タグ:公園 ( 15 ) タグの人気記事

天草の十三仏公園

c0112559_08412404.jpg
草の下島の西海岸を南下。十三仏公園(じゅうさんぶつこうえん)でトイレ休憩でした。北に妙見ヶ浦(みょうけんがうら)を望む景勝ポイントです。公園の名前は、近くに十三仏堂というお堂があり、室町時代に普及した十三仏供養に由来していまるそうです。

十三仏公園
熊本県天草市天草町高浜北
撮影 : 2018.10.3
c0112559_08422298.jpg
c0112559_08425066.jpg
c0112559_08430643.jpg
南に白鶴浜海水浴場.。
c0112559_08434323.jpg
北には妙見ヶ浦。奇岩、洞門が連なる国指定の名勝・天然記念物です。
c0112559_08442076.jpg
妙見ヶ浦の近影はネットから借用しています。
c0112559_08445627.jpg
c0112559_08451327.jpg
フェリーで見た筋雲が大きくなって空一杯に広がっています。
c0112559_08455499.jpg
c0112559_08460999.jpg
c0112559_08462437.jpg
偶然ですが美しい景観を見ることが出来ました。
c0112559_08465986.jpg
c0112559_08471530.jpg
十三仏公園からさらに南に進んだところに白い教会が見えます。大江教会です。キリスト教解禁後、天草で最も早く造られた教会で、現在の建物は昭和8年(1933年)天草への伝道に生涯を捧げたフランス人宣教師ガルニエ神父が地元信者と協力して建立したものです。

大江教会
1933(昭和8)年
設計・施工 : ガルニエ神父
熊本県天草市天草町大江1782
c0112559_08475363.jpg
今から訪ねる崎津教会が世界遺産の候補になる前は、この教会はツアーの定番だったそうです。
c0112559_08482228.jpg
行かなかったのでネットの写真を借用しています。丘の上に建つ白亜のロマネスク様式の教会です。


by gipsypapa | 2019-01-19 08:52 | | Trackback | Comments(2)

九十九島パールリゾート

c0112559_08013835.jpg
「4つの教会群と九州3つの絶景めぐり3日間」というツアーに参加しました。この年(2018年)6月30日にユネスコの世界遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」は、長崎県と熊本県に残る12件の構成資産から成っています。

ツアーはその中の4件に該当する教会を巡るバス旅でした。新幹線でJR博多駅まで行って、後は西九州をバスで移動する2泊3日の旅程です。最初の訪問地は佐世保市の九十九島パールリゾート。九十九島遊覧船クルーズがツアーのオプションに入っていましたが、2年前に乗ったばかりなのでパス。食事をした後、「うみかぜ広場」や桟橋周辺を散策して、クルーズの帰りを待ちました。

九十九島パールリゾート
長崎県佐世保市鹿子前町1008
撮影 : 2018.10.2
c0112559_08022101.jpg
c0112559_08024695.jpg
桟橋に帆船が到着。前回乗った船とは違います。
c0112559_08042792.jpg
以前乗ったのは「パールクイーン」で、これは「海賊遊覧船みらい」です。
c0112559_08045370.jpg
c0112559_08051193.jpg
c0112559_08052700.jpg
c0112559_08054654.jpg
c0112559_08060706.jpg
c0112559_08062344.jpg
c0112559_08064198.jpg
お昼はここで。
c0112559_08082904.jpg
食べたのは長崎チャンポンです。
c0112559_08090551.jpg
c0112559_08092119.jpg
時間が余ったのでビジターセンターに入って暇つぶし。
c0112559_08095340.jpg
c0112559_08101335.jpg
飲食店や土産物屋が並んでいます。名物の佐世保バーガー。
c0112559_08104524.jpg
食べませんでしたが、でかいです。
c0112559_08112100.jpg
c0112559_08114534.jpg
現代的なガラス張りの建物は水族館。
c0112559_08124512.jpg
クルーズ帰りの人たちと合流して、バスで「展海望」という展望台へ。
c0112559_08132841.jpg
歌碑があります。作曲家は知りませんが作詞家は阿久悠です。
c0112559_08140838.jpg
c0112559_08142940.jpg
こっちの像は「美しき天然」の作曲家、田中穂積。明治後期に佐世保鎮守府に第三代軍楽長として赴任。その後、私立佐世保女学校で音楽を教授だったとか。「美しき天然」といえばチンドン屋やサーカスのテーマ曲。



