タグ:公共施設 ( 310 ) タグの人気記事

高槻市立小寺池図書館

高槻市立小寺池図書館_c0112559_07470851.jpg
小寺池の北側にある高槻市立小寺池図書館は高槻市で2番目の市立図書館として1988(昭和63)年に開館しました。周囲を含めた建物の雰囲気がよく個人的にも利用する図書館。

敷地は小寺池の一部を埋め立てたそうで、延べ床面積3,070.20平方メートルの大型図書館です。地元には興味深い寺社建築はいくつかありますが、他にこれといった建築物がないところです。レトロではありませんが、数少ない優れものの現代建築として紹介します。

設計は岡田信一郎事務所から独立した小河吉之助が戦後に立ち上げた小河建築設計事務所です。鉄筋コンクリート造り、2階建て。

高槻市立小寺池図書館
1987(昭和62)年
設計 : 小河建築設計事務所
施工 : 不明
大阪府高槻市西五百住町1-1
撮影 : 2019.11.26 & 2020.1.13
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07474681.jpg
11月下旬に小寺池から見た図書館。
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07482076.jpg
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07483523.jpg
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07490570.jpg
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07492148.jpg
玄関前に現代彫刻があります。
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07495612.jpg
玄関脇に小さな庭。
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07503034.jpg
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07504780.jpg
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07510565.jpg
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07511969.jpg
内部は現代的な意匠です。
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07515128.jpg
小河吉之助がいた岡田信一郎といえば、 明治生命館、大阪市中央公会堂、黒田記念館、鳩山会館など近代様式主義の意匠を手がけた人。
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07520574.jpg
HPを見てもこの図書館と同じ雰囲気の作品が多い。独立してから現代建築を目指したようです。
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07522005.jpg
南側に小寺池を望む屋外テラスがあり、この建物の見所です。正面のファサードは普通っぽいのですが、裏側が素晴らしい。
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07525918.jpg
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07531614.jpg
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07533295.jpg
椅子がいくつも設置されています。季節がよければ、ここに出て本を読むのがいい気分。
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07541720.jpg
テラスから湖畔へ降りると左右に伸びる散策路。
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07562392.jpg
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07564104.jpg
そこから小寺池が目の前。中央の木は柳で、夏は葉が生い茂ります。
高槻市立小寺池図書館_c0112559_07571144.jpg
ハスの花が咲く頃に、また撮影に来ようと思います。



by gipsypapa | 2020-01-20 08:00 | 建築 | Trackback | Comments(2)

大阪市立美術館

大阪市立美術館_c0112559_08230952.jpg
大阪市立美術館は11年前にも近くを訪ねたことがあり、このブログにアップしていますが、今回も再び近くを通りました。天王寺公園内にある大きな近代建築の美術館。

左右対称形をした古典的な洋風建物に和瓦を屋根に使った重厚な建物です。この一帯は、もともと住友家の本邸があった所で、慶沢園を含めたこの場所を含めて大阪市に寄贈されたとか。さすが大財閥です。

前回訪ねたときはまだでしたが、2015(平成27)年に希少な戦前の大型美術館建築として、国の登録有形文化財に指定されました。鉄筋コンクリート3階建て、地下1階、塔屋付き。

