2019年 10月 10日 ( 1 )

万博記念公園 日本庭園 松の洲浜

c0112559_07352408.jpg
日本庭園を一周して、中世地区にある「②松の洲浜(まつのすはま)」に来ました。川が河口付近から海へと注ぐ姿を表現したものです。西端の「深山の泉」からの湧水が南北二つの流れに分かれ、ここで合流して心字池へ流れていきます。

白い砂利のまわりにクロマツやハマボウなどの海岸に生える植物が植えられているとかで、設計者の田治六郎氏、ここに枯山水庭園の起源となる景観を再現した、と語っているそうです。

万博記念公園 日本庭園 松の洲浜
1970(昭和45)年
作庭 : 田治六郎
大阪府吹田市千里万博公園9
撮影 : 2019.8.26
c0112559_07360007.jpg
c0112559_07361662.jpg
c0112559_07365424.jpg
「深山の泉」を水源として南北に分かれていた流れが、ここで合流します。
c0112559_07372554.jpg
c0112559_07374366.jpg
南の流れに架かる橋を渡って一周します。
c0112559_07382520.jpg
c0112559_07384263.jpg
c0112559_07390427.jpg
c0112559_07392002.jpg
白砂の州浜。
c0112559_07400161.jpg
c0112559_07401752.jpg
c0112559_07412717.jpg
c0112559_07414633.jpg
c0112559_07421323.jpg
c0112559_07423375.jpg
この辺は木漏れ日の滝から流れてくる北側の川です。
c0112559_07432000.jpg
海のようにになりました。
c0112559_07435531.jpg
c0112559_07441418.jpg
c0112559_07454207.jpg
東側にある橋の上から二つの流れの合流地点を。
c0112559_07443010.jpg
松の水面への映り込みがきれい。
c0112559_07470209.jpg
橋から反対側は、雰囲気ががらっと変って重厚な雰囲気。ここから向こうに流れて心字池に注ぐわけです。
c0112559_07474171.jpg
ツツジの植え込みを通って・・・
c0112559_07481620.jpg
c0112559_07483443.jpg
松の州浜から心字池に向かう流れ。
c0112559_07493098.jpg
正門に戻りました。これで万博記念公園 日本庭園を終わります。



by gipsypapa | 2019-10-10 07:52 | | Trackback | Comments(2)