<   2012年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

八紘学園資料館

c0112559_1363917.jpg
北海道農業専門学校八紘学園は緑あふれる広大な敷地にあります。黒澤明監督の映画「白痴」のロケ地になったところだそうです。キャンパス内に貴重な歴史的建造物がありますが、これはそのひとつです。

 資料館というからには展示品も見ることができると期待しましたが、この日は夏休みの土曜日のためか、閉まっていました。

 元は吉田牧場の畜舎とサイロで、札幌軟石積みの躯体に赤い鉄板葺きの屋根が、牧場の緑の中に映えるいかにも北海道という、牧歌的で美しい風景です。札幌景観資産の木造平屋建ての畜舎と石造りのサイロ。

八紘学園資料館
旧吉田牧場畜舎、サイロ
1904(明治37)年/1943(昭和18)年サイロ改築
札幌景観資産
設計・施工 : 不明
札幌市豊平区月寒東1-13-3-16
撮影 : 2011.8.27
c0112559_1365556.jpg
c0112559_1371151.jpg
c0112559_13712100.jpg
c0112559_1372691.jpg
c0112559_1373268.jpg
c0112559_1374458.jpg
c0112559_1374925.jpg
 周辺には、資料館以外にも古そうな畜舎や住宅が数多く立ち並んでいましたが、詳細はわかりません。
c0112559_1383976.jpg
c0112559_1384750.jpg
c0112559_138491.jpg
c0112559_139580.jpg
c0112559_1391455.jpg
c0112559_1392379.jpg

by gipsypapa | 2012-05-17 13:09 | 建築 | Trackback | Comments(0)

つきさっぷ郷土資料館

c0112559_1314764.jpg
 つきさっぷ郷土資料館は、旧北部軍指令官官邸として建築された建物の洋館部分です。かつて背後に木造平屋の和館があったそうですが、今はありません。

 戦後は連合軍による接収、北海道大学月寒学寮を経て、1985年(昭和60年)から郷土資料館として利用され「農耕・林業」、「生活」、「旧軍隊」、「古文書」の4部門に分けて約4千点の資料が展示されています。

 シンプルながら煉瓦の赤と胴帯の白のコントラストが印象的で、玄関車寄せが重厚さを醸し出して、さすがに軍指令官の官邸という雰囲気があります。さっぽろ・ふるさと文化百選の煉瓦造り2階建て。

つきさっぷ郷土資料館
旧北部軍指令官官邸
1941(昭和16)年
さっぽろ・ふるさと文化百選
設計・施工 : 不明
札幌市豊平区月寒東2条2-3-9
撮影 : 2011.8.27
c0112559_1331521.jpg
c0112559_1332283.jpg
c0112559_1333041.jpg
c0112559_133371.jpg
c0112559_1334531.jpg
c0112559_1335497.jpg
c0112559_13446.jpg
c0112559_1341471.jpg
c0112559_1342174.jpg
c0112559_1342932.jpg
c0112559_1344081.jpg
c0112559_1344829.jpg
c0112559_1354556.jpg

by gipsypapa | 2012-05-16 13:06 | 建築 | Trackback | Comments(2)

白い恋人パークあんとるぼー館

c0112559_12593830.jpg
 北海道のお土産として有名な「白い恋人」を製造している石屋製菓。そのテーマパーク「白い恋人パーク」の入口にルネサンス風の建物があります。元は中央区南4条東4丁目に酒造家遠藤善四郎によって作られた、遠藤醸造店の事務所だったものです。その後フランス料理店「あんとるぽー」として使われていましたが、閉店のため解体。石屋製菓が解体された部材を引き取って現在地に移築復元したものです。

 石屋製菓の博物館として、チョコレートなどに関する様々な展示がなされています。以前は「さっぽろ・ふるさと文化百選」に選出されていましたが、解体のため指定解除されました。

 明治末期の築で、札幌軟石を使った石造りのこじんまりしたルネサンス様式。寄せ棟マンサード屋根にドーマー窓を並べています。1階が石造り、2階は木骨石造りの混合構造の2階建て。

白い恋人パークあんとるぼー館
旧遠藤醸造店事務所
1911(明治44)年/1995(平成7)年ころ復元
設計・施工 : 不明
札幌市西区宮の沢2条2-11-36
撮影 : 2011.8.27
c0112559_1316100.jpg
c0112559_131165.jpg
c0112559_1312582.jpg
c0112559_1313257.jpg
c0112559_1314149.jpg
 甘い誘惑に負けそうだったので内部は見ていません。
c0112559_1323152.jpg
c0112559_1324021.jpg
c0112559_132418.jpg
 白い恋人パークにはヨーロッパの町並みを模した多くの洋館が並んでいますが、すべて最近建てられたものです。
by gipsypapa | 2012-05-15 13:04 | 建築 | Trackback | Comments(4)