大阪市立美術館
1936(昭和11)年/1979(昭和54)年改修
登録有形文化財
設計 : 伊藤正文・海上静一・日高胖(大阪市土木部建築課)
施工 : 大林組、小坂井組
大阪市天王寺区茶臼山町1-82
撮影 : 2019.10.31
大阪市立美術館_c0112559_08281756.jpg
大阪市立美術館_c0112559_08292626.jpg
正門を入って玄関がある高台に上る階段が、ヨーロッパ風の美しい風景。
大阪市立美術館_c0112559_08300229.jpg
正面に張出す玄関とホール部は一層分高い所に置いた切妻造り。左右の翼廊に展示室を配置しています。
大阪市立美術館_c0112559_08303604.jpg
大阪市立美術館_c0112559_08305271.jpg
比較的装飾が少ないで三層構成立面のファサードに、壁頂の本瓦葺き、蛇腹や窓の洋風装飾などに和洋折衷の意匠です。
大阪市立美術館_c0112559_08312771.jpg
大阪市立美術館_c0112559_08314371.jpg
側面や・・・
大阪市立美術館_c0112559_08321707.jpg
裏側はもっと装飾がないすっきりした意匠。
大阪市立美術館_c0112559_08325278.jpg
傍に白い蔵があります。美術品の収蔵庫でしょうか。
大阪市立美術館_c0112559_08333043.jpg
大阪市立美術館_c0112559_08334912.jpg
玄関前から通天閣を眺めながら下ります。
大阪市立美術館_c0112559_08351059.jpg
11年前の料金所だった建物。
大阪市立美術館_c0112559_08362890.jpg
大阪市立美術館_c0112559_08370450.jpg
そのときは、この位置にゲートがあり、ここで切符を買って敷地に入るシステムでした。
大阪市立美術館_c0112559_08380892.jpg
11年前の閉まっているゲート。今はありません。美術館の玄関が料金所になっています。
大阪市立美術館_c0112559_08385917.jpg
これは料金所の反対にあった回転格子の出口。この建物も今はありません。昔は無料では入れなかった敷地全体を開放したんですね。
大阪市立美術館_c0112559_08405814.jpg
今回も美術館内部には入らなかったので、中央ホールの写真をネットから借用します。
大阪市立美術館_c0112559_08412887.jpg
大阪市立美術館_c0112559_08414374.jpg



by gipsypapa | 2019-12-28 08:44 | 建築 | Trackback | Comments(2)

山口県政資料館

山口県政資料館_c0112559_07592936.jpg
山口県政資料館は山口県庁舎だった建物。明治の以降に一世を風靡した官庁建築らしい左右対称の様式主義ですが、この建物は西洋の近代的な建築様式と伝統的な和様式が融合した大正建築の粋を集めた貴重な建築物です。

正面車寄の独立石柱の意匠や主要室の天井装飾など、和や東洋建築の形をセセッション風にアレンジして取り入れるなど、大正時代に入って現れた新しい意匠傾向が感じられます。

設計は妻木頼黄(つまき よりなか)博士指導のもとに後に国会議事堂の設計スタッフとなった武田五一、大熊喜邦(おおくま よしくに)技師らいずれも日本を代表する建築家が担当しました。国の重要文化財に指定された、煉瓦造り、2階建て。

山口県政資料館
旧山口県庁舎
1916(大正5)年
重要文化財
設計 : 大蔵省臨時建築部(妻木頼黄、武田五一、大熊喜邦)
施工 : 大林組
山口市滝町1-1
撮影 : 2019.10.16
山口県政資料館_c0112559_08014089.jpg
白い石貼りですが、躯体は煉瓦造り。
山口県政資料館_c0112559_08020680.jpg
車寄せのある玄関ポーチの上はバルコニーになっています。
山口県政資料館_c0112559_08024127.jpg
天窓はドーマーという西洋建築に見られるものが並んでいます。
山口県政資料館_c0112559_08031132.jpg
入場無料です。
山口県政資料館_c0112559_08034471.jpg
山口県政資料館_c0112559_08035777.jpg
玄関ホールの装飾は東洋風。
山口県政資料館_c0112559_08043157.jpg
山口県政資料館_c0112559_08044494.jpg
山口県政資料館_c0112559_08045913.jpg
山口県政資料館_c0112559_08051188.jpg
山口県政資料館_c0112559_08052339.jpg
会議室。
山口県政資料館_c0112559_08060021.jpg
山口県政資料館_c0112559_08061521.jpg
山口県政資料館_c0112559_08063422.jpg
山口県政資料館_c0112559_08065187.jpg
山口県政資料館_c0112559_08070663.jpg
山口県政資料館_c0112559_08071884.jpg
山口県政資料館_c0112559_08073079.jpg
部屋によって天井と灯具の形が違います。
山口県政資料館_c0112559_08084274.jpg
山口県政資料館_c0112559_08085634.jpg
山口県政資料館_c0112559_08091309.jpg
ここは知事室だった部屋。
山口県政資料館_c0112559_08094445.jpg
山口県政資料館_c0112559_08100079.jpg
山口県政資料館_c0112559_08101562.jpg
天井は大胆な形状ですね。
山口県政資料館_c0112559_08110094.jpg
山口県政資料館_c0112559_08111457.jpg
1階に山口の物産を展示しています。
山口県政資料館_c0112559_08114264.jpg
山口県政資料館_c0112559_08115552.jpg
大内人形がここにも。
山口県政資料館_c0112559_08122048.jpg
山口県政資料館はこの建物以外にも、旧県会議事堂がすぐそばにあるのですが、時間がなく見逃しました。



