タグ:寺社 ( 223 ) タグの人気記事

真宗本廟 東本願寺(その1)

c0112559_08222614.jpg
東本願寺は真宗大谷派の本山です。 慶長7年(1602年)に本願寺第十二代の教如が開基しました。東本願寺の名は通称で、正式名称は「真宗本廟(しんしゅう ほんびょう)」だそうです。「お東」や「お東さん」という愛称で親しまれています。 山号はありません。

東本願寺は、江戸時代に4度も火災にあっているので「火出し本願寺」と揶揄されたそうです。現存ある建造物の多くはどんどんが、明治期の再建です。今年(2019年)に東本願寺境内の建物6棟が「重要文化財」として指定されることになりました。

真宗本廟 東本願寺
京都市下京区常葉町754
撮影 : 2019.5.24
c0112559_08230001.jpg
c0112559_08232830.jpg
御影堂門前にある噴水は武田五一の設計です。睡蓮の蓮華を表現しています。大正7年の初めに疎水から本願寺水道が引かれたときのものですが、第2次大戦で損壊したため、現在の物は戦後に復元されました。10年前にアップした写真をどうぞ。

東本願寺前噴水
1918(大正7)年 / 1946年以降復元
設計 : 武田五一
蓮華設計 : 竹内栖鳳
施工 : 不明

御影堂門
c0112559_08243284.jpg
御影堂門(ごえいどうもん)は高さ約28mの入母屋造り、三門形式の大型の二重門。中央上部に「真宗本廟」の扁額があります。彫刻や細部の意匠も優れていて、寺院の正門として堅固で壮大な構えになっています。

上層には、釈迦如来像が中央にあり、脇侍として向って右側に弥勒菩薩像、左側に阿難尊者像の三尊が安置されているそうですが、内部は非公開です。京都三大門(東福寺、知恩院)の一つに数えられています。国の登録有形文化財の木造二重門。

御影堂門
1911(明治44)年再建
重要文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08255759.jpg
c0112559_08261446.jpg
c0112559_08262952.jpg
c0112559_08264535.jpg
c0112559_08270132.jpg
c0112559_08271680.jpg
御影堂
c0112559_08280188.jpg
御影堂(ごえいどう)は、境内のほぼ中央に建つ道場形式の堂宇です。重層入母屋造りという形式で、外観が二重屋根なので2階建てに見えますが、下部は建物の建物の高さを高くせず内部空間を広げるために、柱頭のあたりから廂 (ひさし) を四方に取付けた裳階(もこし)で平屋、つまり単層建築です。

堂内は、「内陣」、「外陣」、「参拝席」に分かれています。設計・施工は尾張国の工匠の棟梁の名跡、9世伊藤平左衛門(いとう へいざえもん、1829 - 1913年)。国の重要文化財の木造平屋建て。

御影堂
1895(明治28)年再建
重要文化財
設計・施工 : 伊藤平左エ門(棟梁)
c0112559_08281862.jpg
門を入って境内へ。御影堂と阿弥陀堂が並ぶ手前は、何の樹木もなく、だだっ広い空間。なかなかない寺院の風景です。
c0112559_08294006.jpg
c0112559_08295962.jpg
手水屋形も重要文化財に指定されましたが、詳細はわかりませんでした。
c0112559_08312844.jpg
鐘楼
c0112559_08321145.jpg
大型の鐘楼は阿弥陀堂の東側の離れた位置にあります。国の重要文化財です。

鐘楼
1894(明治27)年
重要文化財
設計・施工 : 不明

阿弥陀堂
c0112559_08331076.jpg
阿弥陀堂は、御影堂の南側に並びで建つ仏堂で、本尊・阿弥陀如来を安置する本堂です。屋根は瓦葺きの単層入母屋造り。仏堂の大きさとしては全国7位だとか。御影堂と同様に阿弥陀堂内も、内陣・外陣・参拝席に分かれているそうです。国の重要文化財の木造平屋建て。

