タグ:学校 ( 132 ) タグの人気記事

萩・明倫学舎

c0112559_09053244.jpg
「萩・明倫学舎」は、かつて明倫小学校の校舎として使われていた木造校舎を改修整備して誕生した観光スポットです。旧明倫小学校は明倫館(めいりんかん)の跡地に建っています。明倫小学校の木造校舎は2014(平成26)年まで使用され、2017(平成29)年に敷地一帯が明治維新150年記念事業として設置された萩市の観光拠点施設「萩・明倫学舎」となっています。

旧明倫小学校は鴟尾(しび)を載せた本館棟をはじめとする4棟の木造校舎が並んでいます。隣接する史跡有備館に合わせた意匠で,外壁は1階部分は押しぶち下見板張り,2階部分は白漆喰塗り。屋根のフランス瓦や連続する窓の意匠が特徴的です。木造学校建築の好例として国の登録有形文化財に指定された、木造2階建て。

萩・明倫学舎
旧明倫小学校本館
1935(昭和10)年
史跡
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
山口県萩市江向602
撮影 : 2018.2.27
c0112559_09065369.jpg
明倫館は、長州藩の藩校で、水戸藩の弘道館、岡山藩の閑谷黌と並び、日本三大学府の一つといわれました。創建以来、藩の人材育成の中枢を担い、多くの人材を輩出されたそうです。
c0112559_09080226.jpg
南門です。閉まっていました。
c0112559_09090219.jpg
c0112559_09093829.jpg
c0112559_09100419.jpg
車寄せの玄関があるのは登録有形文化財の本館。
c0112559_09103195.jpg
c0112559_09105283.jpg
c0112559_09110905.jpg
c0112559_09112866.jpg
案内の都合により本館の次にある2号館から見学。
c0112559_09120302.jpg
c0112559_09122310.jpg
2号館には「明治日本の産業革命遺産」を紹介する「世界遺産ビジターセンター」と幕末維新期の歴史・科学技術史の貴重な実物資料を展示する「幕末ミュージアム」があります。
c0112559_09124142.jpg
2階の廊下から見えるのは3号館。
c0112559_09141146.jpg
3号館とその向こうの4号館は使われていません。
c0112559_09162505.jpg
幕末から明治維新にかけて使われた近代化遺産が展示されています。
c0112559_09171068.jpg
c0112559_09172742.jpg
貴重なもののコレクションが多く、個人的に興味深かったです。
c0112559_09180085.jpg
c0112559_09181602.jpg
c0112559_09183638.jpg
c0112559_09185538.jpg
c0112559_09191563.jpg
c0112559_09193221.jpg
明治維新前後の武器や兵器類の収集も見事です。
c0112559_09202046.jpg
c0112559_09203814.jpg
c0112559_09205668.jpg
c0112559_09211352.jpg
c0112559_09213471.jpg
c0112559_09215455.jpg
c0112559_09221357.jpg
c0112559_09223235.jpg
c0112559_09225601.jpg
長州五傑(ちょうしゅうごけつ)は、江戸時代末期(幕末)の1863年に長州藩から清国経由でヨーロッパに派遣され、主にロンドン大学ユニヴァーシティ・カレッジなどに留学した、井上聞多(馨)、遠藤謹助、山尾庸三、伊藤俊輔(博文)、野村弥吉(井上勝)の5名の長州藩士を指します。
c0112559_09233924.jpg
c0112559_09240399.jpg
3号館の1階部分です。
c0112559_09244000.jpg
c0112559_09250241.jpg
本館へ移動。
c0112559_09253241.jpg
特別な展示品はなく、登録有形文化財である本館の特徴的な建築構造を紹介が紹介されています。
c0112559_09260989.jpg
c0112559_09263356.jpg
c0112559_09265529.jpg
c0112559_09271537.jpg
先ほどまでいた二号館。
c0112559_09280907.jpg
c0112559_09283039.jpg
天井裏の屋根支持構造を見ることが出来ます。
c0112559_09313654.jpg
c0112559_09315813.jpg
両端に載っているのが鴟尾(しび)。「 屋根の大棟の両端を飾るもので,沓形 (くつがた) ともいう。」だとか。
c0112559_09340312.jpg



by gipsypapa | 2018-09-26 09:35 | 建築 | Trackback | Comments(2)

