タグ:公園 ( 10 ) タグの人気記事

名古屋城 御深井丸展示館

c0112559_08210114.jpg
御深井丸(おふけまる)は本丸の北西に位置し、本丸の後衛を担う郭があったところです。本丸とは不明御門で連絡し、本丸北側の御塩蔵構(おしおぐらがまえ)や西之丸とも狭い通路でつながっていたそうです。

この一角は観光客が少ない場所で、ひっそりしていますが、そこに平屋建ての御深井丸展示館があります。内部は郷土の人形や玩具を展示しているところで、外壁沿いにはベンチがあり、飲み物の自動販売機もある休憩所を兼ねた建物です。木造平屋建て。

名古屋城 御深井丸展示館
詳細 : 不明
愛知県名古屋市中区本丸1
撮影 : 2017.11.7
c0112559_08230268.jpg
c0112559_08235701.jpg
c0112559_08241203.jpg
c0112559_08243029.jpg
c0112559_08244868.jpg
c0112559_08250403.jpg
c0112559_08251916.jpg
c0112559_08253944.jpg
c0112559_08255907.jpg
c0112559_08261834.jpg
c0112559_08263557.jpg
天守閣北側の御深井丸には四つの茶席があります。普段は一般公開はされてなく、事務所に申し込めば、お茶会や結婚式などに利用できるとか。これ以降の写真はネットにあったものを借用しています。
c0112559_08270895.jpg
c0112559_08273172.jpg
書院(金城苑)。愛知県文化財専門委員だった森川勘一郎の意匠で造営されたそうです。
c0112559_08280211.jpg
猿面望嶽茶席(さるめんぼうがくちゃせき)。茶道の大宗匠だった古田織部(ふるたおりべ)の指図により、清洲城の古材により建築したものだとか。戦災焼失し、1949(昭和24)年に再建されました。
c0112559_08283645.jpg
織部堂。古田織部を顕彰するため1955(昭和30)年に建立されたもの。
c0112559_08291349.jpg
又隠茶席(ゆういんちゃせき)。千宗旦(千利休の孫)が造営した「又隠の席」を模したもので、安永年間に建てられたものを城内に移築したそうです。

by gipsypapa | 2018-07-22 08:29 | 建築 | Trackback | Comments(2)

和歌山市の御手洗池公園

c0112559_08143226.jpg
紀州東照宮と和歌浦天満宮のふもとにある御手洗池(みたらいいけ)。JR和歌山駅から路線バスに乗ってこの近くの「権現前」バス停で降りると便利です。池を囲むように、美しい遊歩道があり、中ノ島が作られています。晴れてさえいればもっと散策したいところですが、まだ雨。この日はこれでお仕舞い。またバスに乗って和歌山城の傍にあるホテルへ向かいました。

御手洗池公園
和歌山県和歌山市和歌浦西2-1-2
撮影 : 2017.10.16
c0112559_08151909.jpg
向こうにちいさく和歌浦天満宮の楼門が見えています。
c0112559_08155808.jpg
c0112559_08162113.jpg
そばに武道館。
c0112559_08172100.jpg
橋を渡って中ノ島の入り口まで行って引き返しました。
c0112559_08180133.jpg
雨が降り続いています。
c0112559_08185200.jpg
c0112559_08191262.jpg
c0112559_08193383.jpg
Google Map の航空写真です。こんな雨の日はホテルにチェックインして一杯やるのが一番。

by gipsypapa | 2018-07-07 08:20 | | Trackback | Comments(4)

兼六園


c0112559_08285294.jpg
金沢に来たら外せない観光地の兼六園。延宝4年(1676)に五代加賀藩主前田綱紀が金沢城の外郭に造営した藩庭を起源として、文政5年(1822)に十一代藩主斉広が敷地東南隅の台地に竹沢殿を建てて、新しく造営したのが兼六園だそうです。

広さが約11.7ヘクタールあり、江戸時代を代表する池泉回遊式庭園です。岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで日本三名園の一つ。緑一杯の広大な日本庭園で国の史跡名勝天然記念物に指定されています。

