<   2019年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

正法山 妙心寺

c0112559_07153239.jpg
JR花園駅近くには、法金剛寺の他に妙心寺(みょうしんじ)という大寺院があります。近いところなので、ここも参拝しました。

妙心寺は臨済宗妙心寺派大本山の寺院で、山号は正法山、本尊は釈迦如来です。開基は花園天皇で、開山は1342(暦応5/康永元)年で、関山慧玄(無相大師)によるそうです。寺紋は花園紋(妙心寺八つ藤)。

境内には多くの建造物と37の山内塔頭あるのでで、とても見切れるものではありませんが、できるだけアップします。建造物のうち13棟が国の重要文化財に指定されています。

正法山 妙心寺
安土・桃山時代 / 江戸時代初期
重要文化財
設計・施工 : 不明
京都市右京区花園妙心寺町64
撮影 : 2019.7.10
c0112559_07160858.jpg
南総門。現在の正門ですが、詳細はわかりませんでした。
c0112559_07170413.jpg
向かって左側にある閉まっている門は勅使門。 慶長15年(1610年)建立。山門、放生池など伽藍の正面に位置し、勅使や住持が普山する際に用いられる門です。国の重要文化財。
c0112559_07164780.jpg
境内は妙心寺の伽藍が北に向かって、ほぼ直線に並び、周囲を多くの塔頭が囲みます。
c0112559_07192057.jpg
勅使門の北側、三門との間にある放生池(ほうじょういけ)。正方形の形をした池の中央に石橋が架かっています。
c0112559_07200821.jpg
参拝者が山門を入ってすぐのところに池があるのは和みます。
c0112559_07204367.jpg
向こうが勅使門。
c0112559_07211914.jpg
放生池の北側正面にある三門。 慶長4年(1599年)建立の五間三戸(正面の柱間 5間のうち中央 3間が通路)の二重門( 2階建門)です。国の重要文化財。
c0112559_07241611.jpg
c0112559_07243733.jpg
c0112559_07245506.jpg
c0112559_07250994.jpg
c0112559_07252683.jpg
三門の右側にある浴室は明暦2年(1656年)の建立。元は太嶺院の密宗によって明智光秀の菩提を弔うために建立されたため「明智風呂」の別名があるそうです。国の重要文化財。
c0112559_07260062.jpg
三門の左側の鐘楼。旧鐘楼は元禄9年(1696年)に建立されたもので、重要文化財に指定されていましが、昭和37年に放火により焼失。
c0112559_07263801.jpg
現在のものは春日局が信行寺に寄進した鐘楼を移築したものだとか。
c0112559_07270890.jpg
三門の北側に建つ仏殿は、他の諸堂より新しい、文政10年(1827年)建立の、入母屋造、一重裳階付きで、国の重要文化財。
c0112559_07283127.jpg
本尊は天正年間の釈迦如来で、脇侍は魔訶迦葉と阿難尊者。
c0112559_07291353.jpg
c0112559_07294413.jpg
そのさらに北側には法堂。 明暦2年(1656年)の建立。入母屋造、一重裳階付き。これも国の重要文化財。
c0112559_07332371.jpg
天井に狩野探幽の雲竜図が描かれていそうですが、今回は内部は見ていません。
c0112559_07335316.jpg
c0112559_07340794.jpg
c0112559_07342348.jpg
仏殿と法堂をつなぐ屋根付き渡り廊下。
c0112559_07350018.jpg
廊下の前後に彫刻がありますが、仏殿と法堂のどっちのものか忘れました。
c0112559_07363545.jpg
c0112559_07364964.jpg
c0112559_07370190.jpg
c0112559_07371384.jpg
c0112559_07372994.jpg
三門から仏殿、法堂と南部区一直線に並んでいましたが、その北側の大方丈(おおほうじょう)は東にずれて建っています。 承応3年(1654年)の建立の入母屋造、檜皮葺。南側 3室には狩野探幽、北側 3室は狩野洞雲の筆になる障壁画があるそうです。入母屋造、檜皮葺きの国の重要文化財。
c0112559_07375848.jpg
これと襖絵の写真はネットから借用しています。
c0112559_07382916.jpg
c0112559_07390794.jpg
大方丈の東に並び建つ小方丈。大方丈より古い 慶長8年(1603年)に玉鳳院御殿として建立されたが、明暦2年(1656年)に移築されたものです。国の重要文化財および名勝に指定されています。
c0112559_07402709.jpg
非公開で開門されていましたが、門から庭のを覗くことができました。

c0112559_07411206.jpg
見えたのは一部ですが、さすがに名勝。美しい庭のようです。
c0112559_07413515.jpg
広い境内の北の端、北門は 慶長15年(1610年)の建立で、北総門とも言われます。薬医門で、国の重要文化財。

