タグ:大阪 ( 304 ) タグの人気記事

南海電鉄 天見駅舎

c0112559_09100416.jpg
観心寺を後にして再び河内長野駅に戻り、この日の宿泊地の天見(あまみ)へ向かいました。南海電鉄の天見駅は奥河内の名所、岩湧山や天見温泉の最寄駅です。

駅周辺は昔ながらの集落があり、国の登録有形文化財に登録されている温泉旅館の南天苑があるところ。当初の高野登山鉄道時代の単線時代からある駅で、現在は南海電気鉄道高野線の大阪府最南端の駅です。

駅舎は大正初期の建物を改修して使っているようです。駅の西側には河内長野市内最古の温泉と言われる天見温泉が湧き、古くから温泉郷として栄えていましたが、江戸初期の大火で被災し、長く温泉地としては途絶えていました。昭和8年(1934)に当時の南海鉄道が通ることになり復活したそうです。

南海電鉄 天見駅舎
1915(大正4)年
設計・施工 : 不明
大阪府河内長野市天見195-1
撮影 : 2018.5.28
c0112559_09105965.jpg
河内長野から普通電車で4つ目が天見。途中、千早口駅に止まります。観心寺で少し出てきた、楠正成の出身地が千早赤阪村で、楠木氏の詰め城だった千早城の最寄り駅です。
c0112559_09114195.jpg
天見に到着。
c0112559_09121127.jpg
c0112559_09125312.jpg

c0112559_09212765.jpg
c0112559_09131659.jpg
c0112559_09133983.jpg
ホームの脇に歴史を感じさせる井戸と手押しポンプがあります。もしかしたら汲めば温泉が出た?
c0112559_09143779.jpg
無人駅ですが、最新式のカード型改札です。。
c0112559_09153186.jpg
外観は改修されているかも知れませんが、狭い駅舎の中は古いままです。
c0112559_09165234.jpg
c0112559_09171387.jpg
c0112559_09174490.jpg
また、奥河内観光の岩湧山への登山口(天見コース)です。
c0112559_09182557.jpg
お目当ての南天苑はすぐそこ。「南天の里」と呼ばれるほど南天の多いところです。見えているのは南天かな。

by gipsypapa | 2018-11-18 09:22 | 建築 | Trackback | Comments(1)

河内長野市の「茶店 阿修羅窟」

c0112559_08221195.jpg
観心寺の山門を出て道路を渡ったところに和風建築が1戸だけぽつんと建っています。屋根が2重になった大型の民家風で、見ただけで古そうですが、建物としてのデータは見つかりませんでした。阿修羅窟という甘味処です。

茶店 阿修羅窟
詳細 : 不明
大阪府河内長野市寺元499
撮影 : 2018.5.28
c0112559_08230472.jpg
c0112559_08235406.jpg
c0112559_08242155.jpg
背後を流れる石見川の堤防のような斜面に建っています。
c0112559_08245354.jpg
c0112559_08251446.jpg
竹垣沿いに進むと入り口が見えてきました。
c0112559_08255220.jpg
「茶店 阿修羅窟」と書いた紙の札。閉まっています。土、日、祝日、観心寺の行事がある日のみの営業でした。
c0112559_08262892.jpg
これ以降の内部の写真は食べログから借用しています。
c0112559_08271040.jpg
c0112559_08273021.jpg
c0112559_08275067.jpg
c0112559_08281165.jpg
c0112559_08283377.jpg
c0112559_08285564.jpg
c0112559_08291990.jpg
c0112559_08294147.jpg
阿修羅窟の道端に咲く野の花。
c0112559_08305012.jpg
石見川沿いにバス停へ。
c0112559_08313778.jpg
清流です。
c0112559_08324377.jpg
河内長野駅に戻りました。この日の宿がある天見へ向かいます。

by gipsypapa | 2018-11-16 08:35 | 建築 | Trackback | Comments(2)