兼六園
江戸時代
史跡名勝天然記念物
石川県金沢市兼六町1
撮影 : 2017.6.6
c0112559_08293657.jpg
左下にある真弓坂口から入りました。
c0112559_08302297.jpg
兼六園は金沢城跡の南西にあります。
c0112559_08305178.jpg
c0112559_08311356.jpg
c0112559_08313287.jpg
c0112559_08315177.jpg
c0112559_08321605.jpg
c0112559_08324053.jpg
明治紀念之標。西南戦争で戦死した石川県戦士400人を慰霊するために建てられた、日本最初の屋外にある人物の銅像だそうです。
c0112559_08332263.jpg
c0112559_08343770.jpg
c0112559_08350427.jpg
c0112559_08353083.jpg
アヤメかなと思いましたがカキツバタ(杜若)みたいです。
c0112559_08362851.jpg
瓢池(ひさごいけ)は園内で最も古い時代に作庭されたとか。向こうに見えるのは夕顔亭です。
c0112559_08370760.jpg
もう一つの池、霞ヶ池(かすみがいけ)は兼六園のほぼ中心部にある、園内で最も大きな池です。これ以降の写真はネットから借用しています。
c0112559_08374614.jpg
噴水。12代藩主前田斉泰が試作したとされ、日本に現存する最も古い噴水といわれています。ポンプなどは使わず、霞ヶ池から石管で水を引き、位置エネルギーのみを利用しているとか。すごい。
c0112559_08405992.jpg
夕顔亭は瓢池の東岸にある茶室です。安永3年に建てられた夕顔亭はこの蓮池庭にあった四亭(夕顔亭・内橋亭・時雨亭・舟之御亭)のうちの一つ。当時の姿をその場所とともに伝える唯一のものです。茶室内の壁に夕顔の透かし彫りがあるため、その名が付けられたとか。

夕顔亭
1774(安永3)年
石川県有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08415697.jpg
c0112559_08422301.jpg

by gipsypapa | 2018-03-10 08:42 | | Trackback | Comments(0)

和倉温泉 弁天崎源泉公園

c0112559_08252539.jpg
湯元の広場の北側、加賀屋の前に弁天崎源泉公園があります。公園内には源泉がいくつかあり、源泉に囲まれるように小さな神社、弁天社が建っていました。

弁天崎源泉公園
石川県七尾市和倉町ヨ部
撮影 : 2017.6. 6
c0112559_08255799.jpg
朱色が鮮やかな和倉弁天社。
c0112559_08262782.jpg
コンクリート造りのようです。
c0112559_08265623.jpg
c0112559_08271671.jpg
c0112559_08273374.jpg
いくつか源泉がありますが、この日は湯気は出ていません。
c0112559_08284658.jpg
いろんな石碑が建っています。
c0112559_08291820.jpg
c0112559_08293956.jpg
嘯虎巖?何でしょう。向こうは加賀屋の一角です。
c0112559_08301074.jpg
七尾湾の小さな船着場。
c0112559_08304851.jpg
c0112559_08310411.jpg
c0112559_08311857.jpg
弁天橋。夜の散歩コースにお勧めです。

by gipsypapa | 2018-02-23 08:31 | | Trackback | Comments(0)

利尻島の仙法志御崎公園

c0112559_08284723.jpg
仙法志御崎(せんぽうしみさき)公園は、利尻島の最南端にあります。かつて利尻山が噴火し、溶岩が海に流出した際にできた奇岩が散在する独特な海岸線が魅力で、島を代表する観光スポット。アザラシがいることでも有名です。

仙法志御崎公園
利尻礼文サロベツ国立公園
北海道利尻郡利尻町仙法志御崎
撮影 : 2017.5.16
c0112559_08312216.jpg
c0112559_08314135.jpg
c0112559_08315705.jpg
切り立った岩が並ぶ野生的な風景です。
c0112559_08322075.jpg
c0112559_08324162.jpg
c0112559_08330542.jpg
本来はこの方向に利尻山が見えるのですが、相変わらず曇っています。
c0112559_08344938.jpg
岩で仕切ったプールの中にアザラシが2頭泳いでいます。
c0112559_08355102.jpg
エサは一皿100円でした。
c0112559_08361251.jpg
c0112559_08365708.jpg
またまた決まり文句。「天気がよければ」のネット写真です。この風景もこの公園の売りなんですが。

by gipsypapa | 2018-01-26 08:42 | | Trackback | Comments(2)

台東の八仙洞遺跡

c0112559_08560700.jpg
旧石器時代の遺跡として観光名所になっている、台湾最古の遺跡、八仙洞に立ち寄りました。八仙洞には海に面した岸壁に点在する十数個の洞窟があります。3万年~2500年前のものとされ、2006年に国定古跡に指定されました。自然に形成された海蝕洞窟で、元々海面にあったそうですが、東海岸プレートが上昇したため、現在は150メートル高さの山壁に隆起して、各所に散らばっています。