by gipsypapa | 2019-12-22 08:15 | 建築 | Trackback | Comments(0)

防府市の旧松崎公民館

防府市の旧松崎公民館_c0112559_08274363.jpg
防府天満宮を後にして、レンタサイクルの返却時間が迫ってきたので、駅に向かっている途中に見つけた近代建築。縦長窓の間にギリシャ風の飾り柱を配した、どう見ても昭和初期以前の建物に見えます。

看板などの表示がまったくなく、使われていない雰囲気でした。道を挟んだところにある新しい公民館があるので、その前に公民館として使われた建物だと思われます。

旧松崎公民館
詳細 : 不明
山口県防府市栄町2-4-5
撮影 : 2019.10.14
防府市の旧松崎公民館_c0112559_08282964.jpg
表面が石貼り風なので、躯体はわかりませんが、個人的な経験から木造2階建てかな。
防府市の旧松崎公民館_c0112559_08291414.jpg
防府市の旧松崎公民館_c0112559_08292742.jpg
落ちそうな玄関灯具。
防府市の旧松崎公民館_c0112559_08295335.jpg
玄関の床のタイルはレトロ。
防府市の旧松崎公民館_c0112559_08302980.jpg
玄関の硝子越しに中を見ていますが、人の気配はありません。



by gipsypapa | 2019-11-24 08:35 | 建築 | Trackback | Comments(2)

松江城山公園 興雲閣

松江城山公園 興雲閣_c0112559_07465069.jpg
興雲閣(こううんかく)は松江城内の天守閣から松江神社の南側に建つ擬洋風建築です。明治天皇行幸のための御宿所として計画されましたが、日露戦争勃発のため天皇の行幸は実現せず、松江市工芸品陳列所になりました。明治40年に皇太子(後の大正天皇)の御宿所として使われ、迎賓館の役目を果たしたそうです。

