タグ:愛知 ( 100 ) タグの人気記事

名古屋城 御深井丸展示館

c0112559_08210114.jpg
御深井丸(おふけまる)は本丸の北西に位置し、本丸の後衛を担う郭があったところです。本丸とは不明御門で連絡し、本丸北側の御塩蔵構(おしおぐらがまえ)や西之丸とも狭い通路でつながっていたそうです。

この一角は観光客が少ない場所で、ひっそりしていますが、そこに平屋建ての御深井丸展示館があります。内部は郷土の人形や玩具を展示しているところで、外壁沿いにはベンチがあり、飲み物の自動販売機もある休憩所を兼ねた建物です。木造平屋建て。

名古屋城 御深井丸展示館
詳細 : 不明
愛知県名古屋市中区本丸1
撮影 : 2017.11.7
c0112559_08230268.jpg
c0112559_08235701.jpg
c0112559_08241203.jpg
c0112559_08243029.jpg
c0112559_08244868.jpg
c0112559_08250403.jpg
c0112559_08251916.jpg
c0112559_08253944.jpg
c0112559_08255907.jpg
c0112559_08261834.jpg
c0112559_08263557.jpg
天守閣北側の御深井丸には四つの茶席があります。普段は一般公開はされてなく、事務所に申し込めば、お茶会や結婚式などに利用できるとか。これ以降の写真はネットにあったものを借用しています。
c0112559_08270895.jpg
c0112559_08273172.jpg
書院(金城苑)。愛知県文化財専門委員だった森川勘一郎の意匠で造営されたそうです。
c0112559_08280211.jpg
猿面望嶽茶席(さるめんぼうがくちゃせき)。茶道の大宗匠だった古田織部(ふるたおりべ)の指図により、清洲城の古材により建築したものだとか。戦災焼失し、1949(昭和24)年に再建されました。
c0112559_08283645.jpg
織部堂。古田織部を顕彰するため1955(昭和30)年に建立されたもの。
c0112559_08291349.jpg
又隠茶席(ゆういんちゃせき)。千宗旦(千利休の孫)が造営した「又隠の席」を模したもので、安永年間に建てられたものを城内に移築したそうです。

by gipsypapa | 2018-07-22 08:29 | 建築 | Trackback | Comments(1)

名古屋城本丸御殿

c0112559_08224105.jpg

かつて名古屋城の本丸には、天守閣の南側に本丸御殿がありました。この本丸御殿は、近世城郭御殿の最高傑作と言われ国宝に指定されていた建物でしたが、1945((昭和20)年5月の空襲により天守閣とともに焼失してしまいました。

江戸時代の文献のほか、多くの写真、実測図を元に工期を3期10年で総事業費約150億円をかけて復元され、今年、2018年6月8日から完全公開されています。

優美な外観とともに、室内は狩野貞信や狩野探幽など日本画史上最大の画派「狩野派」の絵師たちの山水花鳥などの題材で床の間絵、襖絵などが描かれ、当時の絢爛豪華な雰囲気を再現していました。木造平屋建ての書院造り。

名古屋城本丸御殿
2017(平成29)年
設計・施工 : 不明
愛知県名古屋市中区本丸1-1
撮影 : 2017.11.7
c0112559_08235030.jpg
訪ねたのは昨年11月初旬。完全公開前でしたが、既に一部が公開されていました。
c0112559_08242172.jpg
竹林豹虎図。
c0112559_08260015.jpg
狩野派の絵師により描かれた障壁画の一部で、全部で1,047面が重要文化財に指定されているそうです。
c0112559_08271606.jpg
c0112559_08273525.jpg
c0112559_08280642.jpg
本丸御殿は戦災で失われましたが、取り外すことができた襖絵や天井板絵などは焼失を免れ、今も保管されているとか。
c0112559_08284465.jpg
我々が見ることができるのは顕微鏡やコンピュータ、史料などで研究・分析を元に模写したものです。
c0112559_08302629.jpg
c0112559_08305100.jpg
c0112559_08310967.jpg
したがってどれもが新しすぎる印象。
c0112559_08315936.jpg
c0112559_08321976.jpg
深みを増すにはまだまだ時間がかかりますね。
c0112559_08325494.jpg
c0112559_08331409.jpg
c0112559_08333156.jpg
c0112559_08334815.jpg
c0112559_08340612.jpg
c0112559_08342794.jpg
c0112559_08344527.jpg
c0112559_08350447.jpg
c0112559_08352396.jpg
c0112559_08354166.jpg
c0112559_08355966.jpg
c0112559_08362012.jpg
この豪華な本丸御殿の再現も、河村たかし市長の肝いりなんでしょうね。
c0112559_08373520.jpg
ネットの写真を借用しています。大天守の手前にあるのが本丸御殿です。