次回から塔頭(たっちゅう)をいくつかアップします。

by gipsypapa | 2019-08-18 07:47 | 建築 | Trackback | Comments(0)

五位山 法金剛院(その2)庭園

c0112559_08190539.jpg
法金剛院(ほうこんごういん)は、京都市右京区花園にある律宗の寺院で、山号は五位山、本尊は阿弥陀如来です。「蓮の寺」とも呼ばれ「関西花の寺25ヶ所」の第13番です。

境内は平安時代末期の浄土式庭園が広がっていて、その一隅にある「青女の瀧(せいじょのたき)」は日本最古の人工滝とされ、庭園は待賢門院の発願により林賢と静意の作といわれ、国の特別名勝に指定されています。

法金剛院 庭園
平安時代 / 1970(昭和45)年復元
特別名勝
作庭 : 林賢、徳大寺静意
京都市右京区花園扇野町49
撮影 : 2019.7.10
c0112559_08194227.jpg
c0112559_08195512.jpg
蓮の寺ですが、あらかじめ見た本の写真から、このマップのような庭に適度の間隔で咲いているのかと思っていました。
c0112559_08222000.jpg
実際には、苑池の水面や鶴島はまったく見えないくらい蓮が生い茂っていました。
c0112559_08225862.jpg
c0112559_08231852.jpg
c0112559_08233225.jpg
c0112559_08240603.jpg
7月の初旬。「蓮開花」と看板にありましたが、少し早すぎたようです。
c0112559_08244519.jpg
c0112559_08250599.jpg
池の蓮はまだほとんど咲いていません。
c0112559_08255169.jpg
咲いているのは鉢植えの蓮。
c0112559_08264461.jpg
c0112559_08270341.jpg
とはいえ、蓮の花の開花はせいぜい4日間だとか。
c0112559_08273158.jpg
c0112559_08274734.jpg
c0112559_08280563.jpg
せせらぎの上流へ。
c0112559_08284012.jpg
c0112559_08342120.jpg
池の北側に巨岩を二段に組み上げたた「青女の滝」があり、庭園のアクセントになっています。
c0112559_08344332.jpg
「京の庭を訪ねて」という優れもののHPにある解説文を引用します。
c0112559_08353966.jpg
「作庭にたずさわり、大石を組んだ滝石組を作ったのは作庭の名手として名高かった林賢(りんけん)で、滝石組の出来栄えの素晴らしさは、人の手によるものとは思われないと絶賛され、そのことを名誉に思った林賢が歌を書き記したことが当時の日記等に残されています。

しかし、待賢門院はさらに「5、6尺」滝石組を高く築くように命じ、3年後の長承2年(1133年)、やはり作庭の名手として名高かった仁和寺の僧侶、徳大寺静意(じょうい)の手によってさらに高く組み直されました。」
c0112559_08363546.jpg
c0112559_08365353.jpg
c0112559_08371091.jpg
池を一周しました。
c0112559_08374202.jpg
c0112559_08380178.jpg
c0112559_08382183.jpg
c0112559_08383702.jpg
c0112559_08385833.jpg
これ以降はネットの写真を借用しています。冬の風景はこういう感じみたいです。まったく景色が違います。
c0112559_08394378.jpg
調べると、蓮って毎年、鉢で育てたものを池に植えるとか。面倒ですね。知りませんでした。



by gipsypapa | 2019-08-16 08:44 | | Trackback | Comments(2)

五位山 法金剛院(その1)伽藍

c0112559_07524969.jpg
暑くなる前の京都巡り。京都駅でJR嵯峨野線に乗り換えて、花園駅へ。この日は法金剛院(ほうこんごういん)と妙心寺を参拝する予定です。

