タグ:小川治兵衛 ( 13 ) タグの人気記事

京都の円山公園

c0112559_08033074.jpg
平安神宮神苑から円山公園へ移動。同じ七代目小川治兵衛が作庭したと知り訪ねました。何回か来たことがありますが、今回は視点を変えて散策です。

円山公園は八坂神社、知恩院に隣接し、「祇園枝垂桜」に代表される桜の名所で、明治維新までは八坂神社や慈円山安養寺、長楽寺、雙林寺の境内の一部だったとか。明治初年の廃仏毀釈の一環として、土地が政府に没収され、1886年(明治19年)に総面積約9万平方メートルの公園が設けられ、1887年(明治20年)には京都市へ移管され京都市初の都市公園となったそうです。

園地計画を取りまとめたのは、かの武田五一。歓楽街だった建物が火災で焼失したあと1912年(大正元年)に七代目小川治兵衛(植治)により池泉回遊式の日本庭園が作庭され、現在の形となりました。国の名勝に指定されています。

円山公園
1886(明治19)年開園 / 1912(大正元)年作庭
名勝
公園計画 : 武田五一
作庭:七代目小川治兵衛(植治)
京都市東山区円山町463
撮影 : 2019.4.30
c0112559_08045858.jpg
c0112559_08052931.jpg
知恩院の南側にあります。知恩院南門をくぐると円山公園です。
c0112559_08060833.jpg
平安神宮周辺では少なかった観光客は、ここでは多く見かけました。
c0112559_08075602.jpg
平安神宮神苑で見た石材がここにも。豊臣秀吉が1589(天正17)年に造営した五条大橋と三条大橋の橋脚等に使われていた石材。
c0112559_08084316.jpg
c0112559_08090525.jpg
何かの工事中なのか、水不足なのか、水が流れていません。
c0112559_08103496.jpg
ロープが張られているので、工事かな。

c0112559_08105201.jpg
c0112559_08114695.jpg
c0112559_08120643.jpg
c0112559_08122447.jpg
この奥に滝があるはずですが、水が止まっています。
c0112559_08125087.jpg
少し東側に向かって登ってみましたが、何もありません。
c0112559_08132618.jpg
c0112559_08134463.jpg
c0112559_08140351.jpg
Uターンして南側へ。境内に京料理の店があります。「いそべ本店」です。

いそべ本店
京都市東山区円山公園
c0112559_08144370.jpg
c0112559_08150209.jpg
かなりの高級京料理で敷居が高いはずですが、17:00過ぎで満席。連休のせいでしょうか。
c0112559_08154270.jpg
これ以降は食べログから借用しています。
c0112559_08162275.jpg
c0112559_08163863.jpg
坂本竜馬と中岡慎太郎の像。祇園の一角。幕末の舞台ですね。
c0112559_08171082.jpg
c0112559_08172739.jpg
c0112559_08174479.jpg
西側に下ってきました。ひょうたん池です。
c0112559_08182204.jpg
向こうに見える洋館は長楽館。
c0112559_08185763.jpg
植治の石の配置です。
c0112559_08193677.jpg
c0112559_08195164.jpg
c0112559_08200629.jpg
c0112559_08202635.jpg
c0112559_08204435.jpg
池の西側にラジオ塔が立っています。昔はこの前でラジオ体操とかしていたんでしょうね。
c0112559_08215490.jpg
c0112559_08221698.jpg
見ることができなかった滝の写真をネットから借用します。
c0112559_08224533.jpg



by gipsypapa | 2019-06-17 08:26 | | Trackback | Comments(2)

平安神宮(その5)東神苑

c0112559_08081311.jpg
神苑は平安神宮の大極殿背後の周囲三方に配された南神苑、西神苑、中神苑、東神苑で構成される池泉回遊式の近代日本庭園。面積は33,000平方メートルと広大です。作庭は小川治兵衛(植治)。国の名勝に指定されています。

東神苑は中神苑や西神苑よりもかなり遅く、1916(大正5)年に作庭されたものです。神苑では最も大きな栖鳳池(せいほういけ)の廻りから尚美館(貴賓館)を望む風景と、中央に架かる橋殿、泰平閣がらの展望が美しい庭園でした。