by gipsypapa | 2018-07-20 08:38 | 建築 | Trackback | Comments(3)

名城公園 名古屋城二之丸庭園

c0112559_08025968.jpg
名古屋城の北東側に広がる庭園。元和年間(1615~23年)の二之丸御殿の造営とともに設けられました。当初は儒教的色彩が濃い池泉庭でしたが、その後再々改修されて枯山水回遊式庭園に改められたそうです。

当初は険しい山と谷だった庭園で、城の本丸防備の役割を担っていましたが、江戸中期の享保年間(1716〜1736年)以降に改造されたのは、天下泰平の世になってその役割を終え、使いやすい枯山水に変更されたわけです。

明治の初めに兵営建築のため、二之丸庭園の多くが壊されました。戦後、1953(昭和28)年に「名勝」の指定を受け、1966(昭和41)年に名古屋市により整備されて公開。さらに1978(昭和53)年に二之丸東庭園を開園しました。当初の作庭は和歌山城西之丸庭園(紅葉渓庭園)を手がけたという上田宗箇です。国の名勝。

名古屋城二之丸庭園
元和年間(1615~23)年
名勝
作庭 : 上田宗箇
愛知県名古屋市中区二の丸
撮影 : 2017.11.7
c0112559_08101778.jpg
c0112559_08104272.jpg
名城公園の東門から入ったらすぐのところにあるのは二之丸東庭園。
c0112559_08113407.jpg
美しい枯山水です。
c0112559_08121825.jpg
c0112559_08125816.jpg
c0112559_08135281.jpg
c0112559_08141334.jpg
c0112559_08143980.jpg
旧庭園の一部だった北庭。この一角が名勝二之丸庭園です。
c0112559_08153472.jpg
築城の際に余った石を使い、深く険しい谷と高い山を築いたそうですが、その名残が色濃く残っています。
c0112559_08161194.jpg
c0112559_08170933.jpg
c0112559_08173319.jpg
c0112559_08175651.jpg
c0112559_08181604.jpg
二の丸茶亭。庭園の一角にあるお茶と甘味処です。
c0112559_08192375.jpg
茶亭の脇に水琴窟がありました。
c0112559_08200063.jpg
水を汲んで石の隙間に注ぐといい音がします。
c0112559_08203419.jpg
今日は誰もいないようです。
c0112559_08211500.jpg
c0112559_08215289.jpg
c0112559_08222466.jpg
雑然としている印象があったのですが、理由が分かりました。

by gipsypapa | 2018-07-19 08:22 | | Trackback | Comments(4)

名城公園 名古屋城

c0112559_08184734.jpg
和歌山から帰って半月後に用があって名古屋に行きました。和歌山城を見たばかりで、もう一つの徳川御三家の城も見たくなったのです。ここは久しぶりです。

名古屋城は1609(慶長14)年に徳川家康が九男の義直のために、天下普請(てんかぶしん)で築城した城です。徳川御三家の一つ、尾張徳川家の17代続く居城でした。天下普請とは、江戸幕府が全国の諸大名に命令し、行わせた土木工事のことです。

大小天守と櫓、門、御殿などの一部は昭和戦前期まで残存していましたが1945(昭和20)年年の名古屋大空襲で大部分を焼失しました。戦後に天守などの外観が復元され、城跡を名城公園として整備し、国の特別史跡に指定されています。大天守に上げられた金鯱(きんこ・きんしゃち))は、城自体はもとより名古屋の街の象徴になっています。

