2020年 02月 20日 ( 1 )

大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング

大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08060622.jpg
大阪ステーションシティの最新写真です。先にノースゲートビルやグランフロントビルを訪ねたときとは別の飲み仲間との飲み会。この日は夜で、行き先は大阪マルビルの店、つまり、おなじみの大阪駅南側だったので、早めに着いて、前回見逃したサウスゲ-トビルへ。

大阪駅の南側はサウスゲートビルディング。JR系列のホテルグランビア大阪と大丸梅田店が入っています。1983(昭和58)年に開業し「アクティ大阪」と呼ばれたビル(27階建て・高さ122.3mがあります。

その南側に「大阪駅開発プロジェクト」の一環として、地上15階建て・高さ約70mのビルを増築し、2011(平成23)年に開業。そのときにビルの愛称を「サウスゲートビルディング」へ変更したそうです。

大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング
1983(昭和58)年 / 2011(平成23)年増築
設計日本国有鉄道、安井建築設計事務所
施工大林組、鹿島建設、清水建設、竹中工務店、間組JV
水景設計 : 光栄(水の時計
大阪市北区梅田3-1-1
撮影 : 2010.2.14
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08085738.jpg
南側からの夜景。これは自分が撮ったものですが、最初の写真は自分では無理。ネットから借用しました。さすがプロ。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08093857.jpg
大阪駅はこのサウスゲートが表玄関です。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08102243.jpg
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08105155.jpg
中央入り口の手前、向かって右側にある「水の時計」。実はこれが面白い。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08113537.jpg
水の幕が流れていて、色々な模様が瞬間的に見えては落ちて行くのです。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08122053.jpg
一瞬なので、シャッターチャンスが難しい。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08130250.jpg
何度もトライして、いくつか撮影。後で考えたら、動画撮影して、再生しながら一時停止させてスクリーンショットを撮ればよかったわけで・・・・


大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08134174.jpg


あとでyoutubeにあるのに気づきました。

とにかく、時間の表示も撮れました。もうすぐ6時。既に暗くなりました。飲み会は7時からなので、このあと夜景を撮りに、北側のグランフロント大阪へ行きます。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08141959.jpg
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08143783.jpg
中央口を入ってコンコースの方へ向かうと「旅立ちの広場」。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08154258.jpg
上部にはレリーフの壁画があります。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08161412.jpg
調べると、アルミキャスト「世界にひらく大阪」というタイトル。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08164328.jpg
1983(昭和58)年完成、監修:井手宣通、原画:角卓、制作:ルイ・フランセンだそうです。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08171555.jpg
その向こうにある「旅立ちの鐘」。
大阪ステーションシティ サウスゲートビルディング_c0112559_08180154.jpg



by gipsypapa | 2020-02-20 08:22 | 建築 | Trackback | Comments(2)