タグ:クラシックホテル ( 97 ) タグの人気記事

豊平館

c0112559_1314046.jpg
 明治初期に明治天皇行幸のために北海道開拓使が建てた洋風ホテル「豊平館(ほうへいかん)」。現存の木造ホテルとしては我が国最古の建物です。その後も大正天皇、昭和天皇も皇太子時代に宿泊された格式高いホテルでした。

 当初は大通公園の東の端、現在の市民会館位置にありましたが、1958(昭和33)年に現在地の中島公園に移築され、結婚式場として使われています。なお、HP↑によると現在は改修工事のため4年間閉館しているようです。。

 外観は白を基調とし、鮮やかなウルトラマリンブルー(白群青)と呼ばれる縁取りの組み合わせが爽やかな印象。正面玄関には半円形の車寄せを突き出し、その上にギリシャ風の柱頭のある柱で支えた半円形のバルコニーを置いています。最上部には小さな和風のペディメントがあり、アメリカ様式の中に和も混在する和洋折衷のデザイン。濃密な装飾はこの中心部に集中し、左右対称の両側は大人しくすっきりしています。

 内部も材料には贅を尽くした豪華な造りで、暖炉は大理石を模した漆喰仕上げ。一つずつ絵柄を変えた漆喰彫刻の天井中心飾や精巧な彫金を施したシャンデリアも必見です。国の重要文化財近代化産業遺産の木造2階、石造り地下1階建て。

豊平館
1880(明治13)年
重要文化財
近代化産業遺産
設計 : 安達喜幸(開拓使工業局営繕課)
施工 : 大岡助右衛門
札幌市中央区中島公園1-20
撮影 : 2011.8.27
c0112559_1335934.jpg
c0112559_134762.jpg
c0112559_1341231.jpg
c0112559_1342387.jpg
c0112559_134302.jpg
c0112559_1343684.jpg
c0112559_1344564.jpg
c0112559_1345411.jpg
c0112559_135321.jpg
c0112559_1351392.jpg
c0112559_135461.jpg
c0112559_1353561.jpg
c0112559_136598.jpg
c0112559_1355541.jpg
c0112559_136331.jpg
c0112559_1363386.jpg
c0112559_1361867.jpg
c0112559_136284.jpg
c0112559_1363923.jpg
c0112559_1365049.jpg
c0112559_137478.gif

by gipsypapa | 2012-04-06 13:07 | 建築 | Trackback | Comments(4)

小樽の旧越中屋ホテル

c0112559_14413254.jpg
 1977(明治10) 年創業という小樽の老舗旅館 「 越中屋旅館 」の創業者 上屋治三郎が、横浜と神戸の洋館を見学して建設した北海道初の外国人専用ホテル。戦前には陸軍に接収されて将校クラブとなったり、 終戦後には米軍に接収されたりしましたが、返還後は北海製罐の独身寮、アドバンテスト社ゲストハウスなどを経て、1993(平成5)年に再び「小樽グランドホテルクラシック」として営業していました。

 外国人向けということでノスタルジックなクラシックホテルの雰囲気が人気だったようで、今回の小樽旅行で1泊するつもりで、ネットに残っている宿泊情報を調べていましたが、残念ながらここも、その1年半前の2009(平成21)年2月に経営破たんして閉館したことが判明しました。

 正面ファサードは、全面褐色のタイル貼り。中央に2列の縦長ベイウィンドウと両脇上部の丸窓が特徴のモダンで優れた意匠です。閉まっていたので内部を見ることができませんでしたが、ステンドグラスや内装を含め、全体にアール・デコの影響が見られます。小樽市指定歴史的建造物と経済産業省の「近代化産業遺産群33」に指定された鉄筋コンクリート造3階建て、地下1階。

旧越中屋ホテル
1931(昭和6)年
小樽市指定歴史的建造物
近代化産業遺産群33
設計 : 倉沢国治事務所
施工 : 不明
小樽市色内1-8-25
撮影 : 2010.8.25
c0112559_1442436.jpg
c0112559_14425266.jpg
c0112559_1443020.jpg
c0112559_1443728.jpg
c0112559_14431520.jpg
c0112559_14432557.jpg

c0112559_1444258.jpg
c0112559_14433537.jpg
c0112559_144346100.jpg
 ネットにあったロビー入口の写真。素晴らしい。なんらかの形で再開して欲しいものです。ちなみに「越中屋旅館」は現在も小樽に存在していますが、別の建物で和風の旅館です。
by gipsypapa | 2011-10-12 14:45 | 建築 | Trackback(1) | Comments(4)

