京都の旧岡村宇太郎邸

c0112559_10412418.jpg
 再び訂正です。Rさんという方から、この住宅は故岡村宇太郎(日本画家)の邸宅だった。また今は取り壊されて現存しないという情報をいただきました。データを変更します。(2012.5.13)

旧中村建築研究所京都出張所の建物と思って、一度アップしましたが、べーさんから↓の本野精吾のPDFにある写真と外観が違うとのご指摘があり、確かに違うこと。また同じPDFの解説に中村建築研究所京都出張所の南に中村鎮設計の古城邸があるのがわかりましたので、修正します。

 本野邸のすぐ近くにある建物。鎮式コンクリートブロック(鎮ブロック)で有名な、中村鎮(まもる)設計の古城邸だと思われます。こちらは本野邸のようにブロック剝き出しではありませんが、中村鎮設計ですから、躯体は当然コンクリートブロックを使った鉄筋コンクリート造りでしょう。持ち主は本野精吾がいた当時の京都高等工芸学校の古城鴻一教授。
 建築年も本野邸や中村建築研究所と似た意匠なので、本野精吾が設計にかかわっていた可能性があります。本野と中村は京都工芸学校実習室(現存せず)を同じ1924年に協働して設計していることから、この仮説は説得力があります。

 中村鎮は大正から昭和初期に活躍した建築家。鎮ブロックを用いた中村式鉄筋コンクリート構造。鎮式ブロックが外装材と鉄筋コンクリートの型枠を兼ねた構造になっています。

中村式鉄筋コンクリートブロック構造の建築物は、大正9年以降、全国に119件あるそうですが、その一部は↓に。
日本基督教団福岡警固教会
「ひろの東本西走!?」日本基督教団天満教会


 2010年ころ解体されました。

旧岡村宇太郎邸 1924(大正13)年ころ
設計 : 中村鎮+本野精吾?
施工 : 不明
京都市北区等持院北町
撮影 : 2008.7.5
c0112559_10445191.jpg
現在は使用されていないようで、樹木や絡まる蔦に隠れて建物の全貌がみえません。見えないながらも、2階建の洋館です。
 背の低い煉瓦造りの門は、本野精吾自邸と全く同じ形をしていて、やはり本野の関与を感じさせます。全貌は「まちかどの西洋館」で見ることができます。
c0112559_10462736.jpg
 今は空き家のようで、近づくと一部が見えてきました。外観からはブロックは見えず、モルタルで仕上げてあります。
c0112559_10474867.jpg
c0112559_10471732.jpg
 こじんまりした玄関周り。
c0112559_10492837.jpg
c0112559_10494848.jpg
c0112559_10501263.jpg
c0112559_10503528.jpg
 壁面も蔦に覆われてほとんど見えません。
c0112559_10514011.jpg
 受取人のいないメールボックス。
c0112559_10524025.jpg
 腰の下部はレンガ貼り。
c0112559_1054811.jpg
c0112559_10542651.jpg
c0112559_10544929.jpg
 東側に倉庫のような別棟がありました。
 ここは庭木や蔦が落葉する冬にもう一度訪問したいところです。空き家のようなので、問題は、いつまで残っていてくれるかですね。
# by gipsypapa | 2008-07-25 10:59 | 建築 | Trackback | Comments(8)

本野精吾自邸

c0112559_16533566.jpg
 当時の日本の建築界では前衛ともいえる、モダニズム運動をリードした本野精吾は、この等持院界隈に大正13年(1924)に自邸を自らの設計で完成させました。彼の作品の数はそんなに多くはありませんが、いずれも当時主流だった古典主義を脱却する過程での実験的なものです。

 彼は東京帝国大学を卒業した後、当時京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)の教授であった武田五一の招きで、1908年に同校図案科の教授となって京都へ。その後、ヨーロッパへ留学を経た後に本格的な活動を京都で始めました。武田吾一に招かれたからといっても、作風は武田とは違うヨーロッパの新しい建築モダニズムの影響を受けています。

 この自邸は中村鎮式コンクリートブロックを剥き出しのまま使用し、合理性を追求した、日本におけるモダニズム建築の先駆になったものです。この建物は平成15年(2003)に「DOCOMOMO Japan 100」に選ばれています。コンクリートブロック造り、2階建。

 本野精吾については INAX Report が Web にあり、詳細な解説や写真が掲載されています。ここにあるPDFファイルはさらに詳細で、近代建築ファンは必見です。ということで、ここでこれ以上詳しく書くは述べません。なお、他の建築家の貴重かつ専門的な解説もありますので、ご参考に。

平成29(2017)年の夏に実施される「第42回京の夏の旅」で特別公開が行われる場所のひとつとして、住所が公開されたので、追記します。(2017.7.7)

本野清吾自邸 1924(大正13)年
設計 : 本野精吾
施工 : 不明
京都市北区等持院北町58
撮影 : 2008.7.5
c0112559_16561338.jpg
c0112559_16564559.jpg
 現在も現役の住宅なので正面からの撮影は控えめに。玄関が北東の角にあり、上部は切り欠きになっていて、古典主義とは違う非対称形。
c0112559_16573313.jpg
 北側の隣家前から建物の側面が見えました。
c0112559_16574647.jpg
c0112559_1658749.jpg
 まったくのコンクリートブロックむき出し。だだ、玄関脇の柱にはレンガタイルが貼られて単純なモダニズム建築ではない、設計者の意図が感じられます。
c0112559_1659146.jpg
c0112559_1659318.jpg
 シンプルですが、現代に通じるデザイン。最近、だんだん装飾の多い住宅より、このような単純明快な形式美がいいなと思うようになってきました。
# by gipsypapa | 2008-07-23 17:07 | 建築 | Trackback | Comments(0)