その後も松江市の公的な歓迎所や展示会や会合などに使われていました。現在は松江郷土館として資料展示などに使われています。島根県指定文化財の瓦葺き、木造2階建て。

松江郷土館 興雲閣
1903(明治36)年
島根県指定文化財
設計・施工 : 和泉利三郎
島根県松江市殿町1-59
撮影 : 2019.3.22
松江城山公園 興雲閣_c0112559_07473167.jpg
松江城山公園 興雲閣_c0112559_07475148.jpg
設計、施工を手がけた和泉利三郎は地元の大工棟梁です。
松江城山公園 興雲閣_c0112559_07482185.jpg
この時代の偽洋風建築にしては珍しい左右非対称。
松江城山公園 興雲閣_c0112559_07490709.jpg
玄関ポーチを突き出しています。
松江城山公園 興雲閣_c0112559_07494674.jpg
白いベランダが印象的で美しい建物です。
松江城山公園 興雲閣_c0112559_07502954.jpg
天皇の行幸に際に、ここから市民の参賀を受けられる目的でしょうか。
松江城山公園 興雲閣_c0112559_07532847.jpg
装飾・彫刻を多く用いた華麗な 仕上げなっています。
松江城山公園 興雲閣_c0112559_07544672.jpg
松江城山公園 興雲閣_c0112559_07550708.jpg
入館無料というのはうれしいです。
松江城山公園 興雲閣_c0112559_07560301.jpg
この辺は「和」。
松江城山公園 興雲閣_c0112559_07565272.jpg
中は華やかな洋風の意匠です。
松江城山公園 興雲閣_c0112559_07572565.jpg
松江城山公園 興雲閣_c0112559_07574085.jpg
踊り場の3連の半円アーチ窓が見所です。
松江城山公園 興雲閣_c0112559_07582885.jpg
松江城山公園 興雲閣_c0112559_07585632.jpg
松江城山公園 興雲閣_c0112559_07591116.jpg
松江城山公園 興雲閣_c0112559_07592564.jpg
2階へ。
松江城山公園 興雲閣_c0112559_08001806.jpg
松江城山公園 興雲閣_c0112559_08003345.jpg
張り出した玄関ポーチの上にある小部屋です。
松江城山公園 興雲閣_c0112559_08012099.jpg
板張りのボールルームのような大広間。
松江城山公園 興雲閣_c0112559_08015290.jpg
松江城山公園 興雲閣_c0112559_08023480.jpg
松江城山公園 興雲閣_c0112559_08025110.jpg
ピアノの生演奏をやっていました。
松江城山公園 興雲閣_c0112559_08032378.jpg
大広間の北側にある小部屋。
松江城山公園 興雲閣_c0112559_08035598.jpg
貴顕室(きげんしつ)とあります。貴賓室と同じ意味でしょう。大正天皇が皇太子時代に行幸されたときに使われたそうです。
松江城山公園 興雲閣_c0112559_08042657.jpg
松江城山公園 興雲閣_c0112559_08051599.jpg
一階には喫茶室がありました。
松江城山公園 興雲閣_c0112559_08055135.jpg



by gipsypapa | 2019-05-08 08:10 | 建築 | Trackback | Comments(2)

鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から

鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08143811.jpg
JR九州の新幹線で鹿児島中央駅まで来て、観光バスに乗って名所を廻り、再び新幹線で帰るツアーでした。観光バスが集結するのは駅の裏側の西口です。
撮影 : 2019.3.10-12
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08153509.jpg
お世話になった鹿児島交通観光バス。2泊3日のツアーで都合3回も市街地を通過したので、バスの車窓からいくつかの近代建築を発見しましたので紹介します。

異人館
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08164769.jpg
仙巌園の近くにあります。鹿児島紡績所に招聘したイギリス人技師の住居として建築された技師館だった建物です。2015年(平成27年)に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の一つである旧集成館を構成する施設として、世界文化遺産に登録されました]。江戸時代末期建設された洋館で、屋根は方形造り、瓦葺でき、壁は白ペンキ塗り。国の重要文化財の木造2階建て。

異人館
旧鹿児島紡績所技師館
1867(慶応3)年
重要文化財
設計・施工 : 不明
鹿児島市吉野町9685-15
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08172364.jpg
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08174251.jpg
これはネットの写真を借用しています。

県政記念館
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08183035.jpg
県政記念館は曽禰中條建築事務所設計によるロの字型平面の県庁舎建築の正面玄関と中央階段部分を利用しています。大正期におけるネオ・ルネッサンス様式による県庁舎建築で、中央は3階建てで、玄関車寄のトスカナ式の双柱に2階のイオニア式の柱を重ねて、威厳あるファサードになっています。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造り、3階建て。