松下村塾

c0112559_08412332.jpg
松下村塾(しょうかそんじゅく)は、萩市の松陰神社の境内に現存する江戸時代末期にあった私塾です。吉田松陰が指導した塾で、短い時期の塾生の中から、幕末より明治期の日本を主導した人材を多く輩出したことで知られています。

建物は木造瓦葺き平屋建ての小舎で、当初からあった八畳と、十畳半の部分があります。十畳半は塾生が増えて手狭になったため、後から塾生の中谷正亮が設計し、松陰と塾生の共同作業で増築したものだとか。1889(明治22)年に境二郎が往時の塾舎の保存を提案。品川弥二郎、山田顕義らが賛同して寄付金を募り、塾舎を屋根の漆喰塗りや壁の塗り直しなど補修を行ったそうです。国の史跡に指定された木造平屋建て。

松下村塾
江戸後期 / 1889(明治22)年補修
史跡
設計 : 中谷正亮(増築)
施工 : 松陰、塾生(増築)
山口県萩市椿東1537
撮影 : 2018.2.27
c0112559_08433871.jpg
c0112559_08442271.jpg
c0112559_08455152.jpg
c0112559_08461098.jpg
c0112559_08462935.jpg
c0112559_08464692.jpg
c0112559_08470338.jpg
c0112559_08472215.jpg
c0112559_08474125.jpg
c0112559_08475901.jpg
c0112559_08481877.jpg
c0112559_08483406.jpg

by gipsypapa | 2018-09-23 08:48 | 建築 | Trackback | Comments(2)

石川四高記念文化交流館

c0112559_07513001.jpg
昼過ぎに金沢に到着。この年、金沢には3月にも行ったので2回目の訪問です。昼食を済ませて、ホテルのチェックイン前に兼六園周辺を散策しました。まずは石川四高記念文化交流館へ。

明治24年に建てられた旧第四高等中学校だった建物です。その後も旧制第四高高等学校を経て、金沢大学理学部、金沢地方裁判所、石川県立郷土資料館として使用されました。現在は文部科学省の所有で、石川県が文化庁から使用許可を受けた文化施設になっています。正面に向かって左側が無料の四高記念館、右側は有料の石川近代文学館です。

設計は文部省営繕の山口半六と久留正道(くる・まさみち)。単純な形状の煉瓦造ですが、初期の公立学校として貴重であることから国の重要文化財に指定されています。国の重要文化財の煉瓦造り、2階建て。

石川四高記念文化交流館
旧第四高等中学校本館
1891(明治24)年
重要文化財
設計 : 山口半六・久留正道
施工 : 真柄組
石川県金沢市広坂2-2-5
撮影 : 2017.6.6
c0112559_07524150.jpg
山口半六(1858 - 1900)は文部省在籍時に多くの学校建築を手がけた建築家。
c0112559_07532791.jpg
旧第五高等中学校本館、第三高等中学校寄宿舎、食堂(現・京都大学吉田寮)、旧東京音楽学校奏楽堂、兵庫県庁舎など公共施設を多く手がけています。
c0112559_07535935.jpg
いわゆる門衛舎です。
c0112559_07551698.jpg
c0112559_07553936.jpg
久留正道(1855-1914)は山口半六の文部省の後輩で、明治後期から学校建築を数多く手がけた建築家。
c0112559_07570481.jpg
大阪市立愛珠幼稚園、国際子ども図書館、京都大学学生部留学課留学生センター、京都大学本部構内正門などを設計しています。
c0112559_07580043.jpg
c0112559_07581819.jpg
c0112559_07583746.jpg
c0112559_07585639.jpg
c0112559_07591966.jpg
c0112559_07594198.jpg
c0112559_08000021.jpg
c0112559_08002005.jpg
c0112559_08003406.jpg
中に入らなかったので、内部写真はネットから借用します。
c0112559_08010860.jpg

by gipsypapa | 2018-03-08 08:01 | 建築 | Trackback | Comments(2)

長浜旧開知学校

c0112559_07094841.jpg
先日、松本市の旧開智学校をアップしたばかりです。こちらは長浜旧開知学校。「開智」と「開知」、微妙に字が違う理由はわかりませんが、いずれも明治初めに開校した学校施設なのは同じです。