観心寺 恩賜講堂

c0112559_08051932.jpg
観心寺の西の端に大規模なスレート葺きの建物があります。恩賜講堂(おんしこうどう)と呼ばれ、昭和天皇即位大典のために京都御苑に建てられた大饗宴場の一部を移築改造したものです。

大典の終了後、饗宴場は3分割に解体され、大阪府内の関西大学とここ観心寺、奈良県の橿原神宮にそれぞれ移築されました。橿原神宮のものは平成10年の台風で大破し現存していません。関西大学に移築されたものが、今は千里寺本堂として使われている建物で、このブログでも紹介しています。内部は3分割されたので、当然ながら内部は千里寺本堂と同じ意匠です

。二重折上格天井に鮮やかな宝相華(ほうそうげ)という唐草模様の壮麗な天井絵が飾られています。近代宮殿建築を代表する建築物として国の重要文化財に指定されています。

観心寺 恩賜講堂
1928(昭和3)年 / 1930(昭和6)年移築
重要文化財
設計 : 宮内省内匠寮
移築設計 : 池田谷久吉
施工 : 不明
大阪府河内長野市寺元453
撮影 : 2018.5.28
c0112559_08061104.jpg
恩賜とは天皇家から授かった、という意味。
c0112559_08063317.jpg
昨年、2017(平成29)年に国の重要文化財に指定されたばかり。
c0112559_08075582.jpg
一方、千里寺本堂の方は登録有形文化財のままのようです。
c0112559_08083531.jpg
c0112559_08090226.jpg
c0112559_08092479.jpg

この外灯は千里寺にあるものと同じです。
c0112559_08113154.jpg
これ以降はネットにあった写真を借用しています。
c0112559_08121231.jpg
c0112559_08125461.jpg
恩賜講堂の内部は非公開ですが5月の楠公祭に合わせて開催される少年剣道大会などで見れるそうです。
c0112559_08133353.jpg
c0112559_08135442.jpg
ブドウの房のようなシャンデリアも千里寺と同じ。
c0112559_08150899.jpg
c0112559_08153059.jpg
c0112559_08154926.jpg
こちらは以前アップした千里寺本堂の天井です。色や図柄が違いますね。
c0112559_08181977.jpg
c0112559_08185580.jpg
c0112559_08192046.jpg
恩賜講堂の手前に霊宝館という建物があり、各種の仏像などの文化財が展示されています。
c0112559_08204649.jpg
c0112559_08210746.jpg
c0112559_08212669.jpg
その1で紹介した建掛塔に模型。平屋建てで建てかけのままでしたが、完成したらこうなるようです。

by gipsypapa | 2018-11-15 08:28 | 建築 | Trackback | Comments(2)

檜尾山 観心寺(その2)

金堂や建掛塔のほかにも見るべき伽藍がいくつかあります。伽藍の建立は実恵(じちえ)という空海の十大弟子の一人です。観心寺は楠木氏の菩提寺であり、楠木正成および南朝ゆかりの寺としても知られています。奥河内の観光地の一つで、大阪みどりの百選に選定されているほか、関西花の寺二十五番霊場、 仏塔古寺十三番霊場、新西国客番霊場、 神仏霊場大阪十五番、 役行者霊蹟札所にも数えられている古刹です。

檜尾山 観心寺
開基 : 平安時代
大阪府河内長野市寺元475
撮影 : 2018.5.28

●鎮守社拝殿
c0112559_08223877.jpg
金堂へ向かう参道の左側にあるのは、境内図では拝殿になっています。位置的に金堂の拝殿ではなく、北側にある鎮守社・鎮守堂とも呼ばれる訶梨帝母天堂(かんしんじかりていもてんどう)の拝殿です。大阪府有形文化財。

鎮守社拝殿
1732(延享元)年
大阪府有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08252142.jpg
c0112559_08240061.jpg
c0112559_08330052.jpg
訶梨帝母天堂との間に小さな池があり、太鼓橋が架かっています。
c0112559_08262643.jpg
●訶梨帝母天堂(重要文化財)
c0112559_08305489.jpg
拝殿の北側ちいさな祠があります。鎮守社・鎮守堂も呼ばれ、訶梨帝母天(かんしんじかりていもてん)を鎮守として祀っています。訶梨帝母は鬼子母神のことだとか。今のお堂は室町時代後期に建てられ、江戸時代初期に豊臣秀頼の命により修理が行われたこたもの。構造は春日造り。正面には軒唐破風があります。国の重要文化財。

