カテゴリ:庭( 71 )

吉城園(その4)茶花の庭

c0112559_07243707.jpg
吉城園(よしきえん)は国名勝「依水園」と隣接している庭園で一般公開されています。主屋は奈良県の有形文化財。園内は池の庭、苔の庭、茶花の庭からなり、苔の庭には離れ茶室があります。

吉城園 茶花の庭
旧正法院家住宅
1919(大正8)年
奈良県有形文化財
設計・施工・作庭 : 不明
奈良市登大路町60-1
撮影 : 2019.9.11
c0112559_07253441.jpg
c0112559_07251219.jpg
吉城園の一番奥、苔の庭の南側の高台には「茶花の庭」。お茶席に添える草花などが栽培されているとか。
c0112559_07262011.jpg
正面に四阿。
c0112559_07265614.jpg
その向こうの刈り込みはお茶の木でしょうが、この季節は花は咲いていません。
c0112559_07273394.jpg
ふと左を見ると、石組みの枯山水の庭がありました。
c0112559_07280347.jpg
c0112559_07281901.jpg
c0112559_07283758.jpg
c0112559_07285688.jpg
小さなせいでしょうか、下調べした情報になかった庭ですが、見つけてよかったです。


by gipsypapa | 2019-10-17 07:30 | | Trackback | Comments(0)

吉城園(その3)苔の庭

c0112559_07555545.jpg
吉城園(よしきえん)は国名勝「依水園」と隣接している庭園で一般公開されています。主屋は奈良県の有形文化財。園内は池の庭、苔の庭、茶花の庭からなり、苔の庭には離れ茶室があります。

吉城園 苔の庭
旧正法院家住宅
1919(大正8)年
奈良県有形文化財
設計・施工・作庭 : 不明
奈良市登大路町60-1
撮影 : 2019.9.11
c0112559_07562356.jpg
c0112559_07564311.jpg
離れ茶室の裏側に広がる苔庭。
c0112559_07572241.jpg
c0112559_07573987.jpg
c0112559_07575743.jpg
c0112559_07581374.jpg
c0112559_07583145.jpg
c0112559_07584855.jpg
よく手入れされています。
c0112559_07593743.jpg
これが日常なんでしょうね。
c0112559_08002144.jpg
c0112559_08003809.jpg
c0112559_08023253.jpg

c0112559_08031386.jpg
ネットにあったこの庭の杉苔の近接写真を借用しています。
c0112559_08011048.jpg
こういうアングルは思いつきませんでした。参考になります。

by gipsypapa | 2019-10-14 08:06 | | Trackback | Comments(3)

万博記念公園 日本庭園 松の洲浜

c0112559_07352408.jpg
日本庭園を一周して、中世地区にある「②松の洲浜(まつのすはま)」に来ました。川が河口付近から海へと注ぐ姿を表現したものです。西端の「深山の泉」からの湧水が南北二つの流れに分かれ、ここで合流して心字池へ流れていきます。

白い砂利のまわりにクロマツやハマボウなどの海岸に生える植物が植えられているとかで、設計者の田治六郎氏、ここに枯山水庭園の起源となる景観を再現した、と語っているそうです。

万博記念公園 日本庭園 松の洲浜
1970(昭和45)年
作庭 : 田治六郎
大阪府吹田市千里万博公園9
撮影 : 2019.8.26
c0112559_07360007.jpg
c0112559_07361662.jpg
c0112559_07365424.jpg
「深山の泉」を水源として南北に分かれていた流れが、ここで合流します。
c0112559_07372554.jpg
c0112559_07374366.jpg
南の流れに架かる橋を渡って一周します。
c0112559_07382520.jpg
c0112559_07384263.jpg
c0112559_07390427.jpg
c0112559_07392002.jpg
白砂の州浜。
c0112559_07400161.jpg
c0112559_07401752.jpg
c0112559_07412717.jpg
c0112559_07414633.jpg
c0112559_07421323.jpg
c0112559_07423375.jpg
この辺は木漏れ日の滝から流れてくる北側の川です。
c0112559_07432000.jpg
海のようにになりました。
c0112559_07435531.jpg
c0112559_07441418.jpg
c0112559_07454207.jpg
東側にある橋の上から二つの流れの合流地点を。
c0112559_07443010.jpg
松の水面への映り込みがきれい。
c0112559_07470209.jpg
橋から反対側は、雰囲気ががらっと変って重厚な雰囲気。ここから向こうに流れて心字池に注ぐわけです。
c0112559_07474171.jpg
ツツジの植え込みを通って・・・
c0112559_07481620.jpg
c0112559_07483443.jpg
松の州浜から心字池に向かう流れ。
c0112559_07493098.jpg
正門に戻りました。これで万博記念公園 日本庭園を終わります。



