タグ:宿 ( 4 ) タグの人気記事

名湯の宿 雲仙いわき旅館

c0112559_07523795.jpg
初日の宿は雲仙温泉の中心にある雲仙いわき旅館でした。雲仙地獄のそばにあり、創業以来、百数十年の歴史があるそうですが、現在の建物は比較的新しかったです。木造3階建て。

雲仙いわき旅館
詳細 : 不明
長崎県雲仙市小浜町雲仙318
撮影 : 2016.3.13 & 14
c0112559_07530777.jpg
c0112559_07533911.jpg
これらの外観写真はストリートビューから。
c0112559_07570936.jpg
ネットに露天風呂の写真がありました。ここに入ったかどうか、記憶にありません。
c0112559_07542405.jpg
c0112559_07543792.jpg
c0112559_07550955.jpg
旅館の横の駐車場に建つ2階建ては古そう。
c0112559_07553981.jpg
「普賢茶屋」という喫茶、食堂みたいです。
c0112559_07562675.jpg

by gipsypapa | 2017-06-04 07:58 | 建築 | Trackback | Comments(2)

尾道ゲストハウス みはらし亭


c0112559_08321533.jpg
千光寺山東方斜面の参道にひときわ目を引くレトロな2階建てがあります。高い石垣の上に建っていて、東を向くと尾道水道の眺望が眼下に広がります。元は大正10(1921)年に建てられた別荘で、こういう別荘を尾道では「茶園(さえん)」建築と呼んでいるそうです。

尾道が港町として発展した明治後期から大正時代に、地元の豪商たちがこぞって、眺めの良い山の斜面にこうした茶園を建てたとか。この「みはらし亭」も尾道の折箱製造業を営んでいた石井譽一氏の茶園だった建物です。その後、一時は旅館として営業された時期もありましたが、近年は30年近く空き家だったらしいです。

2015(平成27)年から文化財指定を受けながら改修工事が開始され、2016(平成28)年春に完成しました。現在はオープンスペースとして再生したゲストハウスとカフェになっています。国の登録有形文化財の木造2階建て。

尾道ゲストハウス みはらし亭
旧石井譽一別邸
1921(大正10)年
設計・施工 : 不明
広島県尾道市東土堂町15-7
撮影 : 2017.2.14
c0112559_08332998.jpg
c0112559_08340232.jpg
c0112559_08341907.jpg
c0112559_08343956.jpg
石垣の上に威容を誇るような存在感を持って建っています。
c0112559_08352241.jpg
c0112559_08353654.jpg
c0112559_08355591.jpg
c0112559_08361246.jpg
大正期の和風建築としては窓が大きいのが特徴です。山側はそうでもないので、明らかに尾道水道の景観の眺望を意識して造られています。
c0112559_08380979.jpg
すでに紹介した「尾道ガウディハウス」や「あなごのねどこ」と同様にNPO法人尾道空き家再生プロジェクトによって改修され、ゲストハウスとして本格的に営業スタートしています。



↓ 以下の写真はネットにあったものを借用しています。
c0112559_08403087.jpg
c0112559_08405583.jpg
c0112559_08411167.jpg
c0112559_08414251.jpg
c0112559_08420898.jpg
c0112559_09084090.jpg
c0112559_08422445.jpg
最後の写真は文化省の文化遺産オンラインから。

by gipsypapa | 2017-05-30 08:43 | 建築 | Trackback | Comments(2)

尾道の島居邸洋館 

c0112559_08041689.jpg
千光寺へと続く長い階段の途中にスパニッシュ風の洋館を見つけました。寺社や和風建築が多い山手では珍しい華やかな住宅です。普通のレトロな住宅かと思いましたが、調べると現在は一棟貸町家「せとうち 湊(みなと)のやど 島居(しまずい)邸洋館」という滞在形の宿泊施設として使われていることがわかりました。

昭和初期建築のお洒落な洋館で、スクラッチタイルを貼り付けた、カーブを描く特徴的な塀で囲まれています。建物の屋根は赤いスペイン瓦、外壁はクリーム色のモルタル仕上げのスタッコ壁にアーチ型や丸窓を配した、欧風の意匠になっています。滞在施設にするに当たり、外観は当時の面影を残しつつ、内装を宿泊客がくつろげるモダンな空間に改造したそうです。木造2階建て。

せとうち 湊のやど 島居邸洋館
旧島居邸
1931(昭和6)年
設計・施工 : 不明
広島県尾道市東土堂町11
撮影 : 2016.3.1
c0112559_08045682.jpg
c0112559_08051374.jpg
c0112559_08053625.jpg
c0112559_08055456.jpg
宿泊施設に改修するときの設計は桐谷昌寛氏が行ったそうです。
c0112559_08065265.jpg
これ ↑ 以降の写真はせとうち 湊のやど 島居邸洋館のHPなどから借用しました。
c0112559_08084707.jpg
c0112559_08090157.jpg
c0112559_08091556.jpg
c0112559_08092992.jpg
c0112559_08094203.jpg
c0112559_08095469.jpg
すばらしい空間です。いつか泊まってみたい。

by gipsypapa | 2017-05-26 08:10 | 建築 | Trackback | Comments(2)

尾道ゲストハウス「あなごのねどこ」

c0112559_08563866.jpg
尾道本通りにひときわ目を引く、意匠の不思議な建物があります。「うなぎ」の寝床ではなく「あなごのねどこ」という看板があります。尾道の特産品のあなごにちなんで名前をつけた、ガウディハウスで紹介した「尾道空き家再生プロジェクト」の再生物件のひとつだそうです。

尾道の旧市街地であるこの辺の商店街には、このような細長い京町家のような古い建物が多く現存していて、歴史的建物を活用したいという活動の一角として、時間と手間をかけて改修され、ゲストハウスとして、2012年にオープンしたそうです。ファサードは現代風のポップなつくりですが、中に入ると細い通路が奥まで続き、歴史を感じさせる「あなごのねどこ」だとか。おそらく大正時代、少なくとも昭和初期以前の築でしょうが、詳細はわかりませんでした。木造2階建て。

尾道ゲストハウス「あなごのねどこ」
詳細 : 不明
広島県尾道市土堂2ー4ー9
撮影 : 2016.3.1 & 2017.2.14
c0112559_08571339.jpg
c0112559_08574575.jpg
センスがいい構えは若者にうけるでしょう。
c0112559_08585946.jpg
c0112559_08591769.jpg
1階はカフェです。
c0112559_08594846.jpg
c0112559_09000492.jpg
c0112559_09002336.jpg
左側に宿の入り口があります。
c0112559_09010733.jpg
ホームページはイラストでおしゃれ。以下に内部写真をネットから借用します。
c0112559_09082746.jpg
カフェは思ったより広い。
c0112559_09085710.jpg
たしかに「あなごのねどこ」。
c0112559_09094558.jpg
宿泊客がくつろぐ共有部分でしょうか。
c0112559_09110065.jpg
寝るのはこのような2段ベッドでしょう。
c0112559_09121309.jpg
ベッドにも名前がついています。

by gipsypapa | 2017-05-06 09:06 | 建築 | Trackback | Comments(4)