日本基督教団福岡警固教会

c0112559_1554755.jpg
 福岡市の中心部を南北に走る「けやき通り」を南に入ったところに建つ、蔦が生い茂り、緑で覆われている教会。福岡市景観賞を受賞しています。

 昭和初期の献堂で幾何学的な形をしています。当時の教会建築としては斬新で珍しいと感じますが、それには理由がありました。

 設計者は中村鎮(まもる)。「関根要太郎研究室@はこだて」で紹介されていますが↓、
http://fkaidofudo.exblog.jp/6443344
「中村式鉄筋コンクリートブロック造」の建築を設計し、大正から昭和初期に活躍した建築家です。ブログでも紹介されているように、大正10年4月に起きた函館大火の後に「銀座街」建設を設計したことで有名ですが、実は中村鎮氏は福岡の出身なのです。(福岡県糸島郡波多江村生まれ、福岡市の私立中学を卒業)

 つまりこの福岡警固(けご)教会も九州では最初期の鉄筋コンクリートブロック造なのでした。鉄筋コンクリートブロック造り、2階(一部3階)建て。

日本基督教団福岡警固教会 1929(昭和6)年
設計 : 中村鎮
施工 : 田中忠雄
福岡市景観賞 2006
福岡市中央区警固2丁目11-20
撮影 : 2007.8.15
c0112559_1575627.jpg
 正面(東側)を見てわかるように正方形の集合。
c0112559_1581050.jpg
c0112559_1582837.jpg
 エントランスとポーチ。
c0112559_1585042.jpg
c0112559_159687.jpg
c0112559_1592043.jpg
 南面は一面に蔦が絡まって。
c0112559_1592973.jpg
 外見からだけでは、よくわかりませんが、「鎮(Chin)式ブロック」(中村式鉄筋コンクリートブロックの通称)と呼ばれるコンクリートブロックを積み重ねた構造なのです。

 ちなみに東京の弓町本郷教会 http://www.yumichohongo.com/ も中村鎮設計の教会です。
# by gipsypapa | 2007-11-21 15:23 | 建築 | Trackback(1) | Comments(2)

カトリック浄水通教会

c0112559_171628100.jpg
 浄水通のカトリック福岡司教館の南に隣接する教会。色々調べましたが、建年などの情報はありませんでした。
 感じとしては比較的に新しい、戦後の献堂かな。しかしながら本格的なカトリック教会なので紹介します。

献堂のデータがあったので、修正します。(2014.4.14)

カトリック浄水通教会
1952(昭和27)年
設計・施工 : 不明
福岡市中央区浄水通38
撮影 : 2007.8.15
c0112559_17222773.jpg
c0112559_17242491.jpg
 鐘楼と尖塔を持つ、典型的な教会建築。
c0112559_1725487.jpg
 この日は水曜日でしたが、カトリック教会らしく中へ入ることができました。この入口から礼拝堂へ。
c0112559_17271850.jpg
 エントランスを振り返ったところ。
c0112559_17272976.jpg
 礼拝堂の正面を見ています。
c0112559_1729128.jpg
 こちらは後ろを振り返って、エントランス側。
c0112559_1730424.jpg
c0112559_17305199.jpg
 聖壇。
c0112559_1733195.jpg
c0112559_17344255.jpg
c0112559_1735955.jpg
c0112559_1737833.jpg
 アーチ形の天井と華麗なステンドグラスがカトリック教会らしく美しい。
c0112559_1738888.jpg
 教会の背面にも小さな司教館のようなものがありました。
c0112559_17394236.jpg

# by gipsypapa | 2007-11-19 17:46 | 建築 | Trackback | Comments(0)