訶梨帝母天堂
1549(天文18)年 / 1614(慶長19)年改修
設計・施工 : 不明
c0112559_08360629.jpg
c0112559_08370616.jpg
c0112559_08372558.jpg
c0112559_08374776.jpg
c0112559_08380794.jpg
●阿弥陀堂
c0112559_08383126.jpg
阿弥陀如来以外にも普賢菩薩・不動明王を祀っています。詳細不明です。
c0112559_08404526.jpg
c0112559_08411069.jpg
オレンジ色の僧衣を着たお坊さんがずっとお祈りを続けていました。
c0112559_08414751.jpg
お祈り中だったので、見れなかった普賢菩薩の写真をネットから借用しています。象に乗っていますね。
c0112559_08422952.jpg
扉には菊のご紋があります。

●御影堂(みえいどう)
c0112559_08445356.jpg
金堂から山側へ石段を登ったところにある御影堂。大阪府有形文化財。

御影堂
江戸中期
大阪府有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08484412.jpg
c0112559_08492482.jpg
●行者堂
c0112559_08495161.jpg

観心寺の前身、雲心寺寺院を開創した役小角を祀っています。
c0112559_08502270.jpg
c0112559_08504932.jpg
●本願堂(開山堂)
c0112559_08512377.jpg
観心寺の実質的な開基者の道興大師こと実恵(じちえ)祀っています。

本願堂(開山堂)
1646(正保3)年
大阪府有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08515473.jpg
c0112559_08522383.jpg
c0112559_08524820.jpg
●道興大師御廟
c0112559_08535266.jpg
本願堂(開山堂)の裏に実恵の霊をまつる建物がありますが、近づけません。
c0112559_08544803.jpg
●御首塚
c0112559_08551833.jpg
湊川で討死した正成の首級を足利尊氏がこのお寺に届けたと伝わっています。毎年5月楠公供養祭が行われているそうです。

●鐘楼

c0112559_08560860.jpg
石垣の台の上に建つ鐘楼。古そうですが詳細はわかりません。
c0112559_08565096.jpg
c0112559_08572062.jpg
●倉庫
c0112559_08590096.jpg
かなり近代的な建物。倉庫のようです。
c0112559_08592824.jpg
●牛滝堂(うしたきどう)
c0112559_09000610.jpg
金堂の西、少し下ったところにあり、牛馬の安全を祈っています。
c0112559_09012200.jpg
c0112559_09014539.jpg
c0112559_09021036.jpg
c0112559_09025113.jpg

by gipsypapa | 2018-11-14 09:12 | 建築 | Trackback | Comments(2)

檜尾山 観心寺(その1)

c0112559_08235187.jpg
旧槇本本院庫裏を出て少し南にお目当ての観心寺がありました。観心寺は高野山真言宗の寺院で、山号は檜尾山で、本尊は如意輪観音。飛鳥時代の大宝元年(701年)に役小角(えん の おづの)によって開かれ、初めは雲心寺とよばれていました。

平安時代の初めに弘法大師空海が来訪して観心寺に改称したそうです。伽藍建立は実恵(じちえ)という空海の十大弟子の一人です。天長4年(827年)より 造営工事に着手したとあります。南北朝時代には後醍醐天皇の信任により、建武新政後(1334年頃)、楠木正成を奉行として金堂外陣造営の勅を出され、 現在の金堂ができたとか。

観心寺は楠木氏の菩提寺であり、楠木正成および南朝ゆかりの寺としても知られています。奥河内の観光地の一つで、大阪みどりの百選に選定されているほか、関西花の寺二十五番霊場、 仏塔古寺十三番霊場、新西国客番霊場、 神仏霊場大阪十五番、 役行者霊蹟札所にも数えられている古刹です。

