タグ:東京 ( 159 ) タグの人気記事

迎賓館赤坂離宮

c0112559_07365900.jpg
千葉県の観光を終え、東京に1泊しました。翌日は以前から行ってみたかった迎賓館赤坂離宮を訪ねました。赤坂離宮は東宮御所がある赤坂御用地の北側にあります。泊まったホテルは御用地の南側だったので、東京メトロで赤坂見附から一駅乗って、四谷駅から向かいました。

迎賓館がある赤坂御用地の敷地は紀州藩徳川家中屋敷のあった場所。現在、迎賓館として使われている旧赤坂離宮は、当時の皇太子明宮嘉仁親王,後の大正天皇の住居(東宮御所)として、1909(明治42)年に完成したネオバロック様式の建築です。明治期最大の記念建築で,本格的な西欧の建築様式を採用しながら,彫刻等の装飾にはわが国独特の様式、主題を採用し,精緻な工芸技術が各所に採用されています。

設計は、工部大学校の建築学科(東京大学工学部の前身)第1期生で、J.コンドルの最初の教え子、当時は宮内省内匠寮に所属していた片山東熊(かたやま とうくま 1854- 1917)が総指揮を取りました。日本初の洋風宮殿であり、内装は洋画家の浅井忠、黒田清輝、岡田三郎助らが担当したそうです。戦後は国会図書館に転用されていた時期があったとかですが、1974(昭和49)年に村野藤吾の監修により、現在の迎賓館に改修されました。明治以降,昭和戦前に建設されたわが国の建築を代表するものの一つで,文化史的意義の特に深いものとして国宝に指定された、石造りおよび鉄骨煉瓦造り、2階建て、地下1階。

迎賓館赤坂離宮
旧東宮御所
1909(明治42)年
国宝
設計 : 片山東熊(宮内省内匠寮)
内装 : 浅井忠、黒田清輝、岡田三郎助ら
施工 : 直営
改修設計 : 村野藤吾
東京都港区元赤坂2-1-1
撮影 : 2017.7.9
c0112559_07403167.jpg
c0112559_07433886.jpg

四谷駅から南下すると見えてきます。
c0112559_07445222.jpg
入場は突き当たりを右折してしばらく進んだところから。何かの行事が行われていない限り、予約無しでも入場できます。
c0112559_07462420.jpg
受付が終わったらここから階段を登って入場。入場料は1000円だったと思います。
c0112559_07495223.jpg
こんなに監視員がいるということは、入場料は彼女たちの人件費じゃない、とぼやきたくなります。内部写真は皆無。あとで、ネットの写真で紹介します。
c0112559_07531895.jpg
内覧が終わり、まず本館裏の主庭方面へ向かいました。
c0112559_07551050.jpg
本館裏側は、後に出てくる前面とは違った意匠。
c0112559_07590418.jpg
2階に並ぶオーダーやペディメントはギリシャ風です。
c0112559_08000131.jpg
c0112559_08002336.jpg
こちらが主庭。見事な噴水は主庭噴水池として国宝附(つけたり)に指定されています。
c0112559_08010989.jpg
中央に皿が2段重なる西洋庭園風の噴水です。
c0112559_08024871.jpg
c0112559_08033205.jpg
噴水を囲んで、伝説の生物であるグリフォンの像が4体。
c0112559_08045926.jpg
c0112559_08052202.jpg
グリフィンの足元に亀がいます。全部で8体です。
c0112559_08071964.jpg
c0112559_08074524.jpg
前庭のある正面へ。
c0112559_08082781.jpg
左右対称の様式主義そのもののバロック風宮殿建築です。
c0112559_08094534.jpg
c0112559_08101366.jpg
両翼が湾曲して、翼を広げたよう。
c0112559_08105862.jpg
ピンコロ石が敷き詰められています。
c0112559_08114118.jpg
車寄せにある巨大な玄関ポーチは石造り。
c0112559_08122117.jpg
c0112559_08124559.jpg
桔梗桐の家紋は天皇家由来でしょうか。
c0112559_08132437.jpg
c0112559_08134760.jpg
左端の出っ張り部分。
c0112559_08153460.jpg
c0112559_08155605.jpg
ペディメントには菊の御紋。
c0112559_08164092.jpg
屋根には金の星を散りばめた天球儀と翼を広げた金色に輝く霊鳥(鳳凰の一種)が4羽飾られています。
c0112559_08172790.jpg
天皇を『武勲の者』という印象を表現するためという、鎧武者と青銅製の甲冑・弓矢。この意匠は中にもありました。
c0112559_08191260.jpg
c0112559_08194021.jpg
c0112559_08200945.jpg
c0112559_08204714.jpg
前庭を北へ、正面ゲートへ戻りました。
c0112559_08215193.jpg
正門哨舎。これと同じものが博物館明治村に移設されています。
c0112559_08240193.jpg
c0112559_08243007.jpg
内部が撮影禁止なので、ネットにある写真などを借用します。これは入場時にもらったパンフレットです。
c0112559_08264313.jpg
内閣府のHPに内部写真があります。各部屋の解説はこのHPを見てください。これは正面玄関・中央階段。