阿弥陀堂
1895(明治28)年再建
重要文化財
設計・施工 : 伊藤平左エ門(棟梁)
c0112559_08340522.jpg
c0112559_08342224.jpg
c0112559_08343800.jpg
c0112559_08345445.jpg
c0112559_08351018.jpg
阿弥陀堂と御影堂には靴を脱いで上がることができます。無料でした。
c0112559_08355862.jpg
堂内にも入ってお参りすることができますが、撮影禁止です。
c0112559_08362752.jpg
縁側を伝って再び北側の御影堂へ。

by gipsypapa | 2019-07-21 09:14 | 建築 | Trackback | Comments(0)

渉成園 枳殻邸(その3)

c0112559_08263278.jpg
渉成園(しょうせいえん)は真宗大谷派の本山・東本願寺(真宗本廟)の飛地境内地です。寛永18年(1641年)に徳川家光から宣如上人(東本願寺第13代)に寄進され、承応2年(1653年)に石川丈山(いしかわ じょうざん)によって書院式の回遊庭園として作庭されました。国の名勝に指定されています。

渉成園 枳殻邸
江戸時代
名勝
作庭 : 石川丈山
京都市下京区東玉水町300
撮影 : 2019.5.24
c0112559_08272359.jpg
閬風亭
c0112559_08282175.jpg
閬風亭(ろうふうてい)は殿舎の南端の大広間で、緩やかな傾斜の屋根の寄棟造りに軒を深く出す、壮大な和風建築です。1880(明治13)年に、明治天皇がご休息されたところです。

閬風亭
1865(慶応元)年頃再建
設計・施工 : 不明
c0112559_08284711.jpg
c0112559_08290348.jpg
c0112559_08291864.jpg
c0112559_08293326.jpg
c0112559_08295292.jpg
閬風亭の北側にある露地にある中門。露地門には珍しく、立派な屋根を載せています。

蘆菴
c0112559_08310166.jpg
その北側に建つ蘆菴(ろあん)は珍しい2階建ての茶室。1階は七畳で、2階には主室四畳半に三畳の次の間があるそうです。

蘆菴
1957(昭和32)年再建
設計・施工 : 不明
c0112559_08312541.jpg
c0112559_08314001.jpg
c0112559_08315551.jpg
園林堂
c0112559_08331902.jpg
日常的に礼拝する仏像(念持仏)や位牌を安置する園林堂(おんりんどう)です。一般には持仏堂(じぶつどう)と呼ばれるのもだそうです。

園林堂
1957(昭和32)年再建
設計・施工 : 不明
c0112559_08334471.jpg
c0112559_08340204.jpg
c0112559_08342117.jpg
もらったパンフレットの内部写真です。

傍花閣
c0112559_08350982.jpg
園林堂の東側の山門に当たる位置に建つのは、傍花閣(ぼうかかく)です。楼門造りで、左右の側面に山廊といわれる階段の入り口があります。2階には四畳半の部屋があるとか。落ち着いた建物が多い邸内では、個性的な意匠です。

傍花閣
1892(明治25)年再建
設計・施工 : 不明

c0112559_08353127.jpg
c0112559_08355095.jpg
c0112559_08360552.jpg
c0112559_08361996.jpg
c0112559_08363656.jpg
c0112559_08365178.jpg
c0112559_08370544.jpg
c0112559_08372102.jpg
園林堂の北側、庭園入り口そばにある小さな池。
c0112559_08381616.jpg
これは間違いなく睡蓮。

大玄関
c0112559_08383983.jpg
明治天皇が渉成園で休息されるときに、大宮御所から移築された大玄関(おおげんかん)です。大きな車寄せに内玄関があり、中には八畳が二間あるとか。

大玄関
1884(明治17)年頃移築
設計・施工 : 不明
c0112559_08391653.jpg
出口に向かう途中に、売店を兼ねた休憩所があります。
c0112559_08393303.jpg
一周しました。せっかくなので帰りに東本願寺を参拝します。




by gipsypapa | 2019-07-19 08:44 | 建築 | Trackback | Comments(2)

