カテゴリ:旅( 268 )

名古屋駅で昼食

名古屋駅で昼食_c0112559_08082253.jpg
今回は1泊2日の小旅行。京都から新幹線で35分と思ったより近いのです。日帰りも十分可能な距離です。往きと帰りともに昼食は駅構内でした。最初の名古屋駅の写真はネットから借用しました。

JR名古屋駅
名古屋市中村区名駅1--1-4
撮影 : 2020..2.4 & 5
名古屋駅で昼食_c0112559_08090217.jpg
駅の東側。有名な大名古屋ビルジング。駅前のランドマークです。金融機関や三菱グループが入居しています。地上344階建て、地下4階。

大名古屋ビルジング
2015(平成27)年
設計 : 三菱地所設計
施工 : 清水建設
名古屋市中村区名駅3-28-12
名古屋駅で昼食_c0112559_08094055.jpg
名古屋駅で昼食_c0112559_08095834.jpg
ウィキペディアの写真。テラスガーデンがありますね。機会があれば行ってみようかな。
名古屋駅で昼食_c0112559_08103877.jpg
その南側の低層ビルは名古屋ビル。商業ゾーンとオフィスゾーンがある複合ビルです。背後の高層ビルはミッドランドスクエア。2006年に竣工した47階建て地下2階の高層です。

名古屋ビルディング
2009(平成21)年
設計 : 日建設計
施工 : 清水建設
名古屋市中村区名駅4-6-17
名古屋駅で昼食_c0112559_08112075.jpg
往きも帰りもランチは駅の食堂街でした。初日はコンコースにある「驛釜きしめん」。
名古屋駅で昼食_c0112559_08115742.jpg
少し早めの時間だったので、軽く醤油にしましたが、やはり名古屋名物の味噌にすべきだったかも。
名古屋駅で昼食_c0112559_08134724.jpg
内部写真は食べログから。座ったのはこの一角。カウンターもあり、実際はもっと多くのお客さんがいました。
名古屋駅で昼食_c0112559_08140971.jpg
2日目は遅めの時間。コンコースの地下1階の「キッチンなごや」へ。
名古屋駅で昼食_c0112559_08153809.jpg
名古屋駅で昼食_c0112559_08155206.jpg
内部と味噌カツの写真は食べログから。
名古屋駅で昼食_c0112559_08160671.jpg
今度はお腹がすいていたので、がっつり「味噌ロースカツ定食」にしました。JR系のカードを提示すると中ジョッキが無料サービスでした。
名古屋駅で昼食_c0112559_08164738.jpg
新幹線で帰ります。次回から再び大阪です。




タグ:
by gipsypapa | 2020-03-30 08:19 | | Trackback | Comments(2)