c0112559_08305169.jpg
彩鸞の間(さいらんのま)
c0112559_08323771.jpg
花鳥の間(かちょうのま)

c0112559_08331722.jpg
朝日の間(あさひのま)
c0112559_08340127.jpg
羽衣の間(はごろものま)
c0112559_08343902.jpg
これからは迎賓館赤坂離宮のHPから。
c0112559_08355648.jpg
花鳥の間には濤川 惣助(なみかわ そうすけ 1847 - 1910)の30面の七宝額が使われています。無線七宝による絵画的表現を特色とし、京都で活躍した並河靖之と共に二人のナミカワと並び評された人です。
c0112559_08374969.jpg
どの部屋も考えられないくらい豪華絢爛。
c0112559_08384962.jpg
しかしあまりにも華美に過ぎたことや・・
c0112559_08395823.jpg
住居としての使い勝手がよくなかったことから、皇太子嘉仁親王がこの御所を使用することはほとんどなかったそうです。
c0112559_08403787.jpg
それ以前にも、片山東熊が明治天皇に完成報告したところ、贅沢すぎと叱られ、ショックで寝込んだというエピソードがあります。
c0112559_08413200.jpg
これ以降はネットにある動画をキャプチャーしてものです。
c0112559_08424861.jpg
c0112559_08431150.jpg
c0112559_08433055.jpg
c0112559_08435015.jpg
ドローンで撮影したものが別の動画にありました。
c0112559_08445791.jpg
正門から本館へと向かう左右(東西方向)に建つ旧衛士詰所。これも国宝の平屋建て。
c0112559_08454567.jpg
和風別館の游心亭(ゆうしんてい)。洋館と同時期に、同じ片山東熊設計の和漢がありましたが、今はなく、1974(昭和49)年に、谷口吉郎の設計により新設されました。

これで関東旅行を終わります。

by gipsypapa | 2018-04-16 08:48 | 建築 | Trackback | Comments(2)

巣鴨地蔵通り商店街と「とげぬき地蔵」高岩寺

c0112559_06243380.jpg
翌日は大阪に帰る前に。一度は行ってみたかった巣鴨へ。高岩寺がある巣鴨地蔵通り商店街周辺は、「おばあちゃんの原宿」として、多くの高齢者で賑わっているとかで有名です。

巣鴨地蔵通り商店街
東京都豊島区巣鴨
撮影 : 2016.11.27
c0112559_06250985.jpg
c0112559_06253038.jpg
JR巣鴨駅から歩いて数分。巣鴨地蔵通り商店街の南の入り口へ。
c0112559_06261371.jpg
確かに歩いている年齢層は高いかな。でも若い観光客もちらほら。
c0112559_06270061.jpg
「日本一の赤パンツ」が目印の「赤パンツ」専門店。赤パンツの元祖「巣鴨のマルジ」があります。東京都豊島区巣鴨4-22-8
c0112559_06273232.jpg
c0112559_06274751.jpg
c0112559_06280901.jpg
チンドン屋の3人組と遭遇。これ巣鴨では日常風景らしいです。



萬頂山 高岩寺
c0112559_06294989.jpg
「とげぬき地蔵」の高岩寺です。開基は古く、慶長元年(1596年)。江戸湯島に開かれた高岩寺は、明治24年(1891年)に、ここ巣鴨に移りました。ある女性が、口にくわえた針を誤って飲み込んでしまったとき、このお寺の本尊・延命地蔵菩薩の写しを飲ませたところ、針が地蔵尊の御影を貫いて出てきたというのが「とげ抜き地蔵」と呼ばれる由来です。本堂は1957年(昭和32年)の建立で、設計者は東北大学教授の横山秀哉。国の登録有形文化財に登録された鉄筋コンクリート造り、平屋建て、地下1階。