平安神宮 東神苑
1916(大正5)年
名勝
作庭 : 七代目小川治兵衛(植治)
京都市左京区岡崎成勝寺町10
撮影 : 2019.4.30
c0112559_08085382.jpg
c0112559_08091087.jpg
c0112559_08092848.jpg
c0112559_08094609.jpg
尚美館(貴賓館)が最も美しく見える庭です。尚美館の詳細は次回に。
c0112559_08102868.jpg
c0112559_08104463.jpg
c0112559_08123760.jpg
栖鳳池中央に渡された橋殿は正式には「泰平閣」。橋殿の中央には楼閣が立ち、その屋根上に青銅の鳳凰がいます。尚美館と同様に京都御所にあった京都博覧会の建物を移築したものです。

泰平閣(橋殿)
1913(大正2)年
設計・施工 : 不明
c0112559_08132018.jpg
c0112559_08134078.jpg
c0112559_08135551.jpg
c0112559_08141089.jpg
鳳凰の写真はネットから借用しています。コンデジではこれだけの望遠は無理です。
c0112559_08144302.jpg
c0112559_08150141.jpg
c0112559_08151790.jpg
c0112559_08153319.jpg
c0112559_08155060.jpg
c0112559_08161264.jpg
c0112559_08162802.jpg
c0112559_08171300.jpg
c0112559_08172889.jpg
c0112559_08174513.jpg
栖鳳池の東に見えるのは平安神宮会館です。
c0112559_08180235.jpg
石橋が架かっていて、平安神宮会館へ行けそうですが通行止め。
c0112559_08190498.jpg
c0112559_08195675.jpg
この矢印も通行止めでした。行けるのは結婚式のときだけでしょう。



by gipsypapa | 2019-06-15 08:22 | | Trackback | Comments(2)

平安神宮(その4)中神苑

c0112559_08134808.jpg
神苑は平安神宮の大極殿背後の周囲三方に配された南神苑、西神苑、中神苑、東神苑で構成される池泉回遊式の近代日本庭園。面積は33,000平方メートルと広大です。作庭は小川治兵衛(植治)。国の名勝に指定されています。

中神苑は蒼龍池(そうりゅういけ)を中心にした庭園です。臥龍橋(がりゅうきょう)という、天正年間に豊臣秀吉が造営した三条大橋と五条大橋の橋脚の石材を使った飛び石があります。植治らしさを感じる池泉回遊式の庭園です。

平安神宮 中神苑
1895(明治28)年
名勝
作庭 : 七代目小川治兵衛(植治)
京都市左京区岡崎成勝寺町10
撮影 : 2019.4.30
c0112559_08143571.jpg
c0112559_08145443.jpg
c0112559_08151157.jpg
中神苑の中央は蒼龍池。
c0112559_08154906.jpg
c0112559_08160903.jpg
花菖蒲。西神苑ではまったく咲いていませんでしたが、ここ蒼龍池は日当たりが良いためか、咲き始めでした。
c0112559_08164409.jpg
花菖蒲と言いましたが、杜若(かきつばた)やアヤメと区別がつきません。
c0112559_08171833.jpg
c0112559_08173805.jpg
蒼龍池の北側から池の東の五重層塔が建つ珊瑚島にかけて臥龍橋(がりゅうきょう)という飛び石が並んでいます。
c0112559_08182547.jpg
c0112559_08184897.jpg
c0112559_08190602.jpg
c0112559_08201435.jpg
豊臣秀吉が1589(天正17)年に造営した五条大橋と三条大橋の橋脚等に使われていた石材。直径約70cmです。
c0112559_08205646.jpg
実はこの後に訪ねた同じ七代目小川治兵衛作庭の円山公園でも同じものがありました。植冶が好んだ材料のようです。
c0112559_08212290.jpg
c0112559_08214015.jpg
c0112559_08223409.jpg
c0112559_08225001.jpg
大島にある蒼龍楼という四阿(あずまや)。
c0112559_08234049.jpg
c0112559_08235587.jpg
地主社は神社や寺院が建立される際に、その土地の地主神を祀るために建立された神社のことです。
c0112559_08242948.jpg
c0112559_08244609.jpg
東神苑へ向かいます。蒼龍池へは東神苑の栖鳳池から水が流れてきます。
c0112559_08260746.jpg
せせらぎの小石は無造作に見えますが、植冶が意図した配置でしょうか。



by gipsypapa | 2019-06-14 08:29 | | Trackback | Comments(2)

