がんこ和歌山六三園(その2)

c0112559_08343770.jpg
広大な六三園の庭を散策しました。主屋の外観のほかに、文化財指定された建物も見ることが出来ます。

がんこ和歌山六三園
旧松井家別邸
大正末期
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
和歌山市堀止西1-3-22
撮影 : 2018.3.26
c0112559_08353499.jpg
庭に入って最初にあるのは茶室。切妻造りの建物に入母屋造りの角屋などを張出した複雑な外観で、茶室内部は四畳半。開放的な近代の茶室の好例として、国の登録有形文化財に指定されている、木造平屋建て。

旧松井家別邸(がんこ六三園)茶室
大正後期 / 2000(平成12)年改修
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08361274.jpg
c0112559_08363174.jpg
窓越しに部屋の中が見えました。
c0112559_08371879.jpg
茶室の近くにあるこの上品な建物は、なんと便所なのです。数奇屋風の切妻造り桟瓦葺きで軒先は檜皮葺きで、北妻の出入口に杉皮葺きの庇があります。外壁は黄大津、腰はモルタル仕上げで、各面に様々な形の窓があります。国の登録有形文化財の木造平屋建て。

旧松井家別邸(がんこ六三園)便所
大正期
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08384428.jpg
c0112559_08391815.jpg
c0112559_08395794.jpg
c0112559_08403046.jpg
c0112559_08410571.jpg
c0112559_08414070.jpg
るときに外から見た裏門を中から見ています。六三園では少ない洋風建築物の一つ。鉄筋コンクリート造りで間口3.4メートル、両側に門柱が立ち、門柱間はアーチ型。中央に両開きの板戸があります。国の登録有形文化財。

旧松井家別邸(がんこ六三園)裏門
大正期
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08422707.jpg
その左に建つのは浴室棟。これも南の路地から見えていたものです。煉瓦造りに淡いベージュ色のモルタル仕上げ。内部は浴室や脱衣室があるとか。外観を円弧などの幾何意匠で構成し、当時の洋風建築の特徴を示しています。国の登録有形文化財の煉瓦造り、陸屋根のスラブは鉄筋コンクリート造り。

旧松井家別邸(がんこ六三園)浴室棟
大正期
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08430000.jpg
c0112559_08432083.jpg
今は倉庫として使われているようです。
c0112559_08435636.jpg
c0112559_08443140.jpg
十三重の塔は一枚岩から彫ったものだそうです。
c0112559_08453026.jpg
庭から眺める主屋。敷地中央に東面して建ち、式台玄関を持つ玄関棟の南側に座敷棟、西奥に2階棟がつながっています。建築面積が357平方メートルの大邸宅。全体を落ち着いた意匠で統一した上質の和風建築。国の登録有形文化財の木造平屋、一部2階建て。

旧松井家別邸(がんこ六三園)主屋
1920(大正9)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08531977.jpg
c0112559_08535499.jpg
c0112559_08543670.jpg
c0112559_08550921.jpg
c0112559_08553335.jpg
西側は2階建て。
c0112559_08560878.jpg
c0112559_08563203.jpg
c0112559_08565480.jpg
c0112559_08571406.jpg
c0112559_08573401.jpg
c0112559_08575258.jpg
c0112559_08581367.jpg
c0112559_08585047.jpg
c0112559_08591044.jpg
c0112559_09003849.jpg
c0112559_09010040.jpg
主屋の向こうに見えるのは吸水塔です。煉瓦造りで軒にコー二スを廻し、2階各面に上下窓を2箇所設け、その上下端にタイルで白色バンドを入れています。和風建築が多い敷地の中で、て洋風意匠の近代設備を取入れ、特徴的な景観を形成することから、国の登録有形文化財の煉瓦造り、2階建て。

旧松井家別邸(がんこ六三園)給水塔
大正期
設計・施工 : 不明

# by gipsypapa | 2018-10-14 09:12 | 建築 | Trackback | Comments(2)

がんこ和歌山六三園(その1)

c0112559_08361563.jpg
今回の和歌山での昼食は「がんこ和歌山六三園」でした。「がんこ寿司」として大阪の十三で創業し、大阪を中心に近畿地方、東京都に店舗を展開している和食レストランチェーンで、近年は古い屋敷を食事処にしたお屋敷シリーズを展開していて、ここはその一つ。

