タグ:大倉三郎 ( 6 ) タグの人気記事

グランヴェルジュ京都七条倶楽部

c0112559_1123511.jpg
 七条西洞院のバス停にある昭和初期の銀行建築。江戸初期に酒販・海運・両替商として成功した一大財閥、鴻池(こうのいけ)家が明治中期に設立した鴻池銀行の支店だったもの。鴻池銀行は、三和銀行などを経て、現在の三菱東京UFJ銀行の前身の一つです。その後この建物は若林仏具製作所として使われ、現在はフレンチウェディングレストランなっています。

 石張り風の外観に、2階正面の縦長アーチ窓と装飾性のある軒の持ち送りと正面両端の隅石が特徴。銀行らしいクラシカルで重厚さを感じる建物です。

 設計は武田吾一が創立した京都帝国大学工学部建築学科の一期卒業生の大倉三郎(おおくらさぶろう 1900~1983)。卒業後、宗建築事務所を経て、武田のもとに戻り京都帝国大学で営繕事務、講師などを勤めた後、大阪工業大学、京都工芸繊維大学などの教授を勤めました。

 このブログでは生駒時計店(1930)京都大学農学部演習林事務室(1931)京都大学法学部経済学部本館(1933)龍谷大学図書館(1936)京都大学大学院農業研究科附属農園本館(1928)同志社大学明徳館(1952)を紹介しており、この建物は生駒時計店と同様に宗建築事務所時代の作品です。鉄筋コンクリート造2階建て。

グランヴェルジュ京都七条倶楽部
旧鴻池銀行七条支店
1927(昭和2)年
設計 : 大倉三郎(宗建築事務所)
施工 : 竹中工務店
京都市下京区七条通新町西入ル夷之町704
撮影 : 2009.5.10
c0112559_117041.jpg
c0112559_1171339.jpg
c0112559_1172394.jpg
c0112559_1173297.jpg
c0112559_1174241.jpg

by gipsypapa | 2011-08-14 11:08 | 建築 | Trackback | Comments(4)

同志社大学 明徳館

c0112559_14495374.jpg
c0112559_14501151.jpg 

 同志社の戦後の建築です。大倉三郎の設計による第一期の後、第二期工事、第三期工事、第四期工事を経て、1954(昭和29)年10月に今の姿になりました。周りの建物との調和を考えて、コンクリート造りながら、外壁を煉瓦色のタイル貼りにしています。現在は教育開発センター、研究支援課、学生ラウンジ、食堂、生協が入っています。鉄筋コンクリート2階建て、地下1階、塔屋付。

 大倉三郎は武田吾一が創立した京都帝国大学工学部建築学科の一期卒業生。卒業後、宗建築事務所を経て、武田のもとに戻り京都帝国大学で営繕事務、講師などを勤めた後、大阪工業大学、京都工芸繊維大学などの教授を勤めました。

 宗建築事務所にグランヴェルジュ京都七条倶楽部(旧鴻池銀行七条支店、旧若林仏具製作所、1927年)や生駒時計店(1930年)などの優れた建物の設計を担当。後にも京都大学農学部演習林事務室(1931年)、京都大学法学部経済学部本館(1933年)、龍谷大学図書館(1936年)の代表作を残しています。

同志社大学明徳館 1952(昭和27)年
設計 : 大倉三郎
施工 : ミラノ工務店
京都市上京区今出川通烏丸東入玄武町601
撮影 : 2006. 5.14

c0112559_14512211.jpg
  尖塔アーチが多用されている正面ファサード。
c0112559_14521234.jpg
 地下に下りる円形階段。地下に通じています。
c0112559_14534175.jpg
c0112559_1454079.jpg
 やはりこの塔屋が特徴の建物です。

 同志社には他にも弘風館や寒梅館などの見どころの多い煉瓦貼りの建物がありますが、築年が新しいので省略して、同志社シリーズを終わります。
by gipsypapa | 2008-07-01 14:59 | 建築 | Trackback | Comments(4)

龍谷大学大宮図書館

c0112559_13414837.jpg
大宮学舎の北側の道路を挟んで西本願寺境内の一角に図書館があります。 地上3階地下1階建ての鉄筋コンクリート造りで、モザイクタイル枠の丸窓がある、西洋建築と仏教建築を組み合わせた独特の外観が特徴です。2006年に外観をそのまま残して、内部を近代図書館となるようにリニューアルされたそうです。この日は休日のため門が閉まっていて残念。

 設計は京都帝国大学工学部建築学科の一期卒業生、武田吾一の教え子で、卒業後、宗建築事務所に入り、後に武田のもとで営繕事務を勤めた大倉三郎。大阪の生駒時計店は宗事務所時代の彼の代表作です。

