タグ:山口 ( 49 ) タグの人気記事

山口市の八坂神社

c0112559_08153858.jpg
大内弘世が室町時代の応安3年(1370年)に京都の祇園神社から勧請した神社です。素盞嗚尊(スサノオノミコト)、稲田姫命(イナダヒメノミコト)、手名槌命(テナズチノミコト)と足名槌命(アシナヅチノミコト)を祀っています。

京を模した街造りを行った大内家24代の弘世が、応安2年(1369)に京都の八坂神社を勧請して建立した神社。本殿は三間社流造り、檜皮葺きで、30代義興が永正16年(1519)に再建したもの。室町時代の様式をよく伝えているとして、国の重要文化財に指定されています。

八坂神社 本殿
1519(永正16)年
重要文化財
設計・施工 : 不明
山口市上竪小路100
撮影 : 2019.10.15
c0112559_08162196.jpg
c0112559_08163810.jpg
c0112559_08165154.jpg
狛犬も古そう。
c0112559_08172758.jpg
c0112559_08175152.jpg
c0112559_08180396.jpg
c0112559_08184154.jpg
c0112559_08185773.jpg
拝殿。さすがに室町時代は古い。
c0112559_08193337.jpg
c0112559_08195506.jpg
消えてしまいそうな絵馬。
c0112559_08202866.jpg
昔の八坂神社は、京都と同じ「祇園社」という名前でした。この扁額も当時のものか。
c0112559_08204758.jpg
左から拝殿、幣殿、本殿。
c0112559_08221427.jpg
本殿です。良い状態で維持されています。
c0112559_08230847.jpg
c0112559_08232464.jpg

by gipsypapa | 2019-12-06 08:25 | 建築 | Trackback | Comments(0)

山口市の河村写真館

c0112559_08070991.jpg
次にアップする八坂神社の境内脇に、今回のお目当ての一つだった写真館があります。典型的な擬洋風建築で、正面2階に手すりと、3連続アーチのベランダがあり、その上には時計台のような塔屋を載せています。

正確な建築年代は不明だそうですが、から明治20年(1887年)前後に旧士族の松原繁が写真館として建築したと考えられるとか。山口県内で最初の写真館で、毛利藩の砲術師範だった小野為八が渡米して写真術を学び、帰国後建築したといわれています。山口県指定有形文化財の木造2階建て。

河村写真館
旧小野写真館
1887(明治20)年ころ
山口県有形文化財
設計 : 小野為八か
施工 : 不明
山口市上竪小路103
撮影 : 2019.10.15
c0112559_08075994.jpg
西南側からアプローチ。
c0112559_08085224.jpg
入り口は神社側、つまり反対側です。
c0112559_08092551.jpg
c0112559_08094770.jpg
下見板が変色しています。
c0112559_08100469.jpg
八坂神社への脇鳥居。
c0112559_08111385.jpg
c0112559_08112953.jpg
刺激的な色の赤瓦。
c0112559_08120853.jpg
c0112559_08122443.jpg
表側へ回りました。

c0112559_08130140.jpg
c0112559_08132014.jpg
営業していないような。



by gipsypapa | 2019-12-05 08:20 | 建築 | Trackback | Comments(0)

山口ふるさと伝承総合センター まなび館 酒樽茶室と庭

c0112559_07581117.jpg
ふるさと伝承センターは明治時代に建築された古い造り酒屋を保存整備した「まなび館」と、新しい「たくみ館」、そして明治時代の大架構の民家を再現した「みやび館」からなっています。

旧野村家住宅は萩往還道路の竪小路に面した酒造商家だった重厚な建物で、明治中期に建てられたものです。今回は珍しい茶室と庭をアップします。

山口ふるさと伝承総合センター まなび館
旧野村家住宅
1886(明治17)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
山口市下竪小路12
撮影 : 2019.10.15
c0112559_07584813.jpg
まったく予備知識なく、前を通りかかって、この看板とくぐり門を発見したのが「まなび館」を訪ねた理由でした。
c0112559_07595169.jpg
門をくぐったら目の前にある酒樽茶室。さすがに酒屋です。この茶室が造られたのは戦後だそうです。
c0112559_08003075.jpg
c0112559_08010052.jpg
中を見ることができます。
c0112559_08011772.jpg
見事な網代天井。
c0112559_08014569.jpg
書院の前庭は酒樽茶室がある日本庭園。
c0112559_08023932.jpg
奥に見えている蔵も本屋と同じ時期、明治17年築の国の登録有形文化財です。
c0112559_08034936.jpg
c0112559_08040970.jpg
c0112559_08043304.jpg
c0112559_08045266.jpg
雑草が目立ちますね。もう少し手入れしたほうが良いかと。
c0112559_08062395.jpg
c0112559_08064655.jpg
c0112559_08084108.jpg
c0112559_08095177.jpg
c0112559_08111732.jpg
敷地にある蔵はホタルの飼育場らしいです。
c0112559_08124722.jpg
山口ふるさと伝承総合センターには他にも「みやび館」という、明治24年に建てられた豪農・美祢家の居宅がありますが、見逃しました。


