2019年 12月 30日 ( 1 )

日下山 願泉寺庭園

日下山 願泉寺庭園_c0112559_13042133.jpg
地下鉄御堂筋線で天王寺から2駅目の大国町で降りて願泉寺(がんせんじ)を訪ねました。願泉寺は浄土真宗本願寺派の寺で、山号は日下山。寺伝では、推古天皇11年(603年)に小野妹子の8男、多嘉麿義持(永証)により創建されたという歴史ある古刹です。

第二次大戦前には、当時国宝に指定されていた伊達政宗の寄進した書院や茶室があったそうですが、1945年の大阪大空襲で焼失してしまいました。 相阿弥(そうあみ、生年不明 - 1525)の作庭といわれる枯山水の庭園は石組みが戦災を免れ、現在は大阪府の名勝となっています。

相阿弥は室町時代の絵師、鑑定家、連歌師で、龍安寺方丈庭園や慈照寺庭園を手がけたといわれています。いずれにしろ室町時代の人で、大阪府文化財一覧に記載されている江戸時代中期の作庭とは合致しません。多分、江戸中期に大規模な改修が行われたと思われます。

日下山 願泉寺庭園
室町後期 / 江戸中期
大阪府指定名勝
作庭 : 相阿弥(伝)
大阪市浪速区大国2-2-27
撮影 : 2019.10.31
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13045967.jpg
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13051870.jpg
門をくぐって境内へ。
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13062341.jpg
本堂は戦後の築です。庭の場所がわからず、電話したら親切に出迎えて案内していただきました。
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13072678.jpg
庭は本堂の裏側にあります。
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13080460.jpg
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13082185.jpg
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13083947.jpg
本殿などすべて戦災で焼けてしまいましたが、この庭の石組みだけは残ったと仰っていました。
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13091443.jpg
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13093813.jpg
枯山水の庭ですが、この滝口の下には水溜りがありました。
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13101977.jpg
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13103652.jpg
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13105247.jpg
向こうに見える建物は新しいものですが、伊達政宗寄進の書院があった場所と思われます。庭はいわゆる方丈前庭だったようです。
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13113295.jpg
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13114992.jpg
奥に井戸と・・・
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13122616.jpg
茶室。伊達政宗が寄進したという茶室を意識して建てられたのでしょう。
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13125986.jpg
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13131201.jpg
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13133107.jpg
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13134860.jpg
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13140425.jpg
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13142154.jpg
茶室の横に小さな築山。
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13144999.jpg
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13150402.jpg
書院があったと思われる建物側。
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13154166.jpg
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13155761.jpg
やはり、こちらからの眺めが本命のようです。
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13163046.jpg
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13164779.jpg
石組みが見事。
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13171727.jpg
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13173305.jpg
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13175670.jpg
よく手入れされている庭園で満足でした。
日下山 願泉寺庭園_c0112559_13183855.jpg
庭の場所がわかりにくいのと、入り口の格子戸が施錠されているので、あらかじめ電話したほうがよさそうです。
電話: 06-6641-0084

by gipsypapa | 2019-12-30 13:22 | | Trackback | Comments(2)