八仙洞遺跡
国家一級遺跡
台東県長浜郷水母丁1-4号
撮影 : 2017.4.18
c0112559_08565422.jpg
世界遺産登録を目指しているとか。
c0112559_09181118.jpg
日本統治時代以来、洞窟の多くは祠(ほこら)や寺院などの宗教施設として発展し、観光地となっていたそうです。
c0112559_08583096.jpg
県は約30年前から立ち退きを求め、近年裁判で県側が勝訴。各洞窟の明け渡しが順次進められてきたそうです。現在は痕跡も残っていません。
c0112559_09005887.jpg
祠のシルエットは台湾の形に見えます。
c0112559_09020975.jpg
他にも小さな洞がありますが、
c0112559_09024920.jpg
少なくともこのレベルには数箇所でした。
c0112559_09035303.jpg
時間がなく登っていません。この上にもっとあるのでしょう。
c0112559_09043483.jpg
c0112559_09045742.jpg
高台なので太平洋が見えます。
c0112559_09054646.jpg
駐車場脇にレトロな店がありましたが、
c0112559_09064545.jpg
なんて書いてあるか読めません。
c0112559_09072095.jpg
こちらは分かります。案内所です。

by gipsypapa | 2018-01-13 09:07 | | Trackback | Comments(4)

台中から高雄へ

c0112559_07552933.jpg
台湾二日目の宿はここ。台中から日月潭湖を経て、今回ツアーの最も南の高雄に来ました。高雄市は台湾の南部にあり、台湾で3番目の人口(一位は新北市、二位は台中市)の都会です。
撮影 : 2017.4.17&18

高雄は、寿山という大きな台地(標高200m)のふもとに位置する港町。海からの目標になる寿山と、旗津という名の砂州に保護された潟があり、古くから良港として栄えました。

日本統治時代までの戦前の市街地は、愛河(日本統治時代の高雄川)の西側、寿山山麓に位置していましたが、戦後に市街地は愛河の東部に拡大、高雄駅や市の中心も愛河東部に移転したそうです。
c0112559_07572208.jpg
c0112559_07574201.jpg
中央の構造物は後にアップするMRT美麗島駅の出入り口です。
c0112559_07582841.jpg
バスの車窓から気になった建物。
c0112559_07594334.jpg
「五福国中」という文字が見えます。高雄市立五福国民中学です。 ネットでは1966年創立とありました。
高雄市苓雅區五福一路12號
c0112559_08002571.jpg
夕食後、ホテルの近くを散策。
c0112559_08012486.jpg
亭仔脚(ていしきゃく)と呼ばれる日差しや雨をしのぐための通路には屋台。台湾らしい風景です。
c0112559_08020636.jpg
翌日は朝から寿山公園へ。万寿山中腹にある公園で、高雄港全景を一望する観光スポットです。
高雄市鼓山区萬寿路350號
c0112559_08040155.jpg
忠烈祠。戦没した英霊を祀る祠で台湾各地にあります。
c0112559_08050083.jpg
市街地を一望。
c0112559_08065231.jpg
中央の高いビル。
c0112559_08072089.jpg
東帝士85プラザビル。高さ378mの超高層ビルで、台湾で2番目に高いそうです。
c0112559_08081293.jpg
右を見ると船の行列。高雄港です。
c0112559_08085392.jpg
c0112559_08094557.jpg
c0112559_08101158.jpg
デートスポットとして若者にも人気だとか。
c0112559_08110058.jpg
これネットにあった写真。LOVEの手前に犬がいます。
c0112559_08113874.jpg
その犬が展望台の上でお迎えしてくれました。同じ犬に見えます。ここに住んでいるんでしょうか。

by gipsypapa | 2018-01-09 08:12 | | Trackback | Comments(2)

松本市の「あがたの森公園」


c0112559_07461121.jpg
松本市の二日目です。この日は、まず東部の学研都市である県(あがた)を訪れました。大正8年に植えられたヒマラヤスギの並木に囲まれた「あがたの森公園」。池を中心とした日本庭園や重要文化財の旧制松本高校の校舎がシンボルです。教育文化の歴史と香りを伝える公園で、松本市民の憩いの場となっています。