渉成園 枳殻邸(その2)

c0112559_08044582.jpg
渉成園(しょうせいえん)は真宗大谷派の本山・東本願寺(真宗本廟)の飛地境内地です。寛永18年(1641年)に徳川家光から宣如上人(東本願寺第13代)に寄進され、承応2年(1653年)に石川丈山(いしかわ じょうざん)によって書院式の回遊庭園として作庭されました。国の名勝に指定されています。

渉成園 枳殻邸
江戸時代初期
名勝
作庭 : 石川丈山
京都市下京区東玉水町300
撮影 : 2019.5.24
c0112559_08052935.jpg
回棹廊

c0112559_08062145.jpg
回棹廊(かいとうろう)は印月池の北岸の丹楓渓(たんふうけい)と北大島に架かる木橋です。檜皮葺きの屋根の中央には唐破風屋根を西に向けています。

回棹廊
1884(明治17)年頃再建
設計・施工 : 不明
c0112559_08064268.jpg
c0112559_08070250.jpg
c0112559_08072088.jpg
c0112559_08073774.jpg
c0112559_08075327.jpg
c0112559_08081230.jpg
縮遠亭
c0112559_08091699.jpg
北大島に渡ると縮遠亭(しゅくえんてい)という茶室があります。西側の石段を上がると、正面が茶室と四畳の間で、そこから斜めに板の間が続き、その南側に三畳の上段の間があります。上段の間は高床の舞台造りという興味深い建物です。

縮遠亭
1884(明治17)年頃再建
設計・施工 : 不明
c0112559_08095895.jpg
c0112559_08101339.jpg
板の間の向こうに紫藤岸(しとうがん)が見えています。藤の花は見えません。遅すぎたかも。
c0112559_08104588.jpg
c0112559_08110167.jpg
三畳の広さしかない上段の間は高床です。
c0112559_08114374.jpg
c0112559_08122766.jpg
すぐ横にある塩釜の手水鉢は、鎌倉時代の石造り宝塔の塔身だったもの。全国の庭にある塩釜の手水鉢の元になったものだとか。
c0112559_08134075.jpg
c0112559_08135861.jpg
印月池のもう一つの南大島は、臥龍堂(がりゅうどう)と呼ばれています。昔、この島にあった鐘楼堂の名前でした。
c0112559_08150170.jpg
安政の大火で焼失して、今は礎石だけ残っているそうです。
c0112559_08153180.jpg
一面に蓮が広がっています。水面から頭を出しているので蓮かと思いましたが、睡蓮だそうです。
c0112559_08161705.jpg
c0112559_08164861.jpg
印月池の北岸の丹楓渓側から眺めた侵雪橋(しんせつきょう)を渡ります。緩やかな木造の反橋です。
c0112559_08172448.jpg
c0112559_08174274.jpg
c0112559_08194125.jpg
c0112559_08181732.jpg
印月池の西岸に来ました。
c0112559_08203863.jpg
漱枕居
c0112559_08211734.jpg
西南の端にはもう一つの茶室の漱枕居(そうちんきょ)があります。建物自体が池に張り出していて、池を巡る舟に乗り降りできるように床を更に池に向けています。四畳半と三畳の間と土間があるそうです。パンフレットによると、既に紹介した、縮遠亭が飯店、代笠席が茶店で、この漱枕居は酒店という「煎茶三席」がそろう珍しい例だそうです。

漱枕居
1865(慶応元)年
設計・施工 : 不明
c0112559_08220018.jpg
c0112559_08221877.jpg
c0112559_08312193.jpg

もらったパンフレットから。



by gipsypapa | 2019-07-18 08:28 | | Trackback | Comments(2)

