京都の円山公園

c0112559_08033074.jpg
平安神宮神苑から円山公園へ移動。同じ七代目小川治兵衛が作庭したと知り訪ねました。何回か来たことがありますが、今回は視点を変えて散策です。

円山公園は八坂神社、知恩院に隣接し、「祇園枝垂桜」に代表される桜の名所で、明治維新までは八坂神社や慈円山安養寺、長楽寺、雙林寺の境内の一部だったとか。明治初年の廃仏毀釈の一環として、土地が政府に没収され、1886年(明治19年)に総面積約9万平方メートルの公園が設けられ、1887年(明治20年)には京都市へ移管され京都市初の都市公園となったそうです。

園地計画を取りまとめたのは、かの武田五一。歓楽街だった建物が火災で焼失したあと1912年(大正元年)に七代目小川治兵衛(植治)により池泉回遊式の日本庭園が作庭され、現在の形となりました。国の名勝に指定されています。

円山公園
1886(明治19)年開園 / 1912(大正元)年作庭
名勝
公園計画 : 武田五一
作庭:七代目小川治兵衛(植治)
京都市東山区円山町463
撮影 : 2019.4.30
c0112559_08045858.jpg
c0112559_08052931.jpg
知恩院の南側にあります。知恩院南門をくぐると円山公園です。
c0112559_08060833.jpg
平安神宮周辺では少なかった観光客は、ここでは多く見かけました。
c0112559_08075602.jpg
平安神宮神苑で見た石材がここにも。豊臣秀吉が1589(天正17)年に造営した五条大橋と三条大橋の橋脚等に使われていた石材。
c0112559_08084316.jpg
c0112559_08090525.jpg
何かの工事中なのか、水不足なのか、水が流れていません。
c0112559_08103496.jpg
ロープが張られているので、工事かな。

c0112559_08105201.jpg
c0112559_08114695.jpg
c0112559_08120643.jpg
c0112559_08122447.jpg
この奥に滝があるはずですが、水が止まっています。
c0112559_08125087.jpg
少し東側に向かって登ってみましたが、何もありません。
c0112559_08132618.jpg
c0112559_08134463.jpg
c0112559_08140351.jpg
Uターンして南側へ。境内に京料理の店があります。「いそべ本店」です。

いそべ本店
京都市東山区円山公園
c0112559_08144370.jpg
c0112559_08150209.jpg
かなりの高級京料理で敷居が高いはずですが、17:00過ぎで満席。連休のせいでしょうか。
c0112559_08154270.jpg
これ以降は食べログから借用しています。
c0112559_08162275.jpg
c0112559_08163863.jpg
坂本竜馬と中岡慎太郎の像。祇園の一角。幕末の舞台ですね。
c0112559_08171082.jpg
c0112559_08172739.jpg
c0112559_08174479.jpg
西側に下ってきました。ひょうたん池です。
c0112559_08182204.jpg
向こうに見える洋館は長楽館。
c0112559_08185763.jpg
植治の石の配置です。
c0112559_08193677.jpg
c0112559_08195164.jpg
c0112559_08200629.jpg
c0112559_08202635.jpg
c0112559_08204435.jpg
池の西側にラジオ塔が立っています。昔はこの前でラジオ体操とかしていたんでしょうね。
c0112559_08215490.jpg
c0112559_08221698.jpg
見ることができなかった滝の写真をネットから借用します。
c0112559_08224533.jpg



# by gipsypapa | 2019-06-17 08:26 | | Trackback | Comments(2)

平安神宮 (その6)東神苑の社殿

c0112559_14205441.jpg

最後は東神苑の一帯にある建物です。神苑では最も大きな栖鳳池(せいほういけ)の廻りから尚美館(貴賓館)を望む風景と、中央に架かる橋殿、泰平閣がらの展望が美しい庭園でした。

平安神宮 東神苑
京都市左京区岡崎成勝寺町10
撮影 : 2019.4.30
c0112559_14211460.jpg
c0112559_14215524.jpg
前回、アップした栖鳳池中央に渡された橋殿。正式には「泰平閣」といわれます。橋殿の中央には楼閣が立ち、その屋根上に青銅の鳳凰がいます。
c0112559_14224265.jpg
泰平閣から東側に見える平安神宮会館。結婚式などに使われる会館です。
c0112559_14231671.jpg
尚美館(貴賓館)東神苑の中にある建物です。東神苑の造営に伴って、京都御所にあった京都博覧会の中堂を移築したもので、1913(大正2)年に完成。当初は瓦葺きでしたが、景観を考慮し、1940(昭和15)年の額殿や神楽殿の建立と同時期に檜皮葺きに変更されました。

尚美館(貴賓館)
1913(大正2)年 / 1940(昭和15)年改修
設計・施工 : 不明
c0112559_14240586.jpg
c0112559_14244582.jpg
内部も美しく、さすがに貴賓館。これ以降の内部写真はネットから借用しています。
c0112559_14263381.jpg
襖絵は明治後半から昭和初期にかけて活躍した著名な日本画家、望月玉渓(もちづきぎょっけい)によるもの。
c0112559_14270073.jpg
c0112559_14271749.jpg
c0112559_14273427.jpg
尚美館の南側に一連の和風建築がならんでいます。これは看板もネット情報もない、不明の建物。歴史がありそう。
c0112559_14280763.jpg
c0112559_14282252.jpg
c0112559_14283770.jpg
その東側に続いているのは社務所です。
c0112559_14290895.jpg
c0112559_14292260.jpg


c0112559_14293979.jpg



# by gipsypapa | 2019-06-16 14:32 | 建築 | Trackback | Comments(0)