・ハウス_c0112559_1136381.jpg
プレイリー・ハウス_c0112559_11364546.jpg
プレイリー・ハウス_c0112559_11365249.jpg
プレイリー・ハウス_c0112559_113701.jpg
プレイリー・ハウス_c0112559_11371318.jpg
プレイリー・ハウス_c0112559_11372278.jpg
プレイリー・ハウス_c0112559_1137328.jpg
プレイリー・ハウス_c0112559_11374151.jpg
プレイリー・ハウス_c0112559_11375295.jpg
 日本にライト風の住宅は弟子の遠藤新と田上義也の作品が数か所現存していて、個人的に好きなスタイルですので、今回の函館の目玉に一つでした。もちろん内部は見ることができませんでしたが、ネットにはいろいろ写真があります。一例をどうぞ。
 
 ちなみに、今年は小樽で同じ田上義也設計の江口邸(旧高田治作邸)と坂牛邸を見ることができましたが、MOA小樽センター(旧上田邸)はすでに取り壊されているのが判明しました。昨年解体されたようで、間に合わず残念です。
by gipsypapa | 2010-09-21 11:40 | 建築 | Trackback | Comments(2)