渉成園 枳殻邸(その1)

c0112559_08223270.jpg
渉成園(しょうせいえん)は真宗大谷派の本山、東本願寺(真宗本廟)の飛地境内地です。寛永18年(1641年)に徳川家光から宣如上人(東本願寺第13代)に寄進され、承応2年(1653年)に石川丈山(いしかわ じょうざん)によって書院式の回遊庭園として作庭されました。

石川丈山は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、文人だそうです。当初の建物群は、江戸時代後期に焼失したため、現在の殿舎は、慶応元年(1865年)から明治初期までに再建されたものです。一方、庭園は作庭時の姿を残しているそうです。

渉成園という名称は、中国六朝時代の詩人陶淵明の「園日渉而成趣」の詞にちなむとか。また周囲に枳殻(カラタチ)が植えてあったことから、枳殻邸(きこくてい)とも呼ばれます。渉成園十三景といわれ、国の名勝に指定されています。見所が多いので、3回に分けてアップします。

渉成園 枳殻邸
江戸時代初期
名勝
作庭 : 石川丈山
京都市下京区東玉水町300
撮影 : 2019.5.24
c0112559_08230569.jpg
西門から入ります。このすぐ右が受付。入園料は500円でした。
c0112559_08233606.jpg
正面にある高石垣。
c0112559_08241240.jpg
c0112559_08242771.jpg
色々な形の石を組み合わせた遊び心のある石垣です。
c0112559_08250094.jpg
c0112559_08251716.jpg
ここから庭園へ。
c0112559_08254595.jpg
庭園マップの矢印通りに北側(地図では左)から歩きました。
c0112559_08261961.jpg
小さな池があり、向こうに見えるのが滴翠軒(てきすいけん)で、手前は臨池亭(りんちてい)です。

臨池亭
c0112559_08270558.jpg
滴翠軒と直角に配置され、吹きっぱなしの廊下でつながっています。池に臨んで建っているので、この名前になりました。平屋建ての美しい和風建築で、二方に廊下を巡らし、池に面した縁側を張り出しています。

臨池亭
1884(明治17)年再建
設計・施工 : 不明
c0112559_08274199.jpg
窓越しに八畳の間が見えています。同じような八畳の間がもう一つあるそうです。
c0112559_08280947.jpg
内部の写真はネットにあったものを借用しています。
c0112559_08283289.jpg
c0112559_08284754.jpg
c0112559_08290153.jpg
c0112559_08291624.jpg
c0112559_08293250.jpg
c0112559_08294645.jpg
滴翠軒
c0112559_08302845.jpg
臨池亭と直角に並ぶ滴翠軒も同時期に建てられたもの。園内の最も北側にある建物で、長い軒先を突き出し、縁側を池に張り出した書院造りの平屋建てです。

滴翠軒
1884(明治17)年再建
設計・施工 : 不明
c0112559_08305830.jpg
内部写真は再びネットから借用しています。
c0112559_08313447.jpg
c0112559_08314530.jpg
c0112559_08315949.jpg
亀の甲の井戸。

代笠席
c0112559_08324686.jpg
少し東に行ったところに建つ、代笠席(だいりつせき)は四畳半の部屋が二間ある煎茶席です。

代笠席
1888(明治21)年再建
設計・施工 : 不明
c0112559_08332103.jpg
c0112559_08333219.jpg
パンフレットの内部写真。
c0112559_08335954.jpg
c0112559_08341554.jpg
池沿いを北に進んだところにある獅子吼(ししく)は印月池の水源の一つです。
c0112559_08344655.jpg
c0112559_08350238.jpg
c0112559_08351821.jpg
ガイドに従って東南に進むと見えてくるのが印月池(いんげつち)。
c0112559_08355005.jpg
向こうに架かるが渉成園のランドマークの一つ、侵雪橋(しんせつきょう)。この橋は後で渡ります。
c0112559_08364068.jpg
c0112559_08365900.jpg




by gipsypapa | 2019-07-17 08:40 | | Trackback | Comments(0)

