須坂の宇治乃園・佐藤家

c0112559_07371588.jpg
宇治乃園・佐藤家は創業から120年以上続く茶の老舗です。建物のほとんどは創業当時からのもので、典型的な切妻、平入りの町屋造り。しっくい大壁造りの2階の上には、火災の備えだったといわれる望楼を載せています。望楼の位置が微妙に中央からずれているのが興味深い。軒下の看板と共に特徴ある外観から須坂市歴史的建造物に指定された木造2階建て。

宇治乃園・佐藤家
明治中期
須坂市歴史的建造物
設計・施工 : 不明
長野県須坂市大字須坂503-1
撮影 : 2017.12.15
c0112559_07375640.jpg
c0112559_07382077.jpg
茶店らしい緑色文字の「御茶所」の看板。見えているのは覆いで、これを剥ぐと浮き彫り金文字の「御茶所」の本看板が現れるとか。
c0112559_07385582.jpg
c0112559_07401492.jpg
ストリートビューで外観を見ています。
c0112559_07404972.jpg

# by gipsypapa | 2018-08-16 07:41 | 建築 | Trackback | Comments(2)

須坂の旧越家住宅

c0112559_08295451.jpg
旧小田切家住宅がある春木町を北に進むと製糸王と呼ばれた越寿三郎が明治45年に購入した旧越家住宅があります。従って建てられたのはそれ以前です。寿三郎が創業した山丸組は、最盛期には8千人の従業員を擁する国内屈指の製糸業だったそうです。須坂で最も早く電話を引き、番号が1番だったため別名「山丸壱番館」と呼ばれていたとか。

平成10年に、建物を須坂市が譲り受け、春木町住民による「旧越家ふれあいクラブ」が管理を行い、学習や交流の施設や、製糸のまち須坂の観光拠点として活用されています。

東側の2階建て部分と入母屋造りの中央平屋建て部が古く,西側の切妻造りが増築された部分です。街路側に東妻面を向け,白漆喰塗りの変化に富む外観が,製糸業で繁栄した往時をよく偲ばせるとして、国の登録有形文化財に指定されている木造2階建て。

旧越家住宅
明治中期 / 大正時代(増築)
登録有形文化財
近代化産業遺産
設計・施工 : 不明
長野県須坂市春木町435-2
撮影 : 2017.12.15
c0112559_08305609.jpg
c0112559_08320637.jpg
c0112559_08324073.jpg
c0112559_08325420.jpg
c0112559_08331369.jpg
玄関を覗いてみましたが、何かの会合が行われていたため、中に入るのは諦めました。
c0112559_08350065.jpg
c0112559_08351564.jpg
c0112559_08353547.jpg
c0112559_08355048.jpg
窓越しに座敷が見えます。
c0112559_08363061.jpg
c0112559_08364733.jpg
Google のストリートビューで北から西へ移動します。
c0112559_08372530.jpg
これが増設部分みたいです。
c0112559_08382648.jpg
やはり広大な敷地です。右に見える蔵も登録有形文化財。

# by gipsypapa | 2018-08-15 08:38 | 建築 | Trackback | Comments(2)