萬頂山 高岩寺本堂
1957(昭和32)年
登録有形文化財
設計 : 横山秀哉
施工 : 不明
東京都豊島区巣鴨3-35-2
c0112559_06303020.jpg
c0112559_06311614.jpg
c0112559_06313663.jpg
文化遺産オンラインの写真。地下に事務機能があるらしいです。地下室があるとは知りませんでした。
c0112559_06341222.jpg
c0112559_06343534.jpg
c0112559_06345771.jpg
c0112559_06351472.jpg
c0112559_06353885.jpg
c0112559_06355231.jpg

by gipsypapa | 2017-09-29 06:36 | 建築 | Trackback | Comments(2)

ブルーノート東京

c0112559_08034881.jpg
番外編です。今回の東京行きの目的だったチコ&ザ・ジプシーズのライブのためにブルーノート東京へ。この年の来日公演が決まったときは、東京くらいしかライブの予定がなかったので、出費覚悟で思い切って申し込んでしまったのです。ところが、かなり後になって大阪公演が追加。知っていれば大阪だけにしたのですが、結局は両方よも行くことになってしまいました。

ブルーノート東京
東京都港区南青山6-3-16
撮影 : 2016.11.26
c0112559_08041542.jpg
c0112559_08043649.jpg
チコ&ザ・ジプシーズは元ジプシー・キングスのチコ・ブーチキーが結成した南フランスのアルルを拠点とするジプシーバンドです。
c0112559_08051175.jpg
ブルーノート東京はそれほど大きくないライブハウスで、最大座席数は400だとか。

c0112559_08151439.jpg
ネットにあった内部写真。
c0112559_08054027.jpg
ブルーノートのHPから。


この日の舞台のダイジェスト版が Youtube にあります。
c0112559_08070191.jpg
バックステージ。これブルーノートのまかない飯です。
c0112559_08074054.jpg
実はこの数日後に大阪のブルックリンパーラー大阪でも追加公演がありました。そのときのバックステージです。リーダーのチコ。撮影 : 2016.12.1
c0112559_08081226.jpg
スーパーギタリストのケマ。
c0112559_08083764.jpg
人気ヴォーカリストのムーニン。
c0112559_08090147.jpg
ヴォーカルのカザカ。私の趣味仲間と何度か企画したギターノ・ファミリーの来日メンバーとして、かねてからの友人です。
c0112559_08120635.jpg
多くのCDでリードヴォーカルを担当しているジョセフ。
c0112559_08130706.jpg
この年は元ジプシーキングスのカヌートが参加していました。
c0112559_08133772.jpg

by gipsypapa | 2017-09-28 08:13 | ライブ | Trackback | Comments(2)

根津美術館

c0112559_08033791.jpg
岡本太郎記念館からブルーノート東京へ行く前に、もう一箇所、寄り道しました。根津(ねづ)美術館は東武鉄道の社長などを務めた、実業家で茶人の初代・根津嘉一郎の収集品を展示するためにつくられた美術館で、1941年(昭和16年)に開館しました。収集品は主に日本・東洋の古美術で、その高い質と幅の広さに特色があるそうです。

旧本館は今井兼次・内藤多仲の設計で1954年(昭和29年)に竣工したものでしたが、現在は隈研吾が設計した、和風家屋を思わせる大屋根が印象的な新本館に建て替えられました。鉄骨造り、2階建て、地下1階。

根津美術館
2009(平成21)年
設計 : 隈研吾
施工 : 不明
東京都港区南青山6-5-1
撮影 : 2016.11.26
c0112559_08051583.jpg
雰囲気のある生垣と竹竿に挟まれ、玉砂利が敷かれた、長い軒下のアプローチを通り館の正面へ。
c0112559_08055697.jpg
照明も計算しつくされたもの。隈研吾らしさを感じさせます。
c0112559_08063631.jpg
展示を見る時間はありませんので、外から見ただけです。
c0112559_08071169.jpg
ガラス張りを強調していますが、全体のイメージは和モダンの外観です。
c0112559_08075892.jpg
この内部写真以降はネットから借用しています。
c0112559_08084046.jpg
c0112559_08091014.jpg
美術館の敷地は江戸時代、河内国丹南藩藩主の高木家の下屋敷があったところ。
c0112559_08094987.jpg
明治維新の後に、荒果てていたところを1906(明治39)年、根津嘉一郎が取得して数年がかりで造園した嘉一郎の私邸跡で、現在も広大な日本庭園があります。
c0112559_08112558.jpg
小船に茶室。庭内には他にも茶室が点在しているようです。
c0112559_08120998.jpg
現代的な建物が並んだ表参道の地で、周囲とは別世界の和風庭園が楽しめる、美しい美術館です。
c0112559_08144316.jpg
東京在住だったら、最低半日をかけても、行ってみたいところです。

by gipsypapa | 2017-09-27 08:15 | 建築 | Trackback | Comments(2)

