タグ:古塚正治 ( 3 ) タグの人気記事

宝塚ホテル

宝塚ホテル_c0112559_20234963.jpg
昨年、新聞で今ある宝塚ホテルが別の場所に建て替えられ、あと一年ちょっとで解体されるという記事を読み、気になっていました。調べたところ、宿泊しなくてもランチができることがわかり壊される前に行ってみることにしました。

ホテルは本館、新館、東館、西館と増築に次ぐ増築を重ねているそうです。もちろん一番の見所は1926年(大正14年)完成の本館。京阪神初の洋館ホテルで、内部は改装されていますが、随所に当時の雰囲気を残しています。

設計は阪神間モダニズムを代表する建築家の古塚 正治(ふるづか まさはる、1892 - 1976)。このブログでも正司家住宅洋館六甲山ホテルをアップしています。鉄筋コンクリート造り、5階建て、地下1階。

宝塚ホテル本館
1926(大正14)年
宝塚市都市景観形成建築物
設計 : 古塚正治(古塚建築事務所)
施工 : 大林組
兵庫県宝塚市梅野町1-46
撮影 : 2018.12.20
宝塚ホテル_c0112559_20254891.jpg
エントランスは新館側にあります。
宝塚ホテル_c0112559_20265213.jpg
宝塚ホテル_c0112559_20271035.jpg
向かって右が本館です。
宝塚ホテル_c0112559_20275240.jpg
宝塚ホテル_c0112559_20281286.jpg
宝塚ホテル_c0112559_20283425.jpg
宝塚ホテル_c0112559_20285278.jpg
入ったところの新館ロビー。
宝塚ホテル_c0112559_20295420.jpg
向かって右に本館への階段。
宝塚ホテル_c0112559_20302920.jpg
本館のロビーはさすがに歴史を感じます。
宝塚ホテル_c0112559_20310956.jpg
宝塚ホテル_c0112559_20312871.jpg
右側にビアケラーがあります。ビールが売りのレストランです。
宝塚ホテル_c0112559_20355758.jpg
ここは入らなかったのでネットにあった内部写真です。
宝塚ホテル_c0112559_20363168.jpg
窓際の廊下を歩きました。
宝塚ホテル_c0112559_20374446.jpg
宝塚ホテル_c0112559_20380522.jpg
中庭を見ながら進むと・・・
宝塚ホテル_c0112559_20384208.jpg
宝塚ホテル_c0112559_20390062.jpg
新館側にカフェレストラン「ソラレス」があります。ここは軽食もあってお手軽みたいです。
宝塚ホテル_c0112559_20394053.jpg
予約したのはちょっと奮発して仏蘭西料理「プルミエ」。
宝塚ホテル_c0112559_20401364.jpg
宮殿風にといううたい文句。確かに天井は高いです。
宝塚ホテル_c0112559_20404680.jpg
宝塚ホテル_c0112559_20410225.jpg
ランチコースのMenuet -メヌエ、4,700円でした。
宝塚ホテル_c0112559_20415872.jpg
宝塚ホテル_c0112559_20421914.jpg
宝塚ホテル_c0112559_20423866.jpg
メインに肉料理か魚料理を選べるランチコースです。さすがに美味しかったです。
宝塚ホテル_c0112559_20431791.jpg
宝塚ホテル_c0112559_20433731.jpg
宝塚ホテル_c0112559_20435277.jpg
バーもありますが、昼間なので行きませんでした。写真はネットから。
宝塚ホテル_c0112559_20443547.jpg
ネットの写真です。
宝塚ホテル_c0112559_20450420.jpg
2020年に開業する新しいホテルの完成予想図。それにしても本館の解体はもったいない。





by gipsypapa | 2019-02-24 20:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)

宝塚市雲雀丘の正司邸

宝塚市雲雀丘の正司邸_c0112559_134765.jpg
 続いてもう一つ阪神間のモダニズム建築を代表する古塚正治の作品です。

 阪急電車・雲雀丘花屋敷駅の北側高台は高級住宅が立ち並ぶ地域。この建物は2年前にヴォーリズの高崎記念館(旧諏訪博士邸)を見に行った時に見つけた住宅です。一見して古い洋館で、玄関脇に登録有形文化財のプレートがあったので、後で調べたら、やはり大正中期の築でした。

 赤瓦の木造洋館で、壁を白いモルタルで仕上げ、縦線を強調して木柱を表面に出しています。ゆるい曲線を描くベル形ドームや袴腰形の屋根,軒下や玄関周りのタイル市松模様貼りなど大正期特有のジャーマンセセッションの秀作といわれています。木造2階一部地下1階建の登録有形文化財。

 近代建築ファンなら文化庁の「文化遺産オンライン」というのをご存知かと思います。全国の文化財指定対象を網羅した素晴らしいサイトで、「建造物」のジャンルにすべての重要文化財・登録有形文化財が登録されていて、詳細な住所の表記もあるため、大変便利で探訪先を決めるのによく利用しています。

