タグ:住宅 ( 606 ) タグの人気記事

東京文京区の鳩山会館

c0112559_1105886.jpg
 昨年テレビのニュースで民主党の春の園遊会がここ鳩山会館で開かれているのを見て、一度行きたくなりました。総理大臣を務めた鳩山一郎の自邸でした。イギリス風の外観、アダムススタイルというそうです。明るく開放的な西洋館。一般開放されています。(入館料500円/人)

鳩山会館
旧 鳩山一郎邸
1924年(大正13年)/1995(平成7)年修復
設計 : 岡田信一郎
東京都文京区音羽1-7-1
撮影 2006.5.3
c0112559_1184198.jpg
 坂道を登っていくと木々の間から見えてきます。
c0112559_1193824.jpg
 こちら西側が入り口です。
c0112559_11103042.jpg
c0112559_11104692.jpg
 期待を持たせるエントランスポーチ。
c0112559_11113936.jpg
 東側に大きな庭園があり芝生と花が一杯。ここで園遊会が行われたわけです。
c0112559_1113524.jpg
 東面二階の大きな窓。
c0112559_11135539.jpg
c0112559_1114747.jpg
 正面北側です。東面と同様にドーマーウィンドウ(屋根窓)がありますが、建物自体の窓は東面より小ぶり。
c0112559_1116621.jpg
 北西のコーナー。半円アーチ窓が多く使われています。
c0112559_11181387.jpg
 二階のベランダから正面妻面を。鳩山家だけに鳩がいます。
c0112559_11192927.jpg
 エントランスを中から。
c0112559_1120234.jpg
 正面に階段。
c0112559_11202687.jpg
 一階のサンルームを通って庭園に出ることが出来ます。
c0112559_11211526.jpg
 一階の広間。手の込んだデザインの絵ガラス。
c0112559_11222521.jpg
 廊下の小窓。
c0112559_11225368.jpg
 一階の居間から見たサンルーム。大きな半円アーチ窓が素晴らしい。
c0112559_11234761.jpg
c0112559_1124070.jpg
 階段の正面踊り場にある有名なステンドグラスです。五重塔をあしらった和風の絵に、やはり鳩が飛んでいます。
c0112559_11254310.jpg
 階段を登りきったところの廊下。
c0112559_1126990.jpg
 二階の洋間。
c0112559_11263873.jpg
 二階には和室も。
c0112559_1127586.jpg
 二階の大広間。パーティなどに利用されるそうです。
c0112559_11274913.jpg
 大広間は東側の窓が大きいのであくまでも明るい。
c0112559_1129773.jpg

by gipsypapa | 2007-02-26 11:34 | 建築 | Trackback(2) | Comments(0)

神戸御影の旧乾邸

c0112559_13454081.jpg
 阪急電車の御影駅から白鶴美術館を目指して北に進むと、高級住宅が立ち並ぶ一角があります。ヴォーリズの小寺邸から見て東側に位置する大邸宅。海運業を営んでいた乾新兵衛氏の住宅でした。昨年11月24日に放映されたドラマ「虹を架ける王妃」のロケ地。
 現在はヴォーリズの六甲山荘と同じくアメニティ2000協会によって保存・活用されています。鉄筋コンクリート造、一部木造2階建。

旧乾邸
1936(昭和6)年
設計 : 渡辺節
施工 : 竹中工務店
神戸市東灘区住吉山手5-1-30
撮影 2006.4.22 & 11.11
c0112559_1356437.jpg
 東側の正門。普段は閉まっています。開くのは1年に何回かある内覧会と不定期な催し物が開催されるときだけ。
c0112559_1358071.jpg
 偶然にも2006年11月11日には生け花の展覧会が開催されて中に入ることができました。
c0112559_13591643.jpg
 縦長窓。c0112559_140532.jpgc0112559_1402523.jpg























 内部から玄関アプローチを。
c0112559_1414770.jpg
 建物の中も見事に保存されています。大きな窓が印象的。
c0112559_1425911.jpg
 1階の広間から2階を。
c0112559_1434218.jpg
 この日はいたるところに生け花が飾ってあり、いい雰囲気でした。
c0112559_1442746.jpg
c0112559_1443991.jpg
 階段も手の込んだ装飾が施されています。
c0112559_1453197.jpg
 1階広間の大きなシャンデリア。
c0112559_146549.jpg
c0112559_1464590.jpg
c0112559_1465710.jpg
 2階から見た1階の広間。ドアや手摺の模様が素晴らしい。
c0112559_1484859.jpg
 2階の廊下。
c0112559_1491149.jpg
 2階の小部屋。
c0112559_14175022.jpgc0112559_1418313.jpgc0112559_14181463.jpg







 水周りの小物は昔のまま残されています。
c0112559_14112338.jpg
 2階のベランダ。
c0112559_14114753.jpg
 北側にある水飲み場。
c0112559_14121531.jpg

by gipsypapa | 2007-02-22 14:19 | Trackback | Comments(2)

西宮市の旧辰馬喜十郎邸

c0112559_1123653.jpg
 灘五郷の一つ、白鹿酒造で有名な「辰馬本家酒造」南辰馬家の初代当主辰馬喜十郎の自邸でした。
神戸の英国領事館を建築物を真似て造られたようで、柱廊を巡らせ2階に広いベランダがある、簡素ながらも明治時代らしい雰囲気を持った木造二階建ての洋館。