帰路は静岡駅から

最終日は天気がイマイチ。その上、旅行の直前までは久能山東照宮に行く予定でしたが、調べるとこの12月は日本平~久能山東照宮間のロープウィが運休とのこと。ということは1159段の石段を登る?無理じゃ!ということで、この日は何もせず静岡駅へ。撮影 : 2019.12.16 & 17
帰路は静岡駅から_c0112559_08193024.jpg
これはその前日。沼津御用邸記念公園から。新幹線からより富士山が近く感じました。
帰路は静岡駅から_c0112559_08201218.jpg
沼津から清水港へ移動中の車から。
帰路は静岡駅から_c0112559_08202807.jpg
泊まったのは魚市場からJRの線路を挟んだ陸側にある「ホテルマイステイズ清水」。
帰路は静岡駅から_c0112559_08213424.jpg
ホテルの窓から。向こうの港に見えるのが魚市場です。
帰路は静岡駅から_c0112559_08220267.jpg
帰路は静岡駅から_c0112559_08221803.jpg
翌日の午前中にホテルからJR清水駅に向かうのに清水駅前銀座通りを歩きました。
帰路は静岡駅から_c0112559_08231850.jpg
帰路は静岡駅から_c0112559_08252006.jpg
帰路は静岡駅から_c0112559_08254063.jpg
午前中なので閉まっていますが、さすがに港町。海鮮居酒屋が目立ちます。
帰路は静岡駅から_c0112559_08261841.jpg
清水港といえば、清水次郎長。もっと店名とかにありそうですが、見かけませんでした。森の石松も大政小政もいなかったなあ。
帰路は静岡駅から_c0112559_08265652.jpg
清水駅から静岡駅へ向かいます。
帰路は静岡駅から_c0112559_08273010.jpg
清水駅のプラットフォーム。写真はネットから借用しています。
帰路は静岡駅から_c0112559_08284262.jpg
JR静岡駅の南口。これもネットから。
帰路は静岡駅から_c0112559_08293801.jpg
北口から駅前を。
帰路は静岡駅から_c0112559_08301071.jpg
12月中旬なのでクリスマスの飾りつけ。
帰路は静岡駅から_c0112559_08303947.jpg
ASTY静岡で「わさび漬」を購入しました。
帰路は静岡駅から_c0112559_08311123.jpg
今のわさび漬けは窒素ガス封入のケースに小分けされていて、長持ちします。
帰路は静岡駅から_c0112559_08331182.jpg
新幹線で帰ります。静岡は、またいつか出直します。



タグ:
by gipsypapa | 2020-02-12 08:35 | | Trackback | Comments(2)

清水港 清水魚市場

清水港 清水魚市場_c0112559_08401252.jpg
ブログは時間的に順番が逆になっています。沼津御用邸公園を車で最初に着いたのは清水港。この傍にこの日の宿があります。ここで遅めの昼食を食べました。

清水港(しみずこう)は静岡市清水区にある港湾。港湾法上の国際拠点港湾に指定され、また、中核国際港湾にも指定されていて、神戸港・長崎港と共に『日本三大美港』の一つに数えられるそうです。日本で消費されるマグロの約半分は清水港で揚がり、水揚げ日本一を誇る港です。

清水魚市場
静岡市清水区島崎町149 河岸の市
撮影 : 2019.12.16
清水港 清水魚市場_c0112559_08404845.jpg
清水魚市場には「いちば館」と「マグロ館」があり、やや遅い時間でしたが観光客で賑わっていました。
清水港 清水魚市場_c0112559_08430644.jpg
「いちば館」はその名の通り魚市場。一部には飲食店もあります。
清水港 清水魚市場_c0112559_08432358.jpg
清水港 清水魚市場_c0112559_08434017.jpg
清水港 清水魚市場_c0112559_08443244.jpg
北側にあるのが「まぐろ館」。ここは2階建てで、海鮮料理の飲食店が並んでいます。
清水港 清水魚市場_c0112559_08451143.jpg
清水港 清水魚市場_c0112559_08452666.jpg
清水港 清水魚市場_c0112559_08565638.jpg
どこも似たような品揃えだったので、適当に1階にある「清水港魚河岸 漁師めし岸家」という店へ。
清水港 清水魚市場_c0112559_08572994.jpg
清水港 清水魚市場_c0112559_08464530.jpg
午後3時近くで、ピークを過ぎていたので、店内はゆったりできました。
清水港 清水魚市場_c0112559_08472368.jpg
清水港 清水魚市場_c0112559_08473851.jpg
窓際の漁港が目の前に見える席です。
清水港 清水魚市場_c0112559_08480572.jpg
清水港 清水魚市場_c0112559_08482195.jpg
清水港 清水魚市場_c0112559_08484237.jpg
私は駿河釜揚げ丼。1350円。
清水港 清水魚市場_c0112559_08490903.jpg
海鮮丼。1350円。
清水港 清水魚市場_c0112559_08493988.jpg
特上海鮮丼。1960円。これ息子です。



タグ:
by gipsypapa | 2020-02-11 08:58 | | Trackback | Comments(2)

