タグ:宮城 ( 41 ) タグの人気記事

石巻市の建物

 しばらく続けた宮城県のシリーズは今日で終わります。最後に市街を歩いていて気になった建物をまとめてアップします。
c0112559_21284453.jpg
c0112559_21285748.jpg

 大きな半円アーチが目を引きました。コンクリート造りにタイル貼り。新しい建物かもしれません。

阿部新一郎事務所
築年 : 不明
設計・施工 : 不明
石巻市中央1丁目4-1
撮影 : 2009.5.3
c0112559_21313977.jpg
c0112559_21322039.jpg

 石巻小学校。運動場の向こうに見えるのは昭和11年築の体育館と思われます。妻面に見える大小半円アーチ窓が歴史を感じさせます。もう少し近づきたかったのですが、回り道になるので断念。この時はかなり足が疲れていました。

石巻小学校体育館
旧石巻小学校講堂 1936(昭和11)年
設計・施工 :不明
石巻市泉町1-1-2
撮影 : 2009.5.3
c0112559_21372572.jpg
c0112559_21374116.jpg
c0112559_21374955.jpg
水道坂にあるカトリックの教会付属の幼稚園。これもかなり新しいと思います。日本のカトリック教会系では少ないスパニッシュ様式。

石巻カトリック幼稚園
築年 : 不明
設計 : エムアイティ建築研究所
施工 : 不明
石巻市泉町3-2-17
撮影 : 2009.5.3

 次は九州に行こうと思いましたが、その前にしばらく不義理をしている関西を経由してからにします。
by gipsypapa | 2009-10-04 21:45 | 建築 | Trackback | Comments(0)

石巻地方広域水道企業団 水道資料館

c0112559_15373625.jpg
 大街道浄水場のポンプ室から西に移動した一角に水道資料館があります。典型的なマンサード(腰折れ)屋根のスレート葺き木造建築で、水道施設の建設工事の現場事務所として使用されていた建物だそうです。1979(昭和54)年に内部を展示室に改造し一般公開されました。私が訪れた日は休日なので当然閉まっていましたが、平日に開いているかどうかは不明です。木造平屋建て。

石巻地方広域水道企業団 水道資料館 
旧現場管理事務所 1929(昭和4)年
設計・施工 : 不明
石巻市双葉町4-26
撮影 : 2009.5.3
c0112559_15383979.jpg
c0112559_15385113.jpg
c0112559_1539355.jpg
資料館の隣にもアーチ窓の並ぶコンクリート造り2階建て建物がありますが、これはかなり最近の建物のようです。
c0112559_15394310.jpg
c0112559_15395841.jpg
c0112559_1540865.jpg
 さすがは東北地方。5月の初旬でしたが、まだ桜が咲いていました。
by gipsypapa | 2009-10-03 15:42 | 建築 | Trackback | Comments(2)

大街道浄水場 ポンプ室

c0112559_1118567.jpg
 石巻の山手に向かうと水道坂と呼ばれる長い真っ直ぐな急坂があります。その脇にある大街道浄水場の一角に、昭和初期に建てられた切妻屋根のポンプ室が今も稼働しています。大きな半円アーチ窓が並び、屋根には小さなドーマーウィンドウ。全国各地にはデザイン的に優れた水道施設が多く残っていますが、これもその一つ。鉄筋コンクリート造り、平屋建て。

石巻広域水道企業団 大街道浄水場 ポンプ室 1930(昭和5)年
設計・施工 : 不明
石巻市双葉町4-26
撮影 : 2009.5.3
c0112559_11202691.jpg
c0112559_11203784.jpg

by gipsypapa | 2009-10-02 11:21 | 建築 | Trackback | Comments(2)

日本基督教団石巻山城町教会

c0112559_1324568.jpg
 切妻屋根の礼拝堂とゴシック風パラペットの玄関兼鐘楼(?)のある下見板張りの小さな教会。調べると大正期の築とありましたが、見たところ新しいので最近改修されたようです。木造平屋建て(鐘楼は2階建)。