名城公園 名古屋城
特別史跡
愛知県名古屋市中区本丸1−1
撮影 : 2017.11.7
c0112559_08194071.jpg
c0112559_08200457.jpg
名古屋市役所側にある東口から入園しました。
c0112559_08212891.jpg
城の北西に伸びる外堀は昔のまま水をたたえています。
c0112559_08220399.jpg
c0112559_08222339.jpg
外堀に向かった「南蛮たたき鉄砲狭間」。二之丸御殿北御庭の北端の石垣の上に東西に長く伸びた練塀の遺構です。
c0112559_08233341.jpg
c0112559_08235304.jpg
砂と砂利に石灰、油などを混ぜて強固に固めた「南蛮たたき」といわる方法で造られたもの。
c0112559_08245556.jpg
内堀です。今は水がありません。
c0112559_08261567.jpg
c0112559_08263723.jpg
c0112559_08270226.jpg
名古屋城の普請を取り仕切った加藤清正の像。江戸幕府の外様大名として普請の命を受けました。熊本城も彼。城造りの名人です。
c0112559_08284468.jpg
c0112559_08291386.jpg
c0112559_08294875.jpg
天守に向かいますが、位置関係をGoogleで。
c0112559_08302565.jpg
c0112559_08304715.jpg
表二の門。門柱、冠木とも鉄板張り。袖塀は土塀で鉄砲狭間を開いて要害としての堅固さを示しています。 1619(元和5)年に建造された国の重要文化財
c0112559_08344193.jpg
こちらは不明門。本丸御殿の大奥へ通ずる秘門で、常に厳重に鍵が施錠されていたとか。別名を「あかずの門」。空襲で消失したため、1978(昭和53)年に原形の通りに再建したもの。
c0112559_08362847.jpg
c0112559_08364901.jpg
名古屋城天守
c0112559_08374382.jpg
右が大天守、左は小天守。天守は地元商店街の尽力や全国から寄付をうけて1959年(昭和34年)に再建され、復元された金鯱とともに名古屋市のシンボルとなりました。5重7階の鉄筋コンクリート造り。ところがこの天守を木造に建て替えることが決まっているというのです。

名古屋城天守
1959(昭和34)年
施工 : 間組
c0112559_08394943.jpg
小天守。
c0112559_08402185.jpg
ネットにあった鯱の写真。
c0112559_08411456.jpg
最初に木造に建て替えると新聞で見たときは驚きましたが、河村たかし市長の肝いりとかで、着々と進んでいるようでした。
c0112559_08415581.jpg
このときはまだ入場できましたが、名古屋市の情報では「2018(平成30)年 5月7日 - 工事に先立ち天守閣の入場を禁止する。 11月 - 現天守閣の解体を開始する予定。」とあります。
c0112559_08424013.jpg
公園内に木工工場があり見学しました。スケジュールどおりに進んでいると思っていたわけです。

ところが先日(2018.7.2)岐阜の養老町へ旅行したときに読んだ中日新聞のトップ記事では「河村たかし名古屋市長が旗を振る名古屋城の木造天守復元が予定通りに進むのか、不透明になってきた。天守の土台となる石垣の保守や修復をめぐり、専門家と意見が対立しているからだ。このままでは、許認可権を握る国が木造天守復元計画を認めないのではないかとの見方が強まっている。」

市には「石垣部会」と「天守閣部会」の二つの有識者会議があり、「石垣部会」が江戸時代から残る石垣こそ、名古屋城の本質的価値であり天守復元工事は石垣を傷める恐れがあると主張。
c0112559_08432762.jpg
文化庁も鉄筋コンクリート造りの現在の天守も文化財的な価値が高いという見解を示しているとか。行く末が分からなくなってるようです。城内と石垣の外側にはエレベータがそれぞれ設置されており、車椅子でも5階まで上がることができるバリアフリー構造となっています。
c0112559_08440268.jpg
木造天守か石垣か?
c0112559_08444325.jpg
c0112559_08451174.jpg
確かに素晴らしい石垣です。