大原野の樫本神社

c0112559_07521358.jpg
阪急バスの南春日町停留所から正法寺や大原野神社方面に向かう途中に樫本神社(かしもと じんじゃ)があります。大原野神社の境外摂社だそうで、 祭神は仁徳天皇を祀っています。

創建は大原野神社と変わらない平安時代と思われますが、今の本殿は新しく、小さな神社。本殿は、伊勢神宮の古材を用いて、平成29年に建て替えられたそうです。

樫本神社2017(平成29)年
設計・施工 : 不明
京都市西京区大原野南春日町813
撮影 : 2019.5.13
c0112559_07524747.jpg
c0112559_07531880.jpg
c0112559_07535670.jpg
c0112559_07541380.jpg
c0112559_07543153.jpg
c0112559_07544955.jpg
c0112559_07550507.jpg
c0112559_07552198.jpg
c0112559_07553575.jpg
c0112559_07555204.jpg
c0112559_07560741.jpg
c0112559_07562364.jpg
c0112559_07564171.jpg
c0112559_07565994.jpg
無人でした。宮司さんとかは常駐していないようです。

by gipsypapa | 2019-07-15 08:00 | 建築 | Trackback | Comments(0)

小塩山 大原院勝持寺(その2)

c0112559_10534077.jpg
勝持寺(しょうじじ)は、京都の西南郊外の大原野に位置し、大原野神社から少し登ったところにある天台宗の寺院で、「花の寺」として知られる桜の名所です。

白鳳8年(西暦679年)に天武天皇の勅によって神変大菩薩役の行者が創建したのが始まりだそうです。その後は塔頭(たっちゅう)が49院を抱える大きな人でしたが、応仁の乱で、仁王門を除きすべて焼失。現在の建物は乱後の天正年間(1573 – 1592年)に再建されたものです。

小塩山 大原院勝持寺
京都市西京区大原野南春日町1194
撮影 : 2019.5.1
c0112559_10541775.jpg
c0112559_10543215.jpg
配置図には南門になっています。いわゆる山門です。
c0112559_10550708.jpg
c0112559_10553869.jpg
門をくぐって正面にある書院で受付をします。拝観料は400円でした。
c0112559_10562531.jpg
書院の前を通って奥の院へ。
c0112559_10570363.jpg
c0112559_10572112.jpg
縁側にガラス戸があり奥に大広間があります。天正年間ほどは古くなさそうですが、趣がある建物。
c0112559_10575612.jpg
c0112559_10581385.jpg
くぐり門を抜けると・・・
c0112559_10585315.jpg
本堂の横に出ます。
c0112559_10595024.jpg
c0112559_11000688.jpg
c0112559_11002446.jpg
c0112559_11004148.jpg
阿弥陀堂が本堂です。さすがに歴史を感じさせる佇まいで、拝殿の上部にある木鼻などの彫刻も見事でした。

勝持寺阿弥陀堂
天正年間か
設計・施工 : 不明
c0112559_11022002.jpg
c0112559_11023612.jpg
本尊は薬師如来。国の重要文化財です。
c0112559_11030886.jpg
c0112559_11032586.jpg
c0112559_11033986.jpg
c0112559_11035409.jpg
c0112559_11040841.jpg
c0112559_11042352.jpg
阿弥陀堂の右にあるのは瑠璃光殿。
c0112559_11045900.jpg
c0112559_11051607.jpg
c0112559_11053186.jpg
c0112559_11054829.jpg
阿弥陀堂の南側にある石段を登ると不動堂。
c0112559_11062358.jpg
c0112559_11064250.jpg
c0112559_11065565.jpg
c0112559_11071055.jpg
西行桜。季節はずれなので「花の寺」のイメージはありませんでした。秋の紅葉も美しいそうです。
c0112559_11072981.jpg
c0112559_11082202.jpg
江戸時代には、この後に訪ねた京都西山の善峯寺と同じく、桂昌院の帰依を受けた寺院です。

by gipsypapa | 2019-07-13 11:11 | 建築 | Trackback | Comments(2)