県政記念館
旧鹿児島県庁舎本館
1925(大正14)年 / 2000(平成12)年移築改修
登録有形文化財
設計 : 曽禰中條建築事務所
施工 : 鹿児島県(岩崎組)
鹿児島市山下町14-50
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08192123.jpg
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08194150.jpg
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08200258.jpg
これはネットにあった写真です。

鹿児島市中央公民館
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08213964.jpg
鹿児島市中央公民館は1927年10月に開館。片岡安の建築で市中心部に位置する交通の便の良さもあり、修築を経て現在もイベント、講演会などに利用されているそうです。ほぼ左右対称で,玄関両脇に階段室塔屋を配し,その間に4本のピラスター,イスラム風尖頭アーチの窓を設置するなど,中央重視の特徴ある意匠です。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造り、3階建て、地下1階。

鹿児島市中央公民館
旧鹿児島市公会堂
1927(昭和2)年
登録有形文化財
設計 : 片岡安
施工 : 佐伯組
鹿児島県鹿児島市山下町5-9
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08225009.jpg
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08230765.jpg
これもネットから借用。
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08234852.jpg
日豊本線です。福岡県の小倉駅から大分駅、延岡駅、宮崎駅および都城駅を経由して、鹿児島駅まで、九州の東海岸を結ぶJR九州の鉄道路線です。
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08245249.jpg
最終日に鹿児島中央駅に戻りました。これはネットから借用した駅の桜島口。昔は西鹿児島駅という駅名でした。写真はネットから。
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08260031.jpg
昔から寝台特急、特急など、ほとんどの列車がこの駅を起終点とする拠点で、鹿児島市の中心駅でした。他に鹿児島駅というのもあり、ややこしかった記憶があります。新幹線の開業を機会に鹿児島中央駅に改名しました。
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08263898.jpg
駅前にある「若き薩摩の群像」。
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08270856.jpg
写真と解説文はネットから借用しています。薩摩藩英国留学生、薩摩藩の青年藩士17人の銅像「若き薩摩の群像」。昭和57年3月建立。高さは12.1m(台座部分9.49m)。中村晋也作。イギリスに3名の使節、15名の留学生、通訳1名の計19名が派遣された。町田民部(久成)・新納刑部(久脩)・畠山丈之助(義成)・町田清蔵(財部実行)・磯永彦輔(長澤鼎)・森金之丞(有礼)・町田申四郎(小松清緝)・市来勘十郎(松村淳蔵)・鮫島尚信・吉田巳次(吉田清成)・村橋直衛(村橋久成)・田中静洲(朝倉盛明)・松木弘安(寺島宗則)・五代才助(五代友厚)・東郷愛之進・中村宗見(博愛)・名越平馬(時成)・高見弥一(大石団蔵)【土佐藩出身】・堀宗次郎(堀孝之)【長崎出身】。
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08280327.jpg
駅に着いたのは午後3時前。新幹線の出発まで1時間半余裕がありました。夕食には早い中途半端な時間帯です。というわけで、駅の案内所で教えてもらった「天文館むじゃきアミュプラザ店」へ。
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08284541.jpg
以前から気になっていた「白くま」のかき氷です。本場、鹿児島の白くまは、かき氷にフルーツがたっぷりのったスイーツ。
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08293144.jpg
黒ビールも気になりますが、かき氷には合いません。
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08300783.jpg
大阪ではカップ入りの「白くま」しか手に入りませんが、これが本物。L,M,SのSです。美味しかったです。これでも十分の分量でした。
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08305681.jpg
鹿児島中央駅からは新幹線「みずほ」で新大阪へ帰りました。九州新幹線には「みずほ」、「さくら」と「つばめ」があります。そのうち「みずほ」と「さくら」がJR西日本と共同運行で新大阪まで乗り入れているわけです。写真は「みずほ」の700系。これ以降も新幹線の写真はネットにあったものを借用しています。
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08320283.jpg
ちなみに「みずほ」は「のぞみ」に相当する最速で、「さくら」は「ひかり」にあたります。鹿児島中央から新大阪まで、「みずほ」の所要時間は3時間45分。「ひかり」は4時間10分です。「つばめ」は「こだま」と同じく各駅停車で、鹿児島中央駅から博多駅までの運行です。
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08324048.jpg
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08330181.jpg
JR西日本に乗り入れている九州新幹線の車両はいずれも幅方向に4席。西日本や東海の5席に比べてゆったり座れるので、人気です。
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08342045.jpg
これはグリーン車ではありません。一般席です。座席自体もハイクオリティ。
鹿児島市内の近代建築をバスの車窓から_c0112559_08333845.jpg
西日本や東海の16両編成に比べて、九州は8両編成。つまり座席数がかなり少ないので、新大阪と博多の間で利用するときは、早めに予約しないと指定席が取れないことがよくあります。早秋の南九州への2泊3日のツアーはこれで終わり。次回から山陰のツアーをアップします。