by gipsypapa | 2019-10-10 07:52 | | Trackback | Comments(2)

万博記念公園 日本庭園 千里庵の枯山水

c0112559_08084009.jpg
中世地区にある「⑥千里庵の枯山水 (せんりあんのかれさんすい)」。茶室「千里庵」は、禅院の方丈を意識して造られているそうです。

解説版を引用します。”室町時代には、方丈前の小さな空間に、水を使わずに石や砂、草木などで自然風景の山と水を象徴化する「枯山水」の庭が発達し、禅僧はこの庭の前で悟りを開こうとして日々座禅に取り組んでいたといいます。”「わび」の心に通じる庭です。

万博記念公園 日本庭園 千里庵の枯山水
1970(昭和45)年
作庭 : 田治六郎
大阪府吹田市千里万博公園9
撮影 : 2019.8.26
c0112559_08091274.jpg
c0112559_08093848.jpg
c0112559_08095600.jpg
c0112559_08101185.jpg
前庭も枯山水。
c0112559_08111498.jpg
クロチクが植えてあります。シンプルな庭で、好感が持てました。
c0112559_08120841.jpg
ウィキペディアによると、クロチク(黒竹)はイネ科マダケ属の常緑タケ類だそうです。
c0112559_08124187.jpg
c0112559_08130037.jpg
c0112559_08133630.jpg
桿の直径は2~3センチほどで、高さは3~5メートルほどになるそうです。
c0112559_08141501.jpg
c0112559_08143385.jpg
c0112559_08145349.jpg
奥に進んで方丈の庭へ。
c0112559_08155863.jpg
c0112559_08161790.jpg
茶室は階段を上がったところが入り口。ここが庭の中央に位置するので、眺めがよさそうですが、多分この日は休みです。
c0112559_08165919.jpg
茶室は方丈と名づけられていますが、建物は現代和風建築。
c0112559_08184486.jpg
c0112559_08190352.jpg
c0112559_08192165.jpg
現代的な白砂の枯山水の庭です。
c0112559_08195752.jpg
背景は松林と低く刈り込まれた生け垣。
c0112559_08202826.jpg
c0112559_08204566.jpg
c0112559_08210494.jpg
一旦、前庭に戻って千里庵の反対側に移動して眺めることもできます。
c0112559_08214484.jpg



by gipsypapa | 2019-10-09 08:24 | | Trackback | Comments(2)

万博記念公園 日本庭園 休憩所と茶室

c0112559_07495877.jpg
竹林の小経の北に上った高台に休憩所が、またそこから千里庵に向かって下がったところに、茶室「汎庵」「万里庵」があります。

万博記念公園 日本庭園 休憩所 / 茶室「汎庵」「万里庵」
1970(昭和45)年
大阪府吹田市千里万博公園9
撮影 : 2019.8.26
c0112559_07511524.jpg
c0112559_07513535.jpg
坂を登った高台にある休憩所。
c0112559_07521661.jpg
竹林の小経から聞こえていた笛の音の出所はこれ。
c0112559_07525101.jpg
服装から見て、普通の観光客のようですが、笛は一流に聞こえました。
c0112559_07533573.jpg
c0112559_07535220.jpg
坂を降りると千里庵の正面に茶室「汎庵」「万里庵」の立て札。門はしっかり閉まっています。調べたら「占用利用施設のため、一般公開は行っておりません。」と、ただし期間限定で特別公開されるようです。
c0112559_07543193.jpg
ネットに門の向こうの写真がありました。ここにも庭園があります。
c0112559_07561058.jpg
水禽窟みたいです。
c0112559_07565298.jpg
c0112559_07570794.jpg
c0112559_07572325.jpg
せっかくのお庭なので、常時公開して欲しいものですねえ。



by gipsypapa | 2019-10-08 08:01 | | Trackback | Comments(2)