小塩山 大原院勝持寺(その1)

c0112559_08272431.jpg
勝持寺(しょうじじ)は、京都の西南郊外の大原野に位置し、大原野神社から少し登ったところにある天台宗の寺院で、花の寺として知られる桜の名所です。

白鳳8年(西暦679年)に天武天皇の勅によって神変大菩薩役の行者が創建したのが始まりだそうです。その後は塔頭(たっちゅう)が49院を抱える大きな人でしたが、応仁の乱で、仁王門を除きすべて焼失。現在の建物は乱後の天正年間(1573 – 1592年)に再建されたものです。

小塩山 大原院勝持寺
京都市西京区大原野南春日町1194
撮影 : 2019.5.13
c0112559_08503363.jpg
c0112559_08504944.jpg
c0112559_08510781.jpg
大原野神社の西側から入ると仁王門があります。勝持寺で最古の建造物だそうなので、少なくとも天正時代以前のかなり古い時代の建立です。
c0112559_08515084.jpg
c0112559_08520500.jpg
c0112559_08521934.jpg
仁王像も古そう。
c0112559_08525142.jpg
ネット情報では、これらの阿吽の仁王像は、近くにある願徳寺にあった仁王像で、本来の仁王像は収蔵庫で保管されているとか。
c0112559_08532516.jpg
c0112559_08534219.jpg
c0112559_08535917.jpg
仁王門を抜けると緩やかな上り坂が延々と続きます。
c0112559_08550052.jpg
竹林が見事です。
c0112559_08553599.jpg
京都の西、向日市から長岡京市、山崎町周辺は多くの竹林がありますが、ここもそうです。
c0112559_08560976.jpg
c0112559_08562754.jpg
室町時代の石塁が残っています。
c0112559_08570108.jpg
c0112559_08572006.jpg
c0112559_08574559.jpg
左側に木々の隙間から冴野の沼 (さえののぬま)がチラッと見えました。
c0112559_08582150.jpg
平安中期の女流歌人、中務が詠んだ「小塩山 松風寒し 大原や 冴野の沼の さえまさるらん」の歌枕で知られているそう。
c0112559_08585206.jpg
武家屋敷のような道の突き当たりを右折。
c0112559_08592887.jpg
更に石段があって、
c0112559_08594432.jpg
南門、いわゆる山門に到着。

by gipsypapa | 2019-07-12 09:02 | 建築 | Trackback | Comments(0)

大原野神社(その3)社殿

c0112559_08190695.jpg
大原野神社(おおはらのじんじゃ)は京都市西京区大原野にある神社です。長岡京の西の小塩山の東麓に鎮座し、平安京遷都後も二十二社(にじゅうにしゃ)の1社で、常に朝廷の殊遇を受けた、国家鎮護の社とされたそうです。

延暦3年(784年)に桓武天皇が長岡京へ遷都した際に、桓武天皇の后の藤原乙牟漏が藤原氏の氏神である奈良春日社の分霊を勧請して、しばしば鷹狩を行っていた大原野に祀ったのに始まるとか。ちなみに長岡京が都だったのは、わずか10年で、そのあと今の京都市に遷都されました。