ホテルヴィブラントオタル

c0112559_1317324.jpg
 小樽で2泊したホテルです。小樽経済の絶頂期だった大正期に建てられ、かつて北のウォール街といわれた色内の交差点にある銀行建築で北海道拓殖銀行の小樽支店でした。c0112559_13181697.jpg 小樽は明治後期から昭和初期にかけて商業都市として栄え、ここ色内町一帯には、日本銀行をはじめとし、三井、三菱、住友、安田など、銀行や商社などの洋風建築が数多く建てられました。いずれも当時の一流建築家の設計によるもので、そのころの繁栄ぶりが想起されます。大半は、銀行撤退後も別の用途に有効利用され、そのほとんどが現在も残っているため、このあとも元銀行の建物が数多くでてきます。

 この建物も銀行の撤退後は空き家でしたが、1990(平成2)年に整備されて小樽ホテルとして復活、その後、ペテルスブルグ美術館を経て、現在はホテルヴィブラントオタル(旧名 ホテル1・2・3小樽)になっています。

 石貼りの外壁で、4階建のコーナー部が丸みを帯び、そこに主玄関を配置した外観は、重厚というより華やかな印象で、百貨店のように見えます。しかし内部のホールはやはり銀行。2階までの吹き抜けで、カウンター沿いに6本の古典的円柱が立ち並ぶ姿は圧倒されます。

 設計は当時、大蔵大臣官房臨時建築課長で、東京帝国大学工科大学造家学科で辰野金吾らの薫陶を受け、妻木頼黄の片腕といわれた、矢橋 賢吉(やばし けんきち、1869 – 1927)。c0112559_13184596.jpg現存する作品は千葉県庁舎・県会議事堂(1907)、石川県庁舎(現石川県政記念しいのき迎賓館1922)、岐阜県庁舎(現岐阜総合庁舎 1922)、郡山市公会堂(1924)、国会議事堂(1936)、内閣文庫(博物館明治村に移築復元1908)、山口県庁舎・県会議事堂(現山口県政資料館1914)、枢密院庁舎(現皇宮警察本部1920)、群馬県議会議事堂(1917)、総理大臣官邸(現総理大臣公邸1929)があります。

 初期の鉄筋コンクリート建築の道内主要遺構で、小樽市指定歴史的建造物と小樽市都市景観賞の鉄筋コンクリート造4階建て、地下1階。

ホテルは2017年1月12日で営業終了となったことを確認しました。(2017.5.22)

ホテルヴィブラントオタル
旧北海道拓殖銀行小樽支店
1923(大正12)年
小樽市指定歴史的建造物
小樽市都市景観賞
設計 : 矢橋賢吉、小林正紹、山本万太郎
施工 : 伊藤組
小樽市色内1-3-1
撮影 : 2010.8.24, 25 & 26
c0112559_1319087.jpg
c0112559_1319873.jpg
c0112559_13191581.jpg
c0112559_1319255.jpg
c0112559_13193192.jpg
c0112559_13194255.jpg
c0112559_1319497.jpg
 コーナー部にある玄関。
c0112559_13202884.jpg
c0112559_13204073.jpg
c0112559_13204743.jpg
c0112559_13205534.jpg
c0112559_1321546.jpg
c0112559_13211816.jpg
 2階までの吹き抜けのロビー。カウンター沿いに6本の古典的円柱が立ち並びます。ここにフロントと朝食のスペースがあります。
c0112559_13223428.jpg
c0112559_13235743.jpg
c0112559_1324135.jpg

 ホテルに改装したときイギリス人建築家、ナイジェル・コーツが海のイメージをデザインしたそうです。
c0112559_13314233.jpg
c0112559_1325257.jpg
 ここも銀行なので金庫が残っていました。
c0112559_13255769.jpg
c0112559_13261193.jpg
c0112559_13262161.jpg

by gipsypapa | 2011-09-15 13:34 | 建築 | Trackback | Comments(1)

旅館鹿島本館

c0112559_1441910.jpg
 櫛田神社の正面参道近くにある和風旅館。ヴォーリズ設計の福岡社家町教会を東に進んだ同じ筋にあります。

 前の道路から引っ込んだところにある玄関と、入母屋の妻面が落ち着いた佇まいを感じさせます。木の温もりを感じる数寄屋造の茶室をそのまま客室にしています。間口が狭いのでわかりにくいのですが、奥が深く27部屋もあるそうです。日本文化に憧れて宿泊する外人客も多いとか。福岡市で初めて国の登録有形文化財として認定された木造2階建て。

