カテゴリ:建築( 2572 )

大浦天主堂と関連施設

c0112559_08194942.jpg
9年前の2009年5月に訪問し、アップした大浦天主堂。久しぶりです。江戸末期に建てられたゴシック風の日本最古の教会で、長崎では最も有名な建物の一つ。知る限り日本で唯一国宝に指定されている洋風建築です。

在留外人のための教会として建てられ日本26聖殉教者天主堂と呼ばれました。豊臣秀吉によって処刑された、ペドロ神父、パウロ三木ら26人の殉教者を顕彰したもので、大浦天主堂という名称は、地名を付ける日本の習慣に従った通称です。

フランス人宣教師ジラール(プリュダンス・セラファン=バルテルミ・ジラール)、プチジャン(ベルナール・タデー・プティジャン)両神父の設計図をもとに、プチジャン神父の指導により、天草出身の棟梁・小山秀之進が施工しました。

当初は木造の天主堂でしたが、明治8年に改修・増築を行い、外壁を煉瓦構造にするとともに、間口を左右に広げ、奥行きも深くして当初の2倍の大きさに拡張。典型的なゴシック建築様式になりました。現在の天主堂は原子爆弾の被害を受けたため、戦後日本政府の援助により、5年をかけて修復したものです。

ヴォールト天井や尖頭式アーチ形の窓をもつ本格的な洋風建築で,我が国の工匠が洋風建築を手がけた最初期の貴重なものとして、国宝に指定された、煉瓦造り+木造の五廊式教会堂。

大浦天主堂
1865(元治2)年 / 1875(明治8)年 改造
世界遺産
設計 : ジラール神父、プティジャン神父
施工 : プティジャン神父(指導)、小山秀之進(棟梁)、日本人大工
長崎市南山手町5-3
撮影 : 2018.10.3
c0112559_08215032.jpg
⑦大浦天主堂と関連施設
c0112559_08222217.jpg
ファサードが真っ白になっています。壁を塗り替えたようです。
c0112559_08230358.jpg
教会堂へ登る石段の踊り場の横に小さな公園があります。
c0112559_08233980.jpg

c0112559_08235820.jpg
左は教王ヨハネ・パウロ2世、右はプチジャン司教の像。
c0112559_08254553.jpg

c0112559_08260386.jpg

c0112559_08262469.jpg

c0112559_08264181.jpg
c0112559_08270095.jpg
c0112559_08271686.jpg
c0112559_08273583.jpg
c0112559_08275639.jpg
建築当時の写真がネットにあります。形がかなり違いますね。





世界遺産になった大浦天主堂と関連施設の関連施設は博物館になっている2棟が含まれています。

旧羅典神学校
c0112559_08292678.jpg
大浦天主堂に向って右側に隣接している建物。プチジャン神父が日本人聖職者育成の目的に設立した旧羅典(ラテン)神学校です。神学校の校舎兼宿舎として使用されました。

骨組が木造で壁に煉瓦を積んだ、木骨煉瓦造り。外開きの鎧戸がついた窓や階段など西欧建築技術が随所に取り入れられていますが、全体的には部屋割りはいたってシンプル。和風の土蔵のような雰囲気もあります。

設計と施工監督は敷地内に建つ旧長崎教区大司教館と同じく、フランス人のマルク・マリー・ド・ロ神父。現在はキリシタン資料室として一般開放されています。国の重要文化財に指定された、木骨煉瓦造り、3階(屋根裏部屋付き)建て。

旧羅典神学校
1875(明治8)年
重要文化財
設計・施工 : ド・ロ神父
c0112559_08305486.jpg
c0112559_08311144.jpg
c0112559_08313370.jpg
c0112559_08315146.jpg
c0112559_08320712.jpg
c0112559_08322488.jpg
旧長崎教区大司教館
c0112559_08331943.jpg
旧羅典神学校の下に切妻の煉瓦壁の建物があります。大正初期に建てられた司教館でした。前回訪ねてときは長崎コレジオといわれるカトリックの司祭を目指す学生が学ぶ神学校にでした。

大型の建物で、北側は煉瓦造りの切妻屋根ですが、南側は和瓦の寄せ棟。北側からは四階建てに見えますが、大浦天主堂に上る階段の手前で東側の側面を見ると二階建てのベランダとバルコニーを持つコロニアル風。傾斜地に建てられたために、何階建てと言い切れない、不思議な形状をしています。

フランス人のマルク・マリー・ド・ロ(Marc Marie de Rotz, 1840 - 1914)神父と鉄川与助の共同設計といわれています。ド・ロ神父は布教活動とともに、出津教会、大野教会、旧羅典神学校などの建築も手掛けた人ですが、この司教館の工事中に事故で亡くなったため、この建物が神父の遺作になりました。鉄川与助(1879 - 1976)は、長崎県を中心に数多くのカトリックの教会堂建築を手がけた棟梁であり建築家です。