檜尾山 観心寺
開基 : 平安時代
大阪府河内長野市寺元475
撮影 : 2018.5.28
c0112559_08243542.jpg
c0112559_08251327.jpg
c0112559_08253545.jpg
c0112559_08255957.jpg
境内の手前に楠正成の像があります。

山門
c0112559_08272826.jpg
こじんまりした山門。正式には大門というようです。大阪府有形文化財。

山門(大門)
江戸時代中期
大阪府有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08293029.jpg
c0112559_08303783.jpg
c0112559_08310245.jpg
入山料は300円でした。
c0112559_08314072.jpg
「遺跡本山」の額。真言宗の寺の位だそうです。

後村上天皇御旧跡(旧惣持院跡)
c0112559_08333974.jpg
山門をくぐって石段を上がると、右側に「後村上天皇御旧跡」と庭園が広がっています。後村上天皇が南北朝時代の1359(正平14)年から約10ヶ月間、塔頭(たっちゅう)の惣持院を行在所(あんざいしょ)として日本の政治を執り行っていた場所の遺跡です。

後村上天皇御旧跡
旧惣持院跡
南北朝時代
c0112559_08344407.jpg
c0112559_08351185.jpg
c0112559_08361298.jpg
c0112559_08370812.jpg
c0112559_08374947.jpg
c0112559_08382620.jpg
これはネットから借用した写真。濠に囲まれた石垣の島のようなところに惣持院があったわけです。
c0112559_08403402.jpg
左側にあるのは中院。
c0112559_08415376.jpg
c0112559_08421674.jpg
門の奥には楠公学問所。南北朝時代の武将である楠木正成が幼少時に学んだ所です。
c0112559_08431591.jpg
c0112559_08441551.jpg

金堂(国宝)
c0112559_08462803.jpg
さらに階段を上がると正面に金堂が見えてきます。南北朝時代の正平年間(1346年 - 1370年)の建立の入母屋造り。朱塗りの柱に白い漆喰壁の外観は和様の要素ですが、扉は禅宗様の桟唐戸を用いるなど、和様と禅宗様の要素が混淆した折衷様仏堂の代表例として国宝に指定されています。

金堂
正平年間(1346年 - 1370年)
設計・施工 : 不明
c0112559_08480425.jpg
金堂ですが、色は金色じゃありません。
c0112559_08485723.jpg
1984(昭和59)年に大改修されたそうです。
c0112559_08493974.jpg
弘法大師空海がお参りした礼拝石。
c0112559_08500053.jpg
この扉は桟唐戸というそうです。縦横に桟を組んで薄板をはめたもの。色が鮮やか。
c0112559_08504459.jpg
c0112559_08510633.jpg
c0112559_08512564.jpg
c0112559_08514743.jpg
お参りは手前の外陣から。
c0112559_08522924.jpg
c0112559_08525192.jpg
c0112559_08531254.jpg
c0112559_08533328.jpg
c0112559_08535404.jpg
c0112559_08541529.jpg
金堂内陣。見えているのは四天王像。その奥に本尊の如意輪観音菩薩座像(国宝)、不動明王(重文)、愛染明王(重文)が祀られていますが、秘仏のため厨子は閉じられています。
c0112559_08545634.jpg
c0112559_08552104.jpg
c0112559_08562387.jpg
建掛塔(重要文化財)
c0112559_08595614.jpg
金堂のそばにある建掛塔(たてかけとう)。楠木正成が建武の新政の成功を祈願して三重塔の建立を発願したが、湊川で討死のため、未完に終わったために三重塔の最下段だけが残りっています。国宝の金堂とともに伽藍の一環をなす貴重な遺構であるとして国の重要文化財に指定されています。

建掛塔
1502(文亀2)年
設計・施工 : 不明
c0112559_09010464.jpg
c0112559_09013353.jpg
そのほかにも歴史ある建造物がたくさんあります。それは次回に。

by gipsypapa | 2018-11-13 09:08 | 建築 | Trackback | Comments(0)