興津宿を歩く

興津宿を歩く_c0112559_08332980.jpg
清見寺がある興津清見寺町は、古代には清見関(きよみがせき)と息津(おきつ)駅が置かれたところです。
興津宿を歩く_c0112559_08340741.jpg
清見寺からJR興津駅に歩く途中にある説明版。
興津宿を歩く_c0112559_08345126.jpg
江戸時代には興津宿(おきつじゅく)と呼ばれ東海道五十三次の17番目の宿場町として発展したそうです。明治以降は鉄道が開通したことにより、西園寺公望などの元勲の別荘が建ち、避寒地として知られていたとか。
興津宿を歩く_c0112559_08352625.jpg
更に歩が市側に興津宿公園がありました。

興津宿公園
静岡市清水区興津本町234
撮影 : 2019.12.16
興津宿を歩く_c0112559_08355904.jpg
興津宿を歩く_c0112559_08361597.jpg
興津宿を歩く_c0112559_08363119.jpg
興津宿を歩く_c0112559_08372267.jpg
興津宿を歩く_c0112559_08374186.jpg
町役場があった場所のようです。



タグ:
by gipsypapa | 2020-02-10 08:41 | | Trackback | Comments(0)

湯回廊 菊屋の庭

湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08370804.jpg
初日の宿は既に3回泊まったことがある修善寺の「湯回廊 菊屋」で4回目。この宿の料理もお目当てす。

創業360年という歴史があり、昭和天皇が御幼少のころ宿泊されたり、明治末期には夏目漱石が泊まった部屋が残っていたりと、歴史と伝統のある旅館です。すでにこのブログで何回か紹介したので、今回は建物ではなく、庭をハイライトします。

湯回廊 菊屋
明治以降~昭和期
設計・施工 : 不明
静岡県伊豆市修善寺874-1
撮影 : 2019.12.15
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08395054.jpg
修善寺の真ん中を流れる桂川の上に宿の渡り廊下が架かっています。
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08403189.jpg
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08404833.jpg
レストランを出た目の前の絶景ポイント。
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08412208.jpg
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08414034.jpg
主庭です。
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08420833.jpg
庭に下りることができないのが残念ですが、テラスがあります。
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08424537.jpg
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08430355.jpg
冬なので、緑が少なく、やや寂しい風景。
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08433779.jpg
石も配置されていますが、平面的。
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08440655.jpg
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08442334.jpg
回廊でつながる離れのような一角の客室棟にある小さな庭。
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08451875.jpg
こちらの石の方が主庭より変化に富んでいます。
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08461032.jpg
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08462905.jpg
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08464776.jpg
拡張工事が進行中でした。この一角と、道路沿いの離れた場所にも新しい客室ができるようです。
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08472188.jpg
季節によっては予約が取りにくい宿。客室を相当数増やす気持ちはわかりますが、料理を含めて、サービスの低下がないことを祈ります。
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08533647.jpg
この日は満室なので、夕食は時間待ちでした。開始は7時45分からと遅いスタート。
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08544634.jpg
料理長は最初に来たときから変っていませんでした。
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08552804.jpg
シャブリ。
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08560177.jpg
何回かに分けて料理が出てきますが、前菜とデザート以外は二つか三つのメニューから選べるのがうれしい。
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08564431.jpg
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08572460.jpg
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08573647.jpg
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08575959.jpg
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08581242.jpg
こちらは朝食。和洋の選択ができます。和と、
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08584383.jpg
洋。
湯回廊 菊屋の庭_c0112559_08592097.jpg
レストランの横にも坪庭。



by gipsypapa | 2020-01-29 09:06 | | Trackback | Comments(2)

