<   2020年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

大阪マルビル

大阪マルビル_c0112559_07533745.jpg
この日の友人との飲み会は大阪マルビルの8Fにある居酒屋でした。大阪マルビルはJR大阪駅の南側に建つ円筒形のビル。大阪マルビル直営の大阪第一ホテルのあるビルですが、、その他に商業テナントも入居しています。

今は周辺の高層ビルに囲まれて目立たなくなりましたが、完成当時は周辺で唯一の高層ビルでした。また、そのユニークな形状と長くおなじみだった屋上部の電光掲示板が大阪駅のホームからよく見え、梅田のランドマーク的ビルでした。今でも大阪では知らない人はいないといってもよい建物です。鉄骨造り(一部鉄骨鉄筋コンクリート、鉄筋コンクリート)、地上30階、地下2階。

大阪マルビル
1976(昭和51)年
設計・施工 : フジタ工業
大阪市北区梅田1-9-20
撮影 : 2020.2.14 & 2.21
大阪マルビル_c0112559_07541916.jpg
最初の写真は後日、広間に通りかかったとき。これは飲み会のときの夜景です。
大阪マルビル_c0112559_07551732.jpg
マルビル側から北を見ると大阪駅のサウスゲートビルが目の前。
大阪マルビル_c0112559_07560531.jpg
地下は「ディアモール大阪」という地下街です。
大阪マルビル_c0112559_07563253.jpg
往きはここを通って、帰りは夜の地上を歩きました。
大阪マルビル_c0112559_07570487.jpg
マルビルの北手前に面白いオブジェが建っています。自転車?
大阪マルビル_c0112559_07573952.jpg
大阪マルビル_c0112559_07575600.jpg
マルビルの1階北側に洋風庭園があります。
大阪マルビル_c0112559_07582631.jpg
大阪マルビル_c0112559_07590217.jpg
大阪マルビル_c0112559_07591915.jpg
行くときは晴れていましたが、飲んでいる間に雨が降ったようで、いい雰囲気に。
大阪マルビル_c0112559_07595147.jpg
大阪マルビル_c0112559_08000570.jpg
大阪マルビル_c0112559_08002125.jpg
大阪マルビル_c0112559_08003779.jpg
大阪マルビル_c0112559_08005149.jpg
おまけ。飲み会で飲んだ、南オーストラリア産の赤ワイン。
大阪マルビル_c0112559_08012970.jpg
ネットの写真です。今は時間と気温だけが表示されていますが、昔はここにネオン電光掲示が廻り、文字ニュースを流していて、よく出勤時に大阪駅のホームから見たものです。
大阪マルビル_c0112559_08020025.jpg
これ以降は1週間後に前を通ったとき。
大阪マルビル_c0112559_08023535.jpg
大阪マルビル_c0112559_08024879.jpg
大阪マルビル_c0112559_08030123.jpg
夜の雨上がりの雰囲気がよかったので、期待しましたが昼間は普通のテラスでした。
大阪マルビル_c0112559_08033352.jpg
大阪マルビル_c0112559_08034707.jpg
大阪駅前にある第一生命ビルの横にある鍾馗(しょうき)様。
大阪マルビル_c0112559_08041358.jpg
大阪マルビル_c0112559_08043569.jpg
大阪駅のサウスゲートビルの手前に菜の花が咲いていました。1週間前は夜だったので気づかず。



by gipsypapa | 2020-02-28 08:07 | 建築 | Trackback | Comments(2)

グランフロント大阪 ザ・ガーデン

グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08224409.jpg
北館の先には超高層マンション「オーナーズタワー」が建っていて、ショップなどはありません。二つのビルの間には現代的な庭園「ザ・ガーデン」があります。ザ・ガーデンには池や散策道が整備されていて、回遊式日本庭園が広がっています。グーグルマップでは「池のある散歩道」と表示されている都会のオアシスです。

