タグ:山口 ( 61 ) タグの人気記事

旧山口藩庁門

旧山口藩庁門_c0112559_08315021.jpg
旧山口藩庁門は山口県政資料館と同じく、県庁の敷地にある門。幕末に長州藩主毛利敬親が藩庁を萩から山口に移したときに造られたものです。

この門は、1864年(元治元年)竣工した政事堂の門として建造され、1871年(明治4)までは山口藩庁門として使用され、それ以後も山口県庁門として引き続き使用されました。

大正初年に新しい県庁舎が竣工し、新たな正門も東寄りに築造されましたが、この門はそのまま西口の役割を果たしながら使用され続け、現在もなお使われています。脇門付薬医門で、切妻造り、本瓦葺きの山口県指定有形文化財。

旧山口藩庁門
1864(元治元)年
山口県指定有形文化財
設計・施工 : 不明
山口市滝町1-1
撮影 : 2019.10.16
旧山口藩庁門_c0112559_08322748.jpg
板扉で両内開き、木材は欅と松の太く豪快なものが使われ、いかにも城門らしい重厚な造りです。
旧山口藩庁門_c0112559_08330636.jpg
旧山口藩庁門_c0112559_08332249.jpg
旧山口藩庁門_c0112559_08333776.jpg
旧山口藩庁門_c0112559_08335573.jpg
旧山口藩庁の周囲は、当時としては最新となる西洋式城郭で固められていたとか。
旧山口藩庁門_c0112559_08343852.jpg
その当時の堀が残っています。
旧山口藩庁門_c0112559_08351297.jpg
旧山口藩庁門_c0112559_08352811.jpg
周囲は水と緑の憩いの場所でした。
旧山口藩庁門_c0112559_08355971.jpg
旧山口藩庁門_c0112559_08361463.jpg
これで山口編を終わり、次回からは再び大阪へ。



タグ:
by gipsypapa | 2019-12-23 08:38 | 建築 | Trackback | Comments(0)

山口県政資料館

山口県政資料館_c0112559_07592936.jpg
山口県政資料館は山口県庁舎だった建物。明治の以降に一世を風靡した官庁建築らしい左右対称の様式主義ですが、この建物は西洋の近代的な建築様式と伝統的な和様式が融合した大正建築の粋を集めた貴重な建築物です。

正面車寄の独立石柱の意匠や主要室の天井装飾など、和や東洋建築の形をセセッション風にアレンジして取り入れるなど、大正時代に入って現れた新しい意匠傾向が感じられます。

設計は妻木頼黄(つまき よりなか)博士指導のもとに後に国会議事堂の設計スタッフとなった武田五一、大熊喜邦(おおくま よしくに)技師らいずれも日本を代表する建築家が担当しました。国の重要文化財に指定された、煉瓦造り、2階建て。

山口県政資料館
旧山口県庁舎
1916(大正5)年
重要文化財
設計 : 大蔵省臨時建築部(妻木頼黄、武田五一、大熊喜邦)
施工 : 大林組
山口市滝町1-1
撮影 : 2019.10.16
山口県政資料館_c0112559_08014089.jpg
白い石貼りですが、躯体は煉瓦造り。
山口県政資料館_c0112559_08020680.jpg
車寄せのある玄関ポーチの上はバルコニーになっています。
山口県政資料館_c0112559_08024127.jpg
天窓はドーマーという西洋建築に見られるものが並んでいます。
山口県政資料館_c0112559_08031132.jpg
入場無料です。
山口県政資料館_c0112559_08034471.jpg
山口県政資料館_c0112559_08035777.jpg
玄関ホールの装飾は東洋風。
山口県政資料館_c0112559_08043157.jpg
山口県政資料館_c0112559_08044494.jpg
山口県政資料館_c0112559_08045913.jpg
山口県政資料館_c0112559_08051188.jpg
山口県政資料館_c0112559_08052339.jpg
会議室。
山口県政資料館_c0112559_08060021.jpg
山口県政資料館_c0112559_08061521.jpg
山口県政資料館_c0112559_08063422.jpg
山口県政資料館_c0112559_08065187.jpg
山口県政資料館_c0112559_08070663.jpg
山口県政資料館_c0112559_08071884.jpg
山口県政資料館_c0112559_08073079.jpg
部屋によって天井と灯具の形が違います。
山口県政資料館_c0112559_08084274.jpg
山口県政資料館_c0112559_08085634.jpg
山口県政資料館_c0112559_08091309.jpg
ここは知事室だった部屋。
山口県政資料館_c0112559_08094445.jpg
山口県政資料館_c0112559_08100079.jpg
山口県政資料館_c0112559_08101562.jpg
天井は大胆な形状ですね。
山口県政資料館_c0112559_08110094.jpg
山口県政資料館_c0112559_08111457.jpg
1階に山口の物産を展示しています。
山口県政資料館_c0112559_08114264.jpg
山口県政資料館_c0112559_08115552.jpg
大内人形がここにも。
山口県政資料館_c0112559_08122048.jpg
山口県政資料館はこの建物以外にも、旧県会議事堂がすぐそばにあるのですが、時間がなく見逃しました。



by gipsypapa | 2019-12-22 08:15 | 建築 | Trackback | Comments(0)