by gipsypapa | 2019-12-04 08:15 | | Trackback | Comments(2)

山口ふるさと伝承総合センター まなび館本屋

c0112559_08391443.jpg
ふるさと伝承センターは明治時代に建築された古い造り酒屋を保存整備した「まなび館」と、新しい「たくみ館」、そして明治時代の大架構の民家を再現した「みやび館」からなっています。

旧野村家住宅は萩往還道路の竪小路に面した酒造商家だった重厚な建物で、明治中期に建てられたものです。昭和59年には野村家から山口市に寄贈され、平成2年度に山口市長寿社会事業の一環として改築整備されて、伝統工芸常設展示として一般公開されています。

造り酒屋の店舗兼住宅として建てられた、平入り,土蔵造り,2階建て町家。通り土間に沿って2列3室、計6室の部屋を並べた構成で,梁や差鴨居に太い松材を用いた重厚な意匠が貴重として、国の登録有形文化財に指定されています。

山口ふるさと伝承総合センター まなび館
旧野村家住宅
1886(明治17)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
山口市下竪小路12
撮影 : 2019.10.15
c0112559_08395593.jpg
c0112559_08401405.jpg
竪小路に面した店構え。
c0112559_08410955.jpg
c0112559_08412364.gif
c0112559_08415018.jpg
1階の店舗部分だったところ。
c0112559_08422599.jpg
吹き抜けになっています。
c0112559_08425848.jpg
c0112559_08431970.jpg
地元の名産品などが展示されています。売り物ではありません。
c0112559_08435619.jpg
c0112559_08443790.jpg
c0112559_08441552.jpg
c0112559_08450553.jpg
これは大内人形。室町時代に守護大名として長くここを収めた大内家由来の人形です。大内塗りと呼ばれる漆塗り。ここでは値段がわかりませんでしたが、土産物店で見ると予想以上に高かったです。可愛いけど、手が出ませんでした。
c0112559_08453868.jpg
写真ではわかりにくいのですが、これはでかい。
c0112559_08463087.jpg
この飾り、ぶら下がっているのはセミ?いえ、ホタルでした。

c0112559_08464967.jpg
2階へ。
c0112559_08471501.jpg
c0112559_08473585.jpg
梁は大な木が使われています。
c0112559_08480659.jpg
c0112559_08482655.jpg
c0112559_08484195.jpg
古い屏風が飾ってありました。
c0112559_08493201.jpg
c0112559_08494674.jpg
c0112559_08495960.jpg
c0112559_08501807.jpg
c0112559_08503290.jpg
c0112559_08504869.jpg
居住区への玄関は脇の庭側にあります。
c0112559_08512241.jpg
色んな展示もやっているようで、このときは古い大工道具でした。
c0112559_08515643.jpg
c0112559_08520429.jpg
書院。
c0112559_08523734.jpg
c0112559_08525193.jpg
書院には前庭があります。
c0112559_08542130.jpg
庭は次回に。
c0112559_08545647.jpg

by gipsypapa | 2019-12-03 08:57 | 建築 | Trackback | Comments(2)

大内氏館跡 池泉庭園

c0112559_08062622.jpg
龍福寺のすぐ東の一角に大内氏の第9代当主、大内弘世(おおうちひろよ)が築いた居館、大内氏館跡があります。弘世は京に似て山に囲まれた盆地である山口を選び、ここに京の街を模した街造りをしたそうです。

大内氏歴代の当主はここで政務をとり、第16代当主大内義隆が、天文20年(1551年)に家臣、陶晴賢の謀反にあって自害し、館が焼失するまでの約200年間にわたって西日本の政治、経済の中心地でした。