明治7年(1874)に町民の寄付によって神戸町(現在の元浜町の一部)に建てられました。現在の長浜小学校の前身だったそうですが、建造以降は幼稚園、高等女学校などに使われ、昭和12(1937)年に現在地に移築。その後は色々な目的に使われましたが、近年改修し、現在は地元の会議室や展示場になっています。

なお、地図上では尾張屋ビルになっているようです。松本旧開智学校を小ぶりにしたような外観ですがこちらは3階建て。同様に八角塔屋を載せた、外装モルタル塗り,腰石積、隅石付の擬洋風建築です。ちなみに松本開智学校は明治9年、つまり2年後の築なので、この長浜開知学校の方が古いのです。国の登録有形文化財の木造3階建て、塔屋付き。

長浜旧開知学校
1874(明治7)年 / 1937(昭和12)年移築
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
滋賀県長浜市元浜町2-3
撮影 : 2016.11.18
c0112559_07115499.jpg
c0112559_07120942.jpg
隅石です。
c0112559_07130169.jpg
c0112559_07132797.jpg
2階、3階に上るのは階段です。当たり前ですが。
c0112559_07140794.jpg
3階の会議室。
c0112559_07143510.jpg
3階から八角塔屋には、螺旋階段で登ることができます。
c0112559_07151714.jpg
c0112559_07153351.jpg
棟札がありました。昭和12年。移築したときのものですね。
c0112559_07160674.jpg
c0112559_07164166.jpg
八角塔屋から市内を見渡すことができます。
c0112559_07170249.jpg
塔屋からの眺め。北側に、一風変わったビルがあります。その左には北国街道が南北に通っています。
c0112559_07180544.jpg
松本旧開智学校に比べると、ずいぶん小型ですが、貴重な文化遺産なのは同じです。民間の建物になっているようですが、市がもっと関与したほうがよさそうです。

by gipsypapa | 2017-07-31 07:20 | 建築 | Trackback | Comments(2)

松商学園高等学校(旧松本商業学校)講堂&柔剣道場

松商学園には他にも2棟、文化財の建物があります。近づきにくい位置にあるので、写真は少ないです。まとめてアップします。

松商学園高等学校講堂
c0112559_08090728.jpg
まず、本館の東側に建つ講堂です。こちらは鉄筋コンクリート造りで、切妻面は中央に細い柱形を三本立てた外観が特徴で、側面は高い柱形の間に大きな縦長窓が並んでいます。昭和初期における鉄筋コンクリート造講堂の好例として、国の登録有形文化財に指定された、鉄筋コンクリート造り、平屋建て。

松商学園高等学校講堂
旧松本商業学校講堂
1936(昭和11)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
長野県松本市県3-6-1
撮影 : 2016.7.12
c0112559_08094361.jpg
c0112559_08100839.jpg
c0112559_08102235.jpg
以下は文科省の文化遺産オンラインから。
c0112559_08110941.jpg
c0112559_08112135.jpg
松商学園高等学校柔剣道場
c0112559_08125313.jpg
講堂とは反対の本館西側に建つ、切妻の建物。外観は講堂と同様に高い柱形の間に半円アーチ窓や矩形窓を配置したモダンな意匠です。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造り、平屋建て。

松商学園高等学校柔剣道場
旧松本商業学校柔剣道場
1936(昭和11)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
長野県松本市県3-6-1
c0112559_08133442.jpg
本館前の広場や前の道路からはほとんど見えません。これらも文化遺産オンラインから。
c0112559_08151588.jpg

by gipsypapa | 2017-07-24 08:15 | 建築 | Trackback | Comments(2)

松商学園高等学校本館

c0112559_08490004.jpg
あがたの森公園の南側にもう1箇所、文化財の学校建築があります。旧名は松本商業学校で、略称の松商(まつしょう)が現在の校名に残っています。元々は私塾「私立戊戌(ぼじゅつ)学会」といい、110年以上の歴史があるそうです。

入母屋造桟瓦葺の学校建築で、中央に張出した玄関は石造風のポーチになっています。外壁は下見板張り、屋根に千鳥破風を配するなど和洋折衷の意匠の大型木造校舎です。国の登録有形文化財の木造2階建て。

