タグ:住宅 ( 581 ) タグの人気記事

須坂の旧越家住宅

c0112559_08295451.jpg
旧小田切家住宅がある春木町を北に進むと製糸王と呼ばれた越寿三郎が明治45年に購入した旧越家住宅があります。従って建てられたのはそれ以前です。寿三郎が創業した山丸組は、最盛期には8千人の従業員を擁する国内屈指の製糸業だったそうです。須坂で最も早く電話を引き、番号が1番だったため別名「山丸壱番館」と呼ばれていたとか。

平成10年に、建物を須坂市が譲り受け、春木町住民による「旧越家ふれあいクラブ」が管理を行い、学習や交流の施設や、製糸のまち須坂の観光拠点として活用されています。

東側の2階建て部分と入母屋造りの中央平屋建て部が古く,西側の切妻造りが増築された部分です。街路側に東妻面を向け,白漆喰塗りの変化に富む外観が,製糸業で繁栄した往時をよく偲ばせるとして、国の登録有形文化財に指定されている木造2階建て。

旧越家住宅
明治中期 / 大正時代(増築)
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
長野県須坂市春木町435-2
撮影 : 2017.12.15
c0112559_08305609.jpg
c0112559_08320637.jpg
c0112559_08324073.jpg
c0112559_08325420.jpg
c0112559_08331369.jpg
玄関を覗いてみましたが、何かの会合が行われていたため、中に入るのは諦めました。
c0112559_08350065.jpg
c0112559_08351564.jpg
c0112559_08353547.jpg
c0112559_08355048.jpg
窓越しに座敷が見えます。
c0112559_08363061.jpg
c0112559_08364733.jpg
Google のストリートビューで北から西へ移動します。
c0112559_08372530.jpg
これが増設部分みたいです。
c0112559_08382648.jpg
やはり広大な敷地です。右に見える蔵も登録有形文化財。

by gipsypapa | 2018-08-15 08:38 | 建築 | Trackback | Comments(0)

須坂の旧小田切家住宅(西糀屋)

c0112559_08081727.jpg
旧小田切家住宅は須坂の町で一般公開されているお屋敷で、クラシック美術館に匹敵する規模の観光スポットです。旧小田切家は、幕末まで須坂藩の御用達を勤めていた家で、現在の家屋は明治時代に小田切辰之助が再建した豪商の邸宅。

小田切辰之助は有数の製糸家で、その家族と子孫はこの屋敷に住み、麹、酒造、油、蚕糸、呉服商などを営んだそうです。「大麹屋」とも「西麹屋」とも呼ばれていた須坂の名家、小田切家の宗家の屋敷です。

当初はもっと広い敷地があったそうですが、現在の敷地にも店舗、主屋、長屋門、土蔵などが残っています。昭和の後半から空き家となっていた家屋を須坂市が買い取り、文化施設としています。製糸業が盛んだった当時を偲ぶ代表的な建物として須坂市指定有形文化財に指定されています。

旧小田切家住宅(西糀屋)
明治初期
須坂市指定有形文化財
設計・施工 : 不明
長野県須坂市須坂423-1
撮影 : 2017.12.15
c0112559_08093546.jpg
長屋門と石橋のセットが現存する館は、須坂市内でもここだけだとか。門前の用水路には、北信地方独特の石積みである「ぼた餅石積み」が施され、用水路をまたぐように石橋が架けられています。
c0112559_08102455.jpg
c0112559_08105963.jpg
c0112559_08112392.jpg
敷地の北側に白漆喰仕上げの土壁とぼたもち積みの石積みが特徴的な4棟の土蔵が並ぶ印象的なお屋敷です。
c0112559_08120016.jpg
c0112559_08122030.jpg
c0112559_08124352.jpg
見学の入り口は店舗から。300円でした。
c0112559_08140072.jpg
c0112559_08145854.jpg
店舗の出入り口はガラス戸になっていて、古さを感じさせません。
c0112559_08161608.jpg
奥の土蔵(多分3番蔵)で長野県ゆかりの工芸作家、木村不二雄展が開かれていました。
c0112559_08165889.jpg
木村不二雄氏は染織作家で、「現代の名工」に選ばれた草木染友禅の染め物職。
c0112559_08174758.jpg
私好みの昭和の町並みを描いたキャンバスや、
c0112559_08183945.jpg
c0112559_08191604.jpg
c0112559_08194093.jpg
c0112559_08203295.jpg
c0112559_08212329.jpg
信州の自然を描いた染物。
c0112559_08215847.jpg
c0112559_08221964.jpg
c0112559_08224445.jpg
c0112559_08230731.jpg
主屋につながる通路の床は青い陶板(タイル)敷き。
c0112559_08234819.jpg
主屋の奥座敷へ。
c0112559_08245882.jpg
c0112559_08252054.jpg
c0112559_08254613.jpg
c0112559_08260675.jpg
c0112559_08262916.jpg
c0112559_08265224.jpg
c0112559_08271330.jpg
c0112559_08273402.jpg
奥座敷や座敷は明治初期にしては近代的。
c0112559_08281580.jpg