グランフロント大阪 ザ・ガーデン
2013(平成25)年
設計 : 日建設計、三菱地所設計、NTTファシリティーズ
施工 : 大林組、竹中工務店大阪市北区大深町3
撮影 : 2010.2.2 & 2.14
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08231823.jpg
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08233673.jpg
せせらぎの道はまだ北側の「オーナーズタワー」の北まで続いていますが、手前で右折。
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08242392.jpg
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08245008.jpg
あまり知られていないのか、冬だからか、暖かい日でしたが人影はほとんどありません。
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08252690.jpg
右側のインターコンチネンタルからこの庭園へ出ることが出来て、ホテルの前庭にもなっています。
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08260286.jpg
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08261953.jpg
ここからの水は「せせらぎの道」の水と合流して、「うめきた広場」へ流れています。
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08265950.jpg
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08272540.jpg
春には桜、秋にはイチョウなどが綺麗でしょう。来やすいのでまたいつか訪ねます。
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08280451.jpg
この路地は「オーナーズタワー」と繋がっています。賃貸マンションみたいですが、調べたら家賃が高過ぎて庶民には無理。
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08283331.jpg
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08285924.jpg
時々人を見かけましたが、単に通過しているだけ、庭を見ている物好き自分だけ。
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08293416.jpg
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08295305.jpg
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08301035.jpg
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08303117.jpg
正体不明の建造物。扉がなかったので、地下の通風孔かもしれません。
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08310700.jpg
建造物の向こう側に水源。
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08314054.jpg
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08315847.jpg
この一角は日本庭園らしい造りです。
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08323981.jpg
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08325720.jpg
石碑があります。左には「風アルトキ時ハ 風ニ酔ウ」。右は「花アルトキハ 花ニ酔ウ」と刻まれています。 
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08333780.jpg
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08335846.jpg
新緑の季節にまた来ましょう。
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08344386.jpg
最新の画像。2月14日に夜の庭が見たくて再訪しました。
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08351588.jpg
ややライトが不足気味の印象。
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08354685.jpg
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08360006.jpg
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08361223.jpg
インターコンチネンタル大阪のポーチ(車寄せ)が見えています。
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08364196.jpg
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08365922.jpg
パティスリーのSTRESSED(ストレス)。「ホテル特製ケーキやベーカリーアイテムをオリジナルブレンドティーやコーヒーとともに。」だそうです。
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08373963.jpg
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08375892.jpg
この庭を再訪することはあっても、入ることはなさそうなので、これ以降は食べログの写真を借用します。
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08392050.jpg
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08400015.jpg
グランフロント大阪 ザ・ガーデン_c0112559_08393751.jpg


by gipsypapa | 2020-02-27 08:44 | | Trackback | Comments(2)

グランフロント大阪 せせらぎの道

グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08144454.jpg
グランフロント大阪の西側は、「せせらぎの道」と呼ばれる水景施設になっています。うめきた広場からオーナーズタワーの北側まで、幅11mの歩道空間と敷地内の通路を合わせて計20m幅の歩行者用の沿道空間です。

今は落葉していますが、3列のイチョウ並木になっています。大半の人はビル内の通路を通るため、この道は人通りがそれほどではなく、静か。行き着いたところにある庭園とともに、散歩にはお勧めのルートです。