大原野神社
京都市西京区大原野南春日町1152
撮影 : 2019.5.13
c0112559_08213673.jpg
c0112559_08214911.jpg
平安時代の絵でしょうか。本殿廻りは現在と変わっていないようですが、参道は本殿の手前から右折しています。現在は正面から直進するルートになっています。
c0112559_08222533.jpg
c0112559_08224530.jpg
三の鳥居の手前にある手水舎。
c0112559_08231947.jpg
鹿が吐水しているのは珍しい。鹿はこの後にも出てきます。神社の春日神のお使いが鹿だからです。
c0112559_08235587.jpg
三の鳥居。
c0112559_08243798.jpg
c0112559_08245666.jpg
鳥居を抜けると右側に社務所があります。
c0112559_08252814.jpg
正面に見えているのは中門。拝殿です。
c0112559_08260539.jpg
狛鹿。あくまでも奈良の春日大社を意識しています。
c0112559_08264262.jpg
c0112559_08270020.jpg
中門の奥に本殿が並んでいます。本殿の祭神は、武御賀豆智命(たけみかづちのみこと)、伊波比主命(いわいぬしのみこと)、天之子八根命(あめのこやねのみこと)、比咩大神(ひめおおかみ)の4柱で、春日大社と同じです。社殿は本殿が4棟並び、中門1棟、東西廊が2棟の計7棟あり、いずれも江戸時代後期の造営で、国の登録有形文化財に指定されています。

大原野神社 本殿ほか
江戸時代後期
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08275032.jpg
c0112559_08280764.jpg
東西廊も国の登録有形文化財。
c0112559_08290663.jpg
c0112559_08292479.jpg
本殿は塀に隠れて屋根しか見えません。
c0112559_08300891.jpg
一番手前は千木の先端の部分が水平になっているので女神。比咩大神(ひめおおかみ)を祀っている社です。
c0112559_08303076.jpg
ネットにもう少し高いところから撮った写真がありましたので、借用しています。
c0112559_08310558.jpg
c0112559_08312321.jpg
神輿庫(みこしこ)の看板が架かっています。どんな神輿が入っているんでしょうね。
c0112559_08320584.jpg
祓戸大神(はらえどのおおかみ)は右から、八幡社、稲荷社、八坂社と並んでいます。
c0112559_08325397.jpg
神道において祓を司どる神のことだそう。
c0112559_08332712.jpg
c0112559_08334586.jpg
c0112559_08340649.jpg
西側の細い山道を通って勝持寺へ向かいます。
c0112559_08350310.jpg

by gipsypapa | 2019-07-11 08:42 | 建築 | Trackback | Comments(0)

大原野神社(その2)鯉沢の池

c0112559_08091405.jpg
大原野神社(おおはらのじんじゃ)は京都市西京区大原野にある神社です。長岡京の西の小塩山の東麓に鎮座し、平安京遷都後も二十二社(にじゅうにしゃ)の1社で、常に朝廷の殊遇を受けた、国家鎮護の社とされたそうです。

境内の一角には、文徳天皇が奈良の猿沢池を模して造ったといわれる、鯉沢の池があり、四季折々の花が咲く庭園です。

大原野神社 庭園(鯉沢の池)
平安時代
作庭 : 不明
京都市西京区大原野南春日町1152
撮影 : 2019.5.13
c0112559_08105885.jpg
c0112559_08111739.jpg
鯉沢の池。平安時代に作られた池泉回遊の庭です。昔から流れ込む川などはなく、池底からの湧き水と雨水だけで維持されています。
c0112559_08122254.jpg
境内の風景は、平安時代に紀貫之など多くの貴族たちの和歌に詠まれ、源氏物語などの文学作品にも出てくるとか。
c0112559_08124062.jpg
黄色や青の杜若(かきつばた)が咲き始めています。花菖蒲と区別がつきませんが、ここのは杜若だそうです。
c0112559_08135772.jpg
見事な睡蓮(すいれん)が一面に。花が咲くのはもう少し後でしょう。
c0112559_08153807.jpg
向こう岸に見えているのは春日乃茶屋。
c0112559_08161219.jpg
池の東岸にある摂社若宮社。天忍雲根命(あめのおしくもねのみこと)をお祀りしています。老朽化が進んでいたため、最近、改修されたそうです。建立は本殿より古いといわれています。京都市指定文化財。