c0112559_08284089.jpg
c0112559_08290348.jpg
c0112559_08292310.jpg
c0112559_08294505.jpg

c0112559_08300733.jpg
c0112559_08302820.jpg
この鶴の釘隠しはクラシック美術館で見たものと同じです。
c0112559_08314303.jpg
c0112559_08320598.jpg

by gipsypapa | 2018-08-13 08:32 | 建築 | Trackback | Comments(0)

須坂の枠屋(わくや)

c0112559_08065086.jpg
明治初期に建てられた「うだつ造り」の町家。須坂らしい外観です。ネット情報では丸山家は15代も続く旧家で、「つづき屋」の屋号をもつ建具屋で、須坂で製糸業が盛んだった頃は、生糸を巻く糸枠を製造していたそうです。

リノベーションされて現在は「枠屋(わくや)」という炭火焼きのダイニングバーになっています。糸枠を作っていたのが店名の由来です。須坂市歴史的建造物に指定さた2階建て。

枠屋
旧丸山家住宅(つづき屋)
明治初期
須坂市歴史的建造物
設計・施工 : 不明
長野県須坂市須坂新町614-2
撮影 : 2017.12.15
c0112559_08075076.jpg
c0112559_08081635.jpg
c0112559_08090840.jpg
側面。
c0112559_08093916.jpg
c0112559_08095812.jpg
c0112559_08102349.jpg
「うだつ」は色々見ましたが、左右の妻壁が主屋の棟より高い「本うだつ」は貴重です。
c0112559_08110264.jpg
これ以降はネットにあった写真を借用しています。
c0112559_08113856.jpg
c0112559_08115410.jpg
c0112559_08121295.jpg
開店してそんなに長く経っていないようで、内部や料理の写真はネット上には少ないです。

by gipsypapa | 2018-08-12 08:12 | 建築 | Trackback | Comments(0)

蔵のまちギャラリーぶらり館

c0112559_08351159.jpg
元は雑貨店だった町家の左半分の妻入り部分を改装して貸しギャラリーにしています。隣の平入りの町家と門をはさんでつながり、下屋と門の軒先が連続してバランス良く調和しています。詳細不明ですが、明治期以前の建物と思われます。

蔵のまちギャラリーぶらり館
旧牧家住宅
詳細不明
須坂市歴史的建造物
長野県須坂市大字須坂東横町337-1
撮影 : 2017.12.15
c0112559_08361018.jpg
c0112559_08363647.jpg
c0112559_08365227.jpg
その右隣は長谷川家住宅。軒裏の出桁で支えた三段蛇腹、白漆喰塗りの連続窓と戸袋が特徴的。これも須坂市歴史的建造物です。

長谷川家住宅
詳細不明
須坂市歴史的建造物
長野県須坂市大字須坂332
c0112559_08372466.jpg
これ以降の内部写真はポータルサイト「いけいけすざか」から借用しています。
c0112559_08375780.jpg
c0112559_08381148.jpg

by gipsypapa | 2018-08-07 08:38 | 建築 | Trackback | Comments(2)

須坂の小林家住宅

c0112559_08485799.jpg
ファサードに妻面を見せた、いわゆる妻入り町家です。平入りの 隣家の庇と連続した町並み景観を形成している貴重な建造物として、須坂市歴史的建造物に指定されています。築年は分かりませんでしたが、明治期と思われます。

小林家住宅
詳細不明
須坂市歴史的建造物
設計・施工 : 不明
長野県須坂市大字須坂341
撮影 : 2017.12.15
c0112559_08480203.jpg
門が脇にある片路地形式です。
c0112559_08482286.jpg
c0112559_08484065.jpg
c0112559_08491675.jpg
通りを東に進んだ329番地にも小林家があり、よく似た平べったい妻入り町家。違いは手前の平入り町家が2階建てなことです。これも須坂市歴史的建造物に指定されています。