グランフロント大阪 せせらぎの道
2013(平成25)年
設計 : 日建設計、三菱地所設計、NTTファシリティーズ
水景設計 : 光栄
施工 : 大林組、竹中工務店
大阪市北区大深町3 & 4
撮影 : 2020.2.2 & 2.14
グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08153977.jpg
グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08155783.jpg
うめきた広場から北上。
グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08165742.jpg
グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08175680.jpg
北館はビルの下がアーケードになって銀行のような円柱が並び立っています。
グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08185169.jpg
グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08190701.jpg
ところどころに変化をもたせています。
グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08195064.jpg
動きがわからないほどゆったりした流れです。
グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08200612.jpg
3列のイチョウ並木。落葉して寂しい。
グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08204932.jpg
グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08210311.jpg
グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08211825.jpg
グランフロント大阪の西側は「うめきた2期」の工事中。フェンスで囲われています。都市公園を中心に健康医療施設、コンベンション施設などを配置する計画だとか。2024年夏の開園を予定とかs楽しみです。
グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08224127.jpg
グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08225913.jpg
グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08231782.jpg
グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08233658.jpg
北館の一番北側、インターコンチネンタルの横に来ました。ガラス越しに見えているのはSTRESSED(ストレス)というパティスリー。
グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08241721.jpg
せせらぎの道はまだ北まで伸びていますが、ここで右折して次回にアップする「ザ・ガーデン」に行きます。
グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08245491.jpg
その後に訪ねた最新の画像は夕暮れ時。
グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08264818.jpg
広間は落葉して寂しい感じだった銀イチョウ木が電飾で綺麗でした。
グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08272986.jpg

グランフロント大阪 せせらぎの道_c0112559_08260374.jpg



by gipsypapa | 2020-02-26 08:31 | 建築 | Trackback | Comments(3)

グランフロント大阪 うめきた広場

グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_08494757.jpg
「うめきた広場」はJR大阪駅のあるステーションシティの「ノースゲートビルディング」と「グランフロント大阪」との間に広がるイベント広場です。

大阪は水の都といわれますが、それにふさわしく広場の中には水が流れ滝となって、地上階と地下階をつないでいます。水辺には 地上2階建ての商業・多目的ホール、船をイメージしたデザインとなっている「うめきたSHIP HALL」があり、うめきた広場と一体感を持っ景観を作っています。

これまで大阪駅周辺は、ごみごみしていて、こういった気軽に休憩できるスペースがありませんでした。駅前のビル群が立ち並ぶ忙しい街のど真ん中にありながら、水を感じ安心して休憩できるスペースは大阪駅周辺の新しいランドマークになっています。

グランフロント大阪 うめきた広場
2013(平成25)年
設計 : 日建設計 
監修 : 安藤忠雄建築研究所
水景設計 : 光栄
施工 : 大林組、竹中工務店
大阪市北区大深町4-1
撮影 : 2010.2.2 & 2.14
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_08502461.jpg
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_08504414.jpg
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_08505977.jpg
西側の一角にある「うめきたSHIP HALL」。2階はグランフロント大阪のイベント会場で、1階はガーブモナークというカフェ・レストランです。
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_08513783.jpg
広場全体は安藤忠雄建築研究所が監修したそうです。
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_08521280.jpg
監修って、どれくらい設計に関与するか知りませんが、有名建築家が関わったと納得する現代的なフォルムですね。
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_08522982.jpg
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_08533553.jpg
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_08535184.jpg
見る角度で違った形に。こういう曲線を図面で表すのは難しそう。
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_08541381.jpg
地上から地下へ向かって階段を水が流れ落ちています。
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_08551395.jpg
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_08552860.jpg
下から見たいのでグランフロント大阪の南館から地下へ。うめきた広場の地下1階は「うめきたセラー」といいます。
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_08563464.jpg
DEAN & DELUCA(ディーン&デルーカ)は生鮮食料品や魚介類などの各種食材やワイン、コーヒーのほか、自社製の調理食品や総菜、アイスクリームやケーキなど扱う店。
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_08571768.jpg
その広場側がテラスになっていて、流れる滝を目の前に見ることが出来ます。冬なのでここも人がいません。
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_08580171.jpg
波立つしぶきが見えるでしょうか?相当な音を立てて流れ落ちていました。
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_08583202.jpg

