2020年 01月 28日 ( 1 )

修禅寺の町を歩く

修禅寺の町を歩く_c0112559_08135663.jpg
夕暮れ時の修善寺の町を散策しました。12月の中旬。紅葉の季節は終わってしまったのが残念でしたが、その時期はなかなか宿が取れません。
撮影 : 2019.12.15
修禅寺の町を歩く_c0112559_08143683.jpg
桂川の北岸に少し紅葉が残っていました。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08154275.jpg
向こうに見えるのは桂橋。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08161763.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08172947.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08174594.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08180034.jpg
土産物店が並んでいます。山の中なのに干物というのは不思議ですが、ここは伊豆半島なのでした。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08183228.jpg
工芸品の店。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08190391.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08193003.jpg
これは別の店ですが、ショーウィンドウが楽しい。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08194872.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08200270.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08202305.jpg
弘法の湯の看板がある独鈷(どっこ)の湯公園。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08210523.jpg
確かにお湯が出ていました。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08213613.jpg
弘法大師空海が発見したといわれる独鈷の湯を見下ろす公園です。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08225655.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08231528.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08240342.jpg
右端にみえるのが独鈷の湯。桂川の河川敷にあり、足湯ができます。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08244563.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08245946.jpg
赤い欄干の虎渓橋(こけいばし)のたもとにある、甘味処「一石庵(いっせきあん)」。桂川沿いに建っています。もともと、ここには「箱湯」という温泉があり、鎌倉二代将軍の源頼家の終焉の場所とのこと。これは裏門です。

一石庵
静岡県伊豆市修善寺950-1
修禅寺の町を歩く_c0112559_08253680.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08255264.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08261169.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08263937.jpg
敷地の片隅にもお湯が出ています。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08272166.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08273688.jpg
これ以降の一石庵の写真はネットから借用します。
修禅寺の町を歩く_c0112559_08284433.jpg
修禅寺の町を歩く_c0112559_08285948.jpg



by gipsypapa | 2020-01-28 08:32 | | Trackback | Comments(0)