小林家住宅
詳細不明
須坂市歴史的建造物
設計・施工 : 不明
長野県須坂市大字須坂329

by gipsypapa | 2018-08-06 08:51 | 建築 | Trackback | Comments(2)

須坂市蔵のまち観光交流センター

c0112559_07443824.jpg
クラシック美術館の向かい側にある「須坂市蔵のまち観光交流センター」は、明治20年代後半に建築された牧家の町家で、角一製糸場の繭(まゆ)蔵として使われた近代化産業遺産。現存する3階建ての蔵は数少なく、歴史的にも貴重な建物です。

主屋は切妻、瓦葺き、大壁、平入りの3階建てで、1階は繭の荷受け場所。2階と3階に1年分の繭を保存したそうです。

須坂市蔵のまち観光交流センター
旧角一製糸場繭蔵
明治中期
設計・施工 : 不明
長野県須坂市須坂352-2
撮影 : 2017.12.15
c0112559_07451874.jpg
c0112559_07454785.jpg
c0112559_07460775.jpg
c0112559_07463436.jpg



by gipsypapa | 2018-08-05 07:47 | 建築 | Trackback | Comments(2)

坂文種報徳会本町ビル(堤靴店)

c0112559_08081625.jpg

名古屋城の外堀通りをさらに東に進み、本町端から本町通りを南に行くと、京町通りとの交差点手前に店舗兼住宅のレトロな建物があります。1階が店舗で2階以上が住居の洋風ビル。いくつかあるネット情報では坂文種報徳会(ばんぶんたねほうとくかい)本町ビルとなっていますが、グーグルマップではその表示はなく堤靴店となっています。

ファサードはいかにも昭和初期らしい意匠で、壁面の窓周りをアーチ状にへこませ、縦線を強調しています。相当年季が入っていますので、この先が不安になる建物でした。鉄筋コンクリート造り、3階建て。

坂文種報徳会本町ビル
1931(昭和6)年
設計 : 広瀬商会
施工 : 不明
愛知県名古屋市中区丸の内3-1-32
撮影 : 2017.11.7
c0112559_08092954.jpg
c0112559_08094858.jpg
店舗はどれも閉まっています。手前の煉瓦張りは改造したのでしょうが、どう見ても改悪です。
c0112559_08103419.jpg
Cut Club Dolphin のネオン。美容室?入り口を改造している部分にあったのでしょうが、営業している気配はありません。
c0112559_08115577.jpg
c0112559_08121556.jpg
グーグルマップに表示されている堤靴店。
c0112559_08125206.jpg
乗馬用品とは珍しい。
c0112559_08231074.jpg
c0112559_08132700.jpg
自分は気づきませんでしたが、ネットにこんな写真がありました。
c0112559_08135813.jpg

by gipsypapa | 2018-07-27 08:14 | 建築 | Trackback | Comments(0)

和歌山の加田家住宅塀・表門

c0112559_07501786.jpg
和歌山城公園の岡口門から出て、城の南の大通りを西に移動したところにある住宅です。敷地の西面に表門があり、その左右に延びる塀が国の登録有形文化財になっています。高さは約2メートル,総延長は31メートルの見事な桟瓦葺きの塀。下部は御影石、上部はおなじみの青石(緑泥片岩)を貼って石積風に見せた煉瓦造りの塀です。

加田家住宅塀・表門
昭和初期
設計・施工 : 不明
和歌山市薮ノ丁6
撮影 : 2017.10.17
c0112559_07512368.jpg
c0112559_07520020.jpg
武家屋敷風の表門も登録有形文化財です。
c0112559_07524319.jpg
c0112559_07532000.jpg
煉瓦造りの塀。地震対策は万全でしょうか?

by gipsypapa | 2018-07-15 07:54 | 建築 | Trackback | Comments(2)

角館の武家屋敷 角館歴史村「青柳家」

c0112559_08404842.jpg
角館の武家屋敷の一つで、佐竹北家の芦名家に仕えた青柳家の屋敷を利用して開設された角館歴史村です。母屋や武器蔵のほか秋田郷土館、武家道具館、ハイカラ館などがあり、江戸時代の歴史、民俗資料を収蔵して展示しています。仙北市角館伝統的建造物群保存地区にある観光施設です。母屋は200年前の姿をそのまま残している木造平屋建て。