龍谷大学大宮図書館 1936(昭和11)年/2006(平成18)年改修
設計 : 大倉三郎
施工 : 松井組
京都市下京区醒ヶ井通花屋町下ル門前町60
撮影 : 2007.2.10
c0112559_13534833.jpg
c0112559_13535759.jpg
 御覧のように西本願寺の境内にあるので、壁や門はお寺そのもの。
c0112559_13546100.jpg
 言われてみれば丸窓近傍の意匠は生駒時計店に共通するものがあります。学校が開いている日は、中も見れそうなので、いつか見てみたいものです。
by gipsypapa | 2008-04-30 14:06 | 建築 | Trackback | Comments(2)

京都大学・法学部、経済学部本館

c0112559_2231478.jpg
 時計台記念館の裏(北側)にある鉄筋コンクリート造り2階建ての建物。
 設計は大倉三郎。京都帝国大学建築学科の第一期卒業生で、京大を出てから、民間の建築事務所を経て、京大営繕課で働くようになりました。昭和初期の京都大学の施設はほとんど彼の手によるものです。

京都大学・法経本館
1933(昭和8)年
設計 : 大倉三郎、内藤資忠
施工 : 大倉土木
京都市左京区吉田本町
撮影 : 2006.11.23
c0112559_2295683.jpg
c0112559_22113948.jpg
c0112559_22121022.jpg
 スクラッチタイルを使用し、装飾は、ほとんど施されないモダン建築です。大きな特徴は正面入口に向って凹型になっているファサード。これより古い京都大学の校舎には無い意匠。昭和時代になり、京大の営繕課の世代交代の証のような建物です。
c0112559_22165376.jpg
 東側に伸びた校舎。最初は先ほどの西面が竣工し、以後1953年にかけて順次増築されました。
c0112559_2220155.jpg
c0112559_22205732.jpg
 正面右の通路を南と北の両方から。
c0112559_2222434.jpg
c0112559_22232554.jpg
c0112559_22235430.jpg
 少し中を。
c0112559_222562.jpg
 やはりこの建物は入り口のまわりの特徴的な意匠ですね。
by gipsypapa | 2007-08-26 22:27 | 建築 | Trackback | Comments(0)

京都大学農学部・旧演習林本部事務室

c0112559_22144134.jpg
 京都大吉田キャンパス北部構内の一角に、高原のバンガローをイメージさせる木造建築が立っています。農学部構内に入ったらすぐにわかる木造建築。周りを緑で囲まれています。京大の営繕課技師だった大倉三郎の設計。登録有形文化財の木造平屋建て。

京都大学農学部・旧演習林本部事務室 1931(昭和6)年
設計 : 大倉三郎
施工 : 不明
登録有形文化財
京都市左京区北白川追分町
撮影 : 2006.11.23 & 2007.7.6
c0112559_22222488.jpg
c0112559_2223339.jpg
c0112559_22231376.jpg
スパニッシュ瓦葺、ベランダをめぐらしたバンガロー風の木造建築です。
c0112559_2224223.jpg
 緩やかなカーブを描く石畳や垣根で形作られたヨーロッパ風の中庭も見どころです。
c0112559_2226276.jpg
 建物を囲むベランダと高床は、高温多湿の日本の風土を配慮した、風を建物に取り入れる工夫です。
c0112559_222943100.jpg
c0112559_22301377.jpg
c0112559_22302364.jpg
 季節によって木々の葉の色が変わり、建物の表情も変化します。
c0112559_22312443.jpg
 鉄筋コンクリートの建物が林立する構内にホッとするような木造でした。
by gipsypapa | 2007-08-14 22:33 | 建築 | Trackback | Comments(0)

京都大学大学院農業研究科附属農園本館

c0112559_1312375.jpg
 阪急電車の高槻市駅を北に出て、ヴォーリズの大阪医科大学の前を通り、線路沿いに東へ15分ほど歩くと田園地帯の北側に京大の農園があります。門を通って北に進むと木造二階建の北欧風洋館が見えてきます。正面2階の6連アーチ窓が印象的な建物です。

京都大学大学院農業研究科附属農園本館 1928(昭和3)年
大阪府高槻市八丁畷町12-1
設計 大倉三郎
撮影 2006.12.2
c0112559_1384451.jpg
c0112559_1326622.jpg
c0112559_1317296.jpg
c0112559_13174174.jpg
c0112559_13175785.jpg
 本館以外にも興味深い洋館が2棟ありました。↓
c0112559_13185424.jpg
c0112559_13191068.jpg
 本館の道を挟んだ東側にある別館。
c0112559_1320356.jpg
c0112559_13201654.jpg
 別館の南側に位置する実験棟。
c0112559_13205163.jpg
 高槻市の市街地からすぐ近くにこんなにのんびりした場所があるのは初めて知りました。地元なのに灯台下暗し。農業・農学の実習の場なので、果樹園や畑、水田が広がっています。農園の敷地へは自由に入れますので、季節のいいころに弁当でも持って行くのに最適。
by gipsypapa | 2007-02-07 13:28 | 建築 | Trackback | Comments(4)