岡本太郎記念館

c0112559_08004712.jpg
ブルーノート東京でチコ&ザ・ジプシーズのライブがあったので、東京へ。何回か通ったったことがある道の途中にあり、前から気になっていた岡本太郎記念館へ入ってみました。

岡本太郎が1996(平成8)年に84歳で亡くなるまで、40年以上使用していた住居兼アトリエで、設計はル・コルビュジェの弟子で、モダニズム建築を実践した坂倉準三(1901-1969)。岡本がパリに留学したときの友人だったとか。担当は1941年に坂倉の事務所に入所した村田豊です。木造2階建て。

岡本太郎記念館
旧岡本太郎邸
1954(昭和29)年
設計 : 坂倉準三、村田豊
施工 : 不明
東京都港区南青山6-1-19
撮影 : 2016.11.26
c0112559_08012418.jpg
コンクリートブロック積みの壁の上に凸レンズ形の屋根が乗った、独特な形をしていますが、これは岡本の要望だったとか。正面の壁には、岡本が描いた顔をデフォルメした絵と「TARO」の赤いサインが入っています。
c0112559_08020831.jpg
敷地に入るとすぐ右側に庭があり、作品がたくさん展示してあります。ここまでは無料で入れるようでした。
c0112559_08024512.jpg
c0112559_08030470.jpg
庭中に植えられているトロピカルな植物は芭蕉でしょうか。
c0112559_08033156.jpg
c0112559_08035013.jpg
岡本太郎らしい、独特なフォルムの作品ばかり。
c0112559_08044882.jpg
c0112559_08050520.jpg
c0112559_08052569.jpg
c0112559_08054262.jpg
大阪万国博の太陽の塔の構想もここで練られたそうです。
c0112559_08062210.jpg
入館料は620円を払って中へ
c0112559_08065637.jpg
c0112559_08071797.jpg
c0112559_08073336.jpg
ドッキリの仕掛けも。爆発だ~っ!という声が聞こえてくるような。
c0112559_08083859.jpg
c0112559_08085560.jpg
柱同士のスパンが大きい設計で、吹き抜けのアトリエになっています。
c0112559_08094003.jpg
c0112559_08095920.jpg
住居部は2階建て。
c0112559_08103091.jpg
c0112559_08104975.jpg
c0112559_08110657.jpg
c0112559_08112145.jpg
鮮やかな色使いの作品群と、遊び心がある建物の意匠が調和して楽しい空間です。
c0112559_08115299.jpg
c0112559_08120960.jpg

by gipsypapa | 2017-09-26 08:12 | 建築 | Trackback | Comments(4)

旧東京中央郵便局

c0112559_8573713.jpg
 前回の東京編でアップし忘れていました。東京駅の丸の内南口を出ると正面にある超高層ビル、JPタワーです。その低層階は7~8年前に解体か保存かが大きな話題になった旧東京中央郵便局の構造躯体をそのまま残す形で保存したものです。

 新ビルは2012(平成24)年に完工し、旧東京中央郵便局だった低層棟は商業施設「KITTE(キッテ)」になっていて、賑わっていました。内装は吹き抜けに改装されていますが、外観は創建時のタイルや窓が復原されています。

 設計は当時逓信省の吉田鉄郎(よしだ てつろう 1894 - 1956)で、昭和初期のモダニズム建築を 代表する一作として.DOCOMOMOの日本の近代建築20選に選定されています。鉄筋鉄骨コンクリート造り5階建て、地下1階。

JPタワー
旧東京中央郵便局
1931(昭和6)年
設計 : 吉田鉄郎(逓信省営繕課)
施工 : 銭高組、大倉土木
東京都千代田区丸の内2-7-2
撮影 : 2014.7.31
c0112559_8583446.jpg
 後ろに見えるのが高層のJP タワーです。
c0112559_8592969.jpg
 東京ステーションホテルから目の前に見えます。
c0112559_901041.jpg
c0112559_902490.jpg
c0112559_903426.jpg
c0112559_904340.jpg
c0112559_91192.jpg
 東京駅の丸の内南口から、信号を渡るとKITTEの入り口。
c0112559_92439.jpg
 店内は吹き抜け、保存された外壁とはスペースがあります。
c0112559_931926.jpg
c0112559_933138.jpg
c0112559_953797.jpg
c0112559_934529.jpg

by gipsypapa | 2015-06-10 09:06 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)