旅館鹿島本館管理棟
昭和初期
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
福岡市博多区冷泉町3-11
撮影 : 2010.1.10 & 2010.4.25
c0112559_14461376.jpg
c0112559_14462059.jpg
c0112559_14462866.jpg
c0112559_14463216.jpg
c0112559_14463842.jpg
c0112559_14464633.jpg
c0112559_1446577.jpg
c0112559_144728.jpg
c0112559_14471159.jpg

ネットにあった内部写真を追加します。 (2017.10.15) ↓
c0112559_10393441.jpg
c0112559_10394962.jpg
c0112559_1040392.jpg
c0112559_10401553.jpg
c0112559_10402694.jpg
c0112559_10404064.jpg
c0112559_10443129.jpg
c0112559_10405230.jpg

by gipsypapa | 2010-11-25 14:48 | 建築 | Trackback(1) | Comments(6)

唐津郵政クラブ 二の門荘

c0112559_1141880.jpg
 唐津の市内を流れる町田川が唐津湾に注ぐ河口近くで分岐した支流が唐津城のお堀を兼ねています。その水際にある郵政クラブ二の門荘。私が泊った旅館の隣にあり、部屋の窓から見えたので近づいてみました。

 調べるとここも現役の旅館で、昭和初期に建てられた純和風建築で、道路から見て右側のモルタル塗りの部分は増築されたように見えます。木造2階建て。

唐津郵政クラブ 二の門荘
昭和初期
設計・施工 : 不明
唐津市東城内2-41
撮影 : 2010.4.23
c0112559_115167.jpg
c0112559_1158100.jpg
c0112559_1151493.jpg
c0112559_1152139.jpg
c0112559_1152796.jpg

by gipsypapa | 2010-10-29 11:05 | 建築 | Trackback | Comments(4)

蒲郡プリンスホテル

c0112559_1154960.jpg
 岡崎市から南下して三河湾にある蒲郡市へ。

 昭和初期に外国人誘致の一環として、鉄道省観光局が横浜、雲仙、大津とともに建てた鉄道省認定の国際観光旅館「蒲郡ホテル」が前身で、現在は「蒲郡プリンスホテル」としてプリンスホテルが営業しています。

 日光金谷ホテル、冨士屋ホテル、奈良ホテルなどと同様のコンセプトで計画されたもので、帝冠様式といえる城郭風の大規模で格調高い外観。内部はアールデコ様式の内装・調度品が洋風を強調する、外国人を強く意識した設計です。何度か改装されているはずですが、当時の姿をよく残していて、古き良き時代を感じさせるホテルです。国の近代化産業遺産(経済産業省)に指定された鉄筋コンクリート造り4階建て、地下1階

 設計は当時の鉄道省技師だった久野 節(くの みさお)と陸軍建築技師だった村瀬国之助。
久野 節は大阪府出身の建築課で、佐倉高等学校記念館、(元本館)、国光生命保険相互会社東京本店ビル、大阪鉄道病院、南海ビルディング、東武ビル・松屋、浅草雷門駅(現浅草駅)、近鉄宇治山田駅、福原ビル、三国丘高校同窓会館、東京競馬クラブ府中競馬場、日本橋クラブ、堺市役所など数多くの公共施設を手掛けました。村瀬国之助についてはデータが少なく、同じ愛知県江南市の滝学園本館と講堂を設計した人です。

蒲郡プリンスホテル
旧蒲郡ホテル 1934(昭和9)年
近代化産業遺産
設計 : 久野節+村瀬国之助
施工 : 大林組
蒲郡市竹島町15-1
撮影 : 2009.7.24
c0112559_11575799.jpg
c0112559_11588100.jpg
c0112559_11583468.jpg
c0112559_11584491.jpg
c0112559_11585662.jpg
c0112559_1159793.jpg
c0112559_11592553.jpg
c0112559_11593588.jpg
ロビーは吹き抜けの空間で、時代を感じさせる昔のままの暖炉やラディエータなのど調度品。適度な照明がクラシックな雰囲気を醸し出しています。
c0112559_1201882.jpg
c0112559_1203161.jpgc0112559_1204261.jpg