正宗山 洞春寺

正宗山 洞春寺_c0112559_08303286.jpg
瑠璃光寺の西隣にある洞春寺(とうしゅんじ)。毛利元就(もうりもとなり)の菩提寺として、元亀3年(1572)に毛利輝元が安芸の国吉田の城内に開基したのが始まりだそうです。関が原の没後、慶長8年に毛利家に従って山口に、次いで慶長11年萩城内に移り、維新に際し明治2年再び山口に移って現在にいい建っているそうです。

ここは応永11年(1404年)大内盛見が天下泰平、家内繁栄の祈願所として建立した国清寺があった場所で、観音堂と山門の二つの重要文化財があります。一方、本堂は、江戸時代に焼失して再建されたものです。

正宗山 洞春寺
室町中期
重要文化財(観音堂、山門)
設計・施工 : 不明
山口市水の上町5−27
撮影 : 2019.10.16
正宗山 洞春寺_c0112559_08311580.jpg
山門は室町中期の国清寺創建当時のものといわれる四脚門で、彫刻のない大きな板蟇又は当時の禅風山門の特色だとか。国の重要文化財。
正宗山 洞春寺_c0112559_08320141.jpg
正宗山 洞春寺_c0112559_08321815.jpg
正宗山 洞春寺_c0112559_08323899.jpg
本堂は江戸時代の再建と思われます。詳細はわかりませんでした。
正宗山 洞春寺_c0112559_08331570.jpg
正宗山 洞春寺_c0112559_08333090.jpg
正宗山 洞春寺_c0112559_08341051.jpg
正宗山 洞春寺_c0112559_08335314.jpg
正宗山 洞春寺_c0112559_08343011.jpg
本堂の左側に観音堂だあります。この観音堂は大内義弘の子持盛の菩提寺で、上宇野令滝の観音寺にあったものです。大正4年にここ洞春寺境内に移建されたそうです。
正宗山 洞春寺_c0112559_08350493.jpg
室町時代の永享2年(1430年)建立だそうで、これも山門とともに国の重要文化財です。
正宗山 洞春寺_c0112559_08351938.jpg
正宗山 洞春寺_c0112559_08353404.jpg
聖観世音菩薩と書いてあります。
正宗山 洞春寺_c0112559_08371477.jpg

タグ:
by gipsypapa | 2019-12-20 08:39 | 建築 | Trackback | Comments(0)

瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園

瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08184564.jpg
瑠璃光寺(るりこうじ)は曹洞宗の寺院。国宝の五重塔を中心として、境内は香山公園(こうざんこうえん)と呼ばれ、桜や梅の名所にもなっています。大内氏全盛期の大内文化を伝える寺院で、「西の京・山口」を代表する観光名所です。

国宝五重塔は大内文化の最高傑作といわれる建造物。室町時代の嘉吉2年(1442年)頃の建立です。屋外にある五重塔としては日本で10番目に古く、京都の醍醐寺、奈良の法隆寺の五重塔とならんで、日本三名塔の一つに数えられ、いずれも国宝に指定されています。

瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園
1442(嘉吉2)年ころ
国宝
設計・施工 : 不明
山口市香山町7-1
撮影 : 2019.10.16
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08202910.jpg
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08211455.jpg
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08213144.jpg
高さ 31.2m で屋根は檜皮葺き。
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08222517.jpg
二層にのみ回縁(まわりえん)がついているのが特徴だとか。
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08225998.jpg
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08231690.jpg
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08233351.jpg
五重塔を借景にした池泉庭園があります。五重塔を借景にした美しい庭園です。
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08242172.jpg
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08244107.jpg
室町時代に造られたと思いますが、詳細はわかりませんでした。
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08260491.jpg
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08262278.jpg
向こうに見えるのは・・・・
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08265684.jpg
亀の乗った石の向こうにハート岩。恋愛成就の願掛けの場所だそうです。この亀はどの写真を見ても同じなんで、作り物みたいです。
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08275282.jpg
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08281276.jpg
池を1周しています。
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08284831.jpg
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08290679.jpg
ハート岩の後から。
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08312796.jpg
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08300768.jpg
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08314842.jpg
水源を探しました。
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08321958.jpg
池の南西の隅に水源の石組み。水は瑠璃光寺の本堂前にある蓮池から流れてきているようです。
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08341085.jpg
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08342969.jpg
この周辺は日本庭園らしい風景。
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08350372.jpg
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08351969.jpg
すぐ横に刈り込みがあります。
瑠璃光寺 五重塔と池泉庭園_c0112559_08355033.jpg

by gipsypapa | 2019-12-19 08:41 | 建築 | Trackback | Comments(2)

