2019年 12月 05日 ( 1 )

山口市の河村写真館

山口市の河村写真館_c0112559_08070991.jpg
次にアップする八坂神社の境内脇に、今回のお目当ての一つだった写真館があります。典型的な擬洋風建築で、正面2階に手すりと、3連続アーチのベランダがあり、その上には時計台のような塔屋を載せています。

正確な建築年代は不明だそうですが、から明治20年(1887年)前後に旧士族の松原繁が写真館として建築したと考えられるとか。山口県内で最初の写真館で、毛利藩の砲術師範だった小野為八が渡米して写真術を学び、帰国後建築したといわれています。山口県指定有形文化財の木造2階建て。

河村写真館
旧小野写真館
1887(明治20)年ころ
山口県有形文化財
設計 : 小野為八か
施工 : 不明
山口市上竪小路103
撮影 : 2019.10.15
山口市の河村写真館_c0112559_08075994.jpg
西南側からアプローチ。
山口市の河村写真館_c0112559_08085224.jpg
入り口は神社側、つまり反対側です。
山口市の河村写真館_c0112559_08092551.jpg
山口市の河村写真館_c0112559_08094770.jpg
下見板が変色しています。
山口市の河村写真館_c0112559_08100469.jpg
八坂神社への脇鳥居。
山口市の河村写真館_c0112559_08111385.jpg
山口市の河村写真館_c0112559_08112953.jpg
刺激的な色の赤瓦。
山口市の河村写真館_c0112559_08120853.jpg
山口市の河村写真館_c0112559_08122443.jpg
表側へ回りました。

山口市の河村写真館_c0112559_08130140.jpg
山口市の河村写真館_c0112559_08132014.jpg
営業していないような。



by gipsypapa | 2019-12-05 08:20 | 建築 | Trackback | Comments(0)