タグ:クラシックホテル ( 104 ) タグの人気記事

養老公園 料理旅館 豆馬亭

c0112559_08120662.jpg
千歳楼の近くの養老公園の中を散策していて見つけた旅館をいくつか紹介します。まずは1880(明治13)年に創業した豆馬亭(とうまてい)。

養老の滝から下った千歳楼の目の前にあります。北原白秋はじめ文人墨客や政治家がよく宿泊したという歴史ある旅館で、猪のボタン鍋が名物です。

建物は一部改築されているらしいのですが、創業の明治時代の部材がそのまま残っているとか。訪ねたときに玄関が閉まっていたので気がかりでしたが、閉館したというネット情報を見つけました。木造2階建て。

料理旅館 豆馬亭
詳細 : 不明
岐阜県養老郡養老町養老公園1282
撮影 : 2018.7.3
c0112559_08125164.jpg
c0112559_08132210.jpg
c0112559_08134512.jpg
c0112559_08140790.jpg
c0112559_08143127.jpg
c0112559_08144964.jpg
玄関脇に様々な奇妙なものが飾ってあります。
c0112559_08152316.jpg
角があるのは鹿でしょうね。
c0112559_08155559.jpg
c0112559_08161357.jpg
c0112559_08163204.jpg
下がっている皮はどう見ても猪でしょう。
c0112559_08174161.jpg
ット情報では「豆馬亭の2代目、村上弁二氏のころから猟師をやっていた。3代目の村上圭二氏も弁二氏から鉄砲を習った。猟は4代目まで受け継がれ、3代にわたって続いた。」とありました。なるほど。
c0112559_08181806.jpg
玄関のガラス越しに中を撮ったものです。考えたらこのときには既に閉館していたようです。
c0112559_08203981.jpg
近くに豆馬亭資料館もあります。最近までかなり盛大に営業していたのでしょう。閉店とは残念。
c0112559_08234835.jpg
これ以降はネットの写真を借用しています。
c0112559_08240266.jpg
名物、ボタン鍋。


by gipsypapa | 2018-12-10 08:26 | 建築 | Trackback | Comments(2)

養老公園 料理旅館 千歳楼(その3)

c0112559_09194435.jpg
千歳楼(せんざいろう)は養老公園内の料理旅館・千歳楼。明治初期から大正、昭和にかけて増築と改修がなされている数奇屋建築の名旅館です。今回も内部写真で大広間と宿泊した部屋をアップします。

玄関から左側の1階は、明治初期に建てられたもので、2室の15畳の部屋の南東面に縁を廻らし、2階には28畳の大広間になっています。国の登録有形文化財の木造平屋、一部2階建て。

料理旅館 千歳楼本館
1880(明治13)年 / 大正・昭和初期増築 / 1961(昭和36)年改修
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
岐阜県養老郡養老町養老公園1079
撮影 : 2018.7.2 & 3
c0112559_09202269.jpg
玄関を入ると目の前に幅広い階段。2階の大広間に行く階段です。
c0112559_09205555.jpg
女将さんが案内してくれました。
c0112559_09212923.jpg
28畳の見事な大広間。
c0112559_09220788.jpg
床の間の上の額書は有栖川宮だそうです。
c0112559_09230195.jpg
c0112559_09231738.jpg
c0112559_09233413.jpg
c0112559_09235496.jpg
こちらの書も女将さんに聞いたはずですが、忘れました。達筆すぎて読めないし。
c0112559_09243750.jpg
c0112559_09245293.jpg
階段の突き当りに大きな瓢箪。
c0112559_09255033.jpg
幅が広く、急角度の階段で、下りるのがちょっと怖い。
c0112559_09262807.jpg
泊まった部屋は竹の間。流芳閣にある部屋です。
c0112559_09270053.jpg
大正時代に建てられました。
c0112559_09275639.jpg
手の込んだ和の技が各所に見られます。
c0112559_09283146.jpg
c0112559_09285145.jpg
c0112559_09290838.jpg
c0112559_09292573.jpg
網代の天井。
c0112559_09301004.jpg
c0112559_09302822.jpg
c0112559_09304524.jpg
窓から見えるのは杜みたいに生い茂った木々。
c0112559_09312640.jpg
c0112559_09314562.jpg
c0112559_09320655.jpg
1階ですが、斜面に建っていて脚が長いので、2階からの眺めのよう。
c0112559_09325756.jpg
c0112559_09331595.jpg
c0112559_09333177.jpg
c0112559_09334701.jpg
c0112559_09340864.jpg
内風呂と洗面所は縁側から直角に曲がった廊下の先にあります。
c0112559_09351506.jpg
広く現代的な内風呂。
c0112559_09362622.jpg
夕食は部屋食。
c0112559_09365445.jpg
食べ終わったら次の品が出てくるというスタイルでした。
c0112559_09371209.jpg
朝食は別の部屋で頂きました。
c0112559_09374061.jpg



by gipsypapa | 2018-12-09 09:41 | 建築 | Trackback | Comments(2)