昔のままのエレベーターのアナログインディケーター。
c0112559_1213164.jpg
c0112559_1214188.jpg
c0112559_1215846.jpg
c0112559_122839.jpg
c0112559_122175.jpg
c0112559_1222754.jpg
2階は回廊が吹き抜けを取り巻いています。素晴らしいシャンデリアに浮かび上がる漆喰いに刻まれたアールデコ調のレース模様。
c0112559_1231220.jpg
c0112559_1232345.jpg
 2階の喫茶室はテラスにもテーブルがあり屋外に出ることができます。
c0112559_124449.jpg
c0112559_12415100.jpg
c0112559_1242423.jpg
c0112559_1243340.jpg
メインダイニング。壁や梁にアールデコ調の装飾が施され、天井は白と茶の色使いのコントラストが美しい。
c0112559_1251925.jpg
c0112559_1252849.jpg
こちらは1階の会議室。女性服の展示会が行われていました。
c0112559_126417.jpg
ホテルから観光地で島全体が天然記念物に指定されている竹島が眼下に見えます。
c0112559_1264243.jpg

by gipsypapa | 2010-05-02 12:10 | 建築 | Trackback | Comments(4)

雲仙観光ホテル

c0112559_16464668.jpg
 雲仙でバスを途中下車した目的は雲仙観光ホテルです。c0112559_1651787.jpgクラシックホテルの代表作のひとつ。いつものように、ここでお茶を飲んで中も見ようという魂胆でした。
 3階妻面のハーフティンバーに1階は雲仙の溶岩石を貼り、2階は丸太を使ったログハウス風。スイスの山小屋を思い出させるような、格調高いお洒落なホテルです。
エントランスを中心として両翼に伸びる客室を持つ外観は、重厚さも感じました。内装は山小屋風手斧仕上げの木を使い、絨毯やカーテンに英国のウィリアム・モリス製の織物を使うなど、高級感あふれる空間を作っています。

 設計は竹中工務店の早良俊夫(1913-1982)。竹中工務店には、藤井厚二と同期入社で、設計部にあって、初期に50を越える数多くの多彩な作品を生み出しています。作風は、様式主義を基本としつつ、初期モダニズムのさまざまな造形を試行し、インターナショナル・スタイルまで展開したといわれています。c0112559_16515039.jpg現存作品としては、神戸のジェームス邸(1934年)が有名です。登録有形文化財の木造一部鉄筋コンクリート造、地上3階、地下1階建て。

雲仙観光ホテル
1935(昭和10)年
登録有形文化財
近代化産業遺産
設計 : 早良俊夫(竹中工務店)
施工 : 竹中工務店
長崎県雲仙市小浜町雲仙320
撮影 : 2009.5.19
c0112559_16531450.jpg
c0112559_16532835.jpg
c0112559_16533954.jpg
c0112559_16535023.jpg
c0112559_16541269.jpg
c0112559_16542261.jpg
 アルプスのロッジのような自然に溶け込んだ建物です。
c0112559_16573551.jpg
c0112559_16574588.jpg
c0112559_1657561.jpg
c0112559_1658897.jpg
c0112559_16582048.jpg
c0112559_16583160.jpg
c0112559_16585095.jpg
広々としたエントランス・ロビー。天井は低いのですが、巨大な木梁が見ものです。
c0112559_16593757.jpg
c0112559_16594795.jpg
数段のステップを上がったところにあるバー。
c0112559_1702546.jpg
c0112559_1703526.jpg
c0112559_170479.jpg
c0112559_171410.jpg
見どころの一つである大食堂。ここはRC梁と木根太の天井が不思議な雰囲気を醸し出しています。
c0112559_1715873.jpg
c0112559_172835.jpg
エントランスの正面には3階まで続く階段が目を引きます。この階段の木部は手斧仕上げ、床はウイリアム・モリスの絨毯が使われています。
c0112559_1725022.jpg
c0112559_173166.jpg
c0112559_1731039.jpg
2階の客室も格調高い木製のドア。
c0112559_174050.jpg
c0112559_1741289.jpg
 テラスは山小屋風です。
c0112559_1744134.jpg

by gipsypapa | 2010-03-12 17:08 | 建築 | Trackback | Comments(6)

小浜温泉の春陽館

c0112559_1245023.jpg
 私達が泊った旅館です。1938(昭和13)年に建てられた春陽館で、小浜温泉では最も古く格調高い旅館です。

 本館は純和風建築で玄関部を中心に両翼に切妻の棟をせり出した左右対称の堂々とした建物。玄関が建築当初のままの巨大な唐破風の門構えで、この旅館のシンボルになっています。純和風の旅館ですが、ロビーなどは洋風で、クラシックホテルと位置付けしてもいいでしょう。木造3階建て。

春陽館
1938(昭和13)年
設計・施工 : 不明
雲仙市小浜町北本町1680
撮影 : 2009.5.18 & 5.19
c0112559_127048.jpg
c0112559_127114.jpg
c0112559_1272013.jpg
c0112559_127306.jpg
c0112559_1274037.jpg
c0112559_1274985.jpg
c0112559_1275864.jpg
c0112559_128743.jpg
c0112559_1281642.jpg
c0112559_1282665.jpg
これだけの威厳のある旅館なので、高いと思われるでしょうが、泊ったのが平日だったので格安でした。特別料理でなくても海の幸を使った夕食は十分に楽しめました。(但し部屋は本館につながった、7階建てのRC造りの別館)
by gipsypapa | 2010-03-07 12:10 | 建築 | Trackback | Comments(5)