旧長崎教区大司教館
1915(大正4)年
長崎県有形文化財
設計 : ド・ロ神父+鉄川与助
施工 : 鉄川与助
c0112559_08342307.jpg
右側の切妻、煉瓦の建物が旧大司教館です。

by gipsypapa | 2019-01-15 08:43 | 建築 | Trackback | Comments(2)

カトリック出津教会堂

c0112559_10175495.jpg
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」2番目の訪問地は大野教会堂と同じ西彼杵半島の西岸にある外海(そとめ)地区の出津(しづ)教会。

この教会堂もフランス人宣教師マルク・マリー・ド・ロ、通称ド・ロ神父によって建設されたもので、明治15年に献堂式が行われ、正面および背面の増築を経て明治42年に現在の姿となりました。

出津教会堂は明治前期に建設された希少な初期教会堂の一つで、後世の増築も、同一の設計者によって均整を保った拡充が図られており、高い価値が認められ、国の重要文化財に指定されています。煉瓦造りおよび木造、正面と背面に塔屋付。

カトリック出津教会堂
1882(明治15)年 / 1909(明治42)年増築
世界遺産
重要文化財
設計・施工 : マルク・マリー・ド・ロ(ド・ロ神父)
長崎市西出津町2633
撮影 : 2018.10.2
c0112559_10183338.jpg
⑨出津教会と関連施設
c0112559_10191133.jpg
c0112559_10192644.jpg
c0112559_10194317.jpg
c0112559_10195907.jpg
c0112559_10204587.jpg
c0112559_10210507.jpg
c0112559_10215432.jpg
c0112559_10223060.jpg
c0112559_10225632.jpg
c0112559_10231776.jpg
c0112559_10233508.jpg
c0112559_10235134.jpg
c0112559_10241454.jpg
c0112559_10243198.jpg
c0112559_10244629.jpg
左がド・ロ神父。右の像はパウロ・中村近蔵は翁。ド・ロ神父を始めとする歴代の神父の片腕となり、教徒の宗教、教育、教会の運営に尽力された人物とのこと。
c0112559_10251710.jpg
「ドロー神父」になっています。
c0112559_10254508.jpg
c0112559_10255912.jpg
c0112559_10261646.jpg
内部写真はネットから借用しています。

c0112559_10275254.jpg
c0112559_10280944.jpg
c0112559_10282617.jpg
c0112559_10284305.jpg
行けませんでしたが、バスの車窓から旧出津救助院(きゅうしつきゅうじょいん)が見えました。

c0112559_10325401.jpg
行かなかったので、これ以降の写真はネットから借用しています。旧出津救助院はド・ロ神父の人類愛によって設立された授産活動の場で、現在の長崎市西出津町出津文化村エリアにあります。施設はいくつかの資産で構成され、保存・修復を経ながら現在も残っています。
c0112559_10344480.jpg
ド・ロ塀(国指定重要文化財)
c0112559_10351703.jpg
授産場(国指定重要文化財)
c0112559_10354602.jpg
授産場1階炊事場
c0112559_10361550.jpg
授産場2階祈りの場
c0112559_10364764.jpg
マカロニ工場(国指定重要文化財)
c0112559_10372724.jpg
製粉工場(長崎県指定史跡)
c0112559_10380081.jpg
薬局(長崎県指定史跡)
c0112559_10383879.jpg
旧出津救助院の向かいのド・ロ様記念館(国指定重要文化財)は、旧鰯網工場を改装して建設されました。

by gipsypapa | 2019-01-12 10:47 | 建築 | Trackback | Comments(2)

カトリック大野教会堂

c0112559_08020880.jpg
最初の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」訪問地は外海(そとめ)地区にある大野教会堂。大野教会堂は、大浦天主堂からこの地区の主任司祭として赴任したフランス人マルク・マリ・ド・ロ神父が明治26年(1893年)に建設した小規模な巡回教会です。

建物は北側の会堂部と南側の司祭室部からなっています。教会堂部周りの 3面は当地産の玄武岩割り石を漆喰モルタルで固めた特異な「ド・ロ壁」と呼ばれる壁体を築き、その上に洋式のキングポスト(真束)をもつ木造小屋組を架ける。側面の窓は上部を半円アーチ形の煉瓦造り。石造及び木造平屋建ての国の重要文化財。

カトリック大野教会堂
1893(明治26)年 / 2004(平成16)年解体修理
世界遺産
重要文化財
設計 : マルク・マリ・ド・ロ神父(ド・ロ神父)
施工 : ド・ロ神父、信者たち
長崎市下大野町2624
撮影 : 2018.10.2
c0112559_08032562.jpg
⑩大野教会堂
c0112559_08035599.jpg
駐車場からかなり遠くてきつい山道を登っていきます。
c0112559_08042688.jpg
c0112559_08044505.jpg
左が会堂部。右の屋根が低い方が司祭室部です。
c0112559_08053268.jpg
c0112559_08055392.jpg
c0112559_08061335.jpg