平安神宮(その3)西神苑

c0112559_08081085.jpg
神苑は平安神宮の大極殿背後の周囲三方に配された南神苑、西神苑、中神苑、東神苑で構成される池泉回遊式の近代日本庭園。面積は33,000平方メートルと広大です。作庭は小川治兵衛(植治)。国の名勝に指定されています。

西神苑には白虎池と四阿(あずまや)があり 6月には池畔に200種2000株の花菖蒲が咲くそうです。

平安神宮 西神苑
1895(明治28)年
名勝
作庭 : 七代目小川治兵衛(植治)
京都市左京区岡崎成勝寺町10
撮影 : 2019.4.30
c0112559_08085796.jpg
c0112559_08091691.jpg
c0112559_08093437.jpg
白虎池と四阿。
c0112559_08101848.jpg
c0112559_08104403.jpg
c0112559_08110955.jpg
c0112559_08113647.jpg
c0112559_08115840.jpg
c0112559_08121572.jpg
c0112559_08130060.jpg
花菖蒲、睡蓮の白虎池。
c0112559_08134614.jpg
この庭は花菖蒲が見ものですが、咲くには1ヶ月以上早すぎました。
c0112559_08142867.jpg
c0112559_08144293.jpg
茶席「澄心亭(ちょうしんてい)」がありますが、柵で近づけませんでした。ネットにあった写真を借用します。定期的に茶会が開かれているようです。
c0112559_08160099.jpg
平安神宮の北の端、本殿の裏側の細道を中神苑に向かいます。
c0112559_08163704.jpg
c0112559_08165439.jpg
中神苑から流れる水を白虎池に流すせせらぎ。
c0112559_08172667.jpg
c0112559_08174289.jpg




by gipsypapa | 2019-06-13 08:26 | | Trackback | Comments(2)

平安神宮(その2)南神苑

c0112559_08175943.jpg
平安神宮の神苑は、平安神宮の大極殿背後の周囲三方に造園された、南神苑、西神苑、中神苑、東神苑で構成される池泉回遊式の近代日本庭園。面積は33,000平方メートルと広大です。作庭は小川治兵衛(植治)。国の名勝に指定されています。

1895(明治28)年に、平安遷都千百年祭が開催されるときに創建されることになった平安神宮の社殿一帯の風致保存のために、神苑造営が企画されました。南神苑は平安の苑と言われ、 仙台市長が苗木寄贈した八重紅枝垂桜の名所です。

平安神宮 南神苑(平安の苑)
1895(明治28)年
名勝
作庭 : 七代目小川治兵衛(植治)
京都市左京区岡崎成勝寺町10
撮影 : 2019.4.30
c0112559_08213453.jpg
白虎楼の北側に神苑入り口があります。入園料は600円でした、
c0112559_08244854.jpg
c0112559_08250464.jpg
c0112559_08251927.jpg
c0112559_08253740.jpg
c0112559_08255479.jpg
このエリアで主役の八重紅枝垂桜は当然ながら季節はずれです。
c0112559_08262805.jpg
ネットに満開の写真がありますので借用します。
c0112559_08274447.jpg
c0112559_08280243.jpg
c0112559_08281999.jpg
c0112559_08283586.jpg
神苑が造営された年に運航開始した電車が展示されています。
c0112559_08291181.jpg
京都電気鉄道という会社の路面電車で、日本最古の電車だとか。
c0112559_08300857.jpg
京都電気鉄道はその後は京都市に買収されたそうです。
c0112559_08304270.jpg
c0112559_08310088.jpg
c0112559_08311681.jpg
c0112559_08313431.jpg
藤の花も季節はずれです。
c0112559_08320751.jpg
c0112559_08322304.jpg
池がなく、枝垂桜も咲いていないので、四つの神苑の中で、最も地味な庭でした。



by gipsypapa | 2019-06-12 08:35 | | Trackback | Comments(2)

がんこ京都亀岡楽々荘(その2)

c0112559_08205435.jpg
書院造りの和館は田中源太郎が迎賓館として使っていた建物です。平屋建てで、屋根は庇屋根を廻して二重になっています。当初は主人室、夫人室として使用されていたとかで、二つの室内意匠を変えています。床の間の違い棚は2段と3段の変化に富んだ意匠で、使われている材料も良質。高い技術と技能が駆使された近代和風建築として国の登録有形文化財に指定された、木造平屋建て。

