タグ:住宅 ( 573 ) タグの人気記事

角館の武家屋敷 角館歴史村「青柳家」

c0112559_08404842.jpg
角館の武家屋敷の一つで、佐竹北家の芦名家に仕えた青柳家の屋敷を利用して開設された角館歴史村です。母屋や武器蔵のほか秋田郷土館、武家道具館、ハイカラ館などがあり、江戸時代の歴史、民俗資料を収蔵して展示しています。仙北市角館伝統的建造物群保存地区にある観光施設です。母屋は200年前の姿をそのまま残している木造平屋建て。

角館歴史村「青柳家」
江戸後期
秋田県指定史跡
設計・施工 : 不明
秋田県仙北市角館町表町下丁3
撮影 : 2017.9.30
c0112559_08412713.jpg
敷地内には数多くの建物が散在しています。ほとんどは歴史村の開設に伴うものでしょう。
c0112559_08423089.jpg
入村料は300円でした。
c0112559_08510565.jpg
藁葺きの母屋。
c0112559_08512710.jpg
c0112559_08514650.jpg
玄関から座敷の一部を見ています。
c0112559_08530193.jpg
母屋は一部を見ることが出来ました。
c0112559_08534083.jpg
c0112559_08535843.jpg
c0112559_08541857.jpg
多くの民俗資料がいくつかの館に展示されていますが、どれがどこにあったか分からなくなりました。
c0112559_08550139.jpg
ということで、順不同です。
c0112559_08554048.jpg
c0112559_08560061.jpg
c0112559_08562273.jpg
c0112559_08564394.jpg
c0112559_08570690.jpg
c0112559_08572673.jpg
c0112559_08574796.jpg
c0112559_08580749.jpg
何の建物だったか忘れました。以下同じ。(笑)
c0112559_08590755.jpg
c0112559_08592987.jpg
c0112559_09001543.jpg
c0112559_09010184.jpg
c0112559_09012647.jpg
c0112559_09014683.jpg
c0112559_09020686.jpg
c0112559_09022844.jpg
c0112559_09025002.jpg
c0112559_09031219.jpg
c0112559_09033349.jpg
c0112559_09035417.jpg
c0112559_09041567.jpg
c0112559_09044462.jpg
c0112559_09052266.jpg
c0112559_09055888.jpg
c0112559_09062656.jpg
c0112559_09065281.jpg
c0112559_09071765.jpg
c0112559_09074983.jpg
庭は池泉回遊式だそうですが、いかにも小さかったです。
c0112559_09083426.jpg
角館の武家屋敷通りには他にも岩橋家、河原田家、小田野家、松本家、五井家、田鉄家が残っています。2軒の内覧で時間がかかりました。ツアーなので、時間制限があり時間切れ。残念。
by gipsypapa | 2018-05-31 09:10 | 建築 | Trackback | Comments(4)

角館の武家屋敷 石黒家

c0112559_08335511.jpg
山温泉を後にして北上し秋田県に入りました。最初の訪問地は角館です。桜が名所で、個人的に若い頃にその季節に訪ねたことがありますが、ずいぶん前なので通りの景色をわずかに覚えているだけでした。

石黒家は角館のもう一つの見所の「武家屋敷通り」にある武家屋敷の一つ。この地区は日本で初めて国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。石栗家は江戸後期の屋敷で母屋は茅葺きです。角館の武家屋敷のなかでは唯一、母屋の座敷に入って建物を主体に内部の見学が可能で、欄間の透かしの細工や、武家屋敷の特徴的な畳敷きなどを見ることができます。仙北市の史跡に指定された木造平屋建て。