保寧山 瑠璃光寺

保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08225299.jpg
瑠璃光寺(るりこうじ)は曹洞宗の寺院。国宝の五重塔を中心として、境内は香山公園(こうざんこうえん)と呼ばれ、桜や梅の名所にもなっています。大内氏全盛期の大内文化を伝える寺院であり、「西の京・山口」を代表する観光名所です。

保寧山 瑠璃光寺
詳細不明
史跡
山口市香山町7-1
撮影 : 2019.10.16
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08234782.jpg
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08254168.jpg
香山公園という広い公園の奥にあります。
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08252399.jpg
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08261834.jpg
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08263777.jpg
中央の本堂へ向かう参道。
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08271983.jpg
途中、国宝の五重塔が見えていますが、それは次回に。
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08275356.jpg
中門。ここから両側に回廊が伸びています。
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08282524.jpg
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08284464.jpg
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08291681.jpg
緩やかな傾斜の回廊。
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08295064.jpg
本堂へ登る途中に蓮池があり、和ませてくれます。
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08302424.jpg
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08304461.jpg
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08310382.jpg
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08312391.jpg
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08314755.jpg
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08320903.jpg
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08322822.jpg
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08324409.jpg
後生車(ごしょぐるま)。念仏を唱えながら車を回して死者の供養をするためのものらしいです。
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08331836.jpg
本堂に来ました。理由はわかりませんが、建造物としてのデータが見つかりませんでした。
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08334942.jpg
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08341476.jpg
大しゃもじ。
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08350047.jpg
本尊は薬師如来です。
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08353811.jpg
大念珠。心静かに念じ、ゆっくりと八個の数珠玉を落として自分の煩悩を除くと書いてあります。引いて廻すとカチカチ音がしました。
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08362891.jpg
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08364732.jpg
他の寺院でも見たことがある佛足石(ぶっそくせき)。釈迦の足跡を石に刻み信仰の対象としたものだとか。
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08372484.jpg
大内氏の第9代当主大内広世(おおうち ひろよ)の馬上像。南北朝時代に周防と長門両国の守護の地位を築いた武将です。
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08375974.jpg
枕流亭(ちんりゅうてい)。幕末の薩長同盟の舞台になった建物で、別の場所から移築されたもの。
保寧山 瑠璃光寺_c0112559_08382928.jpg

タグ:
by gipsypapa | 2019-12-18 08:40 | 建築 | Trackback | Comments(0)

松田屋ホテル 旧瓦屋庭園

松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07105222.jpg
松田屋ホテルにはもう一つ庭があります。幕末から明治初期にかけて、維新の三傑に数えられる木戸孝允(たかよし)などが利用した旅館、瓦屋の跡地に残っている庭園です。江戸後期に作庭され、大正時代に改修されました。現在は松田屋ホテルの一部になり、駐車場になっています。

瓦屋は江戸時代から続いた旅館で、幕末に湯田で瓦葺きの建物は、公館の湯田御茶屋とこの旅館だけだったので、瓦屋といわれるようになったとか。江戸時代に作られたときは池泉庭園だったそうですが、今は枯れ池です。

旧瓦屋庭園(松田屋ホテル)
江戸後期 / 大正時代(改修)
作庭 : 不明
山口市湯田温泉3-6
撮影 : 2019.10.15
松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07113578.jpg
松田屋ホテルの裏側の駐車場が跡地の一部。
松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07121438.jpg
駐車場の東の突き当たりに柵があり、そこから庭園の一部を見ることができました。
松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07125781.jpg
松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07132224.jpg
強烈な西日でなかなか良い写真が撮れません。
松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07135682.jpg
松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07141569.jpg
松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07145280.jpg
予備知識がなかったのですが、松田屋ホテルの蔵の湯から目の前にありました。85年前の蔵を移設した建物の中に「龍馬の湯」と「おりょうの湯」の二つの浴槽があります。これは露天風呂の「おりょうの湯」から。
松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07152862.jpg
松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07154633.jpg
露天風呂なので撮影は身を乗り出して。
松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07162358.jpg
松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07163937.jpg
その横にあるのは「龍馬の湯」。ここからも硝子越しに庭が見えますが、先客がいたので思うように撮れません。
松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07171353.jpg
築山池泉結合式庭園と書いてあります。今は枯山水ですが、昔は池もあったようです。
松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07174378.jpg
これ以降の「龍馬の湯」の写真はネットから借用します。
松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07182078.jpg
松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07183471.jpg
松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07185113.jpg
ちなみに庭に入ることができるときがあったようです。ネットに庭を回遊した写真を見つけたので、借用します。
松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07204356.jpg
松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07205611.jpg
松田屋ホテル 旧瓦屋庭園_c0112559_07210956.jpg