がんこ京都亀岡楽々荘日本館
元保津川観光ホテル楽々荘日本館
旧田中源太郎邸日本館
1898(明治31)年ころ
設計・施工 : 清水組か
京都府亀岡市北町44
撮影 : 2018.6.15
c0112559_08255306.jpg
c0112559_08261652.jpg
c0112559_08263580.jpg
c0112559_08265121.jpg
c0112559_08271049.jpg
ここも中を案内してもらいました。
c0112559_08274883.jpg
c0112559_08280782.jpg
c0112559_08282547.jpg
c0112559_08284626.jpg

c0112559_08053459.jpg

c0112559_08293546.jpg
c0112559_08295825.jpg
c0112559_08302219.jpg
c0112559_08304280.jpg
c0112559_08310045.jpg
c0112559_08365644.jpg
洋館と和館の前に広がる650坪の枯池泉回遊式庭園は七代目小川治兵衛(植治)の作庭で、安土桃山時代の石燈籠や鉄製井筒などが亀山城から移設されています。庭園は京都府登録の名勝です。

がんこ京都亀岡楽々荘庭園
元保津川観光ホテル楽々荘庭園
旧田中源太郎邸庭園
1898(明治31)年ころ
京都府登録文化財(名勝)
作庭 : 七代目小川治兵衛(植治)
c0112559_08375940.jpg
c0112559_08382111.jpg
c0112559_08390647.jpg
c0112559_08392851.jpg
c0112559_08394841.jpg
c0112559_08400991.jpg
庭は広く大きな池があるようですが、奥には行けませんでした。
c0112559_08423860.jpg
c0112559_08430249.jpg
c0112559_08432365.jpg
この写真はネットから借用しています。ホテル時代の撮影と思われます。


次回は楽々荘洋館です。

by gipsypapa | 2018-11-30 08:50 | | Trackback | Comments(2)

京都の洛陽荘

c0112559_915468.jpg
 こちらも和風の旅館です。この界隈には京都屈指の屋敷・邸宅が点在し、周辺には名所旧跡が集中しています。

 洛陽荘は大正時代に建築された、当時の華族、山科伯爵邸だった建物を改修して旅館にしたものです。ちなみにネットでは山科(やましな)伯爵と山階(やましな)子爵と両方の名前がでてきて、どちらか特定できませんが洛陽荘のHPにある山科伯爵を採用しました。

 重厚感あふれる門構えと端正な築地塀は歴史を感じさせます。門から覗いただけですが、数奇屋の美とモダンの感性を調和させた伝統の和風建築というのが印象です。

 東山を借景にした庭園は、これも名勝に多くの回遊式庭園を作ってきた小川治兵衛の手によるものです。木造2階建て。

洛陽荘
旧山科伯爵別邸
大正時代
設計・施工 :不明
作庭 : 小川治兵衛(植治)
京都市左京区岡崎法勝寺町77
撮影 : 2014.7.18
c0112559_931053.jpg
c0112559_932158.jpg
c0112559_933183.jpg
c0112559_934141.jpg
c0112559_935249.jpg
 この門構えですから、一歩たりとも踏み込めません。2枚目と3枚目の写真は暖簾の隙間から撮影しました。
 しかし内部と庭園を見たいのでネット検索。旅行、観光情報のウェブマガジン「旅色」のWebサイトにある写真を借用します。
c0112559_945582.jpg
c0112559_951060.jpg
c0112559_9524100.jpg
 こちらは洛陽荘のHPから。↓
c0112559_961629.jpg
c0112559_962810.jpg
 一階大広間の書院欄間。
c0112559_97166.jpg
c0112559_971354.jpg

c0112559_995251.jpg
c0112559_910186.jpg

by gipsypapa | 2014-12-30 09:11 | 建築 | Trackback | Comments(2)

京都 白河院旧館

c0112559_8423742.jpg
 「京都 白河院」は、池泉回遊式の本格的な山水庭園と数奇屋造りの別館がある京都らしい閑雅な和風旅館です。

 白河院はもと藤原良房の別荘で、北家藤原氏によって代々受け継がれてきたそうです。その後、藤原師実の時、白河天皇に献上されたので白河院と呼ばれています。

今ある和館は、もとからあった建物ではなく、大正初期に京都の呉服商、下村忠兵衛の邸宅として、武田五一が設計して建てたものです。当初は和館と洋館が建つ大邸宅でしたが、一時、共済事業団の宿泊所になったときに、和館の一部と洋館はさらに建て替えられたそうです。写真に出てくる書院座敷棟は大正期のままです。