法金剛院は律宗の寺院で、山号は五位山、本尊は阿弥陀如来です。平安時代の1130(大治5)年に鳥羽天皇の中宮だった待賢門院(たいけんもんいん)の発願によって、開かれたといわれています。もともと、この地には平安初期の貴族、清原夏野の山荘があり、夏野の死後に山荘に寺を建てたそうです。

いくつかの伽藍があり、本堂と経蔵などは江戸初期、1618(元和4)年の再建です。境内は平安時代末期の浄土式庭園が広がっていて、その一隅にある「青女の瀧(せいじょのたき)」は日本最古の人工滝とされ、国の特別名勝に指定されています。 「蓮の寺」として知られ「関西花の寺25ヶ所」の第13番です。

法金剛院
京都市右京区花園扇野町49
撮影 : 2019.7.10
c0112559_07533968.jpg
JR嵯峨野線の花園駅から線路沿いに歩いてすぐ、山門があります。「観蓮会」の看板。
c0112559_07543144.jpg
c0112559_07545872.jpg
蓮開花の看板も。
c0112559_07570483.jpg
c0112559_07573359.jpg
表門を入るとすぐ左に鐘楼。
c0112559_07580963.jpg
正面にある白い建物。コンクリート造りに見え、経蔵と思われます。
c0112559_08000345.jpg
経蔵の屋根瓦が面白いので、いくつか。
c0112559_08004514.jpg
c0112559_08010051.jpg
c0112559_08011646.jpg
c0112559_08013216.jpg
更に中門があり、ここをくぐったら、左手の庫裡の一角が受付です。
c0112559_08024473.jpg
c0112559_08030064.jpg
庭園に入ると左にあるのがマップで「礼堂」となっている伽藍。これが本堂と思われます。江戸時代初期の1618(元和4)年再建でしょう。

礼堂
1618(元和4)年
設計・施工 : 不明
c0112559_08034375.jpg
c0112559_08040507.jpg
c0112559_08042699.jpg
c0112559_08044928.jpg
c0112559_08050530.jpg
c0112559_08052006.jpg
c0112559_08053981.jpg
こちらは釣堂。礼堂は開放されていませんが、ここは中に入ることができました。書院風の建物ですが、築年など詳細はわかりません。

釣堂
詳細 : 不明
c0112559_08080051.jpg
c0112559_08081990.jpg
c0112559_08083699.jpg
c0112559_08085050.jpg
c0112559_08091107.jpg
大広間には蓮の花の写真が張ってあります。
c0112559_08101285.jpg
c0112559_08102710.jpg
c0112559_08115747.jpg
ネットにあった待賢門院。鳥羽天皇の中宮で、この法金剛院の建立を発願しました。
c0112559_08143094.jpg
c0112559_08144785.jpg

by gipsypapa | 2019-08-15 08:17 | 建築 | Trackback | Comments(2)

長岡天満宮 錦景園

c0112559_08362683.jpg
本殿への参道の途中にある弁天池の周辺は、「紅葉庭園 錦景園(きんけいえん)」として近年整備された池泉回遊式の神苑で、本殿との高低差を利用した造り。こじんまりとしていますが、紅葉の名所になっています。

長岡天満宮 錦景園
2007(平成19)年
作庭 : 不明
京都府長岡京市天神2-15-13
撮影 : 2019.7.8
c0112559_08370318.jpg
天満宮の参道に入り口がありますが、とても庭園があるとは思えない造りです。
c0112559_08375825.jpg
四阿(あずまや)があって腰掛けて眺めることができますが、四阿自体に風情は感じませんね。
c0112559_08383597.jpg
この庭にも「菅公御歌」の石碑。
c0112559_08391893.jpg
背景の建物は本殿前の休憩所になっている絵馬殿の後ろ側です。
c0112559_08400331.jpg
c0112559_08402125.jpg
c0112559_08403962.jpg
c0112559_08410020.jpg
一枚岩の石橋。この庭園の中心です。
c0112559_08413439.jpg
c0112559_08415128.jpg
c0112559_08420866.jpg
石橋は自由に渡ることができます。
c0112559_08423985.jpg
c0112559_08425713.jpg
c0112559_08431579.jpg
c0112559_08433462.jpg
庭の一角にある笠松地蔵。
c0112559_08440657.jpg
c0112559_08442137.jpg
紅葉の写真はネットから借用しました。



by gipsypapa | 2019-08-14 08:46 | | Trackback | Comments(2)