養老公園 料理旅館 千歳楼(その2)

c0112559_08390893.jpg
千歳楼(せんざいろう)は養老公園内の料理旅館・千歳楼。明治初期から大正、昭和にかけて増築と改修がなされている数奇屋建築の名旅館です。今回は内部写真をアップします。

玄関から左側の1階は、明治初期に建てられたもので、2室の15畳の部屋の南東面に縁を廻らし、2階には28畳の大広間になっています。玄関の右側には大正から昭和に増改築された客室やロビーがあり、変化に富んだ意匠です。浴室は養老の滝に見立てた模様の大理石を飾った見所一杯でした。国の登録有形文化財の木造平屋、一部2階建て。

料理旅館 千歳楼本館
1880(明治13)年 / 大正・昭和初期増築 / 1961(昭和36)年改修
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
岐阜県養老郡養老町養老公園1079
撮影 : 2018.7.2 & 3
c0112559_08395368.jpg
c0112559_08401111.jpg
c0112559_08403058.jpg
レセプションは靴を脱いで右側のロビーにあります。
c0112559_08411071.jpg
昭和初期に増築された部分らしく、サンルームのような洋風の空間。
c0112559_08420217.jpg
c0112559_08422213.jpg
c0112559_08424066.jpg
全面の窓が明るい光を取り込み、美しい空間です。
c0112559_08435683.jpg
養老は瓢箪ですね。
c0112559_08445587.jpg
c0112559_08451783.jpg
c0112559_08453803.jpg
c0112559_08465267.jpg
部屋にもありましたが共同トイレもあります。
c0112559_08472150.jpg
c0112559_08474219.jpg
c0112559_08480223.jpg
貸し切り風呂へ。
c0112559_08490226.jpg
c0112559_08491967.jpg
c0112559_08493665.jpg
大理石張りです。
c0112559_08503346.jpg
c0112559_08505335.jpg
c0112559_08511281.jpg
c0112559_08513175.jpg
c0112559_08515463.jpg
浴槽は想像より小さかったです。
c0112559_08524889.jpg
c0112559_08531239.jpg
館内を散策します。
c0112559_08534640.jpg
c0112559_08540367.jpg
c0112559_08542353.jpg
c0112559_08544183.jpg
c0112559_08545980.jpg
c0112559_08553657.jpg
ネットの画像です。次回は泊まった部屋と大広間をアップします。



by gipsypapa | 2018-12-08 08:59 | 建築 | Trackback | Comments(2)

養老公園 料理旅館 千歳楼(その1)

c0112559_08413217.jpg
この日の宿は千歳楼(せんざいろう)です。創業は江戸中期の1764(明和元)年という歴史のある旅館で、多くの文化人に愛された宿だそうです。養老公園の北の山際の緑に囲まれた景勝地に建っています。

建物は正面には車寄せがある玄関があり、向かって左には明治初期に建てられた2階建て数奇屋建築、右側には大正時代から戦後の昭和に増改築されたロビーや客室がある瀟洒な木造旅館です。