日本基督教団石巻山城町教会 1923(大正12)年
設計・施工 : 不明
石巻市泉町1-2-5
撮影 : 2009.5.3
c0112559_13261589.jpg
c0112559_13263886.jpg
c0112559_1327165.jpg
c0112559_13275374.jpg
c0112559_13281391.jpg

by gipsypapa | 2009-10-01 13:29 | 建築 | Trackback | Comments(2)

石巻の中村屋旅館

c0112559_10315992.jpg
 石巻を散策していて見つけた旅館。正面から見たらそれほどではありませんが、奥行きのある和風建築です。側面はドイツ壁のような仕上げで洋風の印象もあります。調べると楽天トラベルに情報があって、「三陸の新鮮な海の幸を大正ロマン漂う当館で是非ご堪能下さい」といううたい文句。大正期の建物の可能性があります。木造2階建て。

中村屋旅館
大正期?
設計・施工 : 不明
石巻市中央1-11-1
撮影 : 2009.5.3
c0112559_1033917.jpg
c0112559_10332353.jpg
c0112559_10333769.jpg
c0112559_10335022.jpg

by gipsypapa | 2009-09-30 10:34 | 建築 | Trackback | Comments(2)

旧石巻ハリストス正教会教会堂

c0112559_10361992.jpg
 北上川の中州にある教会堂。明治初期に石巻市千石町に建てられたもので、現存する日本最古級の木造教会堂建築といわれています。ただし、建物は1978(昭和53)年の宮城県沖地震で被災したため、旧教会堂の築後100年経って、現在地に移設して復元されました。木造でありながら、当時の教会建築としては珍しい漆喰塗の外壁。ビザンチン式と日本古来の建築が融合された和洋折衷です。現在無料で一般開放されています。石巻市指定有形文化財の木造2階建て。

旧石巻ハリストス正教会教会堂 
(聖使徒イオアン会堂)
1880(明治13)年/ 1980(昭和55)年移築・復元
石巻市有形文化財
設計・施工 : 不明
石巻市中瀬3-18
撮影 : 2009.5.3
c0112559_1037389.jpg
 教会堂を上から見ると十字架の形。
c0112559_1038731.jpg
c0112559_1038857.jpg
c0112559_10383462.jpg
 八角形を2分割したような玄関ポーチをはいると・・・
c0112559_1039998.jpg
c0112559_10394028.jpg
 1階は畳敷きの集会室。右奥に急勾配の階段が見えます。
c0112559_10401879.jpg
c0112559_10404991.jpg
 どう見ても老人には辛い、急な階段を上ると、ここが絨毯敷きの会堂。
c0112559_1042922.jpg
c0112559_10422990.jpg
c0112559_10424160.jpg
c0112559_1043082.jpg
 会堂の奥は聖所と至聖所になっていて、間にイコノスタス(聖障)という障壁があり、そこには種々のイコン画が飾られています。
c0112559_10444038.jpg
c0112559_10451226.jpg
 イコノスタスの中央は天門、左右に南門、北門という入口。天門の上部には、ロシア風のアーチがあり、そのすぐ下の板欄間に葡萄唐草の彫りものがあります。
c0112559_1046544.jpg
c0112559_10462739.jpg
c0112559_10465319.jpg
c0112559_10472278.jpg
 イコノスタスの裏側にある至聖所にも入ることができます。
c0112559_1048516.jpg
c0112559_10482476.jpg

by gipsypapa | 2009-09-29 10:51 | 建築 | Trackback | Comments(5)

石巻岡田劇場

c0112559_11345716.jpg
 石巻街道を石巻ハリストス正教会に向かう途中の橋のたもと、北上川の中州に映画館があります。戦後すぐに建てられた赤い屋根の建物。元は芝居小屋だそうですが、今は映画館と劇場になっています。木造平屋建て。

石巻岡田劇場 1948(昭和23)年
設計・施工 : 不明
石巻市中瀬3-2
撮影 : 2009.5.3
c0112559_11355984.jpg
c0112559_11362880.jpg
c0112559_11364499.jpg
c0112559_1137050.jpg
c0112559_1137396.jpg
 ちょっと中を覗いてみたかったのですが、閉まっていました。
by gipsypapa | 2009-09-28 11:38 | 建築 | Trackback | Comments(6)