長岡天満宮

c0112559_08100679.jpg
自宅から近いことから、初詣を含めて、何度か参拝した長岡天満宮を久しぶりに訪ねました。長岡天満宮は、京都府長岡京市に鎮座する神社(天満宮)。市民からは「天神さん」と呼ばれ親しまれています。

今の神社のある周辺は平安時代は菅原道真の所領だったといわれています。道真が大宰府へ左遷された時に、長岡に立ち寄り、「我が魂長くこの地にとどまるべし」と名残を惜しんだところです。

左遷の際、道真に付き従ったのが、菅原氏の一族とされる中小路宗則で、宗則は高槻まで同船し、帰り際に、道真から道真自作の木像と念持仏を託され持ち帰り、道真の死後に、その木像を祀ったのが長岡天満宮の創立といわれるそうです。

現在の本殿は昭和16年に京都の平安神宮にあった社殿を移築したもので、正面の朱塗りの拝殿は「菅公御神忌1100年大萬燈祭」を奉賛して、平成10年に既存の拝殿を増改築したものです。そのほかに社務所や神饌所など10棟が長岡京市指定文化財です。

長岡天満宮 本殿
1895(明治28)年 / 1941(昭和16)年移築
設計 : 伊藤忠太
施工 : 不明
長岡京市天神2-15-13
撮影 : 2011.1.2 & 2019.7.8
c0112559_08105835.jpg
c0112559_08111618.jpg
c0112559_08113896.jpg
各所で見かけた「菅公御歌」の石碑。
c0112559_08121888.jpg
参道手前に2軒、飲食店があります。マップ上に「茶店」と表示されているもので、これはカフェ「花の木」。

FUruits CAFE 花の木
京都府長岡京市天神 2-15-13
c0112559_08125300.jpg
この日はお休みでした。内部写真は食べログから借用しています。
c0112559_08133036.jpg
隣に「開田茶屋 龍八」というのもあり、実はここでお昼に蕎麦で一杯をもくろんでいましたが、ここも休業。残念。
c0112559_08140428.jpg
錦水亭の近くから右折すると、本参道。
c0112559_08144371.jpg
c0112559_08150543.jpg
ここにも「菅公御歌」の石碑。
c0112559_08153710.jpg
c0112559_08155479.jpg
c0112559_08161102.jpg
手水舎は長岡京市指定文化財です。
c0112559_08165354.jpg
c0112559_08171440.jpg
天満宮なので臥牛がいます。
c0112559_08174709.jpg
これは8年前の写真。注意書きがあります。現在の像は。もろくなっていたのを作り変えたようです。
c0112559_08191966.jpg
c0112559_08193670.jpg
狛犬ですが、「阿」は木に覆われています。
c0112559_08201288.jpg
平成10年に増改築された拝殿。
c0112559_08203033.jpg
c0112559_08210464.jpg
c0112559_08212511.jpg
お宮参りの一組です。和みました。
c0112559_08220954.jpg
拝殿の背後に伊藤忠太設計の本殿があるわけですが、例に漏れずほとんど見えません。
c0112559_08225145.jpg
c0112559_08231412.jpg
c0112559_08233227.jpg
これは神楽殿。
c0112559_08241475.jpg
c0112559_08243197.jpg
右側に長岡稲荷大明神へ続く参道があります。
c0112559_08251172.jpg
長岡稲荷大明神には八幡宮神社と春日大明神の本殿があり、 長岡京市指定文化財。
c0112559_08261834.jpg
c0112559_08264023.jpg
c0112559_08271560.jpg
再び下ってきました。菅原道真の大宰府左遷に同行した、中小路家の像。
c0112559_08275110.jpg
マップに載っていない建物。神輿庫と思われます。
c0112559_08285431.jpg
長岡京市指定文化財の社務所。大正時代の築です。
c0112559_08292418.jpg
c0112559_08294592.jpg
この日見かけた参拝客は一組のお宮参りと、他に2~3人だけでした。
c0112559_08305696.jpg
初詣は参拝客の長い行列になります。これは8年前の写真です。

by gipsypapa | 2019-08-13 08:34 | 建築 | Trackback | Comments(0)