観心寺 創作精進料理「KU-RI」

c0112559_08122731.jpg
河内長野駅前からバスに乗り観心寺で下車。道なりに南へ進んだところに山門がありました。境内に入って分かったのですが、ここは観心寺の子院、槙本院(まきもといん)の庫裏でした。

槙本院の台所として江戸時代初期の寛永年間、約400年前に建てられました。何度か改修されていますが、ほぼ当時の姿を残しているそうです。庫裏に続いている建物は書院といい、国の重要文化財に指定されています。また、中門と書院奥の持仏堂も約400年前の正保4年に建てられた大阪府指定文化財です。

現在、槙本院の建物のうち、庫裏がリノベーションされて、観心寺 創作精進料理 「 KU-RI 」になっています。地元の野菜や観心寺名物の「北斗の塩」を使った洋風のカフェ的な雰囲気で評判になっているようです。大阪府有形文化財の木造平屋建て。

観心寺 創作精進料理「KU-RI」
旧槇本本院庫裏
江戸時代初期(寛永年間)
大阪府有形文化財
設計・施工 : 不明
大阪府河内長野市寺元475
撮影 : 2018.5.28
c0112559_08135251.jpg
観心寺のバス停。そのときは知りませんでしたが、遠くに見えている主面中央が槙本院でした。
c0112559_08144583.jpg
c0112559_08153179.jpg
向かって左側にある脇門は閉まっています。
c0112559_08164498.jpg
ここが観心寺の門かと思って中に入ったのですが、違いました。
c0112559_08173443.jpg
よく見たらKURIの看板があり、観心寺は右に行けの矢印も。
c0112559_08181404.jpg
正面に見えるのが庫裏。
c0112559_08185268.jpg
中門は江戸時代初期の寛永年間の建立で大阪府有形文化財。
c0112559_08191913.jpg
c0112559_08195726.jpg
c0112559_08203770.jpg
c0112559_08205609.jpg
玄関を覗いてみました。予約制なのでお迎えはありません。奥の方から楽しそうな声。流行っているようです。
c0112559_08213739.jpg
庫裏の玄関が行き止まりでこれ以上見るところはありません。そのまま引き返して矢印に従って石塀沿いに観心寺に向かいます。
c0112559_08231180.jpg
裏から庫裏が見えます。奥に見えるのが国の重要文化財の書院のようです。
c0112559_08240368.jpg
これ以降はネットやHPの写真を借用しています。中庭がありますね。
c0112559_08244488.jpg
c0112559_08250449.jpg
c0112559_08251974.jpg
書院の内部。
c0112559_08254657.jpg
KU-RIのHPの華やかな写真です。
c0112559_08265728.jpg
さすがにプロの写真は違いますね。
c0112559_08274866.jpg
c0112559_08281365.jpg
c0112559_08283036.jpg
c0112559_08284704.jpg
KU-RIで使われているという北斗の塩。観心寺で特別に御祈祷したものだそう。原料は沖縄産みたいです。観心寺で売っています。

by gipsypapa | 2018-11-12 08:33 | 建築 | Trackback | Comments(2)

河内長野へ1泊旅行

思い立って河内(かわち)長野市に1泊の小旅行でした。お目当ては辰野金吾設計の旅館「南天苑」です。河内長野は同じ大阪府ながら、まったく知らない土地柄。途中の見どころをを検索したのですが、あまり多くはありませんでした。
撮影 : 2018.5.28
c0112559_08280785.jpg
南海電鉄高野線の難波駅から急行に乗車。
c0112559_08284349.jpg
c0112559_08292527.jpg
30分弱で河内長野駅へ到着。意外に近い。
c0112559_08300576.jpg
河内長野駅は南海高野線(大阪市浪速区の汐見橋駅~和歌山県伊都郡高野町の極楽橋駅)と近鉄長野線(大阪府羽曳野市の古市駅~大阪府河内長野市の河内長野駅)が乗り入れています。