万博記念公園 日本庭園 竹林の小径

c0112559_07420937.jpg
中世地区の「③竹林の小径(ちくりんのこみち)」に来ました。日本庭園ができる前の千里丘陵には大規模な竹林が広がっていたそうです。当時の風景を再現するために造られた場所で、竹の足下にはセンリョウ、マンリョウ、ナンテンなどが植えられています。

よく手入れされた竹林の中には「ししおどし」、また小径の端には「せせらぎ」の音がどこからともなく聞こえ、静けさを感じる場所です。

万博記念公園 日本庭園 竹林の小径
1970(昭和45)年
大阪府吹田市千里万博公園9
撮影 : 2019.8.26
c0112559_07431880.jpg
c0112559_07434661.jpg
c0112559_07440551.jpg
c0112559_07442374.jpg
c0112559_07444022.jpg
深山の泉から流れてきたせせらぎ。
c0112559_07452328.jpg
c0112559_07463302.jpg
c0112559_07465261.jpg
松の州浜に向かって流れる南側の小川です。
c0112559_07471721.jpg
c0112559_07474855.jpg
c0112559_07480481.jpg
「ししおどし」が響いていました。
c0112559_07483880.jpg
c0112559_07485587.jpg
笛の音も聞こえてきたのですが、後に謎が解けました。
c0112559_07493088.jpg



by gipsypapa | 2019-10-07 07:51 | | Trackback | Comments(2)

万博記念公園 日本庭園 深山の泉

c0112559_08212268.jpg
上代地区を歩いています。「④深山(みやま)の泉」です。西側にある迎賓館を寝殿造りの建物と見立てて「寝殿造り庭園」様式で作られたそうです。

モミやイヌマキなどは、太古の大自然を表し、泉から湧きだした水は“時の流れ”を象徴しています。4つの時代の庭園様式を取り入れた万博日本庭園の源泉を表現しています。

万博記念公園 日本庭園 深山の泉
1970(昭和45)年
作庭 : 田治六郎
大阪府吹田市千里万博公園9
撮影 : 2019.8.26
c0112559_08224218.jpg
c0112559_08232334.jpg
c0112559_08234181.jpg
泉と名づけられていますが、前回アップした「木漏れ日の滝」からの流れがここで湧き出しているようです。
c0112559_08251544.jpg
c0112559_08253335.jpg
小さめの玉石が敷かれた洲浜が見事でした。
c0112559_08270324.jpg
c0112559_08272094.jpg
c0112559_08274303.jpg
c0112559_08280031.jpg
c0112559_08281645.jpg
c0112559_08283981.jpg
現在、迎賓館は石垣を境にして敷地外にあり、ここからは見えません。ネットの写真を借用します。結婚式場です。
c0112559_08291327.jpg
ネットの航空写真。位置関係がわかります。左側の紅葉があるのが、深山の泉。



by gipsypapa | 2019-10-06 08:31 | | Trackback | Comments(2)

万博記念公園 日本庭園 木漏れ日の滝

c0112559_07554018.jpg
北側の築山の下を通って上代地区に来ました。「⑤木漏れ日の滝(こもれびのたき)」は、二段落ちの滝を中心に、左右に三つの形が違う小滝があります。滝口からの渓流は人工の流れとは思えないほどの力強さがあり、ここからの水流は南北に別れ、途中にいくつかの庭園を経由して、心字池へ流れ込んでいるわけです。