修禅寺の町を歩く

修禅寺の町を歩く_c0112559_08135663.jpg
夕暮れ時の修善寺の町を散策しました。12月の中旬。紅葉の季節は終わってしまったのが残念でしたが、その時期はなかなか宿が取れません。
撮影 : 2019.12.15
修禅寺の町を歩く_c0112559_08143683.jpg
桂川の北岸に少し紅葉が残っていました。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08154275.jpg
向こうに見えるのは桂橋。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08161763.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08172947.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08174594.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08180034.jpg
土産物店が並んでいます。山の中なのに干物というのは不思議ですが、ここは伊豆半島なのでした。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08183228.jpg
工芸品の店。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08190391.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08193003.jpg
これは別の店ですが、ショーウィンドウが楽しい。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08194872.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08200270.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08202305.jpg
弘法の湯の看板がある独鈷(どっこ)の湯公園。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08210523.jpg
確かにお湯が出ていました。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08213613.jpg
弘法大師空海が発見したといわれる独鈷の湯を見下ろす公園です。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08225655.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08231528.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08240342.jpg
右端にみえるのが独鈷の湯。桂川の河川敷にあり、足湯ができます。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08244563.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08245946.jpg
赤い欄干の虎渓橋(こけいばし)のたもとにある、甘味処「一石庵(いっせきあん)」。桂川沿いに建っています。もともと、ここには「箱湯」という温泉があり、鎌倉二代将軍の源頼家の終焉の場所とのこと。これは裏門です。

一石庵
静岡県伊豆市修善寺950-1
修禅寺の町を歩く_c0112559_08253680.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08255264.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08261169.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08263937.jpg
敷地の片隅にもお湯が出ています。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08272166.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08273688.jpg
これ以降の一石庵の写真はネットから借用します。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08284433.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08285948.jpg



by gipsypapa | 2020-01-28 08:32 | | Trackback | Comments(0)

浄蓮の滝

浄蓮の滝_c0112559_08455887.jpg
東京に住む息子夫婦と合流して、伊豆の修善寺と静岡の清水を車で回る2泊3日のたびでした。待ち合わせたのはJR熱海駅でしたが、東京からの高速道路が渋滞だったようで、到着が遅れたので、この日は1箇所だけ。

石川さゆりの「天城超え」に歌われる浄蓮の滝(じょうれんのたき)へ。何度かバスで傍の道を通ったことはありますが、滝自体を見るのは初めてでした。

浄蓮の滝は、伊豆市湯ヶ島にある滝。日本の滝百選の一つです。滝は狩野川の上流で、天城山の北西麓を流れる本谷川に流れ落ちています。1万7千年前に伊豆東部火山群の鉢窪山スコリア丘が噴火した際に流出した玄武岩溶岩流を流れ落ちる直瀑だとか。

落差は25m、幅は7mで岩盤には柱状節理が見られます。かつて滝の付近に「浄蓮寺」という寺院があったことから「浄蓮の滝」という名称がついたと伝わっているそうです。

浄蓮の滝
静岡県伊豆市湯ケ島892-14
撮影 : 2019.12.15
浄蓮の滝_c0112559_08463610.jpg
浄蓮の滝_c0112559_08465422.jpg
浄蓮の滝_c0112559_08471038.jpg
川端康成の「伊豆の踊子」の像があります。
浄蓮の滝_c0112559_08474563.jpg
石碑に昌子と刻まれています。与謝野晶子でしょうか。
浄蓮の滝_c0112559_08481875.jpg
かつて対岸の山裾にあった浄蓮寺が豪雨による山崩れで消滅したとき、祀られていた弁財天が自らの足で歩いて滝壺の中へ入っていかれたといわれているそうです。
浄蓮の滝_c0112559_08491434.jpg
浄蓮の滝_c0112559_08493805.jpg
滝は道路からかなり下ったところにあります。
浄蓮の滝_c0112559_08504427.jpg

