タグ:清水栄二 ( 3 ) タグの人気記事

旧神戸市立生糸検査所クリエイティブスペース

c0112559_133514.jpg
 神戸税関の道路を挟んだ東側にあるビル。輸出生糸の検査を行う施設として神戸市により建設された建物です。2008年まで隣接する旧国立生糸検査所とともに独立行政法人・農林水産消費技術センターの施設として使用されていました。

 つまり私が訪ねた時(2007年)はまだ農林水産消費技術センターだったわけですが、その後センターはポートアイランドに移転。一時は跡地の競売まで計画されていましたが、周辺の歴史的景観の保全を考慮して、神戸市長が買収。解体の危機を免れました。現在はデザインやアートなどの創造的な活動を支援するデザインクリエイティブスペースとして、活動を開始。様々なイベントを行うそうです。

 大型の官公庁ビルで、ゴシック風のデザイン。褐色のタイル貼りに縦の線を強調し、玄関は尖塔アーチ、両脇の柱2本は建物の頂部から突き出した面白い外観になっています。設計は地元出身で神戸市の営繕課長を経て独立し、清水建築事務所にいた清水栄二。代表作の御影公会堂を始めとして、このブログでも紹介した甲南漬資料館神戸市立東灘区民センター分館(魚崎児童館)を設計しています。鉄筋コンクリート造り、4階建て。

旧神戸市立生糸検査所クリエイティブスペース
旧神戸市立生糸検査所 1927(昭和2)年
設計 : 清水栄二(神戸市営繕課)
施工 : 竹中工務店
神戸市中央区小野浜1-4
撮影 : 2007.11.11
c0112559_134368.jpg
c0112559_134421.jpg
c0112559_1345280.jpg
c0112559_1345761.jpg
c0112559_135382.jpg
 玄関の上部にある面白い装飾は蚕の頭部がモチーフだそうです。
c0112559_1353717.jpg
c0112559_1354524.jpg
c0112559_1355923.jpg
c0112559_136789.jpg
 この一角は神港地区と呼ばれ、神戸税関をランドマークとした歴史的な建物が並んでいます。中央の奥に見える建物は旧国立生糸検査所。右側は新港貿易会館です。
by gipsypapa | 2011-03-03 13:07 | 建築 | Trackback | Comments(2)

甲南漬資料館

c0112559_14104690.jpg
 引き続いて清水栄二設計の洋館です。江戸時代末期からある甲南漬という奈良漬のような漬物の会社の旧社長宅だった昭和初期の住宅建築。モダニズム風の外観ですが、向って左側の階段室の屋根は放物線アーチ。随所にアールデコの装飾やステンドグラスの丸窓があったりする、カルチャーミックス的な見どころの多い優れたデザインです。

 現在、甲南漬資料館として、無料で一般公開されています。鉄筋コンクリート造、2階建。

甲南漬資料館
旧高嶋平介邸
1931(昭和6)年
設計 : 清水栄二
施工 : 不明
神戸市東灘区御影塚町4-4
撮影 : 2008.2.10
c0112559_14114286.jpg
 左側階段室の縦長窓は三角形に張り出したモダンなデザイン。
c0112559_14123788.jpg
 向かって右には八角形を半分にした張り出し。1階、2階共にサンルームのようです。
c0112559_1414362.jpg
c0112559_14145151.jpg
c0112559_1415518.jpg
c0112559_14154078.jpg
c0112559_14155843.jpg
 外観はモダニズム風ですがスパニッシュ風の煙突があったりします。
c0112559_14173555.jpg
c0112559_14175619.jpg
 玄関の円形庇が面白い。
c0112559_1419047.jpg
 アールデコ調の玄関灯。
c0112559_14195842.jpg
 1階は建物の真ん中を一直線に廊下が走り、両側は飲食店や展示場となっています。
c0112559_1421269.jpg
c0112559_14211799.jpg
c0112559_1421285.jpg
c0112559_14214234.jpg
 応接間や和室があって・・・
c0112559_1423782.jpg
c0112559_14232188.jpg
c0112559_14233761.jpg
c0112559_14234796.jpg
 突き当りにはステンドグラスの丸窓。
c0112559_14243094.jpgc0112559_14244479.jpg












 昔ながらの水周りやレジ機。
c0112559_1426276.jpg
c0112559_142618100.jpg
c0112559_14263257.jpg
c0112559_14264611.jpg
 2階へ上がる階段。手前の欄間の模様もアールデコ調です。
c0112559_14272973.jpg
c0112559_14273940.jpg
 2階のサンルーム。
c0112559_14281951.jpg
c0112559_1428384.jpgc0112559_1428527.jpg 

























階段の3角形張り出し窓を内部から。
c0112559_14295987.jpg
c0112559_14303436.jpg

by gipsypapa | 2008-10-27 14:35 | 建築 | Trackback(2) | Comments(4)

神戸市立東灘区民センター分館(魚崎児童館)

c0112559_22105655.jpg
 灘中・灘高の近くにある昭和にしてはクラシックな外観の建物があります。神戸市に編入される前の魚崎町の役場でした。

 設計は地元出身で神戸市の営繕課長を経て独立し、当時は清水建築事務所だった清水栄二。代表作の御影公会堂を始めとして農林水産消費技術センター(旧神戸市立生糸検査所)、帝国信栄ビル、旧森高等女学校(現神戸学院大学附属高等学校)などの公共施設や甲南漬資料館(旧高嶋平介邸)、神戸大学ロイ・スミス館(旧大谷邸)などの住宅建築も手掛けました。

 あずき色の外壁にファサードはテラコッタ・タイルを貼った、公共施設らしい意匠ですが、玄関周りに少しアールデコを感じさせる工夫が見られます。鉄筋コンクリート造り、3階建て。


神戸市立東灘区民センター分館(魚崎児童館)
旧魚崎町役場
1937(昭和12)年
設計 : 清水栄二
施工 : 竹中工務店
神戸市東灘区魚崎中町4-3-16
撮影 : 2008.2.10
c0112559_22112461.jpg
c0112559_22113643.jpg
c0112559_22114639.jpg
c0112559_2211568.jpg
c0112559_22122245.jpg
c0112559_22123232.jpg
c0112559_22124012.jpg
c0112559_22125045.jpg
c0112559_2213196.jpg

by gipsypapa | 2008-10-26 22:13 | 建築 | Trackback | Comments(0)