タグ:
by gipsypapa | 2019-12-15 07:23 | | Trackback | Comments(2)

松田屋ホテル庭園(その2)

松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08333100.jpg

庭園は大正7年頃に第9代総理大臣を務めた山縣有朋(やまがた ありとも)の支援があって、7代目・小川治兵衛により作庭されました。大滝からの流れを中心とした流水回遊式庭園で、国の名勝地に登録されています。

松田屋ホテル庭園
江戸中期 / 1918(大正7)年ころ
名勝
作庭 : 7代目小川治兵衛(植冶)
山口市湯田温泉3-6-7
撮影 : 2019.10.15
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08341282.jpg
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08342888.jpg
本館の端にある客室は離れのような位置にあり、独自の露地庭があります。
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08350245.jpg
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08352087.jpg
庭から部屋を見ています。
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08355589.jpg
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08362698.jpg
再び池水の庭へ。
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08365957.jpg
庭園内には色々なオブジェがありました。
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08374245.jpg
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08375849.jpg
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08381677.jpg
小さな神社も。
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08385172.jpg
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08390371.jpg
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08392167.jpg
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08394032.jpg
これは足湯。宿泊客以外にも一般の庭園の見学もできるそうです。
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08401411.jpg
維新三傑が会見した東屋です。
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08405471.jpg
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08410990.jpg
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08412726.jpg
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08414679.jpg
松田屋ホテル庭園(その2)_c0112559_08420131.jpg



by gipsypapa | 2019-12-14 08:44 | | Trackback | Comments(2)

松田屋ホテル庭園(その1)

松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08083986.jpg
江戸時代に築庭され、明治維新の志士たちも集ったという歴史ある日本庭園。その庭を囲むように書院・数寄屋風造りの本館と6階建ての新館が建っています。当初は枯山水の庭だったとか。

現在の庭園は大正7年頃に第9代総理大臣を務めた山縣有朋(やまがた ありとも)の支援があって、7代目・小川治兵衛により作庭されました。庭園は大滝からの流れを中心とした流水回遊式庭園で、国の名勝地に登録されています。

山縣は築庭が趣味であり、京都の近代庭園として有名な無鄰庵(むりんあん)や第二無鄰菴(がんこ高瀬川二条苑)が、山縣が施主となり、小川治兵衛とのコンビで作られています。

松田屋ホテル庭園
江戸中期 / 1918(大正7)年ころ
名勝
作庭 : 7代目小川治兵衛(植冶)
山口市湯田温泉3-6-7
撮影 : 2019.10.15
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08164947.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08170872.jpg
新館から庭園への出口。
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08175874.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08185707.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08191908.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08195661.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08201949.jpg
白い小石を敷いた州浜。
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08205484.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08221948.jpg
緑の芝生の半島のような張り出しが庭園中央部です。
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08225505.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08231329.jpg
回遊しています。
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08235095.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08241002.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08243152.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08244770.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08250453.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08252260.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08254071.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08255794.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08261346.jpg
まず小滝。
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08264621.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08270121.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08272065.jpg
築山に上りました。
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08280924.jpg
最上部に水源があります。地下水なので温泉。暖かかったです。
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08284654.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08290397.jpg

そこから流れ出ると大滝になります。
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08295963.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08301930.jpg
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08303648.jpg
おしどりが住みついているようです。
松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08311484.jpg

松田屋ホテル庭園(その1)_c0112559_08314155.jpg

by gipsypapa | 2019-12-13 08:36 | | Trackback | Comments(2)

湯田温泉 松田屋ホテル

湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08424640.jpg
この日の宿は、かねてから行ってみたかった松田屋ホテルでした。江戸中期(1675年)創業の湯田温泉きっての老舗旅館です。江戸時代に築庭された歴史ある池水廻遊式日本庭園が有名で、今回のお目当てでした。それは次回以降に。