往きはよいよい、帰りはきつい坂でした。
浄蓮の滝_c0112559_08512834.jpg
石川さゆりの「天城越え」の歌碑。曲は1985年、吉岡治と弦哲也、桜庭伸幸の3人が、以前アップした天城湯ヶ島町の温泉旅館「白壁荘」で製作した歌です。
浄蓮の滝_c0112559_08524571.jpg
浄蓮の滝_c0112559_08530307.jpg
滝の右側に柱状節理の岩肌。タモリが喜ぶでしょう。
浄蓮の滝_c0112559_08535522.jpg
浄蓮の滝_c0112559_08541221.jpg
浄蓮の滝_c0112559_08543236.jpg
滝の近くにある滝見茶屋。わさびソフトクリームを食べました。実際に辛味を感じ珍しかったのですが、これ一度で十分かな。
浄蓮の滝_c0112559_08551091.jpg
わさび田。
浄蓮の滝_c0112559_08554399.jpg
浄蓮の滝_c0112559_08560113.jpg
丸岩安藤わさび店です。ブラタモリの伊豆編は見た記憶がありますが、浄蓮の滝は覚えていません。
浄蓮の滝_c0112559_09004984.jpg
ここで生わさびを購入。家でしばらく楽しみましたし、思ったより長もちします。
浄蓮の滝_c0112559_09013524.jpg
長い登りに息を切らして、道路際の駐車場のレベルへ戻りました。
浄蓮の滝_c0112559_09020376.jpg
観光センターです。
浄蓮の滝_c0112559_09023786.jpg
ここで渋滞で昼食を取れなかった息子夫婦が軽く食事。
浄蓮の滝_c0112559_09025290.jpg
名物の猪まんと、
浄蓮の滝_c0112559_09034410.jpg
猪ラーメン。これも一度で十分との感想でした。この後はこの日の宿がある、修善寺に向かいました。



by gipsypapa | 2020-01-26 09:06 | | Trackback | Comments(0)

家族旅行 熱海から静岡へ

家族旅行 熱海から静岡へ_c0112559_08135160.jpg
去年の12月中旬に伊豆から静岡へ小旅行をしました。東京に住む息子夫婦とJR熱海駅で待ち合わせて修善寺温泉に1泊。その後、分かれて清水港に1泊という、2泊3日の旅程でした。撮影 : 2019.12.15
家族旅行 熱海から静岡へ_c0112559_08145108.jpg
浜名湖を通過。新幹線で東京方面へ向かうときは、左側の席に座ります。ほとんど海が見えないので、山側が景色がいいです。浜名湖のこの景色も山側。
家族旅行 熱海から静岡へ_c0112559_08173170.jpg
出発は12月15日。この日は富士山がきれいに見えてラッキーでした。
家族旅行 熱海から静岡へ_c0112559_08182316.jpg
これだけ富士山がきれいに見えるのはなかなかありません。
家族旅行 熱海から静岡へ_c0112559_08183809.jpg
新幹線は定刻通りに到着しましたが、息子は車の渋滞で2時間近く遅れるとのこと。もともとランチは一緒に食べる予定でしたが、お昼を相当過ぎるため、駅前を散策して、私たちだけで済ますことにしました。熱海駅は、JR東海に所属する東海道新幹線と、JR東日本およびJR東海に所属する東海道本線、JR東日本に所属する伊東線の合計3線が乗り入れる駅で4年前に建て替えられた駅舎です。

