2019年 10月 11日 ( 1 )

吉城園(その1)主屋と池の庭

c0112559_07570033.jpg

最近は京都や大阪のお庭巡りが続いたので、久しぶり奈良へ行くことにしました。最初に訪ねた吉城園(よしきえん)は国名勝の「依水園」と隣接している庭園で、依水園の一部と同様に、かつては興福寺の塔頭寺院「摩尼珠院(まにしゅいん)」があった場所とされています。

明治に民間の所有となり、大正8年に現在の庭園や主屋「旧正法院家住宅」、そして茅葺屋根が特徴の離れ茶室が造られたそうです。その後、奈良県の所有となり一般公開されています。主屋と離れ茶室は奈良県の有形文化財。園内は池の庭、苔の庭、茶花の庭からなり、苔の庭には離れ茶室があります。

吉城園 池の庭
旧正法院家住宅
1919(大正8)年
奈良県有形文化財
設計・施工・作庭 : 不明
奈良市登大路町60-1
撮影 : 2019.9.11
c0112559_07574486.jpg
c0112559_07581507.jpg
依水園と隣り合わせ。入園料は250円でした。
c0112559_07593099.jpg
「池の庭」と呼ばれる一帯です。
c0112559_08001828.jpg
c0112559_08003880.jpg
c0112559_08005503.jpg
主屋は大正8年に建てられた奈良県の有形文化財。
c0112559_08012460.jpg
c0112559_08014019.jpg
c0112559_08015745.jpg
c0112559_08021353.jpg
c0112559_08023371.jpg
c0112559_08032844.jpg
典型的な池水回遊式でした。
c0112559_08035317.jpg
c0112559_08041326.jpg
c0112559_08043223.jpg
c0112559_08044906.jpg
池を一回り。
c0112559_08052396.jpg
c0112559_08054050.jpg
c0112559_08055957.jpg
c0112559_08061846.jpg
築山の上にある四阿。
c0112559_08070719.jpg
c0112559_08072541.jpg
c0112559_08074273.jpg
c0112559_08075810.jpg
池の庭を俯瞰するベストポイントです。
c0112559_08083625.jpg




by gipsypapa | 2019-10-11 08:11 | 建築 | Trackback | Comments(0)