都会の絶景です。
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_08591580.jpg
再び地上へ。熊のオブジェは個人的には違和感ありですが・・・
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_09003089.jpg
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_09004800.jpg
ここから水の流れに逆らって「せせらぎの道」を北へ進みます。それは次回に。
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_09011671.jpg
これ以降は最新の2月14日の画像です。ノースゲートビルの地下からアプローチ。
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_09014513.jpg
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_09015960.jpg
夕闇の広場。前回昼間には流れ落ちていた水はほぼ止まっています。昼間と違って静寂でした。
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_09024255.jpg
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_09030165.jpg
例のオブジェが熊と書いた化粧まわしをしています。3月の大阪場所前の巡業がこの広場であるようです。
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_09034941.jpg
脇にある小さな滝も水が少ない。
グランフロント大阪 うめきた広場_c0112559_09042673.jpg
広場から南のノースゲートビルを。



by gipsypapa | 2020-02-25 09:09 | 公園 | Trackback | Comments(2)

グランフロント大阪 北館(タワーB & C)

グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08055939.jpg
グランフロント大阪は大阪最後の一等地"といわれる「うめきた」の総面積約24ヘクタールのうち約7ヘクタールのエリアに立地しています。南側から順に南館(タワーA)、北館(タワーB、タワーC)、オーナーズタワーに分かれて、ショッピングモールやレストラン・カフェ、オフィス、ホテル、コンベンション・センター、劇場、超高層マンションが入っています。

北館は2棟のビルから構成されていて、タワーBは地上38階地下3階(高さ175.3 m)、それにつながるタワーCは地上33階地下3階(高さ154 m)の鉄骨鉄筋コンクリート造り。オフィス、インターコンチネンタルホテル、商業施設が入っています。最初のネットの写真の手前から2番目と3番目が北館BとCです。

グランフロント大阪 北館(タワーB & C)
2013(平成25)年
設計 : 日建設計、三菱地所設計、NTTファシリティーズ
施工 : 大林組、竹中工務店大阪市北区大深町4-1
撮影 : 2010.1.20 & 2.2
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08063890.jpg
南館タワーAからのアクセスは2階の連絡橋を渡ります。タワーA2階にある居酒屋が並ぶ通路。現代的な店がほとんどのグランフロント大阪では珍しい一角。
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08072617.jpg
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08080492.jpg
エレベーターを探して北のタワーCへ進んでいます。吹き抜けの広場。ナレッジプラザという吹き抜けのイベント広場です。
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08083866.jpg
下層階はショッピングモール。これと次の写真は写真はネットから借用しています。
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08091841.jpg
タワーB&Cはオフィスが多いようで。
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08095310.jpg
これは2月初旬の別の日のナレッジプラザ。洋品雑貨の販売が行われていました。ナレッジキャピタルという垂れ幕が見えます。何故こんなにわかりにくい英語の名前をつけるのか疑問ですねえ。大阪はこういうの多いです。
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08102874.jpg
吹き抜けの空間。
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08112286.jpg
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08115728.jpg
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08121398.jpg
北館地下街にある「世界のワイン博物館」。名前はすごいのですが、実は単なるワインパブです。
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08125904.jpg
35カ国、250種類のワインの品揃えが売り。いつか行ってみようかな。
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08133653.jpg
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08140192.jpg
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08141632.jpg
ナレッジプラザの更に北、タワーC一番北側にはホテル。インターコンチネンタル大阪が入っています。まっすぐ進むと自動ドア。そこを出ると日本庭園があります。それは別の機会に。
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08145939.jpg
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08151676.jpg
東側にホテルの車寄せ。
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08155136.jpg
海外出張で会議などでは、このホテルチェーンに行ったことがありますが、一度も泊まることはなかった高級ホテルチェーン。通称「インターコン」です。
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08163341.jpg
再び1月20日の写真に戻ります。タワーCのエレベーターで9階へ。外に出ると北館ガーデンテラス。
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08171525.jpg
この辺がタワーBとCのつなぎ目。
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08174555.jpg
冬だからでしょうか、南館ガーデンテラスより緑が少なく、寂しい。
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08183575.jpg
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08185682.jpg
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08203861.jpg
この辺も根っこはどうなっているんだろう、という立派な木。
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08222743.jpg
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08245785.jpg
グランフロント大阪 北館(タワーB & C)_c0112559_08262661.jpg
夏は暑そうですね。



by gipsypapa | 2020-02-24 08:30 | 建築 | Trackback | Comments(2)