松商学園高等学校本館
旧松本商業学校本館
登録有形文化財
1936(昭和11)年
設計・施工 : 不明
長野県松本市県3-6-1
撮影 : 2016.7.12
c0112559_08514840.jpg
c0112559_08520569.jpg
c0112559_08522118.jpg
c0112559_08523577.jpg
c0112559_08525022.jpg
c0112559_08530410.jpg
c0112559_08532066.jpg
c0112559_08533556.jpg
車寄せのある大きな玄関ポーチです。
c0112559_08541581.jpg
c0112559_08542845.jpg
玄関からガラス越しに少しだけ中の玄関ロビーが見えました。
c0112559_08551483.jpg
文科省の文化遺産オンラインにある写真です。
c0112559_08560007.jpg
こちらは全景を撮ったウィキペディアの写真を借用しています。

by gipsypapa | 2017-07-22 08:56 | 建築 | Trackback | Comments(2)

あがたの森文化会館(旧松本高等学校講堂)

c0112559_07551503.jpg
本館の北側にある講堂は、「あがたの森文化会館」の一部です。本館と同様の外観で、本館の2年後に建てられたもの。意匠的には、円形庇の玄関ポーチや、屋根の換気窓など、内外の装飾細部に見るべきものがあります。本館同様、当時の木造学校建築の特徴を典型として、国の重要文化財に指定された木造2階建て。

あがたの森文化会館
旧松本高等学校講堂
1922(大正11)年
重要文化財
設計 : 文部省大臣官房建築課
施工 : 守会商会
長野県松本市県3-1-1
撮影 : 2016.7.12
c0112559_07554784.jpg
c0112559_07560137.jpg
玄関は2箇所あります。西側の隅切部にある円形庇は珍しい。
c0112559_07565771.jpg
c0112559_07571413.jpg
屋根にある換気窓も印象的です。
c0112559_07573647.jpg
もう一箇所の玄関は東側に南面しています。
c0112559_07585971.jpg
c0112559_07591738.jpg
ドンドンという音に惹かれて中へ。
c0112559_07594076.jpg
講堂の2階にあるテラスに上る階段。
c0112559_08001650.jpg
子供たちが和太鼓の練習中でした。
c0112559_08012228.jpg
c0112559_08013812.jpg
c0112559_08015328.jpg

by gipsypapa | 2017-07-21 08:02 | 建築 | Trackback | Comments(2)

あがたの森文化会館(旧制松本高等学校本館)

c0112559_08250615.jpg
「あがたの森公園」のシンボルである旧制松本高等学校本館。大正中期の高等教育機関拡張期に開校した文部省直轄学校の一つです。現在は松本市民の文化芸術活動の場、「あがたの森文化会館」として、企業も含めた会議、研修会場として使われています。

建物は、左右対称形ではない「コの字」形の平面をもつ和瓦葺の洋風木造二階建て校舎で、玄関正面は左右対称のペディメントの張り出しがあり、中央はマンサード屋根の換気口。整然と並ぶ縦長上げ下げ窓が、学校らしさを印象付けています。明治末期から大正時代前期にかけての木造学校建築の特徴を典型的に示すとして、国の重要文化財に指定された木造2階建て。

あがたの森文化会館
旧制松本高等学校本館
1920(大正9)年
重要文化財
設計 : 文部省大臣官房建築課
施工 : 守会商会
長野県松本市県3-1-1
撮影 : 2016.7.12
c0112559_08254655.jpg
本館の入口は道路に面していてます。
c0112559_08262921.jpg
「コの字」の北西の隅切部(すみきりぶ)に玄関を配置。
c0112559_08273387.jpg
見学は無料です。
c0112559_08280171.jpg
中央階段は公共施設では多い幅が広く長いです。中間の踊り場で、左右に分かれています。
c0112559_08295992.jpg
c0112559_08301224.jpg
校長先生の像?
c0112559_08304658.jpg
c0112559_08310606.jpg
c0112559_08312065.jpg
c0112559_08313200.jpg
c0112559_08315751.jpg
c0112559_08321868.jpg
c0112559_08323636.jpg
c0112559_08325242.jpg
c0112559_08332072.jpg
c0112559_08334196.jpg
c0112559_08341378.jpg
c0112559_08343285.jpg
コの字の内側は洋風庭園になっています。
c0112559_08350709.jpg
c0112559_08352428.jpg
c0112559_08354588.jpg
c0112559_08361178.jpg
c0112559_08363580.jpg
再び「あがたの森公園」の広場から見ています。
c0112559_08370536.jpg
グーグルで見ると、北側と南側の長さが違う、変形「コの字」であることがわかります。北側に離れて建っているのは、次回にアップする講堂です。

by gipsypapa | 2017-07-20 08:37 | 建築 | Trackback | Comments(2)