万博記念公園 日本庭園 木漏れ日の滝
1970(昭和45)年
作庭 : 田治六郎
大阪府吹田市千里万博公園9
撮影 : 2019.8.26
c0112559_08000341.jpg
c0112559_08002354.jpg
c0112559_08015039.jpg
c0112559_08005727.jpg
c0112559_08021132.jpg
池の右側。
c0112559_08024397.jpg
二つの形の違った小さな滝口があります。
c0112559_08031871.jpg
c0112559_08033753.jpg
c0112559_08035368.jpg
二段落ちの主滝。

c0112559_08044539.jpg

主滝の左にも小さな滝口が見えています。
c0112559_08053383.jpg
c0112559_08055186.jpg
周囲には紅葉が植えられています。名木の山紅葉と書いてありました。
c0112559_08065070.jpg
池からの西側への流れに沿って移動します。
c0112559_08094644.jpg
c0112559_08100467.jpg



by gipsypapa | 2019-10-04 08:11 | | Trackback | Comments(2)

万博記念公園 日本庭園 つつじヶ丘から築山を通って滝へ

c0112559_07245299.jpg
日本庭園の現代地区.から心字池の北側の高台を通り、途中「⑦つつじヶ丘」や築山を経由して上代地区にある「⑤木漏れ日の滝」を目指して歩きました。

万博記念公園 日本庭園
1970(昭和45)年
大阪府吹田市千里万博公園9
撮影 : 2019.8.26
c0112559_07252484.jpg
c0112559_07254080.jpg
藤棚から遠くに「夢の池」の噴水モニュメント「彗星」が見えています。
c0112559_07261147.jpg
c0112559_07262761.jpg
この辺が「つつじヶ丘」。
c0112559_07270287.jpg
c0112559_07271965.jpg
ネットにある咲いている季節の写真を借用しています。
c0112559_07282577.jpg
c0112559_07283975.jpg
c0112559_07285699.jpg
心字池の正面に見えていた築山の下を通過。
c0112559_07293846.jpg
心字池の中央休憩所の正面が見えました。
c0112559_07301115.jpg
太陽の塔を借景とした絶景ポイントを再掲。
c0112559_07305505.jpg
c0112559_07312143.jpg
クロマツだそうです。「遠見の松」と書いてあります。
c0112559_07320821.jpg
c0112559_07322675.jpg
c0112559_07324383.jpg
せせらぎ。「漏れ日の滝」から「松の州浜」へ流れる北側の小川です。
c0112559_07335147.jpg
c0112559_07341373.jpg
c0112559_07343141.jpg
滝が近づいてきました。



by gipsypapa | 2019-10-03 07:36 | | Trackback | Comments(2)

万博記念公園 日本庭園 花しょうぶ田

c0112559_08050985.jpg
日本庭園の現代地区.。東の端は「花しょうぶ田」です。春の海、筑波根、美吉野など、世界中から集めた約90品種・約12,000株のハナショウブが植えられています。

万博記念公園 日本庭園 花しょうぶ田
1970(昭和45)年
大阪府吹田市千里万博公園9
撮影 : 2019.8.26
c0112559_08054545.jpg
さすがに8月の終わりは季節はずれ。
c0112559_08064174.jpg
c0112559_08070056.jpg
c0112559_08071860.jpg
c0112559_08073632.jpg
c0112559_08081154.jpg
見頃は6月上旬から6月中旬だそうです。
c0112559_08091026.jpg
花ショウブ田はハス池の周りを囲んでいます。
c0112559_08105794.jpg
c0112559_08112705.jpg
c0112559_08114574.jpg
東の突き当たりに石段があり、数人の作業員の人たちが休憩中でした。
c0112559_08122416.jpg
階段を上がった正面に現代的な建物。
c0112559_08125701.jpg
休憩所にしてはベンチもない不思議な建物。
c0112559_08132746.jpg
木の格子の間隔が広いので、人が通れそうですが、向こうには何もないようです。
c0112559_08143377.jpg
庭園の保守をする業者の車が止まっていました。
c0112559_08150645.jpg
これ以降の花盛りの写真はネットから借用しています。
c0112559_08153891.jpg
c0112559_08155494.jpg
c0112559_08184656.jpg


by gipsypapa | 2019-10-02 08:19 | | Trackback | Comments(2)