横浜市の山手89-6番館 (えの木てい)

c0112559_15281.jpg
 かつて外国人居留地だった山手に残る数少ない西洋館。日本建築学会で取りまとめた“日本近代建築物総覧”にも貴重な建築物であると認定されているとか。古き良き山手の雰囲気を今も漂わせています。その一階のリビングルームが喫茶『えの木てい』になっています。

山手89-6番館 (えの木てい)
1927年(昭和2)年
設計 : 不明
施工 : 宮内建築事務所
横浜市中区山手町89-6
撮影 2006.4.30
c0112559_15132613.jpg
c0112559_15134415.jpg
 通りに面した前庭はオープンカフェで若者でいっぱい。お腹がすいていなかったので「えの木てい」には入りませんでしたが、暖炉,木製の上げ下げ窓や200年以上昔のアンティーク家具が見れるようです。
# by gipsypapa | 2007-03-23 15:17 | 建築 | Trackback(2) | Comments(0)

横浜市の山手234番館

c0112559_15181569.jpg
 c0112559_15234545.jpgこの建物は、4住戸からなる外国人向け共同住宅です。昭和初期に朝香吉蔵の設計で集合住宅「アパートメントハウス」として建てられた木造二階建て。山手234番館に向かって左側は横浜山手聖公会教会堂、右側は山手89-6番館と昭和初期の歴史的建造物が立ち並ぶ一角です。山手の移り変わりの資料などの展示もあります。


山手234番館
1927(昭和2年)
横浜市認定歴史的建造物
設計 : 朝香吉蔵
施工 : 宮内建築事務所
横浜市中区山手町234-1
撮影 2006.4.30
c0112559_1524149.jpg
c0112559_15242434.jpg
c0112559_15243337.jpg
c0112559_15244297.jpg
c0112559_15245255.jpg
c0112559_1525229.jpg
c0112559_15251126.jpg
c0112559_15252733.jpg
c0112559_15254128.jpg
集合住宅だったので中央部分に小さな吹き抜けがあります。表の石の円柱が住宅としては珍しい。このような美しい洋館がよく手入れされ、無料で一般公開されているのはうれしいです。
# by gipsypapa | 2007-03-20 15:30 | 建築 | Trackback | Comments(6)