松本旧開智学校

c0112559_08183701.jpg
松本のレトロ建築では最も有名なものです。旧開智学校(きゅうかいちがっこう)は明治時代初期の洋風校舎。文明開化時代の小学校建築を代表する建物として広く知られています。

外壁はコーナーストーンと石積みを模した漆喰塗大壁で、中央に八角の塔屋が聳え立っています。建物正面に中央玄関ポーチが突出し、その2階部分はの屋根は唐破風。窓は両開きの硝子戸で、外側に両開き板戸があります。当初、深志の全久院跡地にあった校舎で、1963(昭和38)年まで、約90年間使用された後、翌年に現在地へ移築されたました。

設計と施工は、地元出身で大工棟梁の立石清重(たていし せいじゅう1829 -1894)。2度み亘り上京して東京の開成学校(東京大学の前身)や山梨県の日川学校など、多くの建物を見て参考にしたようです。明治初期の貴重な擬洋風学校建築の代表的遺構として国の重要文化財に指定されている、木造2階建て、八角塔屋付。

旧開智学校
1876(明治9)年/1964(昭和39)年移築
重要文化財
設計・施工 : 立石清重
長野県松本市開智2-4-12
撮影 : 2016.7.11
c0112559_08190777.jpg
c0112559_08192376.jpg
c0112559_08193870.jpg
c0112559_08195211.jpg
玄関ポーチにバルコニーがあります。濃密な彫刻があります。流水の上の龍、雲の上ではキューピッドが両側で校名の額を支えています。
c0112559_08215158.jpg
c0112559_08221146.jpg
c0112559_08223950.jpg
入館料は大人300円でした。
c0112559_08231660.jpg
c0112559_08233152.jpg
c0112559_08234680.jpg
彫刻は室内の唐戸や・・・
c0112559_08240534.jpg
洋灯の吊元にも。
c0112559_13152296.jpg
c0112559_08245527.jpg
c0112559_08250970.jpg
c0112559_08252835.jpg
c0112559_08254725.jpg
c0112559_08260331.jpg
c0112559_08261923.jpg
c0112559_08263791.jpg
c0112559_08265473.jpg
c0112559_08271144.jpg
c0112559_08273178.jpg
海抜596メートル。松本は涼しいです。
c0112559_08281677.jpg
すぐそばにある、現在の開智小学校です。

by gipsypapa | 2017-07-03 08:28 | 建築 | Trackback | Comments(4)

岡山大学医学部付属病院 三朝医療センター分室

c0112559_09051235.jpg
宿泊した「木屋旅館」のすぐそばにレトロな建物を見つけました。見ると「岡山大学付属病院 三朝医療センター分室」とあり、「ラドン熱気浴施設」という看板も立っています。ネットで調べると、1939(昭和14)年、三朝温泉に「岡山医科大学三朝温泉療養所」が開設されたが、2016年(平成28)年2月6日 閉院とあります。つまり写真を撮った翌年に閉鎖されたようです。ただし、この建物は「分室」。古そうに見えますが、建年などの詳細はわかりませんでした。木造平屋建て。

岡山大学付属病院 三朝医療センター分室
詳細不明
鳥取県東伯郡三朝町三朝939
撮影 : 2015.4.28
c0112559_09060107.jpg
c0112559_09062532.jpg
完全予約制と書いてあるので、少なくともこのときは現役でした。ちなみにラドン熱気浴は世界有数の放射能温泉である三朝温泉ならではの入浴法です。空気中に放出されたラドンを吸入することにより、免疫力や自然治癒力を高めるそうです。
c0112559_09074028.jpg
三朝医療センター分室のHPに中の写真がありました。↓
c0112559_09084013.jpg
熱気浴室に温泉が湧き出ていて、その熱で室内は気温40℃、湿度90%になり、その室内に30分ほど入るそうです。
c0112559_09091611.jpg

by gipsypapa | 2017-02-11 09:13 | 建築 | Trackback | Comments(2)