六三園(ろくさんえん)は地元の実業家、松井伊助の別邸として大正時代に建てられた邸宅です。約6600平方メートルの広大な敷地に、上質の近代和風建築と池泉回遊式の日本庭園が見所で、主屋をはじめとして、10件の建造物が国の登録有形文化財に登録されています。

その後、戦前に旧和歌山銀行オーナーの尾藤家が購入し、米軍による一時接収を経て、1953(昭和28)年からは、料亭「六三園」だったとか。2005(平成17)年から、今の「がんこフードサービス」が運営を引き継いでいます。

がんこ和歌山六三園
旧松井家別邸
大正期末
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
和歌山市堀止西1-3-22
撮影 : 2018.3.26
c0112559_08374183.jpg
六三園の南側の路地を歩いています。塀の意匠が面白い。左は紀州青石、右は瓦のような平たい石を積み重ねたもの。
c0112559_08384148.jpg
c0112559_08391707.jpg
ここから登録有形文化財の土塀。外壁は土壁に弁柄色の骨材を吹付け、煉瓦のような赤い色に。腰は砂岩質の切石を二段に重ね、基礎に地元産の紀州青石を積んでいます。

旧松井家別邸(がんこ六三園)土塀
大正時代
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08401770.jpg
裏門と向こう側が浴室棟。これらも登録有形文化財です。次回に中から見たところをアップします。
c0112559_08410410.jpg
c0112559_08414292.jpg
c0112559_08422434.jpg
さらに南の自動車道から広い駐車場へ入るようになっています。3月末なので桜の季節です。
c0112559_08433198.jpg
敷地の中の庭園も見事ですが、敷地の外にも池泉の庭があります。
c0112559_08442990.jpg
c0112559_08450546.jpg
c0112559_08454051.jpg
c0112559_08460553.jpg
c0112559_08465230.jpg
突き当たって左が表門。木造平屋建ての長屋門で、右側は入母屋造りの部屋に成っていて、左側が通路です。広大な屋敷地の正面を飾る堂々とした門。国の登録有形文化財の木造平屋建て。

旧松井家別邸(がんこ六三園)表門
大正時代
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08474246.jpg
橋を渡り表門をくぐると、左手にライオン像があります。
c0112559_08492169.jpg
大阪難波橋の両端にある4頭のライオン像は彫刻家の天岡均一(あまおかきんいち)が原型を制作し、熊取谷力松(くまとりだにりきまつ)がそれらを石像にしたそうで、全部で5頭製作したうちの1頭だとか。
c0112559_08503480.jpg
c0112559_08511709.jpg
c0112559_08515030.jpg
c0112559_08521414.jpg
庭から見た主屋。玄関棟の南側に座敷棟、西奥に二階棟がつながっています。建築面積は357平方メートルの大邸宅。各棟とも南に縁側と大きな窓を配して庭園の眺望を考慮した意匠です。大規模で全体を落ち着いた意匠で統一した和風建築として国の登録有形文化財に指定された、木造平屋、一部2階建て。次回に他の角度から見た写真をアップします。

旧松井家別邸(がんこ六三園)主屋
1920(大正9)年
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
c0112559_08532705.jpg
c0112559_08534740.jpg
c0112559_08540743.jpg
事前に個室を予約していたので、ゆったり出来ました。
c0112559_08544154.jpg
c0112559_08545941.jpg
c0112559_08551899.jpg
ランチメニュー。値段がリーズナブルなので人気らしく、ほぼ満席でした。
c0112559_08560849.jpg
c0112559_08562692.jpg
蔵の中も食事処になっています。
c0112559_08570077.jpg
c0112559_08572146.jpg
大広間。これはネットの写真を借用しています。
c0112559_08580233.jpg
食事が終わって、ここから庭園の散策に行きます。庭からの眺めは次回に。

# by gipsypapa | 2018-10-13 09:03 | 建築 | Trackback | Comments(0)