角館歴史村「青柳家」
江戸後期
秋田県指定史跡
設計・施工 : 不明
秋田県仙北市角館町表町下丁3
撮影 : 2017.9.30
c0112559_08412713.jpg
敷地内には数多くの建物が散在しています。ほとんどは歴史村の開設に伴うものでしょう。
c0112559_08423089.jpg
入村料は300円でした。
c0112559_08510565.jpg
藁葺きの母屋。
c0112559_08512710.jpg
c0112559_08514650.jpg
玄関から座敷の一部を見ています。
c0112559_08530193.jpg
母屋は一部を見ることが出来ました。
c0112559_08534083.jpg
c0112559_08535843.jpg
c0112559_08541857.jpg
多くの民俗資料がいくつかの館に展示されていますが、どれがどこにあったか分からなくなりました。
c0112559_08550139.jpg
ということで、順不同です。
c0112559_08554048.jpg
c0112559_08560061.jpg
c0112559_08562273.jpg
c0112559_08564394.jpg
c0112559_08570690.jpg
c0112559_08572673.jpg
c0112559_08574796.jpg
c0112559_08580749.jpg
何の建物だったか忘れました。以下同じ。(笑)
c0112559_08590755.jpg
c0112559_08592987.jpg
c0112559_09001543.jpg
c0112559_09010184.jpg
c0112559_09012647.jpg
c0112559_09014683.jpg
c0112559_09020686.jpg
c0112559_09022844.jpg
c0112559_09025002.jpg
c0112559_09031219.jpg
c0112559_09033349.jpg
c0112559_09035417.jpg
c0112559_09041567.jpg
c0112559_09044462.jpg
c0112559_09052266.jpg
c0112559_09055888.jpg
c0112559_09062656.jpg
c0112559_09065281.jpg
c0112559_09071765.jpg
c0112559_09074983.jpg
庭は池泉回遊式だそうですが、いかにも小さかったです。
c0112559_09083426.jpg
角館の武家屋敷通りには他にも岩橋家、河原田家、小田野家、松本家、五井家、田鉄家が残っています。2軒の内覧で時間がかかりました。ツアーなので、時間制限があり時間切れ。残念。
by gipsypapa | 2018-05-31 09:10 | 建築 | Trackback | Comments(4)

角館の武家屋敷 石黒家

c0112559_08335511.jpg
山温泉を後にして北上し秋田県に入りました。最初の訪問地は角館です。桜が名所で、個人的に若い頃にその季節に訪ねたことがありますが、ずいぶん前なので通りの景色をわずかに覚えているだけでした。

石黒家は角館のもう一つの見所の「武家屋敷通り」にある武家屋敷の一つ。この地区は日本で初めて国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。石栗家は江戸後期の屋敷で母屋は茅葺きです。角館の武家屋敷のなかでは唯一、母屋の座敷に入って建物を主体に内部の見学が可能で、欄間の透かしの細工や、武家屋敷の特徴的な畳敷きなどを見ることができます。仙北市の史跡に指定された木造平屋建て。

武家屋敷 石黒家
1809(文化6)年
仙北市指定史跡
設計・施工 : 不明
秋田県仙北市角館町表町下丁1
撮影 : 2017.9.30
c0112559_08352974.jpg
c0112559_08354719.jpg
料金は300円でした。
c0112559_08363075.jpg
c0112559_08374621.jpg
c0112559_08402583.jpg
c0112559_08404535.jpg
c0112559_08411978.jpg
樹齢300年のモミの大木があります。
c0112559_08415726.jpg
c0112559_08421610.jpg
c0112559_08423276.jpg
c0112559_08424984.jpg
見所の一つは欄間の亀の透かし細工。
c0112559_08433729.jpg
c0112559_08435647.jpg
壁に映るシルエットが美しい。
c0112559_08444247.jpg
c0112559_08450232.jpg
c0112559_08452291.jpg
c0112559_08454334.jpg
c0112559_08460453.jpg
c0112559_08462489.jpg
明治・大正年間に増築された蔵には、歴代の武具や甲冑、古文書などが展示されています。
c0112559_08471039.jpg
c0112559_08473185.jpg
c0112559_08475416.jpg
c0112559_08481596.jpg
c0112559_08484093.jpg
手入れされた庭には多くの大木の間に築山や巨石が配置されていますが、池はありません。
c0112559_08495563.jpg
ネットにあった、武家屋敷通りの見事な桜並木です。ウン十年前はこれを見に来ました。

by gipsypapa | 2018-05-30 08:53 | 建築 | Trackback | Comments(4)