JR熱海駅
2015(平成27)年
設計 : JR東日本建築設計
施工 : 不明
静岡県熱海市田原本町11-1
家族旅行 熱海から静岡へ_c0112559_08195328.jpg
熱海軽便鉄道(小田原〜熱海)で使われていたSLが駅前にあります。
家族旅行 熱海から静岡へ_c0112559_08202731.jpg
仲見世通り商店街。土産物屋や飲食店がぎっしり。外国人旅行者で賑わっていました。
家族旅行 熱海から静岡へ_c0112559_08211556.jpg
家族旅行 熱海から静岡へ_c0112559_08214420.jpg
家族旅行 熱海から静岡へ_c0112559_08215956.jpg
家族旅行 熱海から静岡へ_c0112559_08221340.jpg
家族旅行 熱海から静岡へ_c0112559_08222889.jpg
家族旅行 熱海から静岡へ_c0112559_08224176.jpg
家族旅行 熱海から静岡へ_c0112559_08225443.jpg
家族旅行 熱海から静岡へ_c0112559_08230736.jpg
こちらは一筋北側の駅前平和通り商店街。五月みどりの店のフラッグ。
家族旅行 熱海から静岡へ_c0112559_08234365.jpg
この商店街ではなく、駅前にありました。写真はGoogleから。
家族旅行 熱海から静岡へ_c0112559_08241286.jpg
仲見世通り商店街も駅前平和通り商店街も飲食店はほぼ満員。色々探して駅の正面にあるちょっと昭和レトロな熱海第1ビルへ。
家族旅行 熱海から静岡へ_c0112559_08245288.jpg
空席があった「まる給」に入りました。ラーメンが売りの店です。かみさんはワンタンメン、私は親子丼。美味しかったです。
家族旅行 熱海から静岡へ_c0112559_08252339.jpg
ネットにあった戦前の熱海駅。レトロでいい感じです。せめてこの意匠を踏襲できなかったんでしょうか。

息子夫婦とのランチはあきらめて、浄蓮の滝へ向かいました。



by gipsypapa | 2020-01-24 10:41 | | Trackback | Comments(0)

山口市の湯田温泉

山口市の湯田温泉_c0112559_08035517.jpg
山口駅から南へ1駅のところに湯田温泉駅があります。さすがに乗降客が多いのか、ここは有人駅で、電車のドアはすべて開きます。湯田温泉は大型ホテルや旅館、ビジネスホテルなどがいくつもあります。撮影 : 2019.10.15
山口市の湯田温泉_c0112559_08043425.jpg
山陽路にはあまり温泉街はありませんので山陽路随一の温泉街といえます。市の中心部から近いことから、山口市のいわゆる繁華街・歓楽街でもあり、飲食店なども数多いようです。

JR湯田温泉駅
山口市今井町4
山口市の湯田温泉_c0112559_08050689.jpg
駅前にある高さ8メートルの巨大な白狐です。1枚目とこれ以降の2枚はネットから借用しています。湯田温泉は白狐が毎夜温泉に浸かっていたのを、権現山の麓のお寺のお師匠さんが発見したことは始まりだそうです。
山口市の湯田温泉_c0112559_08055904.jpg
川がないのであまり温泉街らしさは感じません。
山口市の湯田温泉_c0112559_08065850.jpg
宿泊した松田屋ホテルの裏側に茶屋臨屋堂跡があります。
山口市の湯田温泉_c0112559_08075111.jpg
毛利氏の茶屋だったところで、吉田松蔭や高杉晋作などの長州志士が、密儀の場として利用したとか。
山口市の湯田温泉_c0112559_08082010.jpg
山口市の湯田温泉_c0112559_08083787.jpg
磯くらという居酒屋になっています。
山口市の湯田温泉_c0112559_08091979.jpg
内部の写真はネットから借用しています。
山口市の湯田温泉_c0112559_08095682.jpg
山口市の湯田温泉_c0112559_08101413.jpg
旅館に泊まっていなければ行きたくなる雰囲気です。
山口市の湯田温泉_c0112559_08111412.jpg
湯けむり横丁。旅館の宿泊者は宿で夕食でしょうが、ビジネスホテルの宿泊客や山口市内外から遊びに来る人にはよさそう。
山口市の湯田温泉_c0112559_08124315.jpg
夕方の日暮れ前で人の気配はありません。
山口市の湯田温泉_c0112559_08134186.jpg
夜の写真はネットから借用しています。



by gipsypapa | 2019-12-11 08:16 | | Trackback | Comments(2)