本館と栖鳳閣(せいほうかく)、流芳閣(りゅうほうかく)が国の登録有形文化財に指定された木造平屋、一部2階建て。

料理旅館 千歳楼本館
1880(明治13)年 / 大正・昭和初期増築 / 1961(昭和36)年改修
設計・施工 : 不明
岐阜県養老郡養老町養老公園1079
撮影 : 2018.7.2 & 3
c0112559_08430517.jpg
養老の滝から下がったところの緑の中にあります。
c0112559_08434456.jpg
c0112559_08441041.jpg
c0112559_08443269.jpg
c0112559_08444933.jpg
c0112559_08450698.jpg
c0112559_08452553.jpg
c0112559_08454521.jpg
向かって左側は明治13年築の2階建て。
c0112559_08463979.jpg
2階は大広間。次回に中を紹介します。
c0112559_08473529.jpg
1階には広い縁側。旅館じゃなくお屋敷みたいですね。
c0112559_08483408.jpg
玄関から右側は大正から昭和に増改築された平屋です。
c0112559_08491305.jpg
c0112559_08493385.jpg
c0112559_08512887.jpg
流芳閣は大正時代の築で、国の登録有形文化財です。栖鳳閣は木々に隠れてみることが出来ませんでした。
c0112559_08523236.jpg
これはネットの写真を借用しています。
c0112559_08532721.jpg
敷地内には本館以外にも東屋風の建物があります。これは離れのようですが、使われていません。
c0112559_08541683.jpg
詳細を聞いたはずですが、忘れました。
c0112559_08545751.jpg
もう1棟はベンガラ壁の瀟洒な建物。
c0112559_08553442.jpg
おかみさんによれば、昭和初期にとある皇族ご一行が宿泊されたときに、ここで天麩羅を揚げて提供したとか。
c0112559_08570426.jpg
c0112559_08572460.jpg
ここも使われていませんが、暖簾を掛けて当時の雰囲気を残しています。
c0112559_08584110.jpg
千歳楼本館の内部は次回に。


by gipsypapa | 2018-12-07 09:21 | 建築 | Trackback | Comments(0)

辰野金吾設計の南天苑(その2)

c0112559_08141081.jpg
南天苑は元々は大阪の堺市にあった娯楽保養施設として建設された「潮湯」の別館で、家族向けの入浴・遊戯・休憩施設だった「家族湯」でした。

移設後は旅館として内部の部屋割りやトイレ、浴室の設置など、かなりな改修工事がなされたと思われ、和風旅館としてまったく違和感がありません。

建物内部は1,2階とも客室を中心として、1階には大広間やロビー風の談話室があります。各所に旅館らしい和の意匠をちりばめた、近代の大規模和風建築の好例であるとして国の登録有形文化財に指定された、木造2階建て。

天見温泉 南天苑
1913(大正2)年 / 1935(昭和10)年移築
設計 : 辰野片岡事務所
施工 : 不明
大阪府河内長野市天見158
撮影 : 2018.5.28 & 29
c0112559_08143832.jpg
玄関を入ると目の前に帳場があります。
c0112559_08150518.jpg
階段や廊下は手の込んだ和の意匠。
c0112559_08162991.jpg
c0112559_08164486.jpg
c0112559_08170293.jpg
c0112559_08171682.jpg
c0112559_08173020.jpg
泊まった部屋です。
c0112559_08181998.jpg
2階の竹の間。
c0112559_08185182.jpg
c0112559_08190420.jpg
c0112559_08191780.jpg
c0112559_08193316.jpg
大きな控えの間がありました。
c0112559_08204483.jpg
c0112559_08210071.jpg
c0112559_08211764.jpg
夕食は1階の別の部屋で。
c0112559_08215808.jpg
c0112559_08221356.jpg
和会席です。色々、同じような料理旅館に泊まりましたが、ここは3指に入る極上の食事でした。
c0112559_08225948.jpg
c0112559_08231398.jpg
地元産の赤ワイン。お値段がリーズナブルなので大満足。
c0112559_08235152.jpg
1階には古物を展示している部屋と・・・
c0112559_08242998.jpg
c0112559_08244508.jpg
談話室。奥にあるロビーです。
c0112559_08253053.jpg
c0112559_08254515.jpg
c0112559_08260008.jpg
c0112559_08261453.jpg
c0112559_08262879.jpg
通用口から庭に出れます。
c0112559_08271622.jpg
朝食は1階の大広間でした。
c0112559_08275733.jpg
c0112559_08281161.jpg
c0112559_08284320.jpg
庭を眺めながら。
c0112559_08291797.jpg
c0112559_08293660.jpg
浴場の写真はネットから借用しました。
c0112559_08302712.jpg
c0112559_08330783.jpg
食事が美味しかったので、また行きたくなる旅館でした。

by gipsypapa | 2018-11-22 08:37 | 建築 | Trackback | Comments(2)

辰野金吾設計の南天苑(その1)

c0112559_08575901.jpg
かなり前から河内長野に辰野金吾設計の旅館があるのを新聞で読んで知っていて、行きたいと思っていました。ある意味、近場なので、行けそうでいつでも行けるということで伸び伸びになっていました。今回はようやく実現した1泊旅行でした。

南天苑は大正初期に堺市の大浜公園に娯楽保養施設として建設された「潮湯」の別館で、家族向けの入浴・遊戯・休憩施設だった「家族湯」が移設されたもの。設計は辰野金吾が率いる辰野片岡建築事務所でした。