八条ケ池の錦水亭

c0112559_08095928.jpg
八条ケ池の畔にある錦水亭(きんすいてい)は、1881(明治14)年創業の老舗料亭。池に突き出した座敷棟など数寄屋造りの座敷が点在し、自然豊かな大庭園に溶け込んだような景観は見事です。

創業以来の伝統のたけのこ料理をはじめとして、秋の松茸、昼のお弁当など、京料理の美と技を誇る高級料亭です。この地に江戸時代中期ごろからあった、桟敷状の茶屋に始まり、明治の創業のころには池座敷が建ち並んだ、現在のような景観になったそうです。

八条ヶ池に面した池座敷が6棟、奥の放生池に面した池座敷が2棟、その奥の本館があります。総客室数は50室に及ぶとか。

錦水亭
創業 : 1881(明治14)年
設計・施工 : 不明
京都府長岡京市天神2-15-13
撮影 : 2019.7.8
c0112559_08112206.jpg
c0112559_08113919.jpg
八条ヶ池の池座敷6棟は少しづつ向きを変えて建っています。
c0112559_08124715.jpg
左から入母屋造り桟瓦葺き、入母屋造り茅葺き、入母屋造り杮葺き、寄棟造り杮葺き、入母屋造り茅葺き、入母屋造り桟瓦葺きと微妙に意匠を変化させています。
c0112559_08132522.jpg
c0112559_08134508.jpg
c0112559_08140104.jpg
c0112559_08142068.jpg
長岡天満宮の正面参道に向かって、八条ヶ池の西岸を歩くと左側にあります。
c0112559_08145357.jpg
c0112559_08151643.jpg
c0112559_08153428.jpg
枝を広げた見事な松の木。
c0112559_08160400.jpg
c0112559_08162041.jpg
更に南に進みます。
c0112559_08164988.jpg
錦水亭の池座敷への入り口、正門です。
c0112559_08175253.jpg
c0112559_08180803.jpg
c0112559_08182492.jpg
c0112559_08184112.jpg
c0112559_08185982.jpg
木造の門。ここを仲居さん達か出入りしていました。後で出てくる本館に厨房があるので、昼のお膳を運んでいるようです。
c0112559_08203323.jpg
この辺は2棟ある奥の座敷棟です。
c0112559_08210661.jpg
c0112559_08212241.jpg
c0112559_08214001.jpg
池と露地の反対にある本館は1925(大正15)年の上棟で、入母屋造りの妻を正面に向ける東西棟が並び、外壁の赤壁が印象的な建物です。
c0112559_08225385.jpg
本館脇のせせらぎ。樹木に隠れていますが、石橋が架かっています。
c0112559_08232726.jpg
1階に小座敷5室と料理場、2階には大広間と小座敷5室があるとか。
c0112559_08243140.jpg
c0112559_08244327.jpg
玄関が開いていたので、中を。
c0112559_08251583.jpg
これ以降の内部と料理の写真はネットから借用しています。
c0112559_08254326.jpg
c0112559_08255837.jpg
c0112559_08261463.jpg
c0112559_08263433.jpg
c0112559_08265619.jpg




by gipsypapa | 2019-08-09 08:29 | 建築 | Trackback | Comments(0)

長岡天満宮 八条ケ池

c0112559_07295665.jpg
過去にも何度か訪れていますが、家から近いこともあり、またまた長岡京市へ。この日は阪急電車で出かけました。阪急電車の長岡天神駅から西へ行くと、長岡天満宮の手前に八条ケ池が広がっています。

