名古屋市の布池カトリック教会

c0112559_11115691.jpg
 東海学園から最寄の地下鉄の駅に向かう途中で、尖塔が見えてきました。

 布池カトリック教会は名古屋教区司祭座聖堂(聖ペトロ・パウロ・カテドウル)ともいわれ、カトリック名古屋教区の中心となる教会です。この聖堂は昭和37年竣工で比較的新しい建物ですが、高さが50mもある巨大なゴシック風建築で、双塔や先の尖ったアーチなどにその特徴がみられます。 双塔は都心東部のあちこちから眺望でき、地域のランドマークとして市民に親しまれています。鉄骨鉄筋コンクリート造・3階建で、塔は5階、高さ50m。

布池カトリック教会 (名古屋教区司祭座聖堂) 1962(昭和37)年
設計 : 山下寿郎設計事務所
施工 : 不明
愛知県名古屋市東区葵1-1208
撮影 : 2007.1.26
c0112559_11204238.jpg
c0112559_11214440.jpg
c0112559_1122468.jpg
c0112559_11231839.jpg
c0112559_11234992.jpg
 この日は金曜日でしたが、さすがにカトリック教会。横の入り口から礼拝堂の中へ入ることができました。他にも信者と思われる方がお祈りをされていました。日曜日ではないので照明が消えているのは仕方がありません。
c0112559_11241097.jpg
c0112559_11243912.jpg
c0112559_11252083.jpg
c0112559_11254552.jpg
c0112559_11264345.jpg
 ヨーロッパにあるような大聖堂。尖塔が印象的でした。
 
 これで、今回の名古屋シリーズは終わって、次は地元の関西へ帰ります。あ~、やっとか。
# by gipsypapa | 2007-07-09 11:33 | 建築 | Trackback | Comments(0)

東海学園講堂

c0112559_11172210.jpg
 今年の1月、ヴォーリズのルーテル名古屋教会を見に行ったときに、近くに登録有形文化財の建物が近くにあるのを知って立ち寄りました。

 東海学園は仏教系の学校として創立された進学校です。昭和6年に建てられた講堂は薄茶色のスクラッチタイル貼りの外壁。入口は大きな白の半円アーチ、2、3階の開口部を外側に膨らませた窓額縁部分がゆるく弧を描いて張り出しています。5本の付け柱と庇部分の白の装飾などが印象的で重厚な中に華やかさを持った建物です。

 設計は愛知県営繕課長の酒井勝、旧制東海中学卒業生の同営繕課の大脇勲、宮川只一が担当しました。鉄骨鉄筋コンクリート造3階建て、地下1階。
 

東海学園講堂
1931(昭和6)年
登録有形文化財
設計 : 酒井勝、大脇勲、宮川只一
施工 : 志水建築業務店
愛知県名古屋市東区筒井1-2-35
撮影 : 2007.1.29
c0112559_1131163.jpg
 大きな半円アーチの中央エントランス。
c0112559_11325074.jpg
 両脇には2,3階をつないだ縦長の窓。
c0112559_11334354.jpg
 2、3階の開口部を外側に膨らませた窓額縁部分アルコーブがゆるく弧を描いて張り出し、その前にバルコニー。
c0112559_1136108.jpg
 中央エントランスのアップ。
c0112559_11363537.jpg
 1階の両側にあるアーチ窓。
c0112559_11382047.jpg

# by gipsypapa | 2007-07-08 11:41 | 建築 | Trackback | Comments(0)