築地の和風住宅

昔ながらの町並みが残る築地には、看板建築以外に古い和風建築の民家もありました。
撮影 : 2014.11.16

本願寺横の細長い住宅
c0112559_8393836.jpg
 築地3丁目、本願寺の南西の隅に背が高い2階建ての民家があります。道路側からは玄関の幅だけしかない細長い住宅です。地図で見ると奥でL字に曲がっていて、それなりの居住空間はあるようです。ただし人の気配はありませんでした。
c0112559_8405263.jpg
c0112559_841238.jpg


築地6丁目の民家
c0112559_8424836.jpg
 こちらは築地6丁目あたりに建っている2階建ての民家です。空き家のように見えました。
c0112559_8434268.jpg
c0112559_8435211.jpg
c0112559_844416.jpg
c0112559_8441323.jpg


SK邸
c0112559_846845.jpg
 同じく6丁目にあるSK邸。2階建ての横に洋風の平屋建てを配した、昭和初期に流行した住宅建築です。
c0112559_846393.jpg
c0112559_8464969.jpg

by gipsypapa | 2015-06-09 08:47 | 建築 | Trackback | Comments(2)

築地の看板建築

c0112559_912121.jpg
 築地の町には、いわゆる看板建築が多くあります。今までアップした銅板貼り以外のものをいくつか紹介します。

東京都中央区築地6 & 7
撮影 : 2014.11.16
c0112559_934685.jpg
c0112559_935630.jpg
c0112559_94537.jpg
c0112559_941620.jpg
c0112559_942589.jpg

by gipsypapa | 2015-06-05 09:05 | 建築 | Trackback | Comments(2)

宮川食鳥鶏卵

c0112559_10574949.jpg
 宮川食鳥鶏卵は関東大震災以降の看板建築の一つ。創業は1901(明治34)年の食鳥鶏卵専門店です。今も現役で、鶏肉の卸業が本業ですが、店頭にて小売りも行っているそうです。

 角地に建ち、角を切り落として入り口にした3階建て。壁は銅板貼りで、壁の文字など昭和初期の商店の雰囲気を残しています。最上部のパラペットのデザインもユニーク。景観上重要な建造物として東京都選定歴史的建造物に認定されている、木造3階建て。

宮川食鳥鶏卵
1929(昭和4)年
東京都選定歴史的建造物
設計・施工 : 不明
東京都中央区築地1-4-7
撮影 : 2014.11.16
c0112559_110813.jpg
c0112559_1101869.jpg
c0112559_1102754.jpg
c0112559_1103658.jpg
c0112559_1104892.jpg
c0112559_111010.jpg
c0112559_1111035.jpg
 上から「諸鳥」、「鶏卵商」、「宮川商店」。むむむ、諸鳥という日本語は初めて。
c0112559_1124171.jpg
c0112559_1125254.jpg
 閉まっていたので、中は覗けませんでしたが、ネットに定価表の写真がありました。安いのかな?
by gipsypapa | 2015-06-04 11:05 | 建築 | Trackback | Comments(4)

築地鉄板焼 Kurosawa

c0112559_9233169.jpg
 築地の新大橋通りから路地を覗くと、切妻が二つある大きな和風建築が見えました。普通の住宅かと思いましたが、近づくとKurosawaという看板。調べると築八十年の民家を改装して、旬の魚介、黒毛和牛や無農薬・有機栽培の野菜などを素材にしたフレンチスタイルの鉄板焼のお店Kurosawaでした。木造2階建て。

築地鉄板焼 Kurosawa
昭和初期
設計・施工 : 不明
東京都中央区築地2-9-8
撮影 : 2014.11.16
c0112559_9251163.jpg
c0112559_9252120.jpg
c0112559_925337.jpg
c0112559_9254225.jpg
c0112559_9255514.jpg
c0112559_926714.jpg
c0112559_9262044.jpg
c0112559_9263282.jpg
 以下はネットにあった内部写真です。 ↓
c0112559_9271738.jpg
c0112559_9273294.jpg
c0112559_9274511.jpg
c0112559_928058.jpg

by gipsypapa | 2015-06-03 09:28 | 建築 | Trackback | Comments(2)