隅櫓
c0112559_08463106.jpg
天守は指定されていませんが、戦災を免れた桃山時代の櫓(やぐら)が国の重要文化財に指定されています。

西南隅櫓・東南隅櫓・西北隅櫓
1612(慶長17)年頃
重要文化財

西南隅櫓(せいなんすみやぐら)。柱の軸組みのみを残して屋根や壁、床などすべて取外す半解体修理が行われ、2014(平成26)年に完了しました。
c0112559_08470980.jpg
東南隅櫓(とうなんすみやぐら)。西南隅櫓と同規模で外観も同じですが、唐破風を下層ではなく上層屋根の東面に付けているのが違っています。
c0112559_08491586.jpg
これも最近半解体修理されました。
c0112559_08494738.jpg
西北隅櫓(せいほくすみやぐら)。こちらは近くで見ることが出来ました。三重櫓で初層の屋根には、北面と西面に入母屋破風。軒下に石落を設け、東面と南面には千鳥破風(ちどりはふ)になっています。
c0112559_08512742.jpg
c0112559_08514920.jpg
c0112559_08520940.jpg
c0112559_08522954.jpg
c0112559_08525071.jpg
c0112559_08531219.jpg
c0112559_08533162.jpg
残る一つの東北隅櫓は昭和20年に焼失して現存していません。
c0112559_08535885.jpg
南側の正門近くに広場に展示してある金鯱(きんしゃち)のレプリカ。
c0112559_08551063.jpg
名古屋おもてなし武将隊。織田信長、徳川家康、前田利家などの武将がお付きを従えてパーフォーマンス。このときは加藤清正とお付きの足軽「なつ」でした。


c0112559_08563202.jpg
ネットの写真です名古屋は近年、急速に高層ビル群が建てられ、城は都会に埋もれたようになりました。さて、木造天守の行く末は?

by gipsypapa | 2018-07-18 08:57 | 建築 | Trackback | Comments(2)

名古屋の太洋ビル

c0112559_12562492.jpg
 四国を終わって中部地方へ移動します。

 ずいぶん前に名古屋シリーズをやった時にアップするのを忘れた物件です。

 日本陶磁器センタービルの左に隣接する昭和初期のビル建築。玄関には大洋商工ビルとも書かれていました。太洋商工といえば陶磁器の貿易商だった春田鉄次郎氏が経営した会社で、このブログでも明治に建てられた旧大洋商工社屋旧春田鉄次郎邸を紹介しています。現在は太洋商工という会社はすで存在せず、貸しビルになっているようです。
 
 全体の印象はモダニズム建築で、装飾の少ない四角いビルですが、壁面頂部の小アーチが連なるロンバルジアバンド、中央の小さなテラスや玄関部分の疑似石貼りなど、古典主義様式も踏襲して、まさに昭和初期に流行したスタイルです。設計は愛知県建築課長から独立し、旧名古屋銀行協会会館(現存せず)も手掛けた星野保則。鉄筋コンクリート造り、5階建て、地下1階。

太洋ビル(大洋商工ビル)
1931(昭和6)年
設計 : 星野保則
施工 : 星野工務店
名古屋市東区代官町39-22
撮影 : 2009.7.23
c0112559_1332653.jpg
c0112559_1331986.jpg
c0112559_1331978.jpg
c0112559_1333026.jpg
c0112559_1333538.jpg
c0112559_1334825.jpg
c0112559_13404.jpg
c0112559_134286.jpg

by gipsypapa | 2013-08-20 13:04 | 建築 | Trackback | Comments(0)

豊橋ハリストス正教会聖使徒福音者馬太聖堂

c0112559_13454891.jpg
 豊橋市のもう一つのお目当て、豊橋ハリストス正教会。豊橋市公会堂から吉田城跡である豊橋公園の横の道を行ってすぐのところにあります。

 この日は快晴。まぶしいほどに真っ白な下見板張の外壁に銅板葺の屋根。玄関上部に尖頭屋根とクーポラを戴く八角形平面の鐘塔を持つ、典型的なハリストス正教会です。平面形状が、西から東へ、玄関、啓蒙所、聖所、至聖所を一直線に並ぶのは、ハリストス正教会聖堂に共通する形式だとか。細部は開口部上部の台形と山形の破風。玄関ポーチの柱は幾何学的立体の組合せたくびれ柱の独特な意匠です。

