2019年 10月 07日 ( 1 )

万博記念公園 日本庭園 竹林の小径

c0112559_07420937.jpg
中世地区の「③竹林の小径(ちくりんのこみち)」に来ました。日本庭園ができる前の千里丘陵には大規模な竹林が広がっていたそうです。当時の風景を再現するために造られた場所で、竹の足下にはセンリョウ、マンリョウ、ナンテンなどが植えられています。

よく手入れされた竹林の中には「ししおどし」、また小径の端には「せせらぎ」の音がどこからともなく聞こえ、静けさを感じる場所です。

万博記念公園 日本庭園 竹林の小径
1970(昭和45)年
大阪府吹田市千里万博公園9
撮影 : 2019.8.26
c0112559_07431880.jpg
c0112559_07434661.jpg
c0112559_07440551.jpg
c0112559_07442374.jpg
c0112559_07444022.jpg
深山の泉から流れてきたせせらぎ。
c0112559_07452328.jpg
c0112559_07463302.jpg
c0112559_07465261.jpg
松の州浜に向かって流れる南側の小川です。
c0112559_07471721.jpg
c0112559_07474855.jpg
c0112559_07480481.jpg
「ししおどし」が響いていました。
c0112559_07483880.jpg
c0112559_07485587.jpg
笛の音も聞こえてきたのですが、後に謎が解けました。
c0112559_07493088.jpg



by gipsypapa | 2019-10-07 07:51 | | Trackback | Comments(2)