by gipsypapa | 2019-04-30 08:41 | 建築 | Trackback | Comments(2)

和歌山中央郵便局

和歌山中央郵便局_c0112559_08084396.jpg
和歌山中央郵便局は和歌山城の東隣にあります。周辺には和歌山地方裁判所、家庭裁判所、地方検察庁などの公的機関や、みずほ銀行、三井住友銀行などの金融機関が立地している市の中心オフィス街です。

モダニズム建築が多かった郵便局も徐々に建て替えられたりして、見るべきものが少なくなりました。和歌山中央郵便局は戦後すぐの完工ながら、各階の軒を張り出した印象的な純白の外観。旧逓信省営繕の吉田鉄郎(よしだ てつろう 1894 - 1956)や山田守やまだ まもる 1894 - 1966)らが設計した郵便局舎伝統のモダニズム様式を踏襲しています。鉄筋コンクリート造り、4階建て、塔屋付き。

和歌山中央郵便局
1947(昭和22)年
設計・施工 : 不明
和歌山市一番丁4
撮影 : 2017.10.17 & 2018.3.26
和歌山中央郵便局_c0112559_08091939.jpg
最初に見たときは雨でした。
和歌山中央郵便局_c0112559_08095755.jpg
2回目は快晴。
和歌山中央郵便局_c0112559_08104128.jpg
和歌山城側からお堀越しに側面が見えます。

和歌山中央郵便局_c0112559_08111215.jpg
塔屋も3階建ての大規模な局舎です。
和歌山中央郵便局_c0112559_08115017.jpg
和歌山中央郵便局_c0112559_08121004.jpg
和歌山中央郵便局_c0112559_08131252.jpg
和歌山中央郵便局_c0112559_08133591.jpg
和歌山中央郵便局_c0112559_08135587.jpg
入ってみましたが、窓口のあるスペースは普通で何の特徴もありませんでした。
和歌山中央郵便局_c0112559_08143068.jpg
今回も泊まったダイワロイネットホテル和歌山の部屋から眼下に見えました。

by gipsypapa | 2018-10-16 08:16 | 建築 | Trackback | Comments(2)

津和野町役場津和野庁舎

津和野町役場津和野庁舎_c0112559_09595970.jpg
津和野の殿町通りに面してなまこ壁が続いていて、大きな薬医門があります。大岡家老門といわれるもので、津和野藩の家老職を勤めた大岡家の表門です。格式の高い旧武家町の景観を構成する要素の一つになっています。

今は当時の武家屋敷は残っていませんが、その門をくぐると敷地内にはレトロな津和野町役場庁舎が建っています。旧鹿足郡役所として大正中期に建てられた木造建築で、今も現役の町役場として使われています。