奈良の料理旅館 「江戸三」

c0112559_1022176.jpg
 鹿が散歩する奈良公園の一角にユニークな料理旅館があります。明治四十年の創業に建てられた建物を、改築しながら使い続けているそうです。

 客室は点在する数寄屋風の離れになっていて、全部で10棟。海外のリゾートで見かけるような、いわゆるバンガロー形式です。志賀直哉ほか多くの文化人たちが利用した、歴史のある老舗旅館。なお、屋号の「江戸三」は大阪市西区の江戸堀三丁目より移ってきたことに由来するとか。すべて木造平屋建て。

料理旅館 「江戸三」
1907(明治40)年
設計・施工 : 不明
奈良市高畑町1167
撮影 : 2009.8.28
c0112559_1053786.jpg
c0112559_106623.jpg
 こちらはフロントのある母屋。
c0112559_106422.jpg
c0112559_107395.jpg
c0112559_1072178.jpg
c0112559_1074556.jpg
c0112559_108574.jpg
c0112559_1082630.jpg
c0112559_1084944.jpg
c0112559_109891.jpg
 離れの形は様々に意匠を凝らして、ひとつとして同じものはありません。
c0112559_1095654.jpg
c0112559_10101578.jpg
 料理旅館なので会席料理がセットになっていて、宿泊料はかなり高いのですが、外人の宿泊客が離れの中でくつろいでいるのを見かけました。日本人でもあまり知らないのに、よく外人観光客が、ここを探しだしたものです。一度は泊って、観光の拠点にするのも面白そうです。

 建物群は見たところ新しく、とても明治40年築には見えません。かなり大幅な改修を重ねてきたと思います。
by gipsypapa | 2009-11-25 10:12 | 建築 | Trackback | Comments(0)

奈良ホテル

c0112559_16472680.jpg
 今年、創業100周年を迎えたクラシックホテル。数々の著名人が宿泊し、皇族の奈良宿泊の際に利用されることで有名な「関西の迎賓館」です。桃山御殿檜造りの木造2階建て瓦葺きの外観に、内装は和洋(ドイツ様式)折衷を採用。

 代表的なクラシックホテルである、日光金谷ホテル、箱根の冨士屋ホテル、蒲郡プリンスホテル(旧蒲郡ホテル)などと共通した、外国人観光客と古都を意識した和風の高級ホテル。本館は明治期の建設以降、何度か改修されたはずですが、創業当時を偲ばせる優雅な雰囲気を保っています。設計は辰野金吾と片岡安。両氏には珍しい和風建築です。

奈良ホテル 1909(明治42)年
設計 : 辰野金吾+片岡安(辰野片岡事務所)
施工 : 直営
奈良市高畑町1096
撮影 : 2009.8.28
c0112559_16514868.jpg
長いアプローチを丘陵に上ると、伏見桃山時代を思わせる玄関があります。
c0112559_16523757.jpg
c0112559_16524813.jpg
c0112559_16525793.jpg
右側には長大な木造2階建ての客室がつながって。
c0112559_16534175.jpg
c0112559_165351100.jpg
c0112559_1654244.jpg
c0112559_16541034.jpg
中に入ると広い吹き抜けの玄関ロビー。2階部分はバルコニーが取り囲む形は、蒲郡プリンスホテルと同じ。良質の木材をふんだんに用いた豪華な雰囲気です。
c0112559_16544866.jpg
c0112559_16545721.jpg
 赤絨毯の階段。
c0112559_16554136.jpg
c0112559_16555446.jpg
この手のクラシックホテルは大好きですが、泊まるには高すぎます。ということで、喫茶スペースでお茶か珈琲をいただくのが恒例になっています。この日も歩き疲れたころだったので、好都合でした。とはいえ、お茶も高いですが・・・
c0112559_1657422.jpg
c0112559_16571433.jpg
c0112559_16572938.jpg
c0112559_16573735.jpg
c0112559_16574633.jpg
c0112559_16575594.jpg
談話室や喫茶スペースもさすがにクラシックホテルでした。
c0112559_1659666.jpg
 丘の上の緑の中に立つ歴史あるホテルです。
by gipsypapa | 2009-11-21 17:01 | 建築 | Trackback(1) | Comments(6)