 設計は明治・大正期の建築家であり、ハリストス正教会副輔祭で、主に日本正教会の聖堂の設計と建築を行ったモイセイ河村伊蔵(かわむら いぞう、モイセイ」は聖名1860 - 1940)。他に函館ハリストス正教会聖堂、白河ハリストス正教会聖堂、釧路ハリストス正教会の旧聖堂(現存せず)などの設計・建築監督を手がけました。国の重要文化財と愛知県指定文化財の木造平屋建て、正面八角鐘楼付、銅板葺、聖障付き。

豊橋ハリストス正教会聖使徒福音者馬太聖堂
1913(大正2)年
重要文化財
愛知県指定文化財
設計 : 河村伊蔵
施工 : 中神組
豊橋市八町通3-15
撮影 : 2011.9.23
c0112559_13475037.jpg
c0112559_13475823.jpg
c0112559_1348527.jpg
c0112559_13482943.jpg
c0112559_13483697.jpg
c0112559_1348303.jpg
c0112559_13485714.jpg
c0112559_13484976.jpg

by gipsypapa | 2012-12-11 13:51 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)

豊橋市公会堂

c0112559_12551195.jpg
 豊橋市には見たい物件が他にも数多くありますが、中でもお目当てが2つありこれはその一つ。

 豊橋市市制25周年を記念して昭和6年に建てられ、今も現役の公会堂。大階段とコリント式列柱による玄関と回廊がまず目に入ります。玄関両脇に立つ階段室が堂々とした様式主義的な正面ファサードを形成。上部の半球ドームと四方に配置された羽ばたく大鷲がシンボルになっています。

 ロマネスク様式(城閣風)といわれ、壁面頂部の小アーチが連なるロンバルジアバンド(帯状の装飾)、半円アーチを形成する列柱や窓、そして玄関ホールの天井のリブヴォールトなどがその特徴。

 一方、階段室の半円形ドーム屋根はモザイクタイルで幾何学的に波形を描き出していてイスラムのモスクを連想させます。また随所に用いられているステンドグラスやタイルにセセッションの影響を見ることができ、単純なロマネスク様式に様々な様式を混在させたものといえます。

 現在は講演会や式典、舞踊大会、歌謡大会など幅広く利用されているようで、この日はコスプレの大会の練習?が行われていたようで、若者が多かったです。

 設計は辰野葛西建築事務所に入ったのち、朝鮮銀行の建築顧問として多くの銀行建築を手がけた中村與資平(なかむらよしへい、1880 - 1963)。朝鮮銀行大連支店や朝鮮銀行奉天支店のほかに、国内でも遠州銀行本店(現 静岡銀行浜松営業部)、静岡銀行本店、静岡市役所、静岡市公会堂、静岡県庁本館などが現存しています。静岡市に作品が多いのは、彼が現在の浜松市出身のためです。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造3階建て。

豊橋市公会堂
1931(昭和6)年
登録有形文化財
設計 : 中村與資平(中村工務所)
施工 : 松村組
豊橋市八町通2-22
撮影 : 2011.9.23
c0112559_125830100.jpg

c0112559_1259273.jpg
c0112559_1259462.jpg
c0112559_12594268.jpg
c0112559_12595947.jpg
c0112559_1301786.jpg
c0112559_1301559.jpg
c0112559_1303352.jpg
c0112559_1304227.jpg
c0112559_1305138.jpg
c0112559_1305727.jpg
c0112559_1311520.jpg
c0112559_1312685.jpg
c0112559_1312846.jpg
c0112559_1313642.jpg
 コスプレの若者がちらほら。練習中のようです。本番は明日?
c0112559_1321091.jpg
c0112559_1323254.jpg
c0112559_1324272.jpg
c0112559_1324465.jpg
c0112559_133398.jpg
 昭和6年の建設当時の2羽の鷲が地上に展示されています。
c0112559_13327100.jpg

by gipsypapa | 2012-12-07 13:06 | 建築 | Trackback | Comments(7)

中京銀行豊橋支店

c0112559_13105461.jpg
 明治村を見て、名古屋に1泊。翌朝少し遠回りして豊橋市に立ち寄ることにしました。お目当ての豊橋公会堂と豊橋ハリストス正教会へ行く途中、小さな銀行建築の前を通りました。