真壁造りに赤い石州瓦葺きの屋根。両翼と中央の車寄せの玄関部分を突き出させた、左右対称で、典型的な役場建築です。国の登録有形文化財の木造平屋建て。

津和野町役場津和野庁舎
旧鹿足郡役所
1919(大正8)年
設計・施工 : 不明
島根県鹿足郡津和野町後田ロ64-6
撮影 : 2018.2.26
津和野町役場津和野庁舎_c0112559_10005518.jpg
殿町の景観そのもののなまこ壁。
津和野町役場津和野庁舎_c0112559_10020954.jpg
塀の向こうに赤い屋根の建物があります。
津和野町役場津和野庁舎_c0112559_10025949.jpg
津和野町役場津和野庁舎_c0112559_10103183.jpg
津和野町役場津和野庁舎_c0112559_10041881.jpg
大岡家老門です。江戸時代のものですが詳細はわかりませんでした。
津和野町役場津和野庁舎_c0112559_10043671.jpg
津和野町役場津和野庁舎_c0112559_10045898.jpg
津和野町役場津和野庁舎_c0112559_10052131.jpg
津和野町役場津和野庁舎_c0112559_10054090.jpg
津和野町役場津和野庁舎_c0112559_10055848.jpg
二階建てに見えますが「文化遺産オンライン」では平屋建て。天井が高い吹き抜けみたいです。
津和野町役場津和野庁舎_c0112559_10064807.jpg
左には津和野町教育委員会の看板もあります。
津和野町役場津和野庁舎_c0112559_10071798.jpg
津和野町役場津和野庁舎_c0112559_10073466.jpg
側面です。かなり奥行きもあります。ペディメントは純和風ですね。

by gipsypapa | 2018-09-16 10:08 | 建築 | Trackback | Comments(3)

須坂の旧上高井郡役所

須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08080218.jpg
旧上高井郡役所は、大正6年(1917年)に建築された、長野県内に唯一残る郡役所の建物です。その後も名称を変えながら、役所や保険所として利用されたそうです。現在は須坂市の管理により耐震補強されて、市民の交流と各種歴史資料の収集・展示を行う施設になっています。

左右対称の正面は両端の壁面をわずかに前に突き出し、中央にペディジメント(切妻破風)を配した意匠は、明治から大正前期の公共建築によく用いられたバロック様式の本格的な木造洋風建築です。縦長の上げ下げ窓を持つ薄緑色の外壁はドイツ下見という板張りの工法だとか。正面玄関の車寄せ上にはテラスを備えた木造2階建て。

旧上高井郡役所
1917(大正6)年
設計・施工 : 不明
長野県須坂市常盤町812−2
撮影 : 2017.12.15
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08090499.jpg
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08092717.jpg
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08094776.jpg
車寄せのある玄関ポーチの上にはテラスがありますが、2階からテラスに出る扉はありません。単なる飾りです。
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08102669.jpg
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08111115.jpg
想像以上に奥行きがあります。
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08115674.jpg
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08121848.jpg
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08124053.jpg
玄関ポーチは3本の細い柱を組み合わせて支える構造。
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08125832.jpg
玄関ドアは閉まっていましたが、自由に出入りできます。無料です。
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08142441.jpg
入った右に牛のこて絵が飾ってありました。
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08150768.jpg
レトロな牛乳屋の看板でした。
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08160191.jpg
1階の小部屋は市民交流室。会議などに使われているようです。
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08163819.jpg
この背後にいくつもの部屋があるはずですが、事務所にも使われているようなので、遠慮しました。
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08171260.jpg
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08173665.jpg
2階へ上がります。
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08180877.jpg
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08183543.jpg
2階には多目的ホールという大広間があります。
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08191024.jpg
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08193199.jpg
昔は議場だったのかも。
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08200269.jpg
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08202140.jpg
天井の蛍光灯の配置が気になったので、スイッチを押しました。
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08210177.jpg
蛍光灯なので当初からあったわけではないでしょうが、幾何学的でセンスがいいです。
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08222458.jpg
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08224392.jpg
須坂の旧上高井郡役所_c0112559_08230354.jpg
夕暮れが近づいてきました。このあと長野市内に戻ります。

by gipsypapa | 2018-08-21 08:23 | 建築 | Trackback | Comments(2)