大きな池がある庭園は、1400年代末につくられ、大内氏が滅亡する1500年代中頃まで使われたと考えられています。中央部にひょうたん池がある池泉式の庭園で、水は庭園東側の水路から導入しています。そういう意味では池水庭園ですね。

平成4年から発掘調査で発見され、平成23年に16世紀前半の形に復元整備されました。周囲には、庭を鑑賞する建物だったと思われる基礎石や石組井戸なども復元して展示されています。

大内氏館跡 池泉庭園
室町時代 / 2011(平成23)年復元
史跡
作庭 : 不明
山口市大殿大路119
撮影 : 2019.10.15
c0112559_08071891.jpg
c0112559_08075020.jpg
c0112559_08082049.jpg
c0112559_08083810.jpg
やはり室町時代らしい、中島がある素朴な景観です。
c0112559_08091159.jpg
c0112559_08093166.jpg
池のたもとにソテツが植樹されていますが、これは1488年当時の史料にも出ているそうです。
c0112559_08100576.jpg
当時から国際交流も盛んだった証拠でしょう。
c0112559_08104827.jpg
c0112559_08110994.jpg
c0112559_08112921.jpg
c0112559_08114786.jpg
c0112559_08120301.jpg
c0112559_08121766.jpg
北東にある導水路。
c0112559_08144450.jpg
c0112559_08125770.jpg
c0112559_08150572.jpg
c0112559_08153289.jpg
c0112559_08154800.jpg
グーグルの航空写真。龍福寺と池水庭園の位置関係がわかります。



by gipsypapa | 2019-12-02 08:18 | | Trackback | Comments(2)

瑞雲山 龍福寺

c0112559_08014193.jpg
龍福寺(りゅうふくじ)は曹洞宗の寺院で山号は瑞雲山。龍福寺は建永元年(1206年)大内満盛が別の場所に創建した臨済宗の寺でした。延元元年(1336年)大内弘直が再建して弘直の菩提寺となりました。

その後は、長く大内家の菩提寺となっていましたが、第16代当主大内義隆が、天文20年(1551年)に家臣の陶晴賢(すえ はるかた / すえ たかふさ)が謀反(大寧寺の変)にあって自害し、寺も焼失してしまいました。弘治3年(1557年)に、大内氏の次に周防の国の守護代になった毛利隆元の開基によって現在地(大内氏館の跡地)に移され、自害した義隆の菩提寺として復興したそうです。

本堂は入母屋造、檜皮葺き。室町時代の建立ですが、明治14年(1881年)に山門など一部を残して全焼。翌年、大内氏の氏寺である氷上山興隆寺(山口市大内氷上)の釈迦堂(室町時代建立)を移築して本堂としましたものです。その本堂も老朽化のため、平成になって改修工事が行われました

。学術調査を基に、後世の改造部分を復旧して室町期当初の状態に復元したそうです。室町時代の代表的な寺院建築として国の重要文化財に指定され、また境内全域が大内氏館跡(国の史跡「大内氏遺跡 附 凌雲寺跡」の一部)としても整備されています。

瑞雲山 龍福寺本堂
室町中期 / 1882(明治15)年移設 / 2012(平成24)年改修
史跡
重要文化財
設計・施工 : 不明
山口市大殿大路119
撮影 : 2019.10.15
c0112559_08023369.jpg
c0112559_08025562.jpg
南側から長い参道を北進しました。
c0112559_08033721.jpg
c0112559_08035885.jpg
紅葉のトンネル。秋はきれいでしょう。
c0112559_08044107.jpg
c0112559_08050000.jpg
c0112559_08051934.jpg
c0112559_08053364.jpg
山門です。
c0112559_08061084.jpg
c0112559_08063217.jpg
c0112559_08065268.jpg
境内の右には鐘楼。
c0112559_08072692.jpg
大内氏の家来衆を祀っているようです。
c0112559_08080194.jpg
c0112559_08082059.jpg
c0112559_08084284.jpg
境内の左側に小さな庭。
c0112559_08093226.jpg
滝口があり、良い景色ですが、手前のネットが味消しですね。
c0112559_08101299.jpg
c0112559_08103625.jpg
c0112559_08104952.jpg
c0112559_08111176.jpg
c0112559_08112816.jpg
c0112559_08114221.jpg
本堂です。
c0112559_08122399.jpg
c0112559_08124194.jpg
c0112559_08125721.jpg