c0112559_08154210.jpg
c0112559_08160130.jpg
九十九島は単に数が多いという意味で、実際の島の数は208だとか。
c0112559_08163883.jpg
曇ってどにょりしています。
c0112559_08171489.jpg
c0112559_08173394.jpg
c0112559_08180659.jpg
これから訪ねる「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産の構成資産」。今回のツアーは順に⑩大野教会堂、⑨出津教会と関連施設、⑦大浦天主堂と関連施設、②原城跡、⑤天草の崎津集落の5ヶ所。

今回以外では、⑭頭ヶ島天主堂は3年前の五島列島ツアーで訪問済みです。

by gipsypapa | 2019-01-09 08:23 | | Trackback | Comments(2)

養老公園を下って帰路へ

c0112559_08561844.jpg
養老での1泊旅行を終わって早めに宿を出ました。養老公園内を散策しながら下っていきます。養老公園は養老山の養老の滝から麓の県道まで東北東に広がっている広大な緑地帯。開園は古く明治初期で、面積は78.5 ヘクタールの都市公園です。 公園内には由緒ある神社や仏閣、霊泉などの他に観光客向けに料理旅館や飲食店、名産屋などが並んでいます。

養老公園
開園 : 1880(明治13)年
岐阜県養老郡養老町養老公園
撮影 : 2018.7.3
c0112559_08571494.jpg
c0112559_08575503.jpg
千歳楼を出たところにある鳥居をくぐって滝の方向へ。
c0112559_08583421.jpg
千歳楼の傍にある不老ヶ池。養老神社にある菊水泉から流れ出た水です。
c0112559_08593022.jpg
c0112559_08595537.jpg
c0112559_09014438.jpg
c0112559_09010836.jpg
唐谷の県有林には、岐阜県が薬用樹の栽培、普及の目的で整備した薬用樹見本林があります。
c0112559_09023827.jpg
c0112559_09030096.jpg
斜面に建つ山小屋のような建物。
c0112559_09033777.jpg
カフェテラス樹里でした。この日は営業していません。
c0112559_09035841.jpg
「シバガキ & コーヒー」・・・シバガキって何?
c0112559_09054500.jpg
ネットに内部の写真があったので借用しています。
c0112559_09062504.jpg
c0112559_09065018.jpg
c0112559_09071631.jpg
さらに下っていくと食事処や土産物屋がいくつか。
c0112559_09074951.jpg
c0112559_09080742.jpg
ひょうたんらんぷ館。通り過ぎただけです。
c0112559_09084618.jpg
c0112559_09090754.jpg
平日の午前10時頃。この辺では誰とも出会いませんでした。
c0112559_09105337.jpg
石積みの上に建つ格式高そうな和風建築。
c0112559_09113465.jpg
孝子館という建物らしいのですが、普段は開いてなく、催しものとかに使われるそうです。

孝子館
詳細 : 不明
岐阜県養老郡養老町養老公園1276-1
c0112559_09121679.jpg
c0112559_09124137.jpg
今までは自然の中の小路でした。さらに下ると整備された公園が広がっています。ここが明治初期に整備された公園でしょう。
c0112559_09172733.jpg
横綱鬼面山の石像。
c0112559_09183433.jpg
鬼面山谷五郎(きめんざん たにごろう)という地元出身の江戸末期の第13代横綱だとか。
c0112559_09192685.jpg
c0112559_09194568.jpg
c0112559_09200273.jpg
ちびっこ遊園地 養老ランド。
c0112559_09265432.jpg
昭和48年に遊園地を併設。チェ-ンブランコ、アストロジェット、メリ-ゴ-ランドとコイン乗り物でスタ-トしたとか。
c0112559_09272124.jpg
この日、火曜日は定休日。人の気配がないのは当然ですが、 ↓ を見ても心配になります。

c0112559_09291431.jpg
を下りきって養老駅の近くまで来ました。大きな和風建築があります。玄関ポーチの張り出し部の支柱が不思議な位置に立っています。
c0112559_09300758.jpg
実は今回の旅では養老の滝には行っていません。だいぶ前になりますが訪ねたことがあったのです。登るより下りが楽、ということでパス。ということで滝の写真はすべてネットから借用しました。
c0112559_09304791.jpg