三谷牧場牛舎・サイロ

c0112559_1254165.jpg
 昭和初期に建てられた牛舎とサイロが残る牧場跡。明治期に開拓された発寒地区は、屯田兵廃止に伴い開設された広大な三谷牧場の牧草地がいたそうです。

 北海道に来たのを実感する建物です。外壁には断熱性を高めるために中空を設けて煉瓦を積む「小端空間積み」と呼ばれる工法が使われているとか。サイロなどに多く見られる組積法で、いわゆるイギリス積やフランス積みではなく、木端立て(煉瓦の一番広い面を見せて積む積み方)で積まれたもの。

 現在、牛舎はカフェレストランになっています。牛舎内部の屋根裏は木組みの梁が露出して美しい空間を作り出していました。札幌景観資産とさっぽろ・ふるさと文化百選の煉瓦造り、平屋建て。

三谷牧場牛舎・サイロ
1928(昭和3)年
札幌景観資産
さっぽろ・ふるさと文化百選
設計・施工 : 不明
札幌市西区発寒8条13-1
撮影 : 2011.8.27
c0112559_12552061.jpg
c0112559_12552817.jpg
c0112559_12553475.jpg
c0112559_12554188.jpg
c0112559_12554454.jpg
c0112559_12555251.jpg
c0112559_12555997.jpg
c0112559_12561133.jpg
c0112559_12561912.jpg
c0112559_12562710.jpg
c0112559_12563482.jpg
c0112559_12564539.jpg
c0112559_12565712.jpg

by gipsypapa | 2012-05-14 12:57 | 建築 | Trackback | Comments(6)

北海道大学農学部植物園 宮部金吾記念館

c0112559_135338.jpg
 北海道大学植物園の初代園長だった宮部金吾博士が、かつて教鞭をとっていた旧札幌農学校動植物講堂の東翼部を移築したものです。移築後は植物園の庁舎として利用されてきましたが、新管理棟が設置された後、遺族から寄贈を受け、「宮部金吾記念館」として宮部博士の遺品を展示する施設として活用されています。

 木造に白い漆喰塗の大壁と赤い鉄板葺き屋根の対比が明るい印象。入口は三角ペディメントがあり植物園内の建物の中でも出色の建物ということができます。

 設計は当時の文部大臣官房建築課札幌出張所に在籍し、後に有名な曽禰中條建築事務所を主宰した中條精一郎(ちゅうじょう せいいちろう、1868 -1936)。このブログでも数多くの作品を紹介しています。国の登録有形文化財の木造2階建て。

北海道大学農学部植物園 宮部金吾記念館
旧札幌農学校動植物学教室
登録有形文化財
1901(明治34)年 / 1942(昭和17)年移築
設計 : 中條精一郎(文部大臣官房建築課札幌出張所)
施工 : 阿部幣治
札幌市中央区北3条西8 北海道大学植物園内
撮影 : 2011.8.27
c0112559_1361790.jpg
c0112559_1362468.jpg
c0112559_136298.jpg
c0112559_1363573.jpg
c0112559_1361782.jpg
c0112559_1362547.jpg
c0112559_1363382.jpg
c0112559_1364458.jpg
c0112559_1371338.jpg
 北大植物園はこれで終わりです。このあと地下鉄で東の郊外へ向いました。
by gipsypapa | 2012-05-11 13:09 | 建築 | Trackback | Comments(2)

北海道大学農学部植物園 博物館本館

c0112559_13123174.jpg
 明治15年築という古い建物。もともと開拓使の牧羊場だった植物園の一角に開拓使の札幌博物場として建てられ、現役ではわが国最古の博物館だそうです。破風のハーフティンバー風の意匠と玄関ポーチの特殊な形状が印象的です。

 今も博物館として市民に開放され、北海道各地から集めた動物や鳥のはく製を含む資料が多数展示されていて、陳列棚も当初のものが使われているそうです。国の重要文化財とさっぽろ・ふるさと文化百選の木造2階建て。

北海道大学農学部植物園 博物館本館
旧札幌博物場
1882(明治15)年
重要文化財
さっぽろ・ふるさと文化百選
設計原案 : C.J. ベートマン(Charles J.Bateman)
設計 : 開拓使工業局営繕課
施工 : 不明
札幌市中央区北3条西9 北海道大学植物園内
撮影 : 2011.8.27
c0112559_13141268.jpg
c0112559_1317389.jpg
c0112559_13142236.jpg
c0112559_13143016.jpg
c0112559_13143794.jpg
c0112559_1314311.jpg
c0112559_13145592.jpg
c0112559_13144822.jpg
c0112559_1315117.jpg
c0112559_13152368.jpg
c0112559_13153367.jpg
c0112559_13154329.jpg
c0112559_13155159.jpg
c0112559_131624.jpg
c0112559_1316986.jpg
c0112559_13161893.jpg

by gipsypapa | 2012-05-10 13:19 | 建築 | Trackback | Comments(2)