JR上山口駅周辺

JR上山口駅周辺_c0112559_07512740.jpg
この日は午前中に防府を発ち、JRを乗り継いで上山口駅で降りました。善生寺を出て、大内氏館跡がある龍福寺へ向かう頃は、お昼時。ずっと歩いてきましたが、飲食店は見当たらず、龍福寺手前でやっと見つけました。撮影 : 2019.10.15
JR上山口駅周辺_c0112559_08103235.jpg
御食事処の暖簾。なんとなく寿司屋のようで高そうかと思ったら、入り口脇の看板に食堂とあります。他に食べれそうなところもないし、思い切って入りました。

寿ゑ吉
山口市石観音町5-13
JR上山口駅周辺_c0112559_07521983.jpg
定食の店みたいで、がっつり系が安いです。昭和レトロな雰囲気で、お客さんも入っていました。
JR上山口駅周辺_c0112559_07525111.jpg
自分は定食は重すぎるので、ソース焼きそば。予想以上に量も多く美味しかった。正解でした。
JR上山口駅周辺_c0112559_07532527.jpg
寿ゑ吉を出て龍福寺へ向かう途中に大龍門という看板。大殿小学校の校門になっています。
JR上山口駅周辺_c0112559_07535834.jpg
龍福寺を西に出ると西田幾多郎(にしだきたろう)の説明板があります。
JR上山口駅周辺_c0112559_07543502.jpg
哲学書「善の研究」の著者で、近代日本を代表する哲学者・西田幾多郎(1879-1945)がかつて暮らした山口市内の旧宅です。
JR上山口駅周辺_c0112559_07545184.jpg
JR上山口駅周辺_c0112559_07553944.jpg
名前は聞いたことがありますが、哲学に興味はなく、建物も何の変哲もありませんので、追及しませんでした。
JR上山口駅周辺_c0112559_07561293.jpg
萩ふるさと伝承センターがある往還道路の竪小路に出ました。伝承センターの向かいにある豆子郎大内館店。古民家を改修したお和菓子の店です。一帯が大内家の地所だったことから名前をもらっています。

豆子郎大内館店
山口市下竪小路52-2
JR上山口駅周辺_c0112559_07564291.jpg
内部とお菓子の写真はネットから借用しています。
JR上山口駅周辺_c0112559_07571270.jpg
JR上山口駅周辺_c0112559_07572886.jpg
同じ竪小路にもう一軒2階建ての町家があります。町家の左端には「ふるさとだんぎ」の看板がかかり、右は「遊恭茶房おかだ」の看板。

遊恭茶房おかだ
山口市下竪小路17
JR上山口駅周辺_c0112559_07580503.jpg
JR上山口駅周辺_c0112559_07583018.jpg
硝子は一部が波打ちです。
JR上山口駅周辺_c0112559_07590262.jpg
JR上山口駅周辺_c0112559_07591586.jpg
ここも内部とお茶の写真はネットからの借用です。
JR上山口駅周辺_c0112559_08000623.jpg
JR上山口駅周辺_c0112559_08002434.jpg
JR上山口駅周辺_c0112559_08003922.jpg
上山口の駅に戻りました。JRの山口線で、山口駅から北へ一駅なのですが、上下線とも山口駅が終点。
JR上山口駅周辺_c0112559_08012022.jpg
単線なのはよくあることですが、ホームも片側だけです。本数も少なく不便です。山陽本線の防府から、山口線の山口に来ましたが、交通系のカードがまったく使えず、すべて駅員による改札でした。何人もの総理大臣を輩出した上に、現首相のお膝元のわりに遅れてますね。
JR上山口駅周辺_c0112559_08024316.jpg
普通列車はワンマンカーで、無人駅が多かったです。ここも後から乗って、降りるときは一番前の運転手が改札します。余談ですが、このポスターの「RENOFA」はレノファ山口FCのことで、J2リーグにいるようです。
JR上山口駅周辺_c0112559_08032746.jpg
電車が来ました。行き先表示がありませんが、地元では必要ないのでしょう。これに乗って次の山口駅で乗り換えて、この日の宿の湯田温泉に向かいます。



タグ:
by gipsypapa | 2019-12-10 08:08 | | Trackback | Comments(0)