武家屋敷 石黒家
1809(文化6)年
仙北市指定史跡
設計・施工 : 不明
秋田県仙北市角館町表町下丁1
撮影 : 2017.9.30
c0112559_08352974.jpg
c0112559_08354719.jpg
料金は300円でした。
c0112559_08363075.jpg
c0112559_08374621.jpg
c0112559_08402583.jpg
c0112559_08404535.jpg
c0112559_08411978.jpg
樹齢300年のモミの大木があります。
c0112559_08415726.jpg
c0112559_08421610.jpg
c0112559_08423276.jpg
c0112559_08424984.jpg
見所の一つは欄間の亀の透かし細工。
c0112559_08433729.jpg
c0112559_08435647.jpg
壁に映るシルエットが美しい。
c0112559_08444247.jpg
c0112559_08450232.jpg
c0112559_08452291.jpg
c0112559_08454334.jpg
c0112559_08460453.jpg
c0112559_08462489.jpg
明治・大正年間に増築された蔵には、歴代の武具や甲冑、古文書などが展示されています。
c0112559_08471039.jpg
c0112559_08473185.jpg
c0112559_08475416.jpg
c0112559_08481596.jpg
c0112559_08484093.jpg
手入れされた庭には多くの大木の間に築山や巨石が配置されていますが、池はありません。
c0112559_08495563.jpg
ネットにあった、武家屋敷通りの見事な桜並木です。ウン十年前はこれを見に来ました。

by gipsypapa | 2018-05-30 08:53 | 建築 | Trackback | Comments(4)

佐原のX邸

c0112559_08065575.jpg
小野川に架かる樋橋の袂に瀟洒な洋館があります。今までアップした洋風建築は、いずれも小野川と直交する道路沿いにありますが、この洋館は江戸町家風の建物が並ぶ川沿いでは異色で、よく目立っています。

赤い和瓦葺きの屋根にグレイの外壁、効果的に使われている真っ白な木製の窓枠やベランダなどの色の組み合わせが上品で美しい意匠です。昭和初期の建物と思いますが、詳しいことは分かりませんでした。木造2階建て。

佐原のX邸
詳細不明
千葉県香取市佐原イ1722
撮影 : 2017.7.9
c0112559_08073537.jpg
c0112559_08075144.jpg
c0112559_08080959.jpg
c0112559_08082575.jpg

by gipsypapa | 2018-04-10 08:08 | 建築 | Trackback | Comments(2)

佐原の中村屋商店

c0112559_08002426.jpg
小野川に架かる忠敬橋の袂、西側に建つ中村屋商店。創業は1984(明治7)年という老舗で、代々、荒物や雑貨、畳などを商っていましたが、現在は手作り和雑貨を販売しているようです。

店舗兼住宅の母屋は2階建てで江戸末期、3階建ての土蔵は明治中期の建築という、いずれも古いもの。母屋は1階に店舗と台所、2階は座敷になっています。千葉県有形文化財に指定されています。

中村屋商店
母屋 : 1855(安政2)年
土蔵 : 1892(明治25)年ころ
千葉県有形文化財
設計・施工 : 不明
千葉県香取市佐原イ172
0撮影 : 2017.7.9
c0112559_08011149.jpg
c0112559_08013705.jpg
土産物屋としては最高のロケーション。和雑貨を売っています。
c0112559_08024090.jpg
ネットにあった写真を借用。連鶴という、1枚の和紙から作った折鶴が全部つながったものだそうです。
c0112559_08031139.jpg
母屋2階の通りに面した方向には高欄が巡っているます。江戸時代の商家らしい建物です。
c0112559_08042969.jpg
土蔵は珍しい3階建て。
c0112559_08050830.jpg
1892(明治25)年に発生した大火後に建てられたものです。
c0112559_08064700.jpg

by gipsypapa | 2018-04-02 08:06 | 建築 | Trackback | Comments(0)

佐原の伊能忠敬旧宅

c0112559_09472656.jpg
小野川沿いにある伊能忠敬の旧宅を見に行きました。17年をかけて全国を測量して『大日本沿海輿地全図』を完成し、日本の正確な姿を明らかにした伊能忠敬(1745-1818)が17歳から50歳まで30年余りを過ごした家で、国の史跡に指定されています。醸造業などを営んでいた伊能家の土蔵造りの店舗のほか、炊事場、書院、土蔵が残っていました。木造土蔵造り、平屋建て。