 作庭は七代目小川治兵衛(植治)で、琵琶湖疎水から水を引き入れ、東山を借景とした池泉回遊式の本格的な庭園です。ネット情報では、一隅に滝があるそうですが、庭の奥まで入る勇気がなく未確認です。

 京都を代表する建築家と名庭師が共作した貴重な住宅建築といえます。京都市指定名勝の庭がある木造2階建て。

京都 白河院旧館
1919(大正8)年
京都市指定名勝
設計 : 武田五一
施工 : 不明
作庭 : 七代目小川治兵衛(植治)
京都市左京区岡崎法勝寺町16
撮影 : 2014.7.18
c0112559_8443372.jpg
c0112559_8444474.jpg
c0112559_8445865.jpg
 庭園に面した武田五一設計の書院座敷棟。
c0112559_8471619.jpg
c0112559_8472845.jpg
c0112559_8474056.jpg
 敷地の東側に庭園への入口がありました。
c0112559_8483011.jpg
 植治が作庭した池泉回遊式の庭。
c0112559_8501511.jpg
 門が2か所あり、西側は旅館の玄関に通じる門。東側は庭園に通じています。両方とも開け放たれていました。庭園に入るのは、2枚目の写真にある説明板を見たので、自由かなと思って入ったわけです。庭園には誰もいません。とはいえ、なんとなく気がひけます。手前から写真を撮って早々に退散しました。
c0112559_851695.jpg
 これが洋風ホテルなら、何の気兼ねもなく玄関からロビーまで入るのですが、旅館はそうはいきません。
c0112559_85140100.jpg
c0112559_851507.jpg
 西側の門から入ると新館玄関です。
c0112559_8520100.jpg
c0112559_8521048.jpg
c0112559_8521936.jpg
c0112559_8523089.jpg
 食べログに内部の写真があったので、借用しました。↓
c0112559_8535774.jpg
c0112559_854873.jpg
c0112559_8541972.jpg
c0112559_8543185.jpg




c0112559_8544527.jpg

























 京都伏見の呉服商、下村忠兵衛の邸宅だったわけですが、下村家は後に大丸百貨店になる、江戸中期からの豪商です。ちなみに大丸は代々、下村正太郎というひとが店主を務めたそうですが、11代目の家がヴォーリズ設計の大丸ヴィラです。京都と縁が深いですね。
by gipsypapa | 2014-12-29 08:58 | 建築 | Trackback | Comments(4)

並河靖之邸七宝記念館

c0112559_9175925.jpg
 並河靖之邸七宝記念館に行く機会がありました。この記念館は、明治初期から昭和初期にかけて世界的に活躍した、日本を代表する七宝家、並河靖之の自宅兼工房です。建物は明治中期に建てられた京町屋で、町屋特有の虫籠窓の表屋の裏側に、御殿造りの主屋が続いています。

 記念館のパンフレットによるとミセとオモヤの二つの棟を玄関でつないだ京町屋の「オモテヤ造り」だとか。主屋の鴨居は外国人客に配慮して六尺(182cm)と高くし、縁側には輸入品のガラス戸を立てて明るく開放的な作りです。

 庭園は七代目小川治兵衛(植治)の作。植治が琵琶湖疏水を民家の庭に引いた初めての例だそうです。景石や灯籠、手水鉢などの石の使い方、七宝の研磨用に導入した水を庭園の池に引くなど、施主である並河靖之の意向を十分にくみ取った作庭になっています。植治がこの庭を手がけたのは家が隣同士だからです。実際、今も隣家には「小川」の表札がありました。