L字型平面の木造2階建て、入母屋造りの旅館建築で、内部は客室を中心とし,1階東南隅には大広間がある純和風建築です。近代の大規模和風建築の好例であるとして国の登録有形文化財に指定された、木造2階建て。

天見温泉 南天苑本館
1913(大正2)年 / 1935(昭和10)年移築
設計 : 辰野片岡事務所
施工 : 不明
大阪府河内長野市天見158
撮影 : 2018.5.28 & 29
c0112559_08592339.jpg
c0112559_08594824.jpg
駅の西側すぐに旅館の入り口があります。
c0112559_09004870.jpg
c0112559_09011399.jpg
玄関手前には赤い宝珠の欄干がある飾り橋。
c0112559_09015253.jpg
c0112559_09021597.jpg
c0112559_09030914.jpg
玄関の右から庭に行きます。
c0112559_09040375.jpg
c0112559_09043696.jpg
1階の大広間。
c0112559_09053978.jpg
玄関右側に広がる小ぶりながら見事な池泉回遊式の庭。
c0112559_09065364.jpg
潮湯の本館が1934年の室戸台風で破損したため潮湯は閉鎖。1935(昭和10)年に南海電鉄が別館「潮湯家族湯」を天見温泉へ移築したものです。
c0112559_09075392.jpg
1949(昭和24)年に旅館南天苑がこの建物を使って創業。この頃から、「潮湯家族湯」の移築話は口承となり、辰野金吾氏設計説はあいまいなままだったとか。
c0112559_09083562.jpg
2002(平成14)年に明治建築研究会が調査を開始し、戦前の移築当時の資料が発見され、潮湯別館の移築であることが証明されました。
c0112559_09095042.jpg
c0112559_09102628.jpg
庭の散歩も南天苑の楽しみの一つです。
c0112559_09111139.jpg
c0112559_09120571.jpg
c0112559_09123857.jpg
c0112559_09130088.jpg
c0112559_09132846.jpg
c0112559_09134885.jpg
玄関と反対の裏側へ。
c0112559_09145446.jpg
c0112559_09152887.jpg
c0112559_09160320.jpg
c0112559_09164058.jpg
ブラシの木がありました。
c0112559_09173001.jpg
c0112559_09175644.jpg
c0112559_09183479.jpg
小さな神社があります。
c0112559_09201138.jpg
c0112559_09203296.jpg
白○神社の提灯。
c0112559_09210696.jpg
泊まったのは2階の部屋。
c0112559_09224673.jpg
裏側の少し下がった所にある小さな建物は別館。これは辰野金吾とは関係ないでしょう。
c0112559_09233692.jpg
名もない小川が流れています。
c0112559_09242339.jpg
大正時代の堺の潮湯の写真をネットから借用しています。左の洋館が本館。これは辰野金吾設計で納得ですね。右が今は南天苑に移設された家族湯です。
c0112559_09253247.jpg
Google の航空写真。L字型です。旅館の内部は次回に。

by gipsypapa | 2018-11-21 09:47 | 建築 | Trackback | Comments(0)

伊勢の宿 山田舘

c0112559_08264290.jpg
近鉄伊勢市駅から伊勢神宮外宮に向かう参道にひときわ目を引く3階建てがあります。いかにも旅館らしい和風木造の宿、山田館です。創業は大正初期に食堂兼旅館として始まった100年の歴史がある老舗です。昭和2年に中央の大正期の古い部分を残して今の姿にに増築したそうです。木造3階建て。

伊勢の宿 山田舘
大正初期 / 1927(昭和2)年増築
設計 : 不明
施工 : 篠崎工務店(増築)
三重県伊勢市本町13−1
撮影 : 2018.4.17
c0112559_08281507.jpg
明治時代に開通した参宮鉄道の山田駅(現在の近鉄伊勢市駅)から伊勢神宮外宮にいたる約300mの参道の山田駅前通り。
c0112559_08292687.jpg
当時は路面電車が走り、旅館、食堂や土産物店が立ち並んで大いに賑わったとか。
c0112559_08305656.jpg
今や参道のランドマークとなった山田館。
c0112559_08313249.jpg
ファサードは昭和2年としては新しく見えます。最近、化粧直ししたんでしょう。
c0112559_08320909.jpg
本館は昔ながらの和風木造ですが、別館がありそちらは鉄筋コンクリート造りだそうです。
c0112559_08330769.jpg
c0112559_08332576.jpg
c0112559_08334129.jpg
玄関のガラス戸に飾ってある、昭和2年当時の写真。
c0112559_08344492.jpg
窓越しに中を覗きました。
c0112559_08351523.jpg
これ以降の内部写真はネットから借用しています。
c0112559_08354565.jpg
c0112559_08360403.jpg
c0112559_08362020.jpg
c0112559_08363757.jpg
c0112559_08365579.jpg
c0112559_08371431.jpg
c0112559_08373583.jpg
おまけ。隣にある静岡屋。昔ながらの土産物屋で、建物も古そうです。

by gipsypapa | 2018-11-02 08:40 | 建築 | Trackback | Comments(2)

