日本聖公会 京都聖三一教会

c0112559_10533397.jpg
 日本聖公会の建物が続きますが、もう1件。昭和初期の築の比較的珍しい和風の木造教会です。

 基本設計は画家の園部秀治で、実施設計が平安女学院昭和館を設計したバーガミニです。バーガミニ自身が日本の教会堂は西洋建築より、和風を取り入れることが望ましいと思っていたそうなので、この教会は彼の希望に沿ったものなのでしょう。外観は1階を板張り、2階は半間ごとに柱を見せる真壁造、いわゆるハーフティンバー、で窓は縦長。また屋根は桟瓦葺とするなど和風へのこだわりを感じます。木造2階建の登録有形文化財。

日本聖公会 京都聖三一教会 1930(昭和5)年
登録有形文化財
設計 : 園部秀治(基本設計)+バーガミニー(実施設計)
施工 : 不明
京都市中京区丸太町通千本西入ル聚楽廻中町45
撮 影 2008.1.4
c0112559_10544373.jpg
 妻壁にある十字架と葡萄の木の装飾。
c0112559_10555318.jpg
c0112559_10561295.jpg
c0112559_10562244.jpg
 東面の玄関とその脇の窓。木のぬくもりを感じます。
c0112559_10574386.jpg
 昔の学校の校舎のような板張りの南面。向こうに聖三一幼稚園が併設されています。
c0112559_10592454.jpg
c0112559_10593384.jpg
c0112559_10594073.jpg
 日当たりのよい南面。縦長の窓が並んでいました。しかし、この窓の開閉はどうするのでしょう?
c0112559_111649.jpg
 京都市内の和風木造教会は桃山キリスト教会とここだけです。
# by gipsypapa | 2008-05-15 11:05 | 建築 | Trackback | Comments(2)

日本聖公会京都地区 ウィリアムス神学館

c0112559_15473864.jpg
 聖アグネス教会から烏丸通を南下したところに、昭和初期の洋館があります。やはり平安女学院関連のニコルス師が京都地方監督に任ぜられた際に建てられた住居。現地にある石碑やネット情報ではウィリアム師旧邸となっていますが、ウィリアムス師は1910年(明治43年)に亡くなっていることから、このブログでは「近代建築散歩」京都・大阪・神戸編に記載の旧二コルス邸を採用しています。

 烏丸通から少し奥まった場所にあって通りから見えにくいためでしょうか、ネットなどではあまり紹介されていませんが、私好みの瀟洒なジョージアン様式の木造住宅です。

 当初はアメリカ人の宣教師で長崎や京都で布教を行い、日本聖公会初代監督に就任したS.M.ウィリアムスにちなんだウィリアムス氏記念館でしたが、現在は日本聖公会京都教区主教邸・ウイリアムス神学館として使用されています。木造2階建て、屋根裏部屋付き。

 なお、設計者の上林啓吉はガーディナー建築事務所に最後までいた人物です。ガーディナーと共同でオランダ大使公邸、スペイン大使公邸などを担当しましたが、ガーディナーの死後に独立しました。独立後は宇都宮聖ヨハネ教会、日本聖公会秋田聖救主教会、日本聖公会福井聖三一教会など優れた教会建築を手がけています。

日本聖公会京都地区 ウィリアムス神学館
旧二コルス邸 1931(昭和6)年
設計 : 上林啓吉(上林建築事務所)
施工 : 不明
京都市上京区烏丸通下立売上ル桜鶴円町380
撮影 : 2008.1.3
c0112559_15484486.jpg
 烏丸通に面した敷地の入口。右に見える石碑にシ・エム・ウィリアム師旧邸と刻まれた石碑が見えますが、奥にこのような洋館があるようには見えません。
c0112559_15524664.jpg
 入口には普通の建物があります。ここを通り過ぎて・・
c0112559_15545937.jpg
c0112559_15551231.jpg
c0112559_1555321.jpg
c0112559_1553304.jpg
 敷地の奥に入ると瀟洒な洋館が見えます。木造にドイツ壁を持ったわたし好みの住宅建築です。ジョージアン風の窓の意匠も美しい。
c0112559_166856.jpg
c0112559_166263.jpg
 白を強調した玄関ポーチ。
c0112559_1675727.jpg
 玄関脇にあるベイウィンドウも白の木製窓枠。
c0112559_1692133.jpg
 木造とレンガ造りの違いはありますが、煙突の配置や窓のデザインは、ヴォーリズの同志社アーモスト館を思い出させます。ちなみにアーモスト館ももう少し北の同志社キャンパスにあるわけです。
# by gipsypapa | 2008-05-13 16:14 | 建築 | Trackback | Comments(17)