庭を囲むように建つ書院・数寄屋風造りの本館と、6階建ての新館があります。木造2階建ての本館は、大正時代に建てられたもので、客室から庭園が一望できます。

松田屋ホテル本館
大正時代
設計・施工 : 不明
山口市湯田温泉3-6-7
撮影 : 2019.10.15
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08433303.jpg
歴史がありそうな正門。
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08435150.jpg
車はこのまま通り抜けて玄関に着けることができます。
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08452650.jpg
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08454884.jpg
庭から見た本館。左右に客室棟はつながっています。庭は次回以降に。
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08470037.jpg
背後に見えるのが、今回泊まった新館。本館に泊まりたかったのですが、さすがに高すぎてあきらめました。
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08474967.jpg
右側につながっている、離れ的な客室。
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08482979.jpg
ホテルの玄関は新館にあります。これはロビーの奥にある大広間。
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08485753.jpg
各種展示物が並びます。
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08492871.jpg
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08494201.jpg
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08495527.jpg
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08501202.jpg
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08502485.jpg
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08503833.jpg
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08505474.jpg
ロビーにおいてあった小川治兵衛の本。ここの庭園を作庭した庭師です。
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08515579.jpg
羊の顔をした執事。親父ギャグかも?
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08534076.jpg
浴室へ。
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08541125.jpg
岩の湯です。他に誰もいませんでした。
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08544555.jpg
この並びに蔵の湯もありますが、それは旧瓦屋のときに紹介します。
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08551755.jpg
維新の湯。当時の浴槽が残っています。
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08555857.jpg
夕食は部屋で。
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08562465.jpg
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08564294.jpg
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_08565717.jpg
美味しい食事でした。
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_09035023.jpg
晩酌は獺祭(だっさい)。色んな賞をもらって有名になった山口県の地酒です。
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_09042286.jpg
これは朝食です。
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_09045291.jpg
泊まったのは新館。本館はさすがに手が出なかったので、これ以降の本館の写真はHPから借用します。
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_09083580.jpg
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_09085005.jpg
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_09090458.jpg
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_09093510.jpg
湯田温泉 松田屋ホテル_c0112559_09094907.jpg


by gipsypapa | 2019-12-12 09:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)

山口市の湯田温泉

山口市の湯田温泉_c0112559_08035517.jpg
山口駅から南へ1駅のところに湯田温泉駅があります。さすがに乗降客が多いのか、ここは有人駅で、電車のドアはすべて開きます。湯田温泉は大型ホテルや旅館、ビジネスホテルなどがいくつもあります。撮影 : 2019.10.15
山口市の湯田温泉_c0112559_08043425.jpg
山陽路にはあまり温泉街はありませんので山陽路随一の温泉街といえます。市の中心部から近いことから、山口市のいわゆる繁華街・歓楽街でもあり、飲食店なども数多いようです。

JR湯田温泉駅
山口市今井町4
山口市の湯田温泉_c0112559_08050689.jpg
駅前にある高さ8メートルの巨大な白狐です。1枚目とこれ以降の2枚はネットから借用しています。湯田温泉は白狐が毎夜温泉に浸かっていたのを、権現山の麓のお寺のお師匠さんが発見したことは始まりだそうです。
山口市の湯田温泉_c0112559_08055904.jpg
川がないのであまり温泉街らしさは感じません。
山口市の湯田温泉_c0112559_08065850.jpg
宿泊した松田屋ホテルの裏側に茶屋臨屋堂跡があります。
山口市の湯田温泉_c0112559_08075111.jpg
毛利氏の茶屋だったところで、吉田松蔭や高杉晋作などの長州志士が、密儀の場として利用したとか。
山口市の湯田温泉_c0112559_08082010.jpg
山口市の湯田温泉_c0112559_08083787.jpg
磯くらという居酒屋になっています。
山口市の湯田温泉_c0112559_08091979.jpg
内部の写真はネットから借用しています。
山口市の湯田温泉_c0112559_08095682.jpg
山口市の湯田温泉_c0112559_08101413.jpg
旅館に泊まっていなければ行きたくなる雰囲気です。
山口市の湯田温泉_c0112559_08111412.jpg
湯けむり横丁。旅館の宿泊者は宿で夕食でしょうが、ビジネスホテルの宿泊客や山口市内外から遊びに来る人にはよさそう。
山口市の湯田温泉_c0112559_08124315.jpg
夕方の日暮れ前で人の気配はありません。
山口市の湯田温泉_c0112559_08134186.jpg
夜の写真はネットから借用しています。



by gipsypapa | 2019-12-11 08:16 | | Trackback | Comments(2)