グランフロント大阪 南館(タワーA)

グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08153261.jpg
大阪駅のノースゲートビルディングの北側に高層ビルが南北に並んでいます。グランフロント大阪という複合商業施設です。JR梅田貨物駅跡地の再開発エリア「うめきた」エリアの先行開発区域として、2013(平成25年)に開業しました。

大阪最後の一等地"といわれた「うめきた」の総面積約24ヘクタールのうち約7ヘクタールのエリアに立地しています。南側から順に南館(タワーA)、北館(タワーB、タワーC)、オーナーズタワーに分かれて、ショッピングモールやレストラン・カフェ、オフィス、ホテル、コンベンション・センター、劇場、超高層マンションが入っています。 最初は南館から。鉄骨鉄筋コンクリート造り、地上38階、地下3階建て、高さ179.5 m。

グランフロント大阪 南館(タワーA)
2013(平成25)年
設計日建設計、三菱地所設計、NTTファシリティーズ
施工大林組、竹中工務店大阪市北区大深町4-20
撮影 : 2010.1.20 & 2.2 & 2.14
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08171477.jpg
大阪ステーションシティのノースへービル2階、アトリウム広場から連絡橋を渡って向かいます。
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08175304.jpg
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08180934.jpg
西側の地上にある「うめきたSHIP HALL」。2階はグランフロント大阪のイベント会場で、1階はガーブモナークというカフェ・レストランです。これは別に取り上げます。
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08185011.jpg
2月の初めの写真。若い外国人観光客が多かったです。
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08192548.jpg
この頃はまだコロナ騒動はそれほどではありませんでした。
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08202050.jpg
再び1月20日。エスカレーターで9階へ。
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08205390.jpg
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08223571.jpg
9階から外に出ると緑地が広がっています。南館ガーデンテラスです。
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08231444.jpg
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08233779.jpg
この日は寒くはなかったのですが、やはり冬なので外で出会ったのは一人だけでした。
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_10170342.jpg
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08243302.jpg
入れませんでしたが、オフィススペースのサンルームからこの庭が目の前。ここには人がたくさん集まっていました。
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08263090.jpg
樹木が結構大きい。根っこの処理はどうなっている?どれくらい深いのか気になりました。
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08281419.jpg
木製のテーブルが並んだ一角。
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08285022.jpg
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08290531.jpg
季節がよければ、ここはオフィスに働く人たちのランチスペースでしょう。
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08293943.jpg
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08295410.jpg
大阪駅のノースゲートビルからガーデンテラスが見えていました。
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08303239.jpg
これ以降は先日、夜の飲み会で夕暮れ時に再訪したときの写真です。ノースゲートビルから地下を通って行きました。
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08310706.jpg
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08312303.jpg
南側の低層部が円形になっていますが、その円周部を支える芸術的なフォルムの柱。
グランフロント大阪 南館(タワーA)_c0112559_08315074.jpg
ノースゲートビルのカリヨン広場の近くから見ています。



by gipsypapa | 2020-02-21 08:38 | 建築 | Trackback | Comments(0)

大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング

大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08060622.jpg
大阪ステーションシティの最新写真です。先にノースゲートビルやグランフロントビルを訪ねたときとは別の飲み仲間との飲み会。この日は夜で、行き先は大阪マルビルの店、つまり、おなじみの大阪駅南側だったので、早めに着いて、前回見逃したサウスゲ-トビルへ。

大阪駅の南側はサウスゲートビルディング。JR系列のホテルグランビア大阪と大丸梅田店が入っています。1983(昭和58)年に開業し「アクティ大阪」と呼ばれたビル(27階建て・高さ122.3mがあります。