正面がガラス戸になっていますが、これは平成の改修時に追加されたのでしょう。
c0112559_08135774.jpg
一度境内を出て、側面から本堂を見ています。手前に砂丘がありますが、意味はわかりません。
c0112559_08143028.jpg
c0112559_08144708.jpg
本堂の左に資料館。
c0112559_08154204.jpg
c0112559_08155602.jpg
大内義隆の像です。
c0112559_08163099.jpg
c0112559_08165374.jpg
本堂の右側は庫裡でしょう。
c0112559_08172410.jpg
唐破風の玄関。庫裡も明治15年前後の建立だと思います。
c0112559_08180266.jpg
c0112559_08181993.jpg
c0112559_08184856.jpg
c0112559_08190698.jpg
西側の参道に南と違う石碑。こちらは禅寺になっています。

by gipsypapa | 2019-12-01 08:25 | 建築 | Trackback | Comments(0)

善生寺庭園

c0112559_08242896.jpg
善生寺庭園ぜんしょうじていえん)は、境内の南側にあり、池泉の北側から観賞する池泉観賞式庭園。室町時代に雪舟(せっしゅう、1420 - 1506)が作庭したものと伝わっています。その後、江戸時代に毛利輝元の側室が葬られた後に寺名の変更と庭園の改修が行われ、現在に至るとのこと。

近年の発掘調査によって15世紀末頃に自然沼地を利用して作庭されたことが判明した貴重な中世の庭園です。山口県の名勝に指定されています。

善生寺庭園
室町時代以前 / 江戸時代初期(改修)
山口県名勝
作庭 : 雪舟(伝)
山口市古熊3-7-1
撮影 : 2019.10.15
c0112559_08252190.jpg
本堂の左側に庭園の説明版。
c0112559_08260347.jpg
またその左に庭園への入り口があります。閉まっていたので、心配しましたが、閉めているのはイノシシのためでした。
c0112559_08264484.jpg
鍵はかかっていませんでした。問題なく庭へ。
c0112559_08271865.jpg
c0112559_08274175.jpg
雪舟は室町時代に活躍した水墨画家・禅僧。「雪舟」は号で、諱(いみな)は「等楊(とうよう)」と称したとあります。
c0112559_08275908.jpg
日本の知識人が字を用いる場合、しばしば姓を一文字の漢姓に変えて中国風の姓名、諱にしたとか。
c0112559_08292586.jpg
備中国に生まれ、京都相国寺で修行した後、大内氏の庇護のもとにここ周防国に移ったそうです。
c0112559_08295841.jpg
その後、遣明船に同乗して中国(明)に渡り、李在より中国の画法を学んだ人です。
c0112559_08303732.jpg
c0112559_08305554.jpg
c0112559_08311237.jpg
c0112559_08312924.jpg
小さめの池泉を中心として、随所に石組を配した素朴な風景。
c0112559_08320427.jpg
さすがに室町時代の庭でした。
c0112559_08323167.jpg
旧毛利家本邸にある毛利博物館が所蔵する雪舟の「四季山水図」。行きましたが撮影禁止だったので、ネットから借用します。
c0112559_08330228.jpg
雪舟が築いたものと伝えられる庭園、いわゆる雪舟庭は、京都から北九州までの西日本各地にあるそうです。



by gipsypapa | 2019-11-29 08:35 | | Trackback | Comments(2)

導衆山 善生寺

c0112559_08044485.jpg
山口県の2日目は防府駅からJRを乗り継いで上山口駅で下車。周辺を歩きます。まずは雪舟が作庭したと伝わる庭がある善生寺へ。善生寺は山口盆地北東の周慶寺山の北西山麓にあります。

浄土宗の寺院で、山号は導衆山、本尊は阿弥陀如来です。前身は、戦国時代にこの地(周防国)を治めた大内義隆にフランシスコ・ザビエルを引き合わせた重臣・内藤興盛の菩提寺西方寺だったところ。