次回から再び大阪へ戻ります。

by gipsypapa | 2018-12-15 09:34 | | Trackback | Comments(2)

岩国市の吉香公園

c0112559_08381580.jpg
吉香公園(きっこうこうえん)は、錦帯橋を渡った先の岩国城のふもとにある公園。桜の名所として知られ、錦帯橋と共に日本さくら名所100選に選定されています。

公園は、1885年(明治18年)に旧岩国藩主、吉川家の氏神社だった吉香神社が現在の所在地(吉川氏の居館跡)へ移設されたのに合わせ、同神社の境内および付属地が庭園として整えられたのが始まりだとか。1968(昭和43)年に都市計画公園の総合公園の指定を受けました。

吉香公園
山口県岩国市横山2-6-51
撮影 : 2018.2.27
c0112559_08394343.jpg
c0112559_08400032.jpg
c0112559_08401976.jpg
c0112559_08403825.jpg
c0112559_08405600.jpg
c0112559_08411781.jpg
c0112559_08415248.jpg
c0112559_08421426.jpg
2月の終わりですが、華やかな花が咲いています。春はすぐそこ。
c0112559_08431259.jpg
とはいえ花オンチなので名前は分かりません。
c0112559_08434541.jpg
入りませんでしたが徴古館です。国の登録有形文化財。

by gipsypapa | 2018-10-05 08:44 | | Trackback | Comments(0)

国定公園 秋吉台

c0112559_08161598.jpg
島根県の津和野町から再び山口県に戻りました。秋吉台(あきよしだい)は、山口県のほぼ中央に広がる日本最大のカルスト台地です。地表には無数の石灰岩柱がお墓のように並ぶ奇景が有名な観光スポットです。

石灰岩の節理や断層に沿って溶食が進んで溝が刻まれ、岩柱が林立している地形で、地下には秋芳洞だけでなく、大正洞、景清穴、中尾洞など、大小400を超える鍾乳洞があるそうです。

ネット情報では、約3億5千万年前の古生代石炭紀に、いくつもの海底火山が噴火し、海面近くの頂上に珊瑚礁が形成されたとか。これらの珊瑚礁群は秋吉台をはじめとし、帝釈台、阿哲台、平尾台など西南日本内帯のカルスト台地のもととなったとあります。国の特別天然記念物に指定されている国定公園です。

国定公園 秋吉台
特別天然記念物
山口県美祢市秋芳町秋吉台山
撮影 : 2018.2.26
c0112559_08165532.jpg
バスの車窓から。
c0112559_08173654.jpg
厚東川によって東西二つの台地に分けられ、東側地域が狭義の秋吉台(特別天然記念物、国定公園)だそうです。
c0112559_08182752.jpg
c0112559_08184641.jpg
c0112559_08190719.jpg
c0112559_08192891.jpg
c0112559_08195195.jpg
c0112559_08201259.jpg
秋吉台カルスト展望台。
c0112559_08212476.jpg
c0112559_08221532.jpg
2階展望部は円形で、360度の大パノラマを見ることができます。
c0112559_08233025.jpg
c0112559_08235646.jpg
台湾の野柳地質公園と姉妹公園なんですね。奇岩が並ぶのには共通点がありますが、向こうは海の浸食で出来たものです。
c0112559_08250053.jpg
秋芳洞へ通じる土産物屋の通りにあるオブジェ。この地域に伝わる「禅師河童」の像です。
c0112559_08253764.jpg
色々な食事処や土産物屋が並んでいます。
c0112559_08261288.jpg
c0112559_08263492.jpg
c0112559_08265495.jpg
c0112559_08271261.jpg
c0112559_08273164.jpg
これから秋芳洞へ向かいます。



by gipsypapa | 2018-09-18 08:28 | | Trackback | Comments(2)