その南側に「大阪駅開発プロジェクト」の一環として、地上15階建て・高さ約70mのビルを増築し、2011(平成23)年に開業。そのときにビルの愛称を「サウスゲートビルディング」へ変更したそうです。

大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング
1983(昭和58)年 / 2011(平成23)年増築
設計日本国有鉄道、安井建築設計事務所
施工大林組、鹿島建設、清水建設、竹中工務店、間組JV
水景設計 : 光栄(水の時計
大阪市北区梅田3-1-1
撮影 : 2010.2.14
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08085738.jpg
南側からの夜景。これは自分が撮ったものですが、最初の写真は自分では無理。ネットから借用しました。さすがプロ。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08093857.jpg
大阪駅はこのサウスゲートが表玄関です。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08102243.jpg
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08105155.jpg
中央入り口の手前、向かって右側にある「水の時計」。実はこれが面白い。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08113537.jpg
水の幕が流れていて、色々な模様が瞬間的に見えては落ちて行くのです。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08122053.jpg
一瞬なので、シャッターチャンスが難しい。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08130250.jpg
何度もトライして、いくつか撮影。後で考えたら、動画撮影して、再生しながら一時停止させてスクリーンショットを撮ればよかったわけで・・・・


大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08134174.jpg


あとでyoutubeにあるのに気づきました。

とにかく、時間の表示も撮れました。もうすぐ6時。既に暗くなりました。飲み会は7時からなので、このあと夜景を撮りに、北側のグランフロント大阪へ行きます。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08141959.jpg
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08143783.jpg
中央口を入ってコンコースの方へ向かうと「旅立ちの広場」。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08154258.jpg
上部にはレリーフの壁画があります。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08161412.jpg
調べると、アルミキャスト「世界にひらく大阪」というタイトル。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08164328.jpg
1983(昭和58)年完成、監修:井手宣通、原画:角卓、制作:ルイ・フランセンだそうです。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08171555.jpg
その向こうにある「旅立ちの鐘」。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08180154.jpg



by gipsypapa | 2020-02-20 08:22 | 建築 | Trackback | Comments(2)

大阪ステーションシティ 天空の農園

大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_08535269.jpg
風の広場の更に上の14Fにある農園。「都市の中で自然を実感し、憩いと潤いを与えるオアシス空間。心と体に居心地のよい広場。」というのがうたい文句です。ブドウやさくらんぼなどの果樹、チューリップなどの花やハーブ類を初めとして、イチゴ、イモ類などの季節の野菜を栽培しています。

大阪ステーションシティ 天空の農園
大阪市北区梅田3-1-3ノースゲートビルディング14F
撮影 : 2020.1.20
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_08542542.jpg
風の広場からこのゲートへ。
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_08551523.jpg
エレベーターやエスカレーターはなく、階段を3階登ります。
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09012756.jpg
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09040976.jpg
階段の壁には額縁に緑をあしらって。
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09044282.jpg
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09045879.jpg
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09053791.jpg
造花ではありません。みんな本物の植物です。
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09055116.jpg
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09060757.jpg
長い階段。なぜエスカレーターやエレベーターがないのか分かりませんが、せっかくの広場も車椅子では行けないわけで。
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09071422.jpg
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09073697.jpg
細長い花壇と、
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09081169.jpg
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09082930.jpg
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09084393.jpg
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09085550.jpg
日時計があります。
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09092227.jpg
少し下がったところが農園。
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09095387.jpg
風力とソーラー発電をやっていますね。
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09102462.jpg
色んな野菜や花が育てられています。
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09105652.jpg
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09111183.jpg
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09112696.jpg
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09114141.jpg
ぶどう棚。秋に収穫済み?
大阪ステーションシティ  天空の農園_c0112559_09123524.jpg
ここはノースゲートビルディングの低層棟(14階建て)。向こうに見えるのは西側の高層棟(28階建て)です。写真はネットから。



by gipsypapa | 2020-02-19 09:16 | 建築 | Trackback | Comments(2)

