風猛山 粉河寺(その1)

c0112559_08442105.jpg
和歌山の二日目は朝から粉河寺(こかわでら)へ。和歌山城では8分咲きだった桜は、ここではほぼ満開。天気もよく暖かい日でした。

粉河寺は、和歌山県紀の川市粉河にある寺院で、西国三十三所第三番札所。山号は風猛山(ふうもうざん)で、宗派は天台宗系の粉河観音宗総本山です。本尊は、千手千眼観音菩薩。伝承によれば創建は宝亀元年(770年)、大伴孔子古(おおとものくじこ)によるとか。

戦国時代には僧侶たちは寺と領地を守るために武装化して僧兵となり、寺の周囲に城を築いて守り、同じ紀ノ川流域に勢力があった根来寺や高野山と同様に寺社の強力な武装集団になっていました。しかし、戦国時代の終盤には織田信長や豊臣秀吉に攻められて1585年(天正13年)には炎上し焼失。江戸時代になって、紀州藩の庇護と寄進により再興したそうです。

広大な境内には江戸時代中期に建立された重要文化財の本堂、大門、中門、千手堂を初めとした大小の歴史ある伽藍が建ち、本堂前の斜面は巨石を並べた日本庭園があり、国の名勝になっています。

風猛山 粉河寺
江戸中期
和歌山県紀の川市粉河2787
撮影 : 2018.3.27
c0112559_08450116.jpg
c0112559_08454824.jpg
入り口の大門。宝永4年(1707年)建立の入母屋造り、本瓦葺きの楼門(2階建て門)です。仏師春日作と伝える金剛力士像を安置しています。国の重要文化財です。
c0112559_08464254.jpg
c0112559_08481229.jpg
c0112559_08484039.jpg
c0112559_08462537.jpg
大門の隣にある善光寺。粉河寺の境内の一部になっています。
c0112559_08500862.jpg
不動堂。大門をくぐった最初のお堂。弘法大師爪刻(つめぼり)不動尊が安置されています。
c0112559_08504475.jpg
c0112559_08510297.jpg
c0112559_08514175.jpg
c0112559_08520031.jpg
羅漢堂
c0112559_08525389.jpg
本坊。住職の住む僧坊です。
c0112559_08533161.jpg
c0112559_08540418.jpg
c0112559_08544865.jpg
c0112559_08543215.jpg
c0112559_08553242.jpg
出現池。本尊千手観音の化身、童男大士(どうなんたいし)が柳の枝を手に白馬に乗って、この池から出てきたと伝えられています。
c0112559_08582750.jpg
c0112559_08565043.jpg
c0112559_08571026.jpg
c0112559_08573063.jpg
c0112559_08590921.jpg
c0112559_08593939.jpg
童男堂。延宝7年(1679年)の建立の和歌山県指定文化財で、千手千眼観世音菩薩の化身といわれる童男大士を祀っています。
c0112559_09002892.jpg
c0112559_09010000.jpg
c0112559_09012385.jpg
c0112559_09015327.jpg
仏足跡(ぶっそくせき)は、釈迦の足跡を石に刻み信仰の対象としたもの。
c0112559_09023519.jpg
c0112559_09030102.jpg
念仏堂(光明殿)は 江戸時代後期築の総欅造り。「出現池」に隣接して建っています。
c0112559_09033438.jpg
c0112559_09035263.jpg
c0112559_09043276.jpg
露座(ろざ)仏は粉河寺阿弥陀如来像で、粉河町指定文化財。
c0112559_09051041.jpg
文久2(1862)年作の鋳銅仏像で、粉河鋳物師の増井盛信が鐫字(文字の刻印)したものだそうです。
c0112559_09060728.jpg
太子堂。聖徳太子を祀っています。
c0112559_09065428.jpg
c0112559_09071593.jpg
無縁塔。無縁の墓を集めた塔。

c0112559_09073530.jpg
c0112559_09094018.jpg
c0112559_09100428.jpg
手水舎。
c0112559_09111310.jpg
盥漱盤(かんそうばん)は銅製で蓮の葉蓮の葉をかたどっています。1775年製作の紀ノ川市指定文化財で、粉河鋳物師蜂屋薩摩掾五代目源正勝の作。
c0112559_09115501.jpg
中門が見えてきました。ここから階段を登って本堂へ向かいます。

# by gipsypapa | 2018-10-18 09:16 | 建築 | Trackback | Comments(0)

和歌山市の銀行建築

和歌山城の北側は和歌山地方裁判所、家庭裁判所、地方検察庁などの公的機関や金融機関が立地している市の中心オフィス街です。その一角で目に付いた銀行を紹介します。

みずほ銀行和歌山支店
c0112559_08314054.jpg
和歌山中央郵便局の斜め向かい、和歌山城大手門の目の前にあるみずほ銀行和歌山支店は大正末期に建てられた日本勧業銀行和歌山支店だった銀行建築です。鉄筋コンクリート造り2階建て。

みずほ銀行和歌山支店
旧日本勧業銀行和歌山支店
1925(大正14)年
設計・施工 : 不明
和歌山市六番丁1撮影 : 2018.3.26
c0112559_08321960.jpg
c0112559_08323584.jpg
c0112559_08325280.jpg
c0112559_08330994.jpg
c0112559_08333070.jpg
三井住友銀行和歌山支店
c0112559_08343021.jpg
みずほ銀行の東側の四つ角にもう一つ目を引く銀行があります。縦の線を強調した特長のあるデザインで、間違いなく戦後の完工と思われますが、詳細は分かりませんでした。鉄筋コンクリート造り3階建て。

三井住友銀行和歌山支店
詳細不明和歌山市六番丁10
撮影 : 2018.3.26
c0112559_08353843.jpg
c0112559_08361271.jpg

# by gipsypapa | 2018-10-17 08:37 | 建築 | Trackback | Comments(2)