江戸時代初期の1638( 寛永15)年に当時の領主だった八条宮が命じて造営された、灌漑用の溜め池です。 外周は約1㎞、貯水量は約35000トンあるとか。

毎年、4月中旬からゴールデンウィークのころには、中堤に樹齢約150年といわれる、真っ赤な霧島ツツジが咲き、多くの観光客が見物に訪れる観光名所です。

長岡天満宮 八条ヶ池
京都府長岡京市天神1-4
撮影 : 2019.7.8
c0112559_07303880.jpg
八条ケ池の堤に上がる階段の向こうに長岡天満宮の石鳥居。
c0112559_07312886.jpg
c0112559_07314649.jpg
c0112559_07320356.jpg
中堤を渡る前に東側の堤を北へ。
c0112559_07331335.jpg
向こうに見えるのは水上橋。2014年に架け替えられたそうです。
c0112559_07334735.jpg
c0112559_07340581.jpg
戻ってきて、中堤を天満宮境内方向へ歩きます。樹齢約150年といわれる霧島ツツジの道です。
c0112559_07351307.jpg
中央、ツツジの間の道は通れないので、左右の道を通ります。着物姿の女性が見えますが、その理由は次回に。
c0112559_07373830.jpg
中堤の中ほどにある石の太鼓橋は加賀前田家からの寄進といわれています。
c0112559_07385234.jpg
c0112559_07391311.jpg
池の西側に到着。
c0112559_07394992.jpg
水上橋を渡って北側へ移動します。
c0112559_07402848.jpg
c0112559_07404600.jpg
c0112559_07410051.jpg
六角舎は池を眺める東屋。
c0112559_07414747.jpg
c0112559_07420201.jpg
c0112559_07421653.jpg
c0112559_07423474.jpg
六角舎の西側にはカキツバタ園があります。
c0112559_07431231.jpg
c0112559_07433301.jpg
カキツバタはもう咲いていませんので、今からの主役は蓮です。
c0112559_07440663.jpg
c0112559_07442154.jpg
咲き始めでした。
c0112559_07444765.jpg
c0112559_07450462.jpg
c0112559_07452143.jpg
中堤に戻って、歩いて来た東側を振り返っています。
c0112559_07455310.jpg
その南側にある菖蒲畑。これも遅すぎました。
c0112559_07462825.jpg
樹齢約150年で、市の景観重要樹木に指定されているが咲いている写真をネットから借用します。
c0112559_07465961.jpg
c0112559_07471729.jpg
池の南岸に並ぶのは錦水亭という料亭。これは次回に。



by gipsypapa | 2019-08-08 07:50 | | Trackback | Comments(2)

菩提山 穴太寺(その4)本堂

c0112559_07451432.jpg
穴太寺(あなおじ)は、京都府亀岡市にある天台宗の寺院。山号を菩提山(ぼだいさん)といい、本尊は薬師如来、札所本尊は聖観世音菩薩。西国三十三所第21番札所です。

本堂は江戸時代中期に再建された、京都府指定文化財。内陣に鎌倉時代の作とされる布団が掛けられた木彫の釈迦涅槃像が安置されいて、自分の病のある体の部分と同じ体の部分を触ると病気がよくなるといわれています。木造平屋建ての京都府指定文化財。

菩提山 穴太寺本堂
1735(享保20)年
京都府指定文化財
設計・施工 : 不明
京都府亀岡市曽我部町穴太東辻46
撮影 : 2019.7.5
c0112559_07460601.jpg
c0112559_07462322.jpg
c0112559_07464193.jpg
c0112559_07465718.jpg
c0112559_07471513.jpg
c0112559_07473384.jpg
c0112559_07474850.jpg
c0112559_07480355.jpg
c0112559_07481747.jpg
c0112559_07483072.jpg
c0112559_07484398.jpg
c0112559_07490027.jpg
庭園のある円応院から入って、渡り廊下で本殿へ。
c0112559_07493831.jpg
寺紋は菅原道真公にちなみ梅鉢紋。太宰府に流されるときに立ち寄っています。
c0112559_07500805.jpg
釈迦如来涅槃像は撮影禁止なので、ネットから写真を借用しています。鎌倉時代の作だそうです。
c0112559_07505309.jpg
偶然上を見たら天井画があるのを発見。
c0112559_07582776.jpg
c0112559_07512865.jpg
c0112559_07514468.jpg
江戸時代中期と思われ、かなり色あせていますが、見事な格天井でした。

by gipsypapa | 2019-08-07 07:53 | 建築 | Trackback | Comments(2)

菩提山 穴太寺(その3)庭園

c0112559_07380524.jpg
穴太寺(あなおじ)は、京都府亀岡市にある天台宗の寺院。山号を菩提山(ぼだいさん)といい、本尊は薬師如来、札所本尊は聖観世音菩薩。西国三十三所第21番札所です。