大原野神社 摂社若宮社
江戸時代後期
京都市指定文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08170117.jpg
c0112559_08171837.jpg
c0112559_08173360.jpg
c0112559_08174933.jpg
モネの「睡蓮の池と日本の橋」のような風景です。
c0112559_08182406.jpg
長岡京は奈良から遷都した短い間の都。奈良を偲んだ天皇や皇族が、故郷を偲んだ場所でしょう。
c0112559_08184367.jpg
c0112559_08190244.jpg
c0112559_08191751.jpg
朱色の橋で渡れる中ノ島にあるちいさな社。地主神と書いてありました。地主社は神社や寺院が建立される際に、その土地の地主神を祀るために建立された神社のことです。
c0112559_08195597.jpg
c0112559_08201395.jpg
鯉沢の池の西側、参道を挟んだところにある瀬和井(せがい)。
c0112559_08210479.jpg
清和天皇の産湯に使われた清水だそうです。



by gipsypapa | 2019-07-09 08:26 | | Trackback | Comments(0)

大原野神社(その1)参道で昼食

c0112559_08080560.jpg
今回、大原野地区を訪ねた一番の目的はここでした。大原野神社(おおはらのじんじゃ)は長岡京の西の小塩山の東麓に鎮座しています。平安京遷都後も二十二社(にじゅうにしゃ)の1社で、常に朝廷の殊遇を受けた、国家鎮護の社とされたそうです。

延暦3年(784年)に桓武天皇が長岡京へ遷都した際に、桓武天皇の后の藤原乙牟漏が藤原氏の氏神である奈良春日社の分霊を勧請して、しばしば鷹狩を行っていた大原野に祀ったのに始まるとか。源氏物語の作者、紫式部は大原野神社を氏神と崇め、この大原野の地をこよなく愛していたそうです。

大原野神社
京都市西京区大原野南春日町1152
撮影 : 2019.5.13
c0112559_08085976.jpg
正法寺の参道を大原野道へ戻ると、すぐ北側に大原野神社の鳥居が見えます。
c0112559_08093562.jpg
鳥居の脇に「春日乃茶屋」只今営業中の看板。丁度、お昼過ぎなのでここで何か食べるつもりです。
c0112559_08100924.jpg
c0112559_08102737.jpg
石段を上ると、二の鳥居。
c0112559_08110209.jpg
木々が生い茂る参道です。
c0112559_08113818.jpg
石碑があり「神鹿苑」とあります。平成2年まで大原野神社では神の使いという鹿を飼っていた名残だとか。
c0112559_08121344.jpg
c0112559_08124436.jpg
右に和風建築が見えてきました。これが春日乃茶屋かと思いましたが・・・
c0112559_08131641.jpg
近づくと違いました。「そば切り こごろ」という蕎麦屋でした。後で調べると1年半ほど前に開店したばかりでした。
c0112559_08135085.jpg
c0112559_08140479.jpg
この日は5月中旬ですが真夏日。昼時で空腹の上に、歩き疲れたのと暑いので、もともと何か食べるつもり。
c0112559_08143120.jpg
頼んだのはメニューの右端「細切りそば」と「えびすビール」。そばは本当に蕎麦が細く美味しかったです。そばつゆは江戸前の藪蕎麦のような濃く甘いものではなく、京都らしいあっさり系。暑い日にはぴったりで癖になりそう。
c0112559_08165793.jpg
これろ次の店内の写真はネットから借用しています。
c0112559_08174340.jpg
c0112559_08175973.jpg
その隣が「春日乃茶屋」でした。ドアで仕切られているだけなので、同じ経営かもしれません。
c0112559_08183312.jpg
c0112559_08185084.jpg
春日乃茶屋はお茶と甘味処ですが、季節の和食も食べられます。
c0112559_08192580.jpg
次回アップする鴨沢の池のほとりに床を並べる、眺めがいい店でした。
c0112559_08203098.jpg
c0112559_08204555.jpg
c0112559_08210002.jpg
境内から西へ抜けて勝持寺の参道に出たところにも春日乃茶屋の看板。
c0112559_08213744.jpg



by gipsypapa | 2019-07-08 08:24 | 建築 | Trackback | Comments(0)