銀山温泉 古勢起屋別館

c0112559_10384228.jpg
昭和館の東隣は「古勢起屋(こせきや)別館」。温泉街のほぼ中央に位置する存在感がある旅館です。3階建て以上の建物が並ぶ温泉街でも、異彩を放つ木造4階建て。

古勢起屋別館
旧源泉館
大正末期
設計・施工 : 不明
山形県尾花沢市銀山新畑417
撮影 : 2017.9.30
c0112559_10394198.jpg
HPでは古勢起屋は初代小関吉左衛門が慶長年間に米沢から銀山温泉に来て、両替商を始めたのが起りだとか。
c0112559_10402376.jpg
湯治宿になったのは天保年間という歴史のある老舗旅館です。先に紹介した小関屋がその起源と思われます。
c0112559_10410494.jpg
その後、子孫の小関源蔵が分家して今の場所に移り「源泉館」として営業していました。
c0112559_10414847.jpg
今がは代々続く小関吉左衛門が経営する株式会社「銀山荘」が「古勢起屋別館」として経営を引き継いでいるそうです。
c0112559_10443416.jpg
3階建てはよくありますが木造4階建ての宿は珍しい。
c0112559_10422564.jpg
1階玄関横の引き戸は現代的な意匠になっています。
c0112559_10432060.jpg
c0112559_10440712.jpg
c0112559_10453703.jpg
c0112559_10462203.jpg
これ以降はHPほか、ネットにあった写真を借用しています。
c0112559_10472344.jpg
c0112559_10473505.jpg
c0112559_10475098.jpg
c0112559_10480581.jpg

by gipsypapa | 2018-05-25 10:48 | 建築 | Trackback | Comments(2)

銀山温泉 小関館

c0112559_08482884.jpg
銀山川北側の旅館群にある3階建ての「小関館」。長く旅館として営業していましたが、廃業したそうです。木造3階建て。

小関館
旧古勢起屋
1924(大正13)年
設計・施工 : 不明
山形県尾花沢市銀山新畑412
撮影 : 2017.9.30
c0112559_08492195.jpg
戸袋に「古勢起屋」の看板があります。「小関」は宿主の苗字。隣に別館があってこちらは営業しています。左のくずした字は「うちゆあ利」だそうです。
c0112559_08495916.jpg
能登屋もそうですが「千と千尋の神隠し」の油屋みたいな形をしています。
c0112559_08503734.jpg
c0112559_08505967.jpg
c0112559_08511808.jpg
夜景はネットから借用しています。

by gipsypapa | 2018-05-24 08:51 | 建築 | Trackback | Comments(0)

銀山温泉 昭和館

c0112559_08325294.jpg
これも3階建ての宿、昭和館です。腰のなまこ壁と玄関脇のタヌキの置物が目立っています。名前から昭和の建築と思いますが、ネット情報では創業100年とありました。木造3階建て。

昭和館
旧笹原太郎左衛門
昭和初期か
設計・施工 : 不明
山形県尾花沢市銀山新畑420
撮影 : 2017.9.30
c0112559_08333727.jpg
背後に木造、鉄骨造りの建物があります。これも昭和館。新しそうです。
c0112559_08370300.jpg
c0112559_08372221.jpg
c0112559_08373988.jpg
「笹原太郎左衛門」は創業者の名前でしょう。ネット情報では昭和館の前は旅館「笹原太郎左衛門」だったそうです。
c0112559_08390092.jpg
c0112559_08392196.jpg
c0112559_08395304.jpg
これ以降はHPなどネットの写真を借用しています。
c0112559_08403177.jpg
c0112559_08404720.jpg
c0112559_08410105.jpg
c0112559_08411507.jpg
c0112559_08412926.jpg
c0112559_08415668.jpg

by gipsypapa | 2018-05-23 08:42 | 建築 | Trackback | Comments(2)