円応院の南に広がる池泉は護岸石組みされ、岩島を浮かべる美しい池泉鑑賞式の庭。色々な樹木が植栽された静かで落ち着いた雰囲気で、多宝塔が借景となっています。

またその西側には茶室と北摂の山並みを借景にした露地庭もあり、京都府指定名勝です。

穴太寺 庭園
江戸時代中期
京都府指定名勝
作庭 : 不明
京都府亀岡市曽我部町穴太東辻46
撮影 : 2019.7.5
c0112559_07391471.jpg
書院から見る池泉庭園が美しい。
c0112559_07395393.jpg
c0112559_07400859.jpg
c0112559_07402892.jpg
多宝塔を借景にしています。
c0112559_07413039.jpg
c0112559_07411547.jpg
c0112559_07420183.jpg
c0112559_07441570.jpg
c0112559_07443473.jpg
小さな岩の島。
c0112559_07451765.jpg
c0112559_07453672.jpg
c0112559_07455323.jpg
c0112559_07460943.jpg

石橋の西側です。
c0112559_07465010.jpg
奥に睡蓮が広がっています。
c0112559_07472137.jpg
c0112559_07473857.jpg
花も咲き始め。
c0112559_07480783.jpg
c0112559_07482403.jpg
更に西側に移動すると露地庭です。
c0112559_07490786.jpg
c0112559_07492495.jpg
茶室が見えます。
c0112559_07500795.jpg
c0112559_07502308.jpg
手前が蹲(つくばい)です。
c0112559_07505705.jpg
ツアーのご一行が帰ったようなので、本堂の中へ行きます。



by gipsypapa | 2019-08-06 07:54 | | Trackback | Comments(2)

菩提山 穴太寺(その2)円応院

c0112559_07524783.jpg
穴太寺(あなおじ)は、京都府亀岡市にある天台宗の寺院。山号を菩提山(ぼだいさん)といい、本尊は薬師如来、札所本尊は聖観世音菩薩。西国三十三所第21番札所です。

方丈と庫裏を兼ねた書院造りの円応院。ここの書院から庭園を眺めることができます。建物の詳細はわかりませんでしたが、江戸時代中期以降の建立と思われます。京都府指定文化財の木造平屋建て。

穴太寺 円応院
江戸時代中期か
京都府指定文化財
設計・施工 : 不明
京都府亀岡市曽我部町穴太東辻46
撮影 : 2019.7.5
c0112559_07532405.jpg
方丈表門も京都府登録文化財。方丈も庫裏も住職が生活をする住いのことです。
c0112559_07535560.jpg
c0112559_07542526.jpg
庭園と本堂見学の受付はここの玄関で。本堂内部の参拝料は300円、本堂と庭園の両方は500円でした。
c0112559_07550358.jpg
正面に衝立。
c0112559_07553345.jpg
龍の絵でした。
c0112559_07562946.jpg
中に入って裏から見ると・・・
c0112559_07565753.jpg
虎。龍虎が裏表ですね。
c0112559_07572836.jpg
受付手続きをしていると、西国三十三所巡りのバスツアーが到着。一行は本堂に向かったので、私たちは先に円応院へ。
c0112559_07580821.jpg
結局、ツアー客は本堂だけの参拝だったので、ゆっくりと方丈を見ることができました。
c0112559_07583962.jpg
建物自体も優れものですが、数多くの襖絵も見事。
c0112559_07591613.jpg
何故か油絵も。
c0112559_07594272.jpg
c0112559_07595606.jpg
c0112559_08001206.jpg
c0112559_08002746.jpg
c0112559_08005546.jpg
c0112559_08095018.jpg
c0112559_08102897.jpg
複数の画家の襖絵が混ざっているようですが、作者などはわかりませんでした。
c0112559_08012616.jpg
欄間の彫刻。
c0112559_08015210.jpg
c0112559_08020756.jpg
c0112559_08022471.jpg
入ってきた玄関脇の植栽を中から眺めています。
c0112559_08030029.jpg
生の額縁。
c0112559_08034449.jpg
この南側に庭園があります。
c0112559_08041297.jpg
庭園は次回に。



by gipsypapa | 2019-08-05 08:07 | 建築 | Trackback | Comments(2)