北海道大学農学部植物園 バチェラー記念館

c0112559_1317128.jpg
 英国聖公会宣教師であり、アイヌ民族の研究で知られたジョン・バチェラー(John Batchelor 1854-1944)博士の自邸で、北3条西7丁目にありましたが、北海道大学へ寄贈され、その機会に移設されたものです。国の登録有形文化財とさっぽろ・ふるさと文化百選の木造2階建て。

北海道大学農学部植物園 バチェラー記念館
旧バチェラー邸
1898(明治31)年/1962(昭和37)年移築
登録有形文化財
さっぽろ・ふるさと文化百選
設計 : 不明
施工 : 伊藤組
札幌市中央区北3条西9 北海道大学植物園内
撮影 : 2011.8.27
c0112559_1318157.jpg
c0112559_1318105.jpg
c0112559_131849.jpg
c0112559_13182462.jpg
c0112559_13183289.jpg
c0112559_13184136.jpg
c0112559_13184919.jpg
 左から事務所、便所、バチェラー記念館。同じような雰囲気のデザインで築年も変わらないのに、左二つが重要文化財で、これは登録有形文化財。その違いは?・・・
 想像するに札幌農大、旧東北帝国大学農科大学を通じて、植物園の建物として当初からあった建築群だけをまとめて重要文化財に申請したからかなと。
by gipsypapa | 2012-05-09 13:21 | 建築 | Trackback | Comments(2)

北海道大学農学部植物園 博物館事務所

c0112559_13122336.jpg
 煉瓦積みの基礎に下見板貼りの木造平屋建て。これも中條精一郎設計の重要文化財です。詳しくはプレートの解説をどうぞ。

北海道大学農学部植物園 博物館事務所
旧東北帝国大学農科大学植物園事務所
1901(明治34)年
重要文化財
設計 : 中條精一郎(文部大臣官房建築課札幌出張所)
施工 : 森田宇吉郎
札幌市中央区北3条西9 北海道大学植物園内
撮影 : 2011.8.27
c0112559_13125226.jpg
c0112559_13125240.jpg
c0112559_1313869.jpg
c0112559_1313658.jpg
c0112559_13132128.jpg
c0112559_1313308.jpg
c0112559_13133985.jpg

by gipsypapa | 2012-05-08 13:14 | 建築 | Trackback | Comments(4)

北海道大学農学部植物園 博物館事務所附属博物館便所

c0112559_137849.jpg
 ぽつんと建っている便所。とはいえこれも国の重要文化財で、設計者は後に曽禰達蔵とともに曽禰中條建築事務所を主宰した中條精一郎(ちゅうじょう せいいちろう 1868-1936)という由緒ある建物なのです。なお今も使用されているのに驚きました。

北海道大学農学部植物園 博物館事務所附属博物館便所
旧東北帝国大学農科大学植物園便所
1903(明治36)年/1918(大正7)年移設
重要文化財
設計 : 中條精一郎(文部大臣官房建築課札幌出張所)
施工 : 不明
札幌市中央区北3条西9 北海道大学植物園内
撮影 : 2011.8.27
c0112559_138238.jpg
c0112559_1383144.jpg
 このように今も使われています。私も・・・・
c0112559_1385275.jpg
 ドアのノブは白いガラス製。
c0112559_139382.jpg

by gipsypapa | 2012-05-07 13:10 | 建築 | Trackback | Comments(4)

北海道大学農学部 博物館倉庫

c0112559_21172934.jpg
 鳥舎の後ろにあるのは倉庫。床が少し高いのが当時の倉庫の特徴でしょうか。マンサード屋根が印象的な木造2階建の重要文化財です。

北海道大学農学部 博物館倉庫
旧東北帝国大学農科大学植物園倉庫
1885(明治18)年/1900(明治33)年移設
重要文化財
設計・施工 : 不明
札幌市中央区北3条西9 北海道大学植物園内
撮影 : 2011.8.27
c0112559_21184510.jpg
c0112559_21185544.jpg
c0112559_2119565.jpg
c0112559_2119142.jpg
c0112559_21192417.jpg
c0112559_21193313.jpg

by gipsypapa | 2012-05-06 21:24 | 建築 | Trackback | Comments(2)