伊能忠敬旧宅
江戸中期
史跡
設計・施工 : 伊能忠敬(書院)、その他は不明
千葉県香取市佐原イ1900−1
撮影 : 2017.7.9
c0112559_09480811.jpg
c0112559_09485411.jpg
伊能忠敬は、旧姓を小関といい、17歳のときに、ここ佐原へ婿入りし、酒、醤油の醸造、貸金業を営んでいた伊能家の跡取りになりました。
c0112559_09494711.jpg
c0112559_09500223.jpg
c0112559_09502708.jpg
酒や醤油を売っていた店舗部分です。
c0112559_09505737.jpg
手前に帳場、奥は座敷です。
c0112559_09514358.jpg
象限儀(しょうげんぎ)が展示されています。測量機器の一種で、円の4分の1の扇形をしていることから四分儀(しぶんぎ)とも呼ばれるそうです。
c0112559_09523978.jpg
「御用 測量方」の旗は江戸時代らしい。
c0112559_09531990.jpg
店舗と正門は忠敬が婿養子に入る以前に建てられていたことから、佐原でも古い時代の建物です。
c0112559_09533875.jpg
c0112559_09535596.jpg
土蔵は復元されたものですが、古い様式のままです。
c0112559_09555574.jpg
c0112559_09573062.jpg
書院は忠敬が婿養子としてきた後に、忠敬本人が設計して増築したと伝えられています。

by gipsypapa | 2018-04-01 09:58 | 建築 | Trackback | Comments(2)

石川県金沢城・兼六園管理事務所分室

c0112559_08243539.jpg
もと金沢市内の大手町にあった禄高1万石の加賀藩家老、津田玄蕃邸の屋敷で、宝暦の金沢大火(1759年)の後に建てられたものです。大正12年に保存のため兼六園に移築され、現在は管理事務所として使われています。木造平屋建て。

石川県金沢城・兼六園管理事務所分室
旧津田玄蕃邸
江戸時代後期 / 1923(大正12)年 移設
石川県指定文化財
設計・施工 : 不明
石川県金沢市兼六町1-4
撮影 : 2017.6.6
c0112559_08250808.jpg
c0112559_08252661.jpg
c0112559_08254421.jpg
c0112559_08260013.jpg
屋根が載った木製の塔は何でしょう?
c0112559_08263433.jpg
c0112559_08265849.jpg
c0112559_08271239.jpg
1枚目の写真の反対側に屋敷の玄関があるのですが、見逃したのでネットから借用します。

by gipsypapa | 2018-03-14 08:27 | 建築 | Trackback | Comments(0)

成巽閣(せいそんかく)



c0112559_07482498.jpg
兼六園の一角にある成巽閣(せいそんかく)は、文久3年(1863年)に加賀藩13代藩主・前田斉泰が母・真龍院(12代斉広夫人)の隠居所として建てた住宅です。奥方御殿ともいわれ、現在は歴史博物館として一般公開されています。

建築当時は、巽御殿(たつみごてん)と呼ばれたそうですが、後に成巽閣と改名されました。1階は書院造で、2階は数奇屋造になっており、江戸時代末期の大名屋敷の代表的建築として、国の重要文化財に指定されています。また付随する庭園「飛鶴庭(ひかくてい)」は国の名勝です。木造2階建て。