 外観からは古さを感じませんが、昭和2年に建てられた銀行です。名古屋銀行豊橋支店から始まり、戦後は宝無尽豊橋出張所、東海銀行など一貫して銀行として使用され、現在の中京銀行豊橋支店になっています。

 銀行建築ですが、列柱や古典様式的要素がないので、権威的な感じを受けず、すっきりした現代的な印象です。列柱の代わりに彫りを深くした玄関や窓周りが銀行らしさを表現しています。鉄筋コンクリート造り2階建て。

中京銀行豊橋支店
旧名古屋銀行豊橋支店
1927(昭和2)年
設計・施工 : 不明
豊橋市札木町70
撮影 : 2011.9.23
c0112559_13115038.jpg
c0112559_13115763.jpg
c0112559_13115525.jpg

by gipsypapa | 2012-12-06 13:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)

博物館明治村

明治時代の建物等を移築・復元し、当時の歴史や文化を今日に伝えようとする野外博物館、通称「明治村」は愛知県犬山市、入鹿池のほとりにあります。
c0112559_13493196.jpg
 価値ある建築物は元の場所にそのまま保存するのが最も望ましい姿ですが、1960年代は経済発展にともなう新しい街づくりが最優先された時期。次善の策として、土地開発の妨げになるなどの理由で保存が難しいとされた建物を譲り受けて移築し、それらの修復・保存を行う取り組みが企画されました。その目的で財団法人が1962年(昭和37年)に設立され、1965年(昭和40年)に明治村としてオープン。歴史的に貴重な文化財を保存しているとともに、明治時代を追体験できる日本のテーマパークの走りといえます。

 先に紹介した北海道開拓の村よりさらにスケールが大きく、建物群も鉄道、郵便、酒造業、病院、裁判所、芝居小屋、学校、教会、灯台などバラエティに富み、華やかなイメージで飽きることがありません。明治の社会、文化の様々な領域を取上げ、当時の建物とその内部や関連の物品の展示を一望することが出来ます。

 開村当時の施設は札幌電話交換局、京都聖ヨハネ教会堂、森鴎外・夏目漱石住宅など15件でしたが、現在では67件(建物以外の蒸気機関車等も含む)に達し、博物館の敷地も当初の2倍近くの100万平方メートルに広がっています。建物群は重要文化財が10棟あり、それ以外のほとんどの建物も登録有形文化財に指定されています。なお当初は明治時代の建物からスタートしましたが、現在は大正期や昭和初期の建物も混在しています。

 建物マップはこちら。クリックすると大きくなります。
c0112559_13505524.jpg
 明治村には昔一度行ったことがあるのですが、当時は今のように建物の写真も撮ってなく、記憶が薄れていたので、札幌から帰って間もない2011年9月に行ってみました。早朝に大阪を出たのですが、見どころが多く、1日では見きれません。ということで2012年の3月に再訪。ようやく全部を見ることができました。

 以下、各々の建物を紹介していきますが、ここも北海道開拓の村と同様に、基本的にはHPの記事を引用します。
c0112559_1352395.jpg
c0112559_13521263.jpg
c0112559_13521676.jpg

by gipsypapa | 2012-09-04 13:52 | | Trackback | Comments(2)

名古屋の大津橋

c0112559_13525918.jpg
 名古屋城三の丸のお堀と大津通りの交点に架かる大津橋。大津通りは県庁や市役所のある官庁街から南へ、栄、大須、金山に向かう名古屋の南北の目抜き通りの一つです。欄干にあるベイス(飾り花瓶)と球形電球が4本ある照明がレトロ感を出しています。 設計は名古屋市と思われます。

大津橋
1933(昭和8)年
設計・施工 : 不明
名古屋市中区丸の内3-4
撮影 : 2008.7.11
c0112559_13534036.jpg
c0112559_13534946.jpg
c0112559_13535868.jpg
c0112559_1354622.jpg
 ↓こちらはそのすぐ東側、久屋大通りに架かる久屋橋。これは新しいようです。
c0112559_135592.jpg
c0112559_13552255.jpg
c0112559_13553058.jpg

by gipsypapa | 2011-08-08 13:56 | 建築 | Trackback | Comments(2)