名古屋市役所へ再び

名古屋市役所へ再び_c0112559_08273360.jpg
愛知県庁の北隣が名古屋市役所。県庁の5年前に建てられました。この建物も9年ぶりの訪問。愛知県庁と同様にそのときは登録有形文化財でしたが、今は重要文化財に格上げされています。今回は中を見ることが出来ました。

昭和初期に昭和天皇の即位御大典の記念事業として建設されました。懸賞募集に当選した平林金吾の案を基に,名古屋市建築課が設計。設計に当たっては,近代的な建築に和風の屋根を載せる帝冠様式のはしりとされる神奈川県庁舎の設計スタッフを招聘したといわれています。

塔の屋根は名古屋城を意識したもので,頂部に四方睨みの鯱を載せています。隣接する愛知県庁舎のデザインに影響を与えたそうです。国の重要文化財の鉄骨鉄筋コンクリート造り5階建て、地下1階、塔屋付。

名古屋市役所本庁舎
1933(昭和8)年
重要文化財
設計 : 平林金吾(コンペ原案)、名古屋市建築課
施工 : 大倉土木
愛知県名古屋市中区3-1-1
撮影 : 2017.11.7
名古屋市役所へ再び_c0112559_08462890.jpg
名古屋市役所へ再び_c0112559_08465184.jpg
中央にそびえ立つのはシンボルの時計塔。
名古屋市役所へ再び_c0112559_08472465.jpg
名古屋市役所へ再び_c0112559_08474638.jpg
名古屋市役所へ再び_c0112559_08480462.jpg

ここも何事もなく中へ入ることが出来ました。
名古屋市役所へ再び_c0112559_08483645.jpg
玄関ホールの柱や階段手すりは大理石が使われ、アーチ部分には文様を刻んだテラコッタ。
名古屋市役所へ再び_c0112559_08491375.jpg
大理石は山口県産の「小桜」というもので、国会議事堂の余材を使用したそうです。
名古屋市役所へ再び_c0112559_08495008.jpg
廊下の腰部がタイル貼りなのは、昭和初期らしいです。
名古屋市役所へ再び_c0112559_08502792.jpg
名古屋市役所へ再び_c0112559_08504796.jpg
大理石の階段と装飾された灯具。愛知県庁は質素でしたが、ここは豪華です。
名古屋市役所へ再び_c0112559_08512505.jpg
名古屋市役所へ再び_c0112559_08514427.jpg
名古屋市役所へ再び_c0112559_08520622.jpg
名古屋市役所へ再び_c0112559_08522897.jpg
レリーフがありますが、詳細はわかりませんでした。
名古屋市役所へ再び_c0112559_08532253.jpg
名古屋市役所へ再び_c0112559_08534335.jpg
名古屋市役所へ再び_c0112559_09023536.jpg
1階床の市松模様もおしゃれです。
名古屋市役所へ再び_c0112559_08543890.jpg
名古屋市役所へ再び_c0112559_08550334.jpg
名古屋市役所へ再び_c0112559_08552519.jpg
名古屋市役所へ再び_c0112559_08554469.jpg
名古屋市役所へ再び_c0112559_08560427.jpg
名古屋市役所へ再び_c0112559_08563001.jpg
これ以降はネットの写真を借用しています。屋根を二層にした塔の頂上には、四方にらみのしゃちを載せ、名古屋城を意識した意匠。
名古屋市役所へ再び_c0112559_08570615.jpg
市長の執務室。河村たかし市長の部屋ですね。
名古屋市役所へ再び_c0112559_08574024.jpg
貴賓室と、
名古屋市役所へ再び_c0112559_08581627.jpg
円形議場です。

名古屋編はこれで終わります。次回から長野です。

by gipsypapa | 2018-07-31 08:58 | 建築 | Trackback | Comments(2)