成巽閣
1863(文久3)年
重要文化財
成巽閣庭園・飛鶴庭 : 国名勝
設計・施工 : 不明
石川県金沢市兼六町1-2
撮影 : 2017.6.6
c0112559_07491415.jpg
c0112559_07493394.jpg
c0112559_07495874.jpg
塀の門をくぐると、受付が縁側にあります。700円でした。
c0112559_07503714.jpg
玄関は建物の反対側にありますが、見ることが出来ませんでした。ということでネットにあった写真です。ここからも入館できるみたいです。
c0112559_07543591.jpg
c0112559_07551744.jpg
c0112559_07553390.jpg
中に入って、ここまで写真を撮ったときに撮影禁止の張り紙を発見。受付に戻って聞くと、部屋の中は禁止で、
c0112559_07573561.jpg
廊下から屋外はOKとのことでした。
c0112559_07582224.jpg
仕方なく庭を撮影。成巽閣庭園の飛鶴庭は国の名勝に指定されています。
c0112559_07591555.jpg
飛鶴庭が主庭。
c0112559_07595673.jpg
他にも万年青の縁庭園、つくしの縁庭園、前庭があるそうで、、それらも名勝に追加指定されていますが、自分にはどれがどれか分かりません。
c0112559_08003403.jpg
c0112559_08005847.jpg
c0112559_08011636.jpg
c0112559_08013516.jpg
c0112559_08015816.jpg
c0112559_08022379.jpg
c0112559_08024448.jpg
建物内部は撮影禁止なので、以下の写真は受付で買った絵葉書をスキャンしたものや、ネットにあったものです。
c0112559_08033668.jpg
撮影禁止は絵葉書を売るため?(笑)
c0112559_08043761.jpg
謁見の間。その名のとおり御対面所です。風格のある書院造り。
c0112559_08051736.jpg
欄間の花鳥の装飾彫刻が見事です。
c0112559_08055189.jpg
c0112559_08062221.jpg
c0112559_08064442.jpg
c0112559_08070427.jpg
松の間。はめ込まれたギヤマン(ガラス)には小鳥の絵が焼き付けられています。
c0112559_08074262.jpg
ギヤマンはオランダ製らしいです。
c0112559_08081276.jpg
2階はいくつかの部屋があり、それぞれ色彩や材質に意匠を凝らしています。
c0112559_08084114.jpg
c0112559_08090374.jpg
書見の間。数奇屋風書院の造りです。
c0112559_08094829.jpg
群青の天井が鮮やか。
c0112559_08102745.jpg
金沢はこの強烈な群青色がよく使われ、東茶屋街でも見ました。
c0112559_08112631.jpg
c0112559_08114930.jpg
c0112559_08123375.jpg

by gipsypapa | 2018-03-13 08:12 | 建築 | Trackback | Comments(2)

七尾市の神野邸

c0112559_08185543.jpg
仙対橋の東側にあるもう一つの洋風建築は神野邸です。歯科医院として建てられた洋風の町家で、外壁はモルタル仕上げで目地を切って石造り風にしています。1階窓枠上の装飾や最上部軒下のデンティル(歯型装飾)など凝った意匠の看板建築で、国の登録有形文化財に指定されている木造2階建て。

神野家住宅主屋
1934(昭和9)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
石川県七尾市塗師町36-1
撮影 : 2017.6.5
c0112559_08201222.jpg
c0112559_08202928.jpg
c0112559_08204297.jpg
c0112559_08205667.jpg

by gipsypapa | 2018-02-16 08:21 | 建築 | Trackback | Comments(2)

七尾市一本杉通りの文化財建築

一本杉通りを西に進みます。この通りは古い町家が立ち並ぶ歴史を感じるところですが、これまで紹介した鳥居醤油店、高澤ろうそく店、旧上野啓文堂、北島屋茶店主屋のほかにも文化財に指定されている建物がありますので、まとめて紹介します。

勝本邸
c0112559_08541414.jpg
最初は勝本邸です。明治38年の大火以前の伝統的な七尾町屋の風情を伝えていて、内部は吹き抜けになっていて、巨大な梁などの木骨組みや雰囲気など、保存状態が良好であることから、国の登録有形文化財に指定された木造2階建て。

勝本家住宅主屋
1897(明治30年)ころ
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
七尾市一本杉町123
撮影 : 2017.6.5
c0112559_09013622.jpg
文化庁の文化遺産オンラインにある内部写真を借用しています。