河内長野駅
大阪府河内長野市本町29-9
c0112559_08304464.jpg
駅近くの古い民家。着いたのがお昼の12時ころ。駅周辺で食事処を探しています。
c0112559_08312827.jpg
マンサード屋根の洋館もありました。
c0112559_08322149.jpg
結局、適当なところがなく、駅前に戻って「ノバティながの南館」というビル2階のそば屋にしました。

麺坊 万作 ノバティながの南館
大阪府河内長野市長野町5-1
c0112559_08333299.jpg
中の雰囲気も昭和レトロで上々。お客さんが多かったです。
c0112559_08350489.jpg
これと次の写真は食べログから借用しています。
c0112559_08353140.jpg
c0112559_08360127.jpg
食べたのは天ザル。期待していなかったのですが、ここの蕎麦は相当いけます。更科系ですね。自家製だそう。
c0112559_08371138.jpg
c0112559_08373530.jpg
駅前からバスに乗って金堂(国宝)を見に観心寺へ向かいます。

by gipsypapa | 2018-11-11 08:40 | | Trackback | Comments(2)

箕面の山本珈琲館

c0112559_8471271.jpg
レトロかなと思ったらはずれだった建物です。箕面滝道から眼下に見える洋館。屋根の形や天窓、煙突から古い建物かと思い、わき道を下っていくと建物正面に出ました。山本珈琲館という看板がある正面から見て、これは新しいと直感。調べると10年ちょっと前にt建てられたようです。

山本珈琲館は「箕面川に臨む静かな森の珈琲専門店」がうたい文句で、若者に人気がありそうなカフェでした。天井画高い木造平屋建て。

山本珈琲館
1995(平成7)年
設計・施工 : 不明
箕面市箕面公園2-28
撮影 : 2017.1.16
c0112559_847567.jpg
滝道をあるいていると崖下にレトロ感満点の、よさそうな洋館がありました。
c0112559_84897.jpg
c0112559_849344.jpg
c0112559_8501050.jpg
c0112559_8503687.jpg
こんなところにレトロな建物があるという前情報はなかったし・・・
c0112559_8505354.jpg
坂を少し下ったら、あれっ!
c0112559_851555.jpg
正面から見ると・・・ハズレでした。この立地なので、季節による山谷が大きそうです。しかし、前日が全国的な寒波で、この日も寒い日でしたがちゃんと営業していて、若い女性客が一人、店から出て来るのに出会いました。

おしゃれな珈琲専門喫茶店。内部写真を食べログから借用します。↓↓
c0112559_853374.jpg

c0112559_8524878.jpg
c0112559_853074.jpg
これで大阪を終わり、次回から山陰地方です。
by gipsypapa | 2017-02-04 08:55 | 建築 | Trackback | Comments(0)

箕面山 瀧安寺鳳凰閣

c0112559_8232097.jpg
瑞雲橋の向こう側に見える建物は修験道の修行をする道場。瀧安寺の他の建物群とは別に箕面川を挟んで東側に建っています。

鳳凰閣は箕面山の中腹、箕面川の渓流沿いに建ち、高く築くいた石垣の上に土塀をめぐらせた敷地にあります。箕面川西側の寺院群とは明らかに、意匠が違う近代的な建物。北端に宝形造の楼閣を置き、平等院鳳凰堂翼廊を表現してるとか。美しい渓流とあいまって、優れた景観を作っています。

設計は洋風建築のみならず、和風建築でも数多くの作品をのこした武田五一( たけだ ごいち、1872 - 1938年)。このブログでも過去にたくさんの作品を紹介しています。国の登録有形文化財の木造平屋建て、塔屋付。