 ここで個人住宅の表示は「・・・邸」ではなく「・・・家住宅」となっていますので、ここでもこれを踏襲します。なお、この建物が「正司家住宅洋館」と「洋館」の但し書きがついているのは、別に和館が隣接しているためで、「正司家住宅和館」として、こちらも国の登録有形文化財に指定されているのです。

正司家住宅洋館
旧徳田家住宅 1919(大正8)年ころ
登録有形文化財
設計 : 古塚正治
施工 : 不明
宝塚市雲雀丘2-5-22
撮影 : 2006.7.8
宝塚市雲雀丘の正司邸_c0112559_1351728.jpg
宝塚市雲雀丘の正司邸_c0112559_13511922.jpg
宝塚市雲雀丘の正司邸_c0112559_13513388.jpg
宝塚市雲雀丘の正司邸_c0112559_13514798.jpg
宝塚市雲雀丘の正司邸_c0112559_13515912.jpg
宝塚市雲雀丘の正司邸_c0112559_13521383.jpg
宝塚市雲雀丘の正司邸_c0112559_13522136.jpg
 なお、この正司邸は1996年度下半期にNHK連続テレビ小説として放送されたテレビドラマ「ふたりっこ」の撮影地だったとか。和館はこの建物の裏側、傾斜地の下側にあるようですが、(1枚目の写真にちらっと門と屋根が写っています)このときは見のがしました。

 
by gipsypapa | 2008-11-12 14:08 | 建築 | Trackback | Comments(2)

六甲山ホテル旧館

六甲山ホテル旧館_c0112559_1632144.jpg
 関西の避暑地として知られる六甲山に昭和初期にオープンしたホテル。阪急グループの創始者・小林一三氏が開設した歴史のあるホテルです。新館も併設されていますが、旧館も営業していて、緑あふれる人気のスポットとなっています。

 今年の2月に宿泊しました。下界はそれほど寒い日ではありませんでしたが、ここまで来ると雪が残っていて、木々には樹氷がありました。

 旧館はハーフティバーの木造で、ヨーロッパの風のクラシカルなホテル。設計は阪神間モダニズムを代表する建築家の一人で、宝塚ホテル(1926年)、旧八馬汽船株式会社 多聞ビルディング(1928年)、西宮市庁舎(1928年)、尼崎信用組合本店(1939年) 、東洋精機株式会社本館事務所(1941年)などを設計した古塚 正治(ふるづか まさはる)です。木造2階建て。

六甲山ホテル旧館 1929(昭和4)年
設計 : 古塚 正治
施工 : 不明
神戸市灘区六甲山町南六甲
撮影 : 2008.2.10 & 11
六甲山ホテル旧館_c0112559_16334320.jpg
六甲山ホテル旧館_c0112559_16335332.jpg
六甲山ホテル旧館_c0112559_1634325.jpg
六甲山ホテル旧館_c0112559_16341781.jpg
 今は使われていない旧館のもと玄関。この色ガラスの扉は中から見たかったのですが、この一角には行けませんでした。
六甲山ホテル旧館_c0112559_16351086.jpg
六甲山ホテル旧館_c0112559_16352156.jpg
 横を通って裏側にはホテルを経由するバスの発着所があります。雪かきがされていましたが、下界では想像しなかった別世界の景色。
六甲山ホテル旧館_c0112559_16361296.jpg
 客室に通じる廊下。
六甲山ホテル旧館_c0112559_16365978.jpg
六甲山ホテル旧館_c0112559_16371356.jpg
六甲山ホテル旧館_c0112559_16372164.jpg
六甲山ホテル旧館_c0112559_16373166.jpg
六甲山ホテル旧館_c0112559_16373987.jpg
六甲山ホテル旧館_c0112559_16374778.jpg
六甲山ホテル旧館_c0112559_1637568.jpg
六甲山ホテル旧館_c0112559_1638334.jpg
 1階ロビー。内装・外装とも木を基調としていて落ち着いた雰囲気でした。
六甲山ホテル旧館_c0112559_1639189.jpg
六甲山ホテル旧館_c0112559_16394278.jpg
六甲山ホテル旧館_c0112559_16395328.jpg
六甲山ホテル旧館_c0112559_16401112.jpg
六甲山ホテル旧館_c0112559_16401811.jpg
六甲山ホテル旧館_c0112559_16403591.jpg
 階段を登れば2階の談話室。生前、小林一三氏が愛用していたソファーと書棚があり、クラシックな調度品が残っています。
六甲山ホテル旧館_c0112559_16412299.jpg
六甲山ホテル旧館_c0112559_16413598.jpg
 天井には色鮮やかなステンドガラスがはめ込まれて・・
六甲山ホテル旧館_c0112559_16421227.jpg
六甲山ホテル旧館_c0112559_16422631.jpg
六甲山ホテル旧館_c0112559_16423536.jpg
 老舗の格調高いホテルですが、冬場のせいでしょうが、安く泊まることができました。お勧めはやはり夏でしょうね。
六甲山ホテル旧館_c0112559_16462621.jpg

by gipsypapa | 2008-11-10 16:44 | 建築 | Trackback(1) | Comments(4)