観慶丸商店

c0112559_1656116.jpg
 第2SSビルの隣にある昭和初期の建物。角のファサードには角ガラスを埋め込んだファンライトのあるアーチ窓や丸窓が配置された濃密なデザイン。観慶丸(かんけいまる)という伊達家御用達の回船問屋だった須田家の商店店舗のビルで石巻で初めての百貨店でした。元々、陶器を扱っていたことから、外壁は陶板タイルを貼り、一部装飾にも陶器製のタイルを使用しています。側面には上げ下げの角窓が整然と並び変化に富んだ外観になっています。屋根はスペイン瓦葺。タイル貼りのためにコンクリート造りに見えますが木造です。設計の須田幸一郎氏は先々代の店主。木造3階建て。

観慶丸商店 1930(昭和5)年
設計・施工 : 須田幸一郎
石巻市中央2-8-1
撮影 : 2009.5.3
c0112559_16571060.jpg
c0112559_16573722.jpg
c0112559_1658916.jpg
c0112559_16583578.jpg
c0112559_1659499.jpg
c0112559_16592997.jpg
c0112559_16595726.jpg

c0112559_1751063.jpg
c0112559_1702027.jpg
c0112559_171283.jpg
c0112559_1713186.jpg
観慶丸商店は現在は店舗を別のところに移設したため、この建物には陳列品は少なかったです。
 石巻で最も存在感があり印象的な近代建築といえます。
by gipsypapa | 2009-09-26 17:05 | 建築 | Trackback | Comments(6)

石巻の第2SSビル

c0112559_108571.jpg
 大正末期の銀行建築。今は貸しビルになっていて複数の会社などが入っているようですが、自由民主党の看板が目立っています。細長い建物で短辺側にファサードがあり、2階、3階部分を貫くように銀行らしいオーダーとアーチ窓。ビルの最上部やオーダーが赤に塗られていますが、これは後から塗られたものでしょう。鉄筋コンクリート造り、3階建て。

第2SSビル
旧七十七銀行石巻支店 大正14年(1925)
設計・施工 : 不明
石巻市中央3-1-36
撮影 : 2009.5.3
c0112559_108521.jpg
c0112559_109244.jpg
c0112559_1091320.jpg
c0112559_1092312.jpg
c0112559_1093413.jpg
c0112559_1094526.jpg
c0112559_109568.jpg
第2SSビルの右には昭和初期築の観慶丸商店。これは次回に。
by gipsypapa | 2009-09-25 10:12 | 建築 | Trackback | Comments(2)

JR石巻駅舎

c0112559_15293587.jpg
 宮城県の二日目は石巻市まででかけました。行くまで知らなかったのですが、石巻は漫画家の石ノ森章太郎を記念した石ノ森萬画館というのがあり、メインストリートは石巻マンガロードと名付けられています。石ノ森章太郎が近隣の宮城県登米郡石森町(現登米市中田町石森)出身で、これが石ノ森のペンネームになったためとか。

 まずは石巻の玄関口であるJR石巻駅。教会のような三角屋根が並ぶ駅舎で、いたるところに石ノ森漫画のキャラクターが散りばめてあるし、駅舎も新しいのですが、これが昭和初期に建てられたもの。もちろん最近になって改修されたものでしょう。木造平屋建て。

 仙石線が完全につながり、再開されたというニュースが流れていました。おめでとうございます。(2015.5.30)

JR石巻駅舎 1928(昭和3)年
設計・施工 : 不明
石巻市鋳銭場9-1
撮影 : 2009.5.3
c0112559_15303875.jpg

c0112559_1540448.jpg
c0112559_15405874.jpg
c0112559_15312276.jpg
c0112559_15313434.jpg
c0112559_15314363.jpg

c0112559_15411550.jpg

by gipsypapa | 2009-09-22 15:56 | 建築 | Trackback | Comments(3)