2019年 10月 22日 ( 1 )

奈良ホテルへ再び

c0112559_08041423.jpg

9月初旬で猛暑は終わったとはいえ、まだ夏日。湿度が高い日だったので庭園巡りで疲れました。一休みしようと奈良ホテルへ。ここは丁度10年前にもお茶したところです。

代表的なクラシックホテル、日光金谷ホテル、箱根の冨士屋ホテル、蒲郡プリンスホテル(旧蒲郡ホテル)などと共通した、外国人観光客と古都を意識した和風の高級ホテルです。本館は明治期の建設以降、何度か改修されたはずですが、創業当時を偲ばせる優雅な雰囲気を保っています。設計は辰野金吾と片岡安。両氏には数少ない和風建築です。

奈良ホテル
1909(明治42)年
設計 : 辰野金吾+片岡安(辰野片岡事務所)
施工 : 鉄道院直営
奈良市高畑町1096
撮影 : 2019.9.11
c0112559_08054396.jpg
客室棟は2階建てで望楼が乗っています。
c0112559_08061663.jpg
c0112559_08063098.jpg
重厚な玄関ホール。
c0112559_08070622.jpg
c0112559_08072720.jpg
c0112559_08074215.jpg
c0112559_08075914.jpg
c0112559_08081650.jpg
c0112559_08082991.jpg
一階の喫茶室へ。
c0112559_08090168.jpg
c0112559_08092069.jpg
窓越しに見える神社のような赤い欄干。
c0112559_08094864.jpg
しばらく休憩して外へ。
c0112559_08104751.jpg
前回は気づかなかった玄関脇の小さな庭。
c0112559_08112763.jpg
c0112559_08114754.jpg
c0112559_08120226.jpg
c0112559_08121852.jpg
さるすべりの花が咲く季節です。

by gipsypapa | 2019-10-22 08:14 | 建築 | Trackback | Comments(2)