善生寺は明治になって移転してきたそうです。現在の伽藍は新しそうに見えましたが、詳細はわかりませんでした。

導衆山 善生寺
詳細不明
山口市古熊3-7-1
撮影 : 2019.10.15
c0112559_08051710.jpg
JR上山口駅を出て東へ少し行ったところに架かる東山橋。
c0112559_08055647.jpg
流れる川は椹野川(ふしのがわ)です。
c0112559_08063121.jpg
急傾斜で長い石段の上にあります。
c0112559_08070685.jpg
途中にある石仏など。
c0112559_08072301.jpg
c0112559_08074143.jpg
c0112559_08075876.jpg
c0112559_08081719.jpg
c0112559_08083842.jpg
本堂です。最近、建て替えられたようです。
c0112559_08095361.jpg
c0112559_08100816.jpg
c0112559_08102035.jpg
木鼻は象か漠か?
c0112559_08110066.jpg
c0112559_08111511.jpg
c0112559_08113021.jpg
庭は本堂の裏にあります。それは次回に。
c0112559_08121325.jpg
本堂は新しいようですが、石段の参道は良い雰囲気でした。

by gipsypapa | 2019-11-28 08:15 | 建築 | Trackback | Comments(2)

JR防府駅

c0112559_07590913.jpg
防府の玄関口のJR防府駅。大阪から新幹線で新山口で下車。山陽本線に乗り換えて東に戻って防府駅に着きました。開業は1898年(明治31)年で、当時は三田尻駅という駅名だったとか。現在の駅舎は1994年(平成6年)に完成したものです。

JR防府駅
山口県防府市戎町1-1-1
撮影 : 2019.10.14 & 15
c0112559_07595988.jpg
駅の南は「港口」でオブジェがある現代的な駅前広場。こちら側に市役所があります。
c0112559_08030727.jpg
淀井敏夫作の「周防の海」だそうです。
c0112559_08033422.jpg
北側は「天神口」といいます。防府天満宮や毛利家庭園があるのはこちら側です。
c0112559_08035230.jpg
c0112559_08041465.jpg
「天神口」の駅前広場の西側には細長い庭があります。

c0112559_08044795.jpg
c0112559_08061104.jpg
山本辰昭作「川辺のおもいで」のブロンズ像。
c0112559_08093360.jpg
この写真はネットから借用しています。
c0112559_08101452.jpg
少しですが水が流れていて気分がいいです。
c0112559_08104913.jpg
c0112559_08111317.jpg

北の突き当りの水源には戎ヶ森公園で紹介した山頭火の銅像。
c0112559_08115368.jpg

種田山頭火(たねだ さんとうか、1882 - 1940)は漂泊の俳人として有名で、昭和の芭蕉とも呼ばれました。防府の出身です。
c0112559_08122679.jpg
その西側は噴水があるだだっ広い「てんじんぐち多目的広場」。
c0112559_08125766.jpg
イベントに使われるんでしょうね。
c0112559_08135273.jpg
c0112559_08141325.jpg
1泊して、翌日の午前中に防府を発って山口市へ向かいました。





by gipsypapa | 2019-11-27 08:15 | | Trackback | Comments(2)

防府カトリック教会

c0112559_07482143.jpg
ホテルの窓から眼下にな教会が見えました。防府カトリック教会は薔薇窓がある聖堂とその背後に建つ鐘楼が印象的な教会です。ネット情報によると、昭和25年頃に、私が最初に尋ねた防府市三田尻の「英雲莊」で荻原教区長、モイセス・ドメンザイ ン神父による公共要理の布教が始まったのがきっかけとか。

昭和28年にフィリッポ・アランダ神父の着任により防府教会として正式に発足。聖堂が建てられたのは、その3年後で、スペインのマリア・ムギロという女性の多額の献金があったからだそうです。

防府カトリック教会
1956(昭和31)年
設計・施工 : 不明
山口県防府市八王子1-26-27
撮影 : 2019.10.15
c0112559_07492793.jpg
ホテルから眼下に見えたので、気になって朝の散歩を兼ねて訪ねます。
c0112559_07501084.jpg
c0112559_07502752.jpg
比較的あたらしいせいか、カトリックらしいファサードではなく、プロテスタントに多いシンプルな外観です。
c0112559_07511742.jpg
c0112559_07595579.jpg
マリア像があるなはやはりカトリック。
c0112559_08051720.jpg
c0112559_07541758.jpg
c0112559_07543622.jpg
門の左にある六角形の建物は何でしょう。
c0112559_07551188.jpg
c0112559_07553898.jpg
縦長窓は中から見たら美しそう。
c0112559_07562220.jpg
c0112559_07563847.jpg
ネットに聖堂内部の写真がありました。借用します。
c0112559_07570254.jpg
c0112559_07572102.jpg
たまたま、ランシスコ・ローマ教皇が来日中。この教会でも何かの催しがあったかもしれませんね。



by gipsypapa | 2019-11-26 08:09 | 建築 | Trackback | Comments(2)