箕面山 瀧安寺鳳凰閣
1917(大正6)年
登録有形文化財
設計 : 武田五一
施工 : 高橋組
撮影 : 2017.1.16
c0112559_825755.jpg
c0112559_825302.jpg
滝からの帰りに立ち寄ろう思っていましたが、さすがに疲れていて、向こう側には行きませんでした。ネット情報では橋は渡れるが、向こう側の門は閉鎖されているとあります。行かなくてよかったようです。実際、ネット上で建物に近接した写真は見つかりませんでした。
c0112559_8263921.jpg
文化遺産オンラインの解説。「近代和風建築としての特色は、桟を細かく格子状に割り付けた硝子戸を入れ、外界を一望できるようになっている点が挙げられる。宝形造の楼閣は壁に花頭窓を開け、銅版葺きの軽快なものとする。」さすが武田五一という軽妙なデザインです。
c0112559_8272324.jpg
行きは雪が降っていました。
c0112559_8280100.jpg
c0112559_8281638.jpg
こちら側の石垣も見事。
c0112559_829138.jpg
c0112559_8292154.jpg
c0112559_8293952.jpg
箕面川の渓流と一体になって優れた景観をつくりだしています。 ↓ はネットにあった写真です。
c0112559_8304254.jpg

by gipsypapa | 2017-02-03 08:31 | 建築 | Trackback | Comments(0)

箕面山 瀧安寺

c0112559_8235953.jpg
瀧安寺(りゅうあんじ)は箕面公園にある本山修験宗(修験道の一派)の寺院。寺伝では7世紀に箕面滝の下に役行者(えんのぎょうじゃ)が堂を建設し、本尊の弁財天像を安置し、「箕面寺」と命名したのが始まりとか。室町時代末期に織田信長によって焼失し、江戸時代に後水尾天皇の援助によって現在地に再建されました。

滝への信仰を伝えながら、山岳信仰修験道の根本道場として、全国各地から修験者が集まり、大護摩法要が毎年4・7・11月に行われているそうです。またウィキペディアでは宝くじの発祥である富くじの発祥の地とありました。

箕面山 瀧安寺
箕面市箕面公園2-23
撮影 : 2017.1.16
c0112559_8253180.jpg
c0112559_8255719.jpg


山門
c0112559_8261717.jpg
山門は光格天皇が1809年に京都御所から移築したものだそうです。

瀧安寺山門
1809(文化6)年移築
設計・施工 : 不明

観音堂
c0112559_8272858.jpg
中央に重要文化財の如意輪観音、左右に阿弥陀如来、弘法大師を安置しています。新しく再建されました。

瀧安寺観音堂
2002(平成14)
設計・施工 : 不明
c0112559_827581.jpg
天女がいました。
c0112559_8282569.jpg

c0112559_8284180.jpg
c0112559_8293763.jpg
行者堂と本堂へは、この見事な石垣の横の階段を上ります。
c0112559_8315682.jpg
c0112559_8321890.jpg


行者堂(護摩堂)
c0112559_833224.jpg
瀧安寺の行者堂は前後2棟で構成される珍しい構造で、奥に本尊が祀られており、手前は護摩堂となっています。2棟をまとめて行者堂と言うこともあるとか。行者堂法要に採燈大護摩供と山伏大行列が行われるところです。

瀧安寺行者堂(護摩堂)
1693(元禄6)年か?
設計・施工 : 不明
c0112559_834461.jpg
c0112559_8342291.jpg


弁財天本堂
c0112559_8343647.jpg
後水尾天皇の勅命により江戸時代初期の1656年(明暦2年)に建てられました。この弁財天は日本四弁財天の一つだそうです。奥殿と拝殿から成る神社形式になっています。

瀧安寺弁財天本堂
1656(明暦2)年
設計・施工 : 不明
c0112559_8353975.jpg
c0112559_8355356.jpg
琵琶の絵があります。弁天様は水や音楽の神様なのでかな。
c0112559_8373752.jpg
c0112559_8381525.jpg
c0112559_8384538.jpg
本堂横の大黒堂。詳細はわかりません。
c0112559_840220.jpg
c0112559_8412977.jpg
手前は朱色に塗られた瑞雲橋。橋の向こう側に見える建物群は修行をする根本道場。武田五一設計の鳳凰閣がありますので、次回に。
by gipsypapa | 2017-02-02 08:46 | 建築 | Trackback | Comments(2)