 主屋は国の登録有形文化財の木造2階建て。ちなみに工房、窯場(いずれも1902頃/1911改造)も国の登録有形文化財。

並河靖之邸七宝記念館
旧並河靖之邸主屋
1894(明治27)年
登録有形文化財
設計 : 不明
施工 : 西村米吉(大工)
作庭 : 七代目小川治兵衞(植治)
京都市東山区堀池町384、385、388
撮影 : 2014.6.13
c0112559_9221771.jpg
c0112559_9224278.jpg
c0112559_9225712.jpg
 通りに面した京町屋の平屋建て部分。
c0112559_9232873.jpg
 直進すると京町屋特有の吹き抜けの炊事場です。
c0112559_9233783.jpg
c0112559_925814.jpg
c0112559_9251886.jpg
c0112559_9252736.jpg
c0112559_9253710.jpg
 玄関ポーチの柱下にトンボがいました。
c0112559_9261586.jpg
c0112559_9262674.jpg
 炊事場の手前に主屋の玄関間があります。
c0112559_9272876.jpg
 町屋の裏には御殿造りの格調高い2階建ての主屋があります。明治中期の和風建築でこれだけガラス窓を全面に使うのは珍しいでしょう。
c0112559_929638.jpg
c0112559_9291511.jpg
c0112559_929241.jpg
c0112559_9294515.jpg
c0112559_9295723.jpg
c0112559_9301010.jpg
c0112559_9302219.jpg
c0112559_9303286.jpg


窯場
c0112559_9304568.jpg
 入母屋造りの瀟洒な外観。内装は洋室に改装されていますが,板戸建の横長窓,漆喰塗込の天井など,窯場当時の仕様が残っています。国の登録有形文化財の木造平屋建て。

旧並河靖之邸窯場
1902(明治35)年ころ / 1911(明治44)年改造
登録有形文化財
設計:施工 ; 不明
c0112559_9325093.jpg


工房
c0112559_9333925.jpg
 主屋の東にある入母屋造り。もとは工房として建てられたが,その後住居として改装されたとか。4畳半の座敷と洋風の部屋の2間からなり,南東に窯場が接続しています。こちらも、ガラス戸を立てて明るく開放的な作りです。国の登録有形文化財の木造平屋建て。

旧並河靖之邸工房
1902(明治35)年ころ / 1911(明治44)年改造
登録有形文化財
設計:施工 ; 不明
c0112559_9342838.jpg
c0112559_9344366.jpg
c0112559_9345370.jpg
c0112559_935426.jpg
c0112559_9351533.jpg
c0112559_9352595.jpg
c0112559_9353726.jpg
 七代目小川治兵衞(植治)作庭の庭。個人の住宅なので、そんなに広くはありません。
c0112559_9362685.jpg
c0112559_9365112.jpg
c0112559_9372580.jpg
c0112559_9453118.jpg
 犬走りには石や瓦が埋め込まれています。古い寺院などの出土遺物を意匠として使うのは、植治の特徴の一つだそうです。
c0112559_9464381.jpg
c0112559_946565.jpg
 六勝寺の跡地で、疎水工事のときに出土した瓦が使われています。
c0112559_94814.jpg
c0112559_9481421.jpg
c0112559_9484737.jpg
c0112559_94918.jpg
 確かにお隣は「小川」さんです。植治はこの家に住んでいたわけです。
c0112559_9493754.jpg
 この蔵は小川家のものです。
by gipsypapa | 2014-12-09 09:54 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)

伊豆長岡温泉 三養荘離れ

c0112559_942088.jpg
 本館に続いて建てられた離れ。「高砂」、「花月」、「きぬた」の3棟があります。いずれも本館の意匠を継続した数寄屋造りの瀟洒な建物です。木造平屋建て。

三養荘離れ
1967(昭和42)年
設計・施工 : 不明
作庭 : 小川治兵衛
伊豆の国市墹之上270
撮影 : 2014.2.23&24
c0112559_943768.jpg
c0112559_9431925.jpg
c0112559_9434394.jpg
c0112559_9435318.jpg
c0112559_944272.jpg
c0112559_9441472.jpg
 池を中心に広がる圧倒的な庭園を・・・小川治兵衛の作庭ですが、ここは七代目ではなく八代目みたいです。
c0112559_9444434.jpg
c0112559_9445528.jpg
c0112559_945629.jpg
c0112559_9451953.jpg
c0112559_9453875.jpg
c0112559_9462650.jpg
c0112559_946413.jpg
c0112559_9465380.jpg
c0112559_9471514.jpg

c0112559_9455028.jpg
 敷地の高台にある東屋からの展望です。
by gipsypapa | 2014-05-30 09:53 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)