名古屋城 御深井丸展示館

c0112559_08210114.jpg
御深井丸(おふけまる)は本丸の北西に位置し、本丸の後衛を担う郭があったところです。本丸とは不明御門で連絡し、本丸北側の御塩蔵構(おしおぐらがまえ)や西之丸とも狭い通路でつながっていたそうです。

この一角は観光客が少ない場所で、ひっそりしていますが、そこに平屋建ての御深井丸展示館があります。内部は郷土の人形や玩具を展示しているところで、外壁沿いにはベンチがあり、飲み物の自動販売機もある休憩所を兼ねた建物です。木造平屋建て。

名古屋城 御深井丸展示館
詳細 : 不明
愛知県名古屋市中区本丸1
撮影 : 2017.11.7
c0112559_08230268.jpg
c0112559_08235701.jpg
c0112559_08241203.jpg
c0112559_08243029.jpg
c0112559_08244868.jpg
c0112559_08250403.jpg
c0112559_08251916.jpg
c0112559_08253944.jpg
c0112559_08255907.jpg
c0112559_08261834.jpg
c0112559_08263557.jpg
天守閣北側の御深井丸には四つの茶席があります。普段は一般公開はされてなく、事務所に申し込めば、お茶会や結婚式などに利用できるとか。これ以降の写真はネットにあったものを借用しています。
c0112559_08270895.jpg
c0112559_08273172.jpg
書院(金城苑)。愛知県文化財専門委員だった森川勘一郎の意匠で造営されたそうです。
c0112559_08280211.jpg
猿面望嶽茶席(さるめんぼうがくちゃせき)。茶道の大宗匠だった古田織部(ふるたおりべ)の指図により、清洲城の古材により建築したものだとか。戦災焼失し、1949(昭和24)年に再建されました。
c0112559_08283645.jpg
織部堂。古田織部を顕彰するため1955(昭和30)年に建立されたもの。
c0112559_08291349.jpg
又隠茶席(ゆういんちゃせき)。千宗旦(千利休の孫)が造営した「又隠の席」を模したもので、安永年間に建てられたものを城内に移築したそうです。

by gipsypapa | 2018-07-22 08:29 | 建築 | Trackback | Comments(2)

和歌山市の御手洗池公園

c0112559_08143226.jpg
紀州東照宮と和歌浦天満宮のふもとにある御手洗池(みたらいいけ)。JR和歌山駅から路線バスに乗ってこの近くの「権現前」バス停で降りると便利です。池を囲むように、美しい遊歩道があり、中ノ島が作られています。晴れてさえいればもっと散策したいところですが、まだ雨。この日はこれでお仕舞い。またバスに乗って和歌山城の傍にあるホテルへ向かいました。

御手洗池公園
和歌山県和歌山市和歌浦西2-1-2
撮影 : 2017.10.16
c0112559_08151909.jpg
向こうにちいさく和歌浦天満宮の楼門が見えています。
c0112559_08155808.jpg
c0112559_08162113.jpg
そばに武道館。
c0112559_08172100.jpg
橋を渡って中ノ島の入り口まで行って引き返しました。
c0112559_08180133.jpg
雨が降り続いています。
c0112559_08185200.jpg
c0112559_08191262.jpg
c0112559_08193383.jpg
Google Map の航空写真です。こんな雨の日はホテルにチェックインして一杯やるのが一番。

by gipsypapa | 2018-07-07 08:20 | | Trackback | Comments(4)

兼六園


c0112559_08285294.jpg
金沢に来たら外せない観光地の兼六園。延宝4年(1676)に五代加賀藩主前田綱紀が金沢城の外郭に造営した藩庭を起源として、文政5年(1822)に十一代藩主斉広が敷地東南隅の台地に竹沢殿を建てて、新しく造営したのが兼六園だそうです。

広さが約11.7ヘクタールあり、江戸時代を代表する池泉回遊式庭園です。岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の一つ。緑一杯の広大な日本庭園で国の史跡名勝天然記念物に指定されています。