赤倉邸
c0112559_09034327.jpg
一本杉通りを更に西に進むと、もう1軒、町家建築の赤倉邸があります。住所が魚町に変わりますが一本杉通りの一部といってもいいでしょう。

ネット情報では、赤倉家は江戸後期から幕末にかけて鉄くずの回収業を営み、4代目が商売を発展させ金物店を開業。この建物は5代目が明治38年に大火で消失した店を明治39年頃に再建したものだそうです。現在、商売はしていないとか。

建物は典型的な町家で、2階正面の格子や袖卯建など、伝統的な町家の表構えを残すとして、国の登録有形文化財に指定された木造2階建て。

赤倉家住宅主屋
旧赤倉屋金物店
1911(明治39)年ころ
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
七尾市魚町110
c0112559_09044383.jpg
c0112559_09050050.jpg
これも文化庁の文化遺産オンラインにある内部写真を借用しています。

伊勢福ふとん店
c0112559_09055886.jpg
一本杉通りの最後、伊勢福ふとん店です。こちらは文化財登録はされていませんが、入り口がアルミサッシのガラス戸になっていますが、手手物自体は古そうな町家建築です。木造2階建て。

伊勢福ふとん店
詳細 : 不明
石川県七尾市一本杉町85
撮影 : 2017.6.5
c0112559_09063880.jpg
電話2616番。少なくとも大火以降の築でしょう。「ふとん仕立て」や「わた打ち直し」という言葉は最近聞きませんね。

by gipsypapa | 2018-02-14 09:07 | 建築 | Trackback | Comments(2)

台中の彩虹眷村

c0112559_07073750.jpg
この前の日月潭湖シリーズと順番が逆になりました。ツアー2日目の朝一番に行ったのは台中市の彩虹眷村です。この場所は、元は第2次世界大戦後、蒋介石の国民党軍が台湾に来た際に、同行した60万人の中国軍人たちなどが移住。そのときに開発された、台湾独特の「眷村」(軍人村)という住宅エリアです。

この手の地域は国民党が、以前からあった建物を利用し、集団住宅にした場合もありますが、多くは新しく都市の郊外に建てられたもので、小さな平屋の建物が集合した場所だそうです。ここ彩虹眷村は、時を経て老朽化し、再開発地区として取り壊しが計画された場所でした。

そんな場所が、ある日から、家の壁という壁、道路などいたる所にカラフルな絵が描かれた「虹の村」となり、徐々に有名になってきました。描いたのは「黄じいさん(黄伯伯)」こと黄永阜さん。すでに90歳を超えているそうですが、私が訪ねたときはまだまだお元気で、とてもそんな年齢には見えませんでした。

彩虹眷村
台中市春安路56巷
撮影 : 2017.4.17
c0112559_07080894.jpg
c0112559_07082524.jpg
今は観光地として、周辺も整備され、公園や・・・・
c0112559_07085622.jpg
遊園地もあります。
c0112559_07092721.jpg
c0112559_07094398.jpg
家屋の壁から地面まで、人や動物をデフォルメした抽象画のような絵が一杯。
c0112559_07101653.jpg
c0112559_07103285.jpg
c0112559_07104975.jpg
c0112559_07111269.jpg
c0112559_07113325.jpg
家の中も絵で埋まっています。
c0112559_07120580.jpg
c0112559_07122239.jpg
一人で「彩虹眷村」の全ての絵を描いた黄永阜さんです。90歳以上には見えません。
c0112559_07134158.jpg
土産物も販売中。
c0112559_07141549.jpg
絵を描き始めのは、取り壊しの話が出てきた2008(平成20)年からだとか。まだ10年経っていないわけです。
c0112559_07145637.jpg
c0112559_07152828.jpg
今では台中の観光名所です。

by gipsypapa | 2018-01-08 07:15 | | Trackback | Comments(2)