大阪ステーションシティ 風の広場

大阪ステーションシティ 風の広場_c0112559_08250949.jpg
和らぎの庭からエスカレーターで1階上がると、風にそよぐモニュメントのある「風の広場」です。芝生やウッドデッキがあり、風や太陽の恵みを享受できる憩いの空間になっています。

大阪ステーションシティ 風の広場
2011(平成23)年
大阪市北区梅田3-1-3ノースゲートビルディング11F
撮影 : 2020.1.20
大阪ステーションシティ 風の広場_c0112559_08254403.jpg
大阪ステーションシティ 風の広場_c0112559_08264819.jpg
中央には彫刻家の高田洋一氏によるアート作品「風の詩」が建っています。
大阪ステーションシティ 風の広場_c0112559_08270667.jpg
北に向かって視界が広がり、正面にグランフロント大阪、北西に梅田スカイビルや淀川を見渡せます。夜景がきれいだそうです。
大阪ステーションシティ 風の広場_c0112559_08273730.jpg
大阪ステーションシティ 風の広場_c0112559_08275099.jpg
この日は暖かでしたが、人が少ないのは冬のせいでしょう。
大阪ステーションシティ 風の広場_c0112559_08285907.jpg
大阪ステーションシティ 風の広場_c0112559_08291352.jpg
大阪ステーションシティ 風の広場_c0112559_08293461.jpg
大阪ステーションシティ 風の広場_c0112559_08294792.jpg
意外なところにファミマ。景観に配慮した店構えになっていますね。
大阪ステーションシティ 風の広場_c0112559_08304366.jpg
このビル東側の11・12階に入居する12スクリーン・約2,500席を備える関西最大級のシネマコンプレックス「大阪ステーションシティシネマ」があるので、映画の前後にこの広場で時間待ちするのによさそう。



by gipsypapa | 2020-02-18 08:32 | 建築 | Trackback | Comments(2)

大阪ステーションシティ 和らぎの庭

大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08100266.jpg
再び1月下旬の昼間の飲み会の前に戻ります。大阪ステーションシティのノースゲートビルディング10Fを北側に出たテラスに日本庭園「和(やわ)らぎの庭」があります。2016年春にリニューアルされた庭園で、この日のお目当ての一つでした。

最近建てられる高層ビルは、一時よくいわれたヒートアイランド現象を避けるため、緑化の試みがなされていますが、大阪駅周辺もその傾向があります。そのトレンドを代表するものの一つ。和モダンな庭で、桜や松、楓が植えられています。

和らぎの庭
2016(平成28)年
作庭 : 不明
大阪市北区梅田3-1-3ノースゲートビルディング10F
撮影 : 2020.1.20
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08104834.jpg
庭は左右2箇所に別れていて、こちらは向かって左。西側の小さな庭です。
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08112365.jpg
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08114141.jpg
庭の中に時計があるのは現代的。
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08121090.jpg
枯れ池。
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08132048.jpg
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08134311.jpg
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08142362.jpg
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08144046.jpg
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08145448.jpg
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08151065.jpg
東側は細長い白砂を模した枯山水の庭。
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08155395.jpg
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08161062.jpg
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08162740.jpg
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08164407.jpg
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08170261.jpg
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08172176.jpg
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08174044.jpg
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08175841.jpg
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08181563.jpg
大阪ステーションシティ 和らぎの庭_c0112559_08183135.jpg
ネットでは「小堀遠州や重森美玲の精神を意識し『雲海の雫』というテーマで現代の都市屋上に調和するよう造られました。サツキの植込みで青海波が現され、旬の違う庭木を植えることで約一年間、花や木の息吹や美しさを感じられる石庭です。」とあります。



by gipsypapa | 2020-02-17 08:21 | | Trackback | Comments(2)