旧辰馬喜十郎邸 1889(明治22)年
兵庫県指定文化財
設計・施工 : 不明
兵庫県西宮市浜町8-5
撮影 2007.2.12
c0112559_1185864.jpg
c0112559_1192319.jpg

c0112559_11101120.jpg
c0112559_11114833.jpg
c0112559_11105041.jpg
c0112559_11121199.jpg
c0112559_11131428.jpg
c0112559_11134242.jpg
c0112559_1114487.jpg
c0112559_11142627.jpg


 周辺には他にも興味深い建物がありました。↓
c0112559_11152659.jpg
 敷地内に高い煙突のある小屋が。
c0112559_11163434.jpg
c0112559_1117061.jpg
 さらに南側には細長い煉瓦の倉庫があります。
c0112559_11175728.jpg
 辰馬邸の道を挟んだ西側に建つ辰馬本家酒造倉庫。
by gipsypapa | 2007-02-18 11:21 | 建築 | Trackback | Comments(0)

軽井沢のショー・ハウス記念館

c0112559_1453750.jpg
 明治19年に軽井沢にやってきた宣教師のA・C・ショーが軽井沢が気に入り、避暑にくるようになったのが、別荘地軽井沢のはじまりで、このショー・ハウスは廃業した旅館の解体材を使って建てた軽井沢の別荘第1号だそうです。この建物は、昭和の初めに軽井沢教会敷地内に移築されましたが、昭和61年に軽井沢ショー記念礼拝堂横にショーハウス復元委員会によって復元され、平成8年に軽井沢町が寄贈を受け、現在にいたっています。観光用に一般に公開されていて入場無料。当時の家具や氷の冷蔵庫など、当時のまま残されています。

ショー・ハウス記念館 1888(明治21)年/1986(昭和61)年復元
設計 A.C.ショー?
長野県北佐久郡軽井沢町旧道645
撮影 2006.7.16 & 17
c0112559_14565034.jpg
c0112559_1457179.jpg
c0112559_14571314.jpg
c0112559_1457277.jpg
c0112559_14574154.jpg
c0112559_14575248.jpg
c0112559_1458676.jpg

by gipsypapa | 2007-02-14 15:01 | 建築 | Trackback | Comments(0)

高槻市のK邸

c0112559_9115830.jpg
 私の地元にある謎の洋館。JR高槻駅と阪急高槻市駅を結んだ直線のほぼ中央に位置します。付近は飲食店や商店街が並ぶ繁華街ですが、この一角は住宅地で突然邸宅が現れるという感じ。和風の色を残したスパニッシュ・スタイルのユニークな木造2階建て。築年や設計者などのデータはまったく不明です。見た感じは戦後の建物かも知れません。一体誰の設計なのでしょう。

 「近代建築を訪ねて温故知新」というブログにデータがありました。あめりか屋の設計だそうです。なるほど。(2009.3.10)

K邸
大阪府高槻市高槻町
築年 : 昭和初期
設計・施工 : アメリカ屋
撮影 2006.12.2 & 2007.1.1
c0112559_920658.jpg
 東側の門からして驚くような意匠ですね。屋根瓦のみならず塀の上もスペイン瓦。庭の植木もよく手入れされています。
c0112559_921881.jpg
 東面の北側。
c0112559_9215289.jpg
 門からアングルを変えて。ヴォーリズ建築のような煙突が見えます。
c0112559_923188.jpg
 東の妻面には二つのアーチ窓。アーチ部分はステンドグラスです。
c0112559_924874.jpg
 南側だけを見るとかなり和風。
c0112559_925187.jpg
 北の妻面にはアーチ窓が一つと普通の引き戸の窓。
c0112559_92666.jpg
 正門右横の通用門。
c0112559_9263444.jpg
 正門左横の丸いすかし穴。珍しいです。
c0112559_9273853.jpg
 塀が高いのでほとんど2階しか見えませんが、興味深い建物でした。
by gipsypapa | 2007-02-09 09:42 | 建築 | Trackback | Comments(4)

京都の銀月アパートメント

c0112559_023242.jpg
 ヴォーリズ設計で有名な駒井邸を見に行ったときに偶然見つけた建物。帰ってから色々調べましたが建築年や設計・施工者など一切不明です。戦前の建物であることは間違いないようです。青幻舎の「京都の洋館」に紹介されているところによれば

{銀閣寺にもほど近い、北白川の疎水沿い。もう何年も取り壊しのうわさが立つ、古びた白い木造の洋館がある。四畳半一間の部屋が全部で二十戸ほどある二階建て長屋。白い木枠の大きな窓は波打ちガラス、入り口はグリーン瓦のとんがり屋根、手書きらしき看板には{銀月アパートメント」とある。近隣の人の話では、戦前にはすでに在ったらしい。誰にも詳しいことは分からない。分からないから噂が交々、いつも増えつづけている。}

銀月アパートメント
築年 不明
設計・施工 不明
京都市左京区北白川伊織町30
撮影 2006.5.21 & 11.23
c0112559_0202859.jpg
c0112559_0204371.jpg
c0112559_0205811.jpg
c0112559_0211268.jpg
c0112559_0214584.jpg
c0112559_0221655.jpg
c0112559_0223034.jpg
c0112559_0231998.jpg

by gipsypapa | 2007-02-04 00:23 | 建築 | Trackback | Comments(21)