京都大学・百周年時計台記念館

c0112559_22354985.jpg
 京都大学の建築学科初代教授だった武田五一が設計し、大正14年(1925年)に完成した京大キャンパスを代表する建物です。外観は格調高い風格を備え、歴史的にも貴重な存在。
 かっては法経学部の講義施設、近年は本部事務局として歩んできた四面時計塔は、白い針と菊文様、ローマ字が文字盤で 80年近く京都大学吉田キャンパスのシンボルとして親しまれてきました。
 その後、この本部本館は、 保存と保持のために百周年時計台記念館として平成15年に新たな世紀を刻む時計塔として再生されました。
 北側の文字盤の下には時を知らせる鋼鉄製の鐘が付いており、 8時、12時、18時に鳴ります。

京都大学・百周年時計台記念館
旧京都帝国大学本部本館
1925(大正14)年/2003(平成15)年改修
設計 : 武田五一・永瀬狂三・坂静雄
施工 : 直営・清水組・山虎組
京都市左京区吉田本町
撮影 : 2006.11.23 & 2007.7.6
c0112559_22435491.jpg
c0112559_22443499.jpg
c0112559_224457100.jpg
c0112559_22452731.jpg
 当時最新の鉄筋コンクリート構造を採用。京大の中でも極めて初期のRC建物になります。表面の仕様は白い石とタイル貼り。
c0112559_22475744.jpg
 「京都大学百周年時計台記念館」の横には「京都大学大学文書館」というプレートも。
c0112559_22482098.jpg
c0112559_2251101.jpg
c0112559_22513421.jpg
c0112559_23121993.jpg
c0112559_22515788.jpg
c0112559_22521920.jpg
 この建物はいつも開放されていて、一般の見学者も自由に出入りができます。
c0112559_22532756.jpg
 正面の楠は1934年の室戸台風で折れた初代の後に植えられた二代目だとか。
# by gipsypapa | 2007-08-18 22:57 | 建築 | Trackback | Comments(4)

京都大学・本部構内正門

c0112559_1134739.jpg
 今日から京都大学の本部構内へ。ここに古い建物が一番多く残っています。
 旧・第三高等中学校正門です。明治26年の竣工当時、門柱はレンガと石を交互に積み上げていたそうですが、大正期にモルタルを塗って赤レンガが見えなくなりました。1979年に復元工事がなされています。登録有形文化財の石・レンガ(モルタル)造り。

京都大学・本部構内正門
旧・第三高等中学校正門 1893(明治26)年
設計 : 山口半六・久留正道
施工 : 不明
登録有形文化財
京都市左京区吉田本町
撮影 : 2007.7.6
c0112559_11411545.jpg
c0112559_11413935.jpg
 意匠的には白い石の間に赤レンガが見えたほうがいいですよね。モルタルを剥がすと現れるはずですがねぇ。
c0112559_11422648.jpg
 正門の向こうが有名な百周年時計台記念館。次回に紹介します。
# by gipsypapa | 2007-08-17 11:47 | 建築 | Trackback | Comments(0)