あがたの森公園
長野県松本市県3-2102-15
撮影 : 2016.7.12
c0112559_07464256.jpg
向こうに見えているのは旧制松本高校の本館裏側です。
c0112559_07471360.jpg
c0112559_07473429.jpg
c0112559_07475394.jpg
池のある日本庭園。
c0112559_07482816.jpg
洋風の庭園は公園の南側と、旧制松本高校の中庭にもあります。
c0112559_07492039.jpg
c0112559_07510437.jpg
c0112559_07513997.jpg
西側の公園入り口です。旧制松本高校の写真は次回から。

by gipsypapa | 2017-07-19 07:52 | | Trackback | Comments(0)

岐阜公園

c0112559_836474.jpg
 鏡岩水源地から名和昆虫博物館に行くには、岐阜公園を通るのが近道です。岐阜公園は金華山山麓にある都市公園。岐阜市が管理していて、岐阜城・金華山の麓にあり金華山ロープウェーの山麓駅があります。

 1887年(明治21年)11月に正式開園した歴史のある公園で、1992年に岐阜公園周辺地区が「都市景観100選」に、2006年には「日本の歴史公園100選」に選ばれています。といっても、お目当てはレトロ建築なので、その辺はパスです。
岐阜市大宮町1-46
撮影 : 2014.5.20
c0112559_836539.jpg
c0112559_8371271.jpg
 鏡岩から歩いて行くと公園の手前に護国神社儀式殿が見えます。
岐阜市御手洗393
c0112559_8374634.jpg
 さらに歩くと岐阜公園のすぐ手前にホテルパークがあり、その裏庭に面白いモニュメントがありました。何を表現したものか、説明を読みましたが、忘れました。
c0112559_8385569.jpg
 足元にはカエル。
c0112559_8392411.jpg
 公園に入ると日中友好庭園があります。岐阜市と杭州市の友好都市提携10周年を記念して作られた庭園で、杭州市の名所・西湖を模して作られた池のそばに中国風の東屋がありました。
c0112559_8395756.jpg
c0112559_8401098.jpg
 屋根の上に色々な動物が整列しています。姿勢が上向きでよろしい。
c0112559_8405673.jpg
c0112559_8481913.jpg
 トイレも中華風。
c0112559_841745.jpg
 信長居館、発掘調査案内所とあります。織田信長が行った楽市楽座にちなんだ土産屋らしいのですが、ここも閉まっています。
c0112559_8414226.jpg
c0112559_842837.jpg
 これは見逃した物件です。大正天皇御大典を記念して建立された伊東忠太の三重塔。ここにお寺があるわけではなく、五穀豊穣、市内繁興を祈願したものです。現在は解体修理中です。写真はウィキペディアから借用しました。

岐阜公園三重塔
1917(大正6)年
登録有形文化財
設計 : 伊東忠太
施工 : 蔦山鉄造、河島岩吉
岐阜市槻谷13-2
by gipsypapa | 2014-10-14 08:50 | | Trackback | Comments(0)

福岡市の大濠公園

c0112559_2350478.jpg
c0112559_07193.jpg 
 今回は番外編で、建物ではありません。福岡市民に親しまれている大濠公園です。今でもそうでしょうが、私が福岡にいたころは若者のデイトコースでした。

 右の写真はGoogle Earth から取ってきたものです。大濠公園はその昔は「草香江の入江」と言われていたそうで、博多湾の入り江で、東側にある福岡城の堀とつながり、最終的には中洲で有名な那珂川までつながっていたとか。

 その後埋め立てられたりして、海から黒門川1本でつながる孤立した池になりました。ここを公園にする工事が始まったのは昭和2年ころ、完成は昭和5年です。

大濠公園 1930(昭和5)年
福岡市中央区大濠公園1
撮影 : 2007.8.16







c0112559_23595620.jpg
 公園の中心を南北に中の島が配置され、大小の橋がかかっています。
c0112559_021164.jpg
c0112559_022761.jpg
c0112559_034369.jpg
 中の島から張り出した「浮見堂」。昔からありましたが、今見ると新しい。作りかえられたようです。
c0112559_082415.jpg
c0112559_08459.jpg
c0112559_08596.jpg
 橋には「昭和2年3月」の彫りこみ。
c0112559_0103239.jpg
 各所に休憩所。
c0112559_0121453.jpg
 白鳥と・・・
c0112559_0123553.jpg
 ボート小屋。
c0112559_0131415.jpg
 もう一度、公園から福岡簡易保険事務センターを。真夏の暑い日でした。
by gipsypapa | 2007-11-26 00:15 | | Trackback(1) | Comments(2)