2019年 10月 28日 ( 1 )

大阪城公園 西の丸庭園

c0112559_10462380.jpg
大阪城の二の丸のうち、本丸の西側が西の丸と呼ばれています。秀吉の正室「北の政所」が住んでいたところだそうです。

西の丸庭園は、広さが約6.5haある広い庭で、約半分が芝生におおわれ、ソメイヨシノを中心に約300本の桜が植えられ、大阪の桜の名所としても有名です。実際、ずいぶん昔には職場の花見で何回か行ったことがありますが、いつも場所の確保が難しいほど、花見客でにぎわいっていました。

この公園計画は、万博記念公園日本庭園で紹介し、他にも長居運動公園、菖蒲園、市長公館庭園など、西日本や旧満州の都市公園計画を手がけた田治六郎(たじ ろくろう、1904 - 1978)です。

大阪城公園 西の丸庭園
1963(昭和40)年
作庭 : 田治六郎
大阪市中央区大阪城2
撮影 : 2019.9.19
c0112559_10493429.jpg
入園料は200円。桜の季節は350円だとか。昔の記憶はまったくなく、有料の庭園なので、何かあるかと思ったら、桜並木と、
c0112559_10501865.jpg
広い芝生の広場しかありません。昔は芝生に座って花見をしたようです。
c0112559_10510226.jpg
少し北に進むと内堀が見えてきました。
c0112559_10514191.jpg
c0112559_10515924.jpg
なるほど、 西の丸庭園は天守が見える絶景ポイントでした。
c0112559_10523693.jpg
夜桜の背景にライトアップされた天守でしょう。
c0112559_10534662.jpg
c0112559_10540395.jpg
お濠めぐりの御座船です。
c0112559_10543547.jpg
c0112559_10544988.jpg
c0112559_10593502.jpg
ネットにあった夜桜の写真を借用しています。

by gipsypapa | 2019-10-28 10:56 | | Trackback | Comments(2)