下関市唐戸地区の観光

門司港に渡る前に、せっかくですから、建物巡りをお休みして、下関の唐戸周辺の観光スポットを紹介します。

撮影 : 2008.5.1-5.2
c0112559_13242554.jpg
c0112559_13245052.jpg
c0112559_13252783.jpg
 「赤間神宮」
 関門海峡を見下ろす高台にある赤間神宮は観光の名所。壇ノ浦の戦で幼くして亡くなった安徳天皇を祀る神社。平家一門を祀る塚があることでも有名で、「耳なし芳一」の舞台にもなっています。
c0112559_13272910.jpg
 赤間神宮の石段を下って、山陽道を渡った、海側の波打ち際に石灯篭が立っています。
c0112559_13275185.jpg
 平家の大将、平知盛が背負って幼帝安徳天皇のお供をして入水したことにちなむ海峡守護の「碇」。もちろん碇は現代のものです。
c0112559_13293760.jpg
 同じ場所から左に関門橋が見えます。
c0112559_13304817.jpg
c0112559_13311173.jpg
 「唐戸市場」
 海産物の卸売市場として有名。朝早く出かけると新鮮な魚を安く買うことができます。市場内に寿司屋さんがあるとのことで、昼食時に出かけましたが、何軒かあるお店は店の外まで長い行列。ゴールデンウィーク中とはいえ、すごい人出。人気のスポットなのです。
c0112559_13325331.jpg
 待つのは嫌いなので、西側のカモンワーフという、土産物や飲食店街が入っているモールへ移動。ここもかなりの人が列を作っていましたが、大きな回転寿司の店へ。回転寿司なので回転がよく(笑)、しばらく待ったら席に着くことができました。魚介類はさすがに新鮮でおいしかったです。
c0112559_13342862.jpg
 下関といえばフグ。ここでは「ふぐ」は「ふく」つまり幸福の「ふく」なのです。
 まずは、ふくの料理旅館・春帆楼にある「ふくの像」
c0112559_1334542.jpg
 関門海峡を少し見下ろす亀山八幡宮の境内には巨大な「ふくの像」。八幡宮を見上げる山陽道からは「世界一のふくの像 下関ふく連盟」と書いた大きな横断幕が見えて像とともに笑ってしまいそう。しかし「ふくの像」は食べられるふくの供養のために造られたもので、人間の勝手な「業」ですね。
c0112559_13375514.jpg
 マンホールも御覧のように。下関はやっぱり「ふくの街」を実感。
c0112559_1338523.jpg
 ということで、夕食はふくしかない。カモンワーフのふく料理店でミニ会席。ひれ酒も飲んだし、安くて満足しました。
c0112559_1340779.jpg
c0112559_13401997.jpg
 今回、唯一の建物紹介。
 関門海峡・ウォーター フロントの一環として、6年前に誕生した商業施設「下関カモンワーフ」のある唐戸地区は下関の主要観光地になっています。その前の船着き場のある湾(「あるかぽーと」というらしいです)の防波堤に建つ灯台。
 赤は下関外浜町防波堤灯台 1913(大正2)年 / 2000(平成12)年改築。
白は下関市あるかぽーと東防波堤灯台(下関外浜町西防波堤)で、こちらは最近設置されたものです。
c0112559_13413248.jpg
c0112559_13415519.jpg
 カモンワーフの夕暮れ。
c0112559_13423162.jpg
 湾の向こうに見えるのは、しものせき水族館「海響館」。
c0112559_134325.jpg
  一夜明けて、この関門連絡船で門司へ。1時間に3便あるので思ったより便利。運賃は390円でした。所要時間はなんと5分とすぐです。

 では、次回から対岸の門司をやります。
# by gipsypapa | 2008-09-10 13:47 | | Trackback | Comments(4)

旧下関国鉄ビル(旧山陽ホテル)

c0112559_15383123.jpg
 下関シリーズの最後になります。ここも廃墟化の心配がある建物。

 戦前、朝鮮半島の釜山と下関を結んだ関釜連絡船や鉄道の旧下関駅を乗り降りする人達の宿泊施設として利用されていた山陽ホテル。明治時代にあった木造2階建が1922年(大正11年)に焼失、その後再建されたのがこの建物です。皇族や政府高官が利用したという、西日本でもひときわ格調の高いホテルであったということです。

 1942(昭和17)年、関門鉄道トンネルが開通してホテルの前にあった下関駅が西の竹崎町へ移ったことや、太平洋戦争の戦況が悪化し、大陸渡航者も減少したことの影響を受けて、ホテルとしての営業を停止。その後、建物は貸事務所に改造され、名を下関国鉄ビルになりました。

 設計は辰野葛西建築事務所。外観は煉瓦タイル貼りで、セセッションを基調とした近代的な設計です。鉄道会社らしい鉄骨装飾を持つ、車寄せ上屋が面白い。鉄筋コンクリート造り3階建て、地下1階。

旧下関国鉄ビル
旧山陽ホテル 1923(大正12)年
設計 : 辰野葛西建築事務所
施工 : 不明
下関市細江町3-2-7
撮影 : 2008.5.2
c0112559_15394851.jpg
 大型のビルですが、すでに古典主義ではなく近代的で、あまり特徴はありません。辰野葛西建築事務所の設計ですが、辰野金吾は1919年に他界してこの建築には関与していません。
c0112559_15405975.jpg
c0112559_15411771.jpg
c0112559_15413288.jpg
c0112559_15414594.jpg
 1階にはアーチ窓が並びます。煉瓦積みのようなアーチ周りの仕上げ。
c0112559_15423474.jpg
c0112559_15424833.jpg
c0112559_1543341.jpg
c0112559_15505470.jpg
c0112559_15431356.jpg
 目を引く鉄骨の車寄せ上屋。しかし鉄骨は錆びています。
c0112559_15435517.jpg
 中はここも空き家です。ネットの記事↓
2003年の耐震検査で老朽化による危険が指摘され、翌年に店子の広成建設山口支店が退去して、以降は空き家になっている。地元自治会や文化団体などが「旧山陽ホテル保存推進会」を結成して保存を呼びかけ、当面の解体撤去は免れたが、下関市は財政事情が厳しいとして保存活用には及び腰だ。
 ここも存続が危ぶまれます。
c0112559_15445497.jpg

# by gipsypapa | 2008-09-09 15:51 | 建築 | Trackback | Comments(8)