兼六園
江戸時代
史跡名勝天然記念物
石川県金沢市兼六町1
撮影 : 2017.6.6
c0112559_08293657.jpg
左下にある真弓坂口から入りました。
c0112559_08302297.jpg
兼六園は金沢城跡の南西にあります。
c0112559_08305178.jpg
c0112559_08311356.jpg
c0112559_08313287.jpg
c0112559_08315177.jpg
c0112559_08321605.jpg
c0112559_08324053.jpg
明治紀念之標。西南戦争で戦死した石川県戦士400人を慰霊するために建てられた、日本最初の屋外にある人物の銅像だそうです。
c0112559_08332263.jpg
c0112559_08343770.jpg
c0112559_08350427.jpg
c0112559_08353083.jpg
アヤメかなと思いましたがカキツバタ(杜若)みたいです。
c0112559_08362851.jpg
瓢池(ひさごいけ)は園内で最も古い時代に作庭されたとか。向こうに見えるのは夕顔亭です。
c0112559_08370760.jpg
もう一つの池、霞ヶ池(かすみがいけ)は兼六園のほぼ中心部にある、園内で最も大きな池です。これ以降の写真はネットから借用しています。
c0112559_08374614.jpg
噴水。12代藩主前田斉泰が試作したとされ、日本に現存する最も古い噴水といわれています。ポンプなどは使わず、霞ヶ池から石管で水を引き、位置エネルギーのみを利用しているとか。すごい。
c0112559_08405992.jpg
夕顔亭は瓢池の東岸にある茶室です。安永3年に建てられた夕顔亭はこの蓮池庭にあった四亭(夕顔亭・内橋亭・時雨亭・舟之御亭)のうちの一つ。当時の姿をその場所とともに伝える唯一のものです。茶室内の壁に夕顔の透かし彫りがあるため、その名が付けられたとか。

夕顔亭
1774(安永3)年
石川県有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08415697.jpg
c0112559_08422301.jpg

by gipsypapa | 2018-03-10 08:42 | | Trackback | Comments(0)

和倉温泉 弁天崎源泉公園

c0112559_08252539.jpg
湯元の広場の北側、加賀屋の前に弁天崎源泉公園があります。公園内には源泉がいくつかあり、源泉に囲まれるように小さな神社、弁天社が建っていました。

弁天崎源泉公園
石川県七尾市和倉町ヨ部
撮影 : 2017.6. 6
c0112559_08255799.jpg
朱色が鮮やかな和倉弁天社。
c0112559_08262782.jpg
コンクリート造りのようです。
c0112559_08265623.jpg
c0112559_08271671.jpg
c0112559_08273374.jpg
いくつか源泉がありますが、この日は湯気は出ていません。
c0112559_08284658.jpg
いろんな石碑が建っています。
c0112559_08291820.jpg
c0112559_08293956.jpg
嘯虎巖?何でしょう。向こうは加賀屋の一角です。
c0112559_08301074.jpg
七尾湾の小さな船着場。
c0112559_08304851.jpg
c0112559_08310411.jpg
c0112559_08311857.jpg
弁天橋。夜の散歩コースにお勧めです。

by gipsypapa | 2018-02-23 08:31 | | Trackback | Comments(0)

利尻島の仙法志御崎公園

c0112559_08284723.jpg
仙法志御崎(せんぽうしみさき)公園は、利尻島の最南端にあります。かつて利尻山が噴火し、溶岩が海に流出した際にできた奇岩が散在する独特な海岸線が魅力で、島を代表する観光スポット。アザラシがいることでも有名です。

仙法志御崎公園
利尻礼文サロベツ国立公園
北海道利尻郡利尻町仙法志御崎
撮影 : 2017.5.16
c0112559_08312216.jpg
c0112559_08314135.jpg
c0112559_08315705.jpg
切り立った岩が並ぶ野生的な風景です。
c0112559_08322075.jpg
c0112559_08324162.jpg
c0112559_08330542.jpg
本来はこの方向に利尻山が見えるのですが、相変わらず曇っています。
c0112559_08344938.jpg
岩で仕切ったプールの中にアザラシが2頭泳いでいます。
c0112559_08355102.jpg
エサは一皿100円でした。
c0112559_08361251.jpg
c0112559_08365708.jpg
またまた決まり文句。「天気がよければ」のネット写真です。この風景もこの公園の売りなんですが。

by gipsypapa | 2018-01-26 08:42 | | Trackback | Comments(2)