タグ:清水義八 ( 2 ) タグの人気記事

博物館明治村 三重県庁舎

c0112559_12561485.jpg
 明治維新政府による地方行政は、明治2年(1869)の版籍奉還に続く明治4年の廃藩置県に始まる。この時から中央政府によって任命された府知事・県令が各府県に派遣されるようになるが、さらに明治6年には地方行政と勧業のための中央官庁として内務省が設置され、地方行政は急速にその整備が進められていった。府知事・県令を迎えた各府県では、当初は既存の建物を県庁舎として使っていたが、開明的な県令は先を争うように洋風の新庁舎を建設するようになった。この三重県庁舎も明治9年(1876)、県令岩村定高によって計画され、3年後の同12年に完成したものである。

 間口が54mに及ぶ大きな建物で、玄関を軸に左右対称になっており、正面側には二層のベランダが廻らされている。この構成は当時の官庁建築の典型的なもので、明治9年東京大手町に建てられた内務省庁舎にならったものである。構造は木造で、内外とも柱を見せない漆喰塗大壁で、屋根には桟瓦を葺いている。正面に突き出した車寄の屋根には手摺をあげ、入母屋屋根の破風には菊花紋章を飾るなどして建物の正面を引き立たせる一方、両翼の正面側の壁面角には黒漆喰で太い柱型を塗り出し、全体を引き締める役割を持たせている。尚、窓は全て上ゲ下ゲ硝子窓であるが、妻面の窓は他の部分と異なり、外に鎧戸が付けられている。

 この建物の設計は地元三重県の大工清水義八を中心に進められたが、清水義八は他にも県内の建物を手がけており、同じく明治村に移築されている三重県尋常師範学校も彼の手になったものである。

 基檀、礎石、円柱、エンタブレチュアの構成は古代ギリシャ・ローマの神殿に由来するものである。出入口や窓も洋風が取り入れられ、半円アーチや円弧アーチの形で納められている。正面入口だけは、木製の建具枠の外側に石製の太いアーチ状の額縁が廻らされている。

 扉や額縁は木目塗という技法で塗装されている。洋風建築とともに西洋から伝えられた技法で木の素地を見せず、ペンキを塗って別の高価な木材種(例えばマホガニー、チークなど)の木目を描く方法である。明治村には、この木目塗が使われている建物として菅島燈台付属官舎、東山梨郡役所、長崎居留地二十五番館の三棟がある。


博物館明治村 三重県庁舎
1879(明治12)年
重要文化財
設計 : 清水義八
施工 : 伊藤平右衛門、鈴木幸右衛門、青木半兵衛
旧所在地 : 三重県津市栄町
犬山市内山1-13博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22 & 2012.3.10
c0112559_12574695.jpg
c0112559_1258596.jpg
c0112559_1257568.jpg
c0112559_12582142.jpg
c0112559_1258118.jpg
c0112559_12583354.jpg
c0112559_12584538.jpg
c0112559_12584849.jpg
c0112559_12585729.jpg
c0112559_12591050.jpg
c0112559_1259211.jpg
c0112559_12592860.jpgc0112559_125935100.jpg



























c0112559_12595660.jpg
c0112559_12595048.jpg
c0112559_1301818.jpg
c0112559_1302879.jpg
c0112559_1301856.jpg
c0112559_1304695.jpg
c0112559_1305476.jpg
c0112559_1305970.jpg
c0112559_131772.jpg

by gipsypapa | 2012-09-20 13:02 | 建築 | Trackback | Comments(2)

博物館明治村 三重県尋常師範学校本館・蔵持小学校校舎

c0112559_13173533.jpg
 明治19年(1886)の師範学校令により、東京に高等師範学校が、又各県に一校ずつ尋常師範学校が設けられることになった。尋常師範学校は小学校教師の養成を目的としており、国民皆学の基礎となったものである。明治21年に三重県の尋常師範学校本館として建てられたこの建物は、昭和3年(1928)、本館の改築に伴い県下名張市の蔵持村に売却・移築され、蔵持小学校として使われていた。明治村で保存公開されている三重県庁舎と同じ清水義八の設計になり、三重県庁舎と同様、E字形左右対称二階建であったが、昭和48年(1973)明治村に移築保存するに際しては、特色ある中央玄関部分と右翼の二教室分のみを遺した。

 県庁舎が清水義八による洋風建築初期の作品で、単純で古典的な印象を与えるのに対し、約10年のちのこの建物ではデザインが消化されて、中央の玄関部を除けば穏やかにまとめられている。玄関は四本の円柱を立ててアーケードとし、二階にベランダを設け、入母屋の屋根をいただく。アーチや入母屋の破風に草花をモチーフとした縁飾りをあしらい、懸魚にも洋風の雰囲気を遺している。二階ベランダの手摺、軒廻り、入母屋妻のデザインなどにも設計者の工夫が見られる。翼屋の教室部分の外壁は洋風の下見板張りになっており、白漆喰塗の玄関部とあざやかなコントラストをなしている。

 車寄の柱は三重県庁舎と同じ古代ローマのトスカナ様に作られているが、柱の上ではなく柱の中途に持ち送りを出してアーチを支えている。このように柱間にアーチを組み込むのは中世以降の構成である。一方、通り抜けの入口は両側に太い石の柱を建て、その上に厚い石のアーチを架け渡している。


博物館明治村 三重県尋常師範学校本館・蔵持小学校校舎
1888(明治21)年
登録有形文化財
設計 : 清水義八(棟梁)
施工 : 不明
旧所在地 : 三重県名張市蔵持
犬山市内山1-3博物館明治村内
撮影 : 2011.9.22
c0112559_13185830.jpg
c0112559_13191341.jpg
c0112559_13194074.jpg
c0112559_13192372.jpg
c0112559_13192994.jpg
c0112559_13195544.jpg
c0112559_1319437.jpg
c0112559_1319525.jpg
c0112559_1320052.jpg
c0112559_13203014.jpg
c0112559_13201766.jpg
c0112559_132021100.jpg

